大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

« 映画人交流会Vol17開催報告 | トップページ

2024年2月11日 (日)

偉大なマエストロー小澤征爾の残したもの、次世代が引き継ぐべきもの

既に報道されているように、日本が生んだ偉大な指揮者の小澤征爾氏が6日、東京都内の自宅で心不全のため死去。88歳

■「世界のオザワ」指揮者の小澤征爾さん死去、88歳 カラヤン、バーンスタインに認められ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/308485

2006年頃から体調を崩し始め、一時持ち直したものの、2010年1月、人間ドックの検査で食道癌が見つかり以来、闘病生活が続いていた。そして先日天に召されてしまった。
小澤征爾の日本の音楽に対して遺した功績は数知れない。その中でも特筆すべきは

ウイーンフィルのニューイヤーコンサートの模様。
you tubeも早くも追悼メッセージ
この映像は日本人として誇っていいとう

また長らく常任指揮者を務めたボストン交響楽団(BSO)の小澤征爾への追悼セレモニーの動画
J.S.バッハのG線上のアリア演奏後に黙祷 。思わず涙が出た。

日本人の音楽家でこれだけ世界中からその死を悼まれた人物がいただろうか?

いや、坂本龍一氏、高橋幸宏氏の訃報も世界中から死を悼まれ、リスペクトも得ていたが記憶に新しいが、小澤征爾氏は音楽のジャンルや国籍に関係なく世界中からリスペクトと死を悼まれている。

それは次の映像でわかるのではあるまいか

ベルリンフィルとジャズトリオの共演。「楽譜を忠実に」という発想ではこの演奏は理解できないかもしれない。だがこの演奏はガーシュインの意図から少しも離れていない、ジャズミュージシャンだからこの演奏になり、これこそが音楽である。小澤さんはそれをよく理解していた、だから偉大な音楽をプロデユースできたのである

「小澤征爾が遺したもの」とは何か?

小澤征爾がその膨大な演奏の記録、録音から動画まで残してくれたもの。
いうまでもなくそれらは人類への文化遺産であるが、そこには小澤征爾という一人の音楽家の音楽に対するひたむきな情熱、音楽によってリスナー(聴衆)へのコミュニケーションの軌跡ではないかと思う。

先ほどの動画にも出てきたが、音楽のジャンル、に関係なく音楽の中にある「メッセージ」によるコミュニケーション。「メッセージ」といっても具体的な言語やテキスト情報ではなく、音楽そのものによって伝えるサウンドーいわばハートによる表現によって伝わるメッセージである。
うまくいえないが、演奏する音楽ーサウンドによって聴く人に伝わる演奏が人に感動や情動を伝えることができるーそういった演奏を数えきれないほどやってきた、それが人類への文化遺産として残してくれたし、それが可能になったため「音楽の素晴らしさ」を伝えることができたのである。

つまり音楽はただロボットのように「正確に音符を演奏する」ようなものではなく、一音一音に気持ちを込めそれを人に伝えようという気持ちで演奏しなければならない。俗にいう「ハートが入っている演奏」のことをいう。

そういう「ハートが入っている演奏」を無数に残してくれたのが小澤征爾氏であり、だからこそ彼がマエストロと世界中から音楽のジャンルに関係なく尊敬を集めることができたのである。

私たちはこの小澤征爾と同じ時代にうまれることができたことを感謝し、その遺産を宝物として次の世代にうけつがなければならない

「次の時代に引き継ぐもの」

小澤征爾の遺産である無数の「ハートが入っている演奏」を遺産として引き継ぐことはいうまでもない。

だが一番重要なのはその「遺産」を作った精神をひきつぐことである。

小澤征爾は建前上、クラシックの演奏家である。しかし彼は「ハートが入っている演奏」ーつまり生きた演奏であればクラシックだろうがジャズだろうが、場合によってはロックでも関係なく取り上げる。

大事なのはカタチではない、大事なのは音楽のサウンド1つ1つにこもった気持ち、メッセージを伝える姿勢である。

それが生きた音楽、人々の心をつかむ演奏になるからである。

あとに残されたものとして少しでもこの偉大な音楽家の精神を受け継ぐことができるようにしたいものである。

Matsumoto

R.I.P> マエストロ

 

 

 

2月 11, 2024 文化・芸術音楽 |

コメント

コメントを書く