大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

« 最高の芸術性と最高のエンタテインメント性を兼ね備えた音楽ージャズ&ポピュラー編 | トップページ | 音楽担当した卓球のバタフライ社のCMが本日情報解禁ーテレビCMとしてもオンエアへ »

2022年9月14日 (水)

KADOKAWAの角川歴彦会長逮捕にみる日本のコンテンツ制作における「利権体質」への失望

既に報じられている東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、大会組織委員会の元理事で電通の専務でもあった・高橋治之容疑者(78)逮捕の大会スポンサーの選定からみで「AOKIホールディングス」とともに「KADOKAWA」が東京オリンピック・パラリンピックの大会スポンサー選定において大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)に対する収賄事件として東京地検特捜部が捜査してきた。

そして本日KADOKAWAの角川歴彦会長が逮捕されたというニュースが飛び込んできた。

KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑
https://digital.asahi.com/articles/ASQ9G4WN9Q9GUTIL01G.html

このブログでは角川歴彦会長のコンテンツに関する見解、戦略に対して記事に対して一定の評価をしてきた。

■コンテンツTOKYO基調講演ー株式会社KADOKAWA 角川会長の「ネットフリックスとコンテンツの未来」
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/07/tokyokadokawa-1.html

■角川歴彦「グーグル、アップルに負けない著作権法」レビュー
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/07/post-d68c.html

しかし電通の高橋容疑者のようないかにも既存の日本の利権構造の中に入り、ライバル社の蹴落としを「収賄」ということで行っていたという余りにも古い体質の中の行為を行っていた、ということが事実であれば私は失望を禁じ得ないのだ。

このオリンピックもそうだが、コンテンツ関係の政策の一環として行われた日本にアニメコンテンツを始めとする「クールジャパン」についてもこのブログで何回か言及した。

●クリエーターやコンテンツ業者から支持されないクールジャパン推進会議の「官製」ポップパワー発信策
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2013/04/post-7cda.html

●このままいけば経産省の「クールジャパン」は間違いなく失敗。マーケット戦略不在とクリエーター軽視が問題
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/04/post-4287.html

これも電通もからんでいるし、KADOKAWAも絡んでいる。

この関係で自民党の大物の森喜朗元首相の逮捕、なんていう事態もありうるかもしれないが、ある電通関係、コンテンツ関係に詳しい人の情報だと、自民党の平井卓志代議士の可能性もあるという

内容が内容なので情報主の名前は伏せさせていただくが、特にクールジャパンに関して詳しい方とだけ書いておく。

そしてクールジャパンにもかなり不透明なお金の流れがあるという。例えばグルメ関係のサイト

https://www.tastemade.jp/food/

このプロジェクトに14億円投入されているという。しかしサイトを見る限りどう考えてもそんなにお金がかかっているとは思えない。調査費、ウエブデザイン、ウエブ立ち上げ費を入れてもせいぜいかかって数百万単位のものにしか見えない。

その入り口は全て電通だという

またこんなのもある。クールジャパン機構だが、https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/creative/2110CoolJapanFundr1.pdf

この36ページ、クロゼットという会社だが実態が不明だという。所在地は日本橋小舟町で机が一つしかない幽霊会社との話も
23ページにはここにもKADOKAWAの名前が

これらを見て結局日本のコンテンツ、スポーツその他国家がからむプロジェクトには電通とその「おともだち」によるなれ合い、利権の分配という話で進められ、本来の目的とは違う方向に動いているという実態

クールジャパンは本来クリエイターや制作関係にお金が行く、という話に当初はなっていたはずだが、いつのまにか結局電通とお友達の金の分配の話、になってしまった。

日本の利権構造は官庁と一部の会社の癒着とムラ社会になっている実態がうきぼりになっている

こういう日本のムラ社会の利権構造に私はほとほと嫌気がさしている。古い。発想が古すぎる。昔ながらの昭和の体質だ。

そういう光景を私は嫌というほどみてきた。なので私は日本的なそういう昭和の利権構造のようなものに見切りをつけ始めている。おそらく今の政治家は政権交代しない限り自浄作用は殆どないだろう。

私が最近日本国内の外資系制作会社か海外との取引にエネルギーを投下しているのはそのためである。少なくともここでは正常な競争とムラ人でなければ恩恵に預かれないということはない。

つまり私はもう日本という国の体質に愛想が尽きた、といっていい。経済活動の面でね。

オリンピックもこれからメスが入るだろう、もしかしたらこのクールジャパンにも特捜のメスが入るかもしれない。入ってほしい。

せめて僅かでも本来の正常な状態にこの国が戻ってほしいと願うものである。

 

 

 

| |

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。