大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

2024年2月11日 (日)

偉大なマエストロー小澤征爾の残したもの、次世代が引き継ぐべきもの

既に報道されているように、日本が生んだ偉大な指揮者の小澤征爾氏が6日、東京都内の自宅で心不全のため死去。88歳

■「世界のオザワ」指揮者の小澤征爾さん死去、88歳 カラヤン、バーンスタインに認められ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/308485

2006年頃から体調を崩し始め、一時持ち直したものの、2010年1月、人間ドックの検査で食道癌が見つかり以来、闘病生活が続いていた。そして先日天に召されてしまった。
小澤征爾の日本の音楽に対して遺した功績は数知れない。その中でも特筆すべきは

ウイーンフィルのニューイヤーコンサートの模様。
you tubeも早くも追悼メッセージ
この映像は日本人として誇っていいとう

また長らく常任指揮者を務めたボストン交響楽団(BSO)の小澤征爾への追悼セレモニーの動画
J.S.バッハのG線上のアリア演奏後に黙祷 。思わず涙が出た。

日本人の音楽家でこれだけ世界中からその死を悼まれた人物がいただろうか?

いや、坂本龍一氏、高橋幸宏氏の訃報も世界中から死を悼まれ、リスペクトも得ていたが記憶に新しいが、小澤征爾氏は音楽のジャンルや国籍に関係なく世界中からリスペクトと死を悼まれている。

それは次の映像でわかるのではあるまいか

ベルリンフィルとジャズトリオの共演。「楽譜を忠実に」という発想ではこの演奏は理解できないかもしれない。だがこの演奏はガーシュインの意図から少しも離れていない、ジャズミュージシャンだからこの演奏になり、これこそが音楽である。小澤さんはそれをよく理解していた、だから偉大な音楽をプロデユースできたのである

続きを読む "偉大なマエストロー小澤征爾の残したもの、次世代が引き継ぐべきもの"

2月 11, 2024 文化・芸術音楽 | | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

映画人交流会Vol17開催報告

10カ月ぶりとなります恒例の映画人交流会Vol17 今回も主催者の一人として開催いたしました。

Img_7768

前回はポストコロナから間もない時に開催されましたが、今回はまだコロナもしぶとく影をおとし、加えてインフルエンザ猛威を奮っていrにも関わらずここしばらくでは最高の入場者となりました。

422257362_2672988836210401_5012152329312

恒例の映画デモ、当初は5本程度で今年は楽だ、などと思ったのもつかの間、たった一晩で倍以上の12のエントリーがありました。「今年は少ない」などと余計なことを言ったのが問題だったかもしれませんwww

映像デモの内容は以下の通り...

〇 電丼三二上映会のお知らせ 古川 達郎 監督
①“中田圭監督最新作特報”   中田 圭 監督
②「悪魔がはらわたで いけにえで私」  
宇賀那 健一 監督、詩歩、野村 啓介、プロデューサー高橋 淳
③「ノルマル17歳。」   北 宗羽介監督
④「ダマガール」   清水 佳代子 監督
⑤「復讐のワサビ」  
プロデューサー松本 悠香、ヘマント・シン 監督、小池 樹里杏、野村 啓介
⑥「サンパギータ」   小池 樹里杏 監督
⑦「エターナルラブ゙が蔓延した日」  
長谷川 千紗 監督、真砂 豪、つる
⑧「蠱惑の瞳 Allure」  
花堂 純次 監督、プロデューサー今井 乃梨子、四方堂 亘、片山 浩憲、音楽・塚山 エリコ、主題歌・森 圭一郎
⑨「スポットライトを当ててくれ!」   高 明監督、森本 のぶ
⑩「そして、優子Ⅱ」   佐藤 竜憲監督、プロデューサー沖正人、森本 のぶ
⑪「ひっぱらん -鬼子伝説-」   崔哲浩(監督、森本 のぶ、幸将司、五十嵐 誠、有希九美
⑫「HAKONIWA」   若松宏樹監督、森本 のぶ
以上です。

423675538_10224707852704840_910883921965 

映画デモはたいてい押しますね。12本はやはり多いです。次回からは10本未満に方針を転換しようかな、などとも考えています。

Img_7773
Img_7771

次回開催は全くわかりませんが、年内には何とかあと一回やりたいな、と思ってます

今回は会場のキャパをの限界近くまで入場者が増えましたので、次回はもっと広い会場でできれば、などと考えています。

 

 

 

1月 29, 2024 映画テレビ18-イベント・コンサート17- | | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

絶滅危惧種ー年賀状

年賀状ー年々劇的に数が減っている日本人の風習

今や絶滅危惧種といってもいいかもしれない

かつては200枚を優に超えた時代もあった現在、今年到着したのは39枚に過ぎない。

そんな中恒例の「お年玉年賀はがき」の当選番号が発表され、この数では到底当選しないだろう、と思いきやなんと切手シート分1枚当たった

Img_7662

ちなみに当選番号の情報は以下でご覧ください

https://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2024/00_honsha/0117_01.html

1等、2等はリンク先をご参照下さい。

とりあえず切手シートは7 1, 6 9, 0 0

そのうち"00"で当たりました。

年賀状を100枚単位で出し、100枚単位が到着していた時代、ゲン担ぎとして切手シート何枚当たるか、というのがその年の運試しでした。(笑) 今年は当たるなんて思わなかったので、ラッキーと思いました。今年は正月早々震災を始めいろいろとんでもないことが起きたのですが、そういうのを吹き飛ばしてくれる、くらいの願いを持っています。

年賀状がこれだけ減ったのはSNSの普及もあるだろうし、紙資源を節約しようという社会的雰囲気も強くなったからだと思われる。これからさらに減っていくでしょう。残るとしても会社同士の挨拶とか「業務用」の分野にとどまるかもしれません。

いずれにせよ日本の風習の1つの年賀状

絶滅危惧種といっていいでしょう

 

 

 

1月 18, 2024 日記22ー | | コメント (0)

当ブログ20年ーほぼ改革0の音楽業界ー10年後に日本の音楽業界は存在しているのか?

今年に入りいきなり能登半島の大地震と津波、2日目に羽田での日航機と海上保安庁の衝突事故とのっけから大変なことが立て続けに起き、今年はどうなってしまうのだろう?という風に思ったが、とにかく能登半島の被災者の避難と保護、そして生活再建に向けた動きが加速できればと思う。お亡くなりになった方のご冥福と被災者の方に心からお見舞いを申し上げます。

そんなことですっかり忘れてしまったのだが、今年はこのブログを立ち上げて20年だということに気づいた。当時はまだブログというプラットホームが出始めたばかりであり、SNSも現在のような社会的影響力を持ち合わせていなかった。そんな中当時から既に衰退し始めた当時の音楽業界に関して危機感を表明していた。

■音楽業界の現状を憂う
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2004/04/post-4b03.html

しかし20年前から、そして勿論現在も、だが誰一人聞く耳をもたなかった

そして20年前から日本の音楽の世界がどうなったか、今更いうまでもないだろう。

J-pop?そんなのまだあるの?

かつて音楽業界を「支えた」といわれるアルファベットの3文字や坂道などはCDというメデイアの事実上の衰退により機能不全となり、もはや完全に有名無実である。

今そして日本の音楽界はもはや完全に業界の体をなしていない。事実上K-POPに支配されており、それ以外の日本の音楽は一部のアニソンを除けばもはや海外ではゴミ扱い、というのが実情である

そしてこうなることはだいぶ前から予想ついたはずだ。だが誰も現状を変えようとはしなかった。日本の音事協を始め芸能界、音楽界の変化を極端なまでに忌み嫌う体質もあって日本の外の激しい変化に対応することを考えていなかったのである。

そして私の持論である日本の音楽界をダメにした件が余計に日本の音楽の世界の惨状を象徴するものとなった。

いうまでもなくタイアップである

■タイアップ状況異変!! クオリティの低いメジャー会社の音源と番組に合わない曲不要論台頭
https://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/01/post-bcaf.html

続きを読む "当ブログ20年ーほぼ改革0の音楽業界ー10年後に日本の音楽業界は存在しているのか?"

1月 18, 2024 音楽 | | コメント (0)

2024年1月11日 (木)

2024年に入り昨年起きていた一連の私の活動に対するデマについて

このブログでは何回か書いているかもしれないが、私が日本の映像や音楽の世界が「ガラパゴス」な状態から脱却するために細やかではあるが、ある活動をしている。その中の1つがFacebookのキャステインググループで、このグループコミュニテイは「秘密のグループ」なのでグループ関係者の紹介か、私が招待しない限り入れないようになっている。

そして一昨年からハリウッドのキャステイングデイレクターで日本に定住していて制作会社を運営している会社と提携して、日本が映画やその他の映像コンテンツでグローバルな市場展開に対応できるような体制を整えてきた。目立たない形ではあるが日本の映画、ドラマその他の商業映像の世界に一石を投じるべく活動してきたのである。

ところが6月頃から当グループや提携会社、更に管理人の会社に対する怪情報等の事件が発生してきた。何者かが私の管理するグループや提携する会社に関してデマや流言卑語を流していたことがわかった。それに関して昨年末にようやく全容を把握することができるようになった。それに関し残念ながらその事件に関わったと思われる人物を5名 強制退会させた。 

尚、固有名詞や団体名を公表すると影響が大きすぎるのでそれらは伏せさせていただく

今年の4月―6月にかけてグループ参加者のあるメンバーが新規のメンバーを招待した。いずれも海外での活動の経験がある、もしくは海外進出に関して意欲があるとの情報を得た。その中で「元ハリウッド俳優」という肩書の方もいた。その時は何とも思ってなかったが...

 実はその直後からある「異変」が起きていた。グループ、管理人である私、そして提携している会社に関し、おかしなデマもしくは流言卑語が飛び交うようになった。

いわく「私、そして提携している会社が詐欺師で役者やアーチストたちを騙そうとしている」。といった内容のデマや流言卑語が飛び交った。

そのため9月に行った案件2件の模様を公開し、海外プロジェクトに関わろうとしている件は嘘ではないことを示したつもりだった。しかしそれで怪情報が止むことはなかった。

関連記事■映像新時代ー国際プロジェクト制作に向けて動き出しています
https://note.com/kyojiohno/n/nd5dc5ef5ca0f

そしてクリスマス直前のとあるオーデイション案件でまた騒ぎが起きた。その場に居合わせていないのだが、提携している会社 と私、そして私の映像制作会社があたかも「とんでもないことをしている」という怪情報が流れ、何人かの役者さんがパニック状態になったようだ。そもそもそのオーデイション案件は「外国人」を募集とした案件であり、私も当グループも全く無関係な案件なんだがいつのまにか私や弊社が関与しているかのような怪情報に発展した。何者かがその騒ぎを煽動したのは明らかだった。

続きを読む "2024年に入り昨年起きていた一連の私の活動に対するデマについて"

1月 11, 2024 日記22ー | | コメント (0)