2018年10月 7日 (日)

グループのデフォルト表示を項目別のユニットページにします。今回のトライアルの背景

グループのお知らせでも書きましたが、グループページのデフォルトを「ユニット」のページにしました。これはあくまでトライアウトとしてやっておりますが、問題なければ基本の表示をこの「ユニット」ページのままにしようと思います。

しばらくグループページをご覧になっていない方は驚かれるとは思いますが、オーデイション募集投稿の各分野が見やすくなると思います。と同時にこちらのグループが普通のグループとは目的が違うことがわかるのではないかと考えます

勿論PCなら左サイドバー、スマホならトップ画像の下に表示されている「デイスカッション」というセクションをクリックもしくはタップしていただければ従来通りの表示になります。

今回のデフォルトページの表示変更には以下の意図がございます

1 各分野の募集投稿、オーデイション情報を見やすく、かつ見逃しにくくするためのカテゴリーによる整理

現在常時トータルで80件を超える募集投稿、オーデイション情報等を掲載しております。しかも当グループは「いかなるエンタテインメントの分野」の方の情報も掲載しておりますため、どの分野の方も案件を見つけられやすいようにするための処置です。

尚、皆さんの方でギャラありの募集投稿をなさる場合は「デイスカッション」ページの表示に戻してからご投稿下さい。ギャラありの案件であれば歓迎いたします。

2 表示が違うため「普通のグループ」ではない印象を与え、禁止されている投稿を減らすことができる

当グループはギャラありの募集投稿やオーデイション情報以外はNGなのですが、いまだに自己の音源のシェアとかイベント投稿の告知といった投稿をする方が後を絶ちません。

その原因の1つとして見かけが他のグループと同じに見えると「他のグループ」のような投稿をしてしまう可能性が高くなるため、デフォルトを「ユニット」ページにすることでそういう勘違いをなくすことができるのではないかと考えます。

特にこういうNGの投稿をされる方をみますとたぶん殆どグループの投稿を見ていない人たちのように思えます。結構「音楽」とか「エンタテインメント」という文字と参加者数だけみてグループに参加してグループの投稿をほぼスルーという人に限ってそういう傾向があります。

グループには管理人ツールとして「インサイト」というツールがあり、参加者の何名が投稿をみているか、というのがわかるようになっています。グループ参加者は現在3400名超えていますが、グループの投稿を見たり「イイネ!」や「コメント」を行う「アクテイブユーザー」はだいたい4週間毎で1600-1700名の間を推移しています。つまり半分弱の人しか見ていないとデータ上わかるわけです。さらに投稿別の閲覧数もデータとして出ますが、そのデータをみますととりわけ音楽関係者が一部の方を除いてあまり投稿を見ていないことがわかります。

実際NG投稿する人は今までを見ても圧倒的に音楽関係者が多い、というのも残念な事実ですので、そういうNG投稿を減らすための処置でもあります。

まあ興味のない人に興味を持てといっても無理ですが、管理人としてはもう少しグループ名や参加人数だけを見て参加リクエストを出すのはご遠慮いただきたい、というのは正直な気持ちです。

当グループは基本プロフェッショナルな人たちの集まりである、という前提がありますが、プロフェッショナルの方が自らの仕事、業務に関することに「無関心」というのはいかがなものか、と管理人としては考えます

ちなみにこれも何度もいっていますが、「普通の投稿」をなさりたい方は姉妹グループでの投稿をお願いします。当グループ参加者は自動的に参加できるようになっています
■エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

尚、自己紹介等はこちらのグループにお書きください。こちらは逆に自己紹介関係以外の投稿はNGにします。
■エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場
https://www.facebook.com/groups/476908212791716/

この2つのグループは「エンタテインメント業界キャステイング」とは便宜上分けていますが、全部同じグループとお考えいただいて結構です。基本当グループの参加者は自動的に両方のグループに移動できます。まだ参加者が少ない印象がありますので是非皆さんご参加ください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

姉妹グループがまた1つ、自己紹介グループができました。ご参加ください

いわゆる「親グループ」である「エンタテインメント業界キャステイング
今や完全にエンタテインメント業界のFacebook版ハローワークみたいになってしまいましたが、(笑)

最終的には今の姿が実は元々意図した内容のグループなんです。実は

しかしそれだけではグループメンバー同士の交流やネットワークをつなげることはできない、
ということでご存じの通り告知、雑談、相談、(ギャラあり以外の)募集告知、といった投稿ができるように姉妹グループを立ち上げました。

なぜかまだグループ参加者の半分弱しか参加されていませんが、グループに「自由に投稿したい」とお考えの方はこちらにご投稿下さい

■エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

そしてさらに皆さんの自己紹介、やプロフィール等を専用に掲載するグループを作りました。「エンタテインメント業界キャステイングメンバー専用のグループです

■エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場
https://www.facebook.com/groups/476908212791716/

こちらは自己紹介であると同時に当グループは基本エンタテインメントのさまざまなグループのプロフェッショナル、もしくはプロフェッショナル予備軍がいるグループなので「エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場」はいわば業界クリエイター、パフォーマーその他関係者のデータベースの機能を持ちます

このように便宜上3つのグループに分かれていますが、この3つのグループは実質的に同じグループであるとお考えいただいて結構です。

単に機能、分野別に便宜上3つに分けているに過ぎません。なので「親グループ」以外の2つのグループも皆さん積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。いずれも「親グループ」の参加者であれば自動承認されます。(されるはずです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

募集案件をユニットカテゴリーで簡単に探せるようにしました

先日の記事でオーデイション、募集情報の情報源の強化について述べましたが募集案件が増えてくる従って個別の案件を探すのが大変な状態になってきたようです。(本日現在60件をゆうに超えます)

そこでFacebookのグループのプラットホームで「ユニット」という名前でカテゴライズできる機能がありましたのでそれを使うことで案件を探しやすいようにいたしました。

当グループには音楽家から役者から同じエンタテインメントでもさまざまな分野の方、さまざまなプロフェッションの方がいますので、掲載している案件の幅もかなり広いものです。それで情報の内容が煩雑になっているとの指摘は受けていました。

そこで今回の「ユニット」によるカテゴライズ化、まずPCだと左のサイドバーのこちらをクリックしてください

Sc_shot091918
モバイルだとこちらに「ユニット」と書いてあるのがありますが、おわかりになりますでしょうか

Img_2249

いずれの画面をPCならクリック、スマホならタップしていただくと次の画面がみえる、はずです

Sc_shot09191802

スマホですと

Img_2250_2

カテゴリーは全部で11に分けています

・ミュージシャンーアーチスト
・キャステイングコール
(役者さん)
・クルーコール (撮影及びポスプロスタッフ)
・ミュージシャンー作曲家募集
・ミュージシャンー演奏家募集案件
・声優募集案件
・モデルさん募集案件
・ダンサー パフォーマー
・その他音楽関係
・映画企画募集
・ゲーム、CG SFX関連

特に上記のミュージシャンーアーチストのカテゴリーですが、募集案件によっては歌ってなおかつ踊ったり、役者としての演技もしたり、という案件もあります。多様化されているニーズではきちんと線引きできない案件もありますので、役者やその他の方でもなるべく「ミュージシャン、アーチスト」は目を通すようにして下さい

尚、グル―プの「デイスカッション」は従来通りの表示になります。取りあえず上記の新しいプラットホームでお望みの案件が見つかりやすくなったか、チェックしてみて下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

イベントにチケット制を検討しています

昨日の「カフェで短で編上映会兼交流会」が無事終了し、今年予定されている当グループのイベントは当グループ主催の「セプテンバーコンサート」のみになりました。

まだ9月10日の公演はアーチスト参加枠3人ありますので、参加ご希望の方はお申し出ください。
https://www.facebook.com/events/251713115613343/

いまの所新規のイベントの計画はありません。年末ですが恒例の「映画人交流会」あと外国人のBonenkaiとうちの忘年会を合同に行う可能性もありますが、いずれにせよ現段階ではみえておりません

さて7月、8月と国際交流会、BBQ交流会、そして昨日のカフェで短編上映会兼交流会と3つのイベントを行いましたが、管理人として一点苦言を呈させて頂くとイベント参加の当日ドタキャンが非常に多かった点にあります。

いずれも料理、食材を用意する手前、ある程度出席者の正確な人数が必要なのですが、特に国際交流会にいたってはイベントの参加数62名のうちなんと20名近くが当日ドタキャンという事態になりました。

だいたいこの手のイベントでは5-6名程度の当日不参加はある程度織り込み済みでいるんですが、さすがに申し込み者の1/3近くがドタキャンというのは想定しておらず、結果用意した料理、食材の多くが余ってしまうという事態になってしまいました。会場のComCafe音倉に対しては謝罪しておきました。これはBBQでも昨日の短編上映会でも同じで多数のドタキャンが発生しました。昨日はドタ参も多かったのである程度相殺できましたが、7月の国際交流会の規模のドタキャンになりますと、例えドタ参があっても到底追いつくレベルの話ではありませんでした。正直このドタキャン数は異常です。

実は同じ料理を提供する「アニメ・マンガ・ゲーム中心エンタメ業界親睦会 」は前々回からチケット制に変えてあります。こちらはうちのグループイベントとは規模が違いますが、やはり当日ドタキャンにかなり悩まされていたことが原因らしいです

というわけでう二年前にPeatrixを一部導入したことがあるんですが、チケット制を本格検討に入ることにします。まだ決定ではないですけどね

まあ取りあえず頭の中にいれておいていただけるとうれしいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

管理人からのお知らせーグループのレギュレーション(規則)を変更いたします

お世話になります。グループ管理人の大野です

当グループは過去のレギュレーション(規則)を何回か変えておりますが、また変更を行おうと思います。

変更点としては

1、当グループを管理人からのお知らせ、当グループ主催または関連イベントのお知らせを除き「募集投稿、オーデイション情報」に特化したグループに変更いたします。

2、姉妹グループ「エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等」との連動を強化し完全に両グループで役割分担を行います

当グループでは今まで参加者の皆さんのイベント告知や、新作のリリース情報の掲載をOKにしておりましたが、募集投稿のタイムラインの中に「告知」「イベント情報」が途中にあると多くの参加者の方がそこでタイムラインのスクロールをやめてしまい、下の方にある案件でまだ募集中のものが見逃されてしまう件が増えているために、それでは折角のオーデイション、キャステイングコールが参加者の皆さんにきちんと伝わらなくなるという問題が生じました。

最近の募集投稿、オーデイション情報の投稿数、信用性クオリティに当グループは最大限の注意を払っておりますが、それでも投稿数がかなりの数に上ってしまい常時40-50件、もしくはそれ以上の投稿数が掲載されております。手前味噌ですが下手な音楽や俳優事務所よりも多くの情報が掲載されていると思います。

その掲載情報を可能な限り参加者の皆さんにキチンと見ていただきたい、という思いで募集投稿の途中にスクロールをやめないように、当グループの投稿を「募集投稿、オーデイション情報」に特化しようと思います

つまり{変更点}  

 投稿可能な内容

(1) 募集投稿

(2)  イベント告知

(3)  映画公開、作品リリース情報

: 募集投稿 オーデイション情報のみ

そのため従来OKだった当グループ関連以外のイベント情報や映画や音楽のリリース情報を全て姉妹グループの方に移すことにいたしました。このグループは当グループの別室であり当グループ参加者は自動的に参加承認されます。グループ参加者の半分もまだ参加していない現状がございますので、よろしければこちらのグループの方にもご参加くださいますようよろしくお願いします。特に自分の告知や情報交換等を主眼に当グループに参加されている方はこちらのグループへの参加を推奨いたします。

エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

13606916_1097155613664888_736976241

要するに募集投稿、オーデイション情報の投稿以外は全てNGとなります。

そのためそれ以外の投稿は全てエンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等 にお願いします。「情報交換」や「告知」を主眼に当グループに参加されている方はなるべくこちらへのご参加を推奨いたします。
こちらは普通のグループと同じ内容の投稿をスパムでない限り投稿可能です。業界関係者との情報交換を目的として参加されている方は姉妹グループの方のご参加を推奨いたします。

参加者の皆様のご理解とご協力のほどをよろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

グループ名を「エンタテインメント業界キャステイング」に変更いたしました。

皆さんいつもお世話になっております。グループの管理人です

既にグループの投稿でもお知らせいたしておりますが、グループ名を以下に変更することにいたしました。今回で二度目の変更になります

                    
音楽&映像関係キャステイング    →


エンタテインメント業界キャステイング

Fb_toppic_thumb

バナーは従来と同じです(笑) ただこの名称変更でさまざまな好影響があるのではないか、と考えます

「エンタテインメント」とした方がゲーム、アニメその他のメデイアの関係者も参加しやすいのではないか、と思いました。また「音楽」とか「映像」ですとその言葉で検索した方で趣味レベルの人が勘違いで参加リクエストするケースも目立ちますのでそれを変えたいという意味もあります。そして何よりも正直申し上げて

1、映像、音楽で「趣味レベル」の人の参加リクエストが絶えないこと

2.グループの説明を殆ど読まない人が多く、タイトルの内容からしても少しプロの集まりだよ、とわかるようなものにしたいこと

が変更の理由でもあります。特に説明文や投稿を殆ど読まないライトユーザーが多い。というのが悩みのタネで現在でも参加者の半数前後しかグループの投稿を殆どみていないというデータもあります。(とりわけ音楽関係者にそれが顕著です) その状況を打開するには名称変更しかないのかな、と思うようになりました。

何よりもこちらの名称の方が短くてスッキリしますし、ビジネスを主体に動いているというカラーを明確にしたいということもあります。参加者も3000人を超えた段階で、業界の動向も多様化しさまざまな動きをみせておりますので、名称変更はだいぶ前から実は検討しておりました。

今回のグループ名称変更で少しは状況が変わってくれることを期待します。少なくとも今回のこのネーミングで「なんで音楽のグループなのに映画関係者ばかりなんだ」なんていう人もいなくなるでしょう(笑)

Facebookグループ「エンタテインメント業界キャステイング」はあらゆる形のエンタテインメントの分野のキャステイング情報を掲載し、あらゆる分野のエンタテインメント産業の関係者の交流を促進していきます。

勿論云うまでもないですが、先日の当ブログの記事にも書いてありますように制作のグローバル化を推進していきます。

というわけで今後とも当グループ「エンタテインメント業界キャステイング」を引き続きよろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

「横浜あかいくつライブ」他の詐欺募集の主犯格逮捕のお知らせ

今から一年前ですが当グループに繰り返し投稿された以下の募集内容

1.横浜あかいくつライブ
2.荻窪フリーらイブ
3.さいたま新都心駅無料ライブ
4.クロスFM 出演
5.東北支援無料ライブ

がありました。

いずれも「無料」をエサに人を集めていたのですが、無料というのは嘘で実際には出演をさせずに「作詞」や「作曲」の講座料金を応募者から徴収するという詐欺的な募集が行われておりました。 ネットでもあちこちにこれの被害に関する報告がなされていましたが、管理人は二年近くになってもこの実態を把握できずに、結果としてグループメンバーの多数が被害にあってしまいました。
これはグループの管理人としても痛恨の不覚、といわざるをえず
管理人としては非常に無念な思いであります。

今回逮捕された富山周平容疑者は既に当グループから強制退会、ブロックされていますがその手口、実態の詳しい点はこちらに書いてあります

■脅迫で逮捕された富山周平容疑者、経歴、顔写真、勤務会社、ミュージシャンの夢を食い物にする手口を特定
 https://moffungtonpost.com/739

警察が現在余罪を含めて捜査しているようなので、その結果を持ちたいと思いますが、既に多くの若いミュージシャンが被害に遭っているのは事実ですので、一応音楽業界関係者の端くれとして、あえていわせてもらいます

こんな人間に音楽業界人面されるのは迷惑千万だ!!

さて、この事件は当グループにとって本当に痛恨のできごとでしたが、この事件をきっかけに当グループの方針を大きく変更することになりました。

具体的には今回のような事態の再発防止のために

1.グループの投稿を承認制にする

2.募集投稿の内容、信頼性を吟味し投稿のコンテンツのクオリティを高める

特に後半の、ですがそれまではグループ参加者の自主性にまかせていましたが、募集投稿の信頼性を始め投稿内容のクオリテイーコントロールを徹底するようにいたしました。グループ参加者の信頼を回復するにはそれしかないと思いましたので

確かにそれまでの募集投稿に関してはこの「赤い靴」関連以外でも、今思いますと問題が多々あったのも事実です。それ以後さまざまな紆余曲折もあり、ややいばらの道がありましたが、今は募集主の信頼性も含めかなり、募集投稿のクオリテイーコントロールはしっかりしてきたと考えますがいかがでしょうか?

この苦い失敗体験からせめて教訓を学び、このようなことが二度と起きないように管理人として細心の注意をはらってまいります。但し残念ながら100%とまで言い切れるか、といいますとなかなかそう言い切れませんが、そのためにも皆さんのご協力やフィードバックをいただければ管理人としてもありがたく思います。

今後とも引き続きグループ「音楽&映像関係者キャステイング」をよろしくお願い申し上げます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

今年もCom Cafe音倉でのグループイベントを開催する予定です。よろしくお願いします

皆さんお疲れ様です。
2018年もあっという間に1月が終わってしまいました..
それにしても寒いですね(^^;;)

さて昨年も忘年会や交流会、そして当グループの主催イベントの会場として使わせていただいた下北沢のComCafe音倉ですが、今年も女将の庄野真代さんのご厚意で当グループのイベント会場に使わせていただくことになりました。

Otokura1

手始めにグループ参加者から大変好評をいただいております「カフェで短編上映会兼交流会」を以下の日程で開催いたします

日時:2018年 3月25日(日) 17:30開場 18:00Start
チャージ:3500円(1ドリンクフード付ー交流会会費込)
映画関係者は3000円(1ドリンクフード付ー交流会会費込)

2ndドリンク以降は各自でお願いします

いつもながら良質な短編映画を上映後はCom Cafe音倉のオーガニック料理とドリンクで楽しい交流会で楽しんでいただければと思います。

尚、それに伴い上映作品を現在募集しております。

30分以内の短編映画で上映の機会を探している方。映画のジャンルは問いません。ミュージックビデオもOKとします(音楽と映像のグループですので(^^)

皆さんのご参加をお待ちしております

https://www.facebook.com/events/604457373279598/

Short_joeikai

尚、ComCafe音倉側から現在のブッキング状況のお知らせもいただいていますが、、実は音楽関係は一部の企画を除きまして全般的に動員が不調だったこともあり、開催については原則慎重に進めたいと思います。映画関係のイベントだけでなく音楽関係のイベントも管理人が少し余裕ができたときに考えたいと思いますがそれに関しましてはもう少しお待ちください

取りあえず音楽その他イベント企画で以下の条件をクリアできる方でしたらワンマンでの開催について考えたいと思います。チャージバックは従来通り1枚目からチケット代の50%です。(チケット代はドリンク別2500円以上でお願いします)

(1)  動員において最低30人動員保障が可能な方 動員に自信がある方
(2)  招待のチケット代についてはワンマン出演者持ちであること
(3)  会場に適さないHM HR系でないこと (ドラムセットはあります)
(4)  一度ブッキング後のキャンセルは不可です
(5)  必ずリハの時間帯には関係者全員がリハに参加すること

以上の条件で問題なければ以下の日程が空いております

週末(1月29日現在)
3月17日(土) 4月15日(日) いずれも夜の部
5月12日(土)昼の部 5月13日(日)昼夜
5月27日(日)昼夜

平日は以下の日程
2月21日(水) 3月14日(水) 3月15日(木)
3月19日(月)

上記5つの条件をクリアできる方で出演希望の方ははkyojiohno@gmail.com か 私までメッセンジャーでご連絡下さい

尚、週末はすぐに他人に取られる可能性が高いため、週末ご希望の方はお早めにお申し出ください

よろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

音楽&映像関係者キャステイングー今年は募集投稿の信頼性をさらに高めます

当グループ、既に本格的に動き始めてはいますが、思えば昨年の今頃だったと思いますが不覚にも「フリーライブ」と称していたライブイベントが実際には参加者から「講師の受講料」という名目で多額の金額を取る案件を一年近く放置していたことが判明し、関係者3名を強制退去ブロックする事件がありました。

これは管理人としても苦い経験として今も記憶に残っておりますが、最近当グループの投稿には行っていませんが同様なオーデイション案件が発生していました。

モデルオーデイション フリーオーデイションと称しながらオーデイションの後「コンサルテイング」料と称して50万円請求されるケース
http://model.mf-inc.co.jp/

・歌手新人アーチスト発掘プロジェクトー「オーデイション通過者」に80万を次のステップにいくために請求されルケース
http://music-planet.jp/

これらのオーデイションのどこが問題かといいますと「オーデイション参加」を無料といっていながら通過者にその次のステップにいくのに高額な費用を払わせるのですが、そこの文言がオーデイションの募集ページに一切記載されていない点です。

これは結果としてプロデュースのサービスを「オーディション応募者」=業者にとっては実は「お客さん」に営業して、50万、80万という高額サービスを売りつけてるのと同じであり、しかも才能や適性に関係なく「自分はオーデイション通過者だ」と勘違いさせて、まるで「オーディションに受かったからスターになれるかも!?」っという思いで結果として騙してる点にあります。

管理人も過去の経験でこのような行為を平気で行う三流事務所を沢山みており、昔からやりくちは変わらないな、というのが実感ですね。

当グループとしてはこのような募集投稿は絶対にさけるべく、募集投稿をしていきますし、まだ一部の参加者の方から募集投稿に関して十分な信頼を得ていない点も感じますので昨年の苦い経験を最大限生かしたいと考えております。

無論、100%大丈夫、とまでは行かないかもしれませんが可能な限り努めて行きます

その中で 1. グローバルな案件

       2.  信頼おける募集主からの案件

を投稿してまいります。昨年の1-3月はいろんな面で紆余曲折がありましたが、今年はそういうことがないことを祈りたいものです

本年もFacebookグループ「音楽&映像関係者キャステイング」をよろしくお願い申し上げます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

当グループの募集投稿とその内容ーとりわけ日本国内の外国制作会社案件につきまして

皆さん お疲れ様です

当グループではほぼ毎日、何らかの分野のキャストやスタッフ募集、オーデイション情報を可能な限り投稿掲載しておりますが、最近一部その件について誤解されている方がおられることがわかりました。

まず当グループは「キャステイング」と名乗っているグループではありますが、別に「キャステイング会社」ではなく、募集投稿によってキャステイング紹介料等一切の利益はいただいてはおりません。全くのボランテイアとして参加者への皆さんへの「奉仕」的な意味合いで他の募集サイトから情報を転載しております。それが少しでも皆さんにとって有効な情報になれば、ということで掲載しております。

その点を誤解していてかご応募の際に「管理人の私の紹介で応募」という表現をされる方が少なからずおられることがわかりましたが、それは全く不要であると同時に誤解を与える恐れも少なくありません。当然ながら私の名前を出すことによってオーデイションやキャステイングの採用に影響を与えるなどということはございません。

また一部の募集サイトにとっては本来掲載していない所から応募が来る、ということでコンプライアンス上よろしくない、といった声も一部出ておりまして、実際その関係でクレームもいくつか私宛に来たこともございます。その関係で皆さんにとって有効な情報も一部掲載できなくなるケースも出てきております。

当グループの募集投稿は管理人やその周囲が直接募集する案件を除いては単なる他のサイトの情報転載にすぎませんので、各案件は管理人である私とも何の関係もない案件でございます。そのため私の名前を出して「私の紹介で」というのは逆に誤解を与えますので、以後は当グループの名前や私の名前を出すことはお控えくださりますようお願い申し上げます。

また最近応募されている方で一部戸惑いを感じられているが多いようですが、当グループの募集で外国人関係の制作スタッフ関係の案件が多いのが特徴ですが、それは次のような事情からです。

実は日本国内の欧米系の映像制作のマーケットも最近急成長しております。殆どのケースでクライアントが外資系企業でしかもかなり有名企業がWeb CMを始めとする映像制作を日本在住の欧米系映像制作会社に発注している実態があります。その会社の殆どがバイリンガルなスタッフで、あることが外資系企業が安心できる要素もあるのですが、実はもう1つ日本と欧米では大きな相違点があります。

それは「テレビ」というものに対する考え方です。

日本国内で「テレビ」といいますと問題なく「地上波テレビ」を指します。そして影響力その他がこの「地上波テレビ」に集中しているために利権のようなものが生まれやすい構造になっていますが、欧米で「テレビ」といいますと実は地上波のテレビではなく「ケーブルテレビ」を指し、そのためにCMや広告映像に対する考え方は日本と根本的に違います。

続きを読む "当グループの募集投稿とその内容ーとりわけ日本国内の外国制作会社案件につきまして"

| | コメント (0) | トラックバック (0)