2018年12月30日 (日)

2018年のFBグループ「エンタテインメント業界キャステイング」での募集案件での主な成約実績

いよいよ2018年も明日で終わりです。

この「エンタテインメント業界キャステイング」も5年目を迎え、ようやく管理人が目指したようなグループになりつつあります。今年の初めはまだ「音楽&映像関係キャステイング」 というグループ名を「エンタテインメント業界キャステイング」に変更いたしました。エンタテインメントとつくあらゆる分野のキャステイング情報を掲載するという方向で掲載。結果

1.皆さんの各プロフェッション(ミュージシャン、役者、モデル、声優、ゲーム等の各分野に「ユニット」で分割)

2.募集案件掲載数の大幅増加(常時90-100件以上掲載)

という内容に変更しました。このことによってエンタテインメントの多様性に対応可能となり、情報も豊富になりました。手前味噌ですが下手な事務所よりオーデイション、募集情報は多いと思います。

それに加えて参加者の皆さんでオーデイションを通り実績を出された方に管理人へのご報告をお願いしております。この成果を発表することを「自慢」なんていう人がいますがそれは違います。参加者の皆さんがオーデイションを通過されて実績を積むことで他の参加者の方にもオーデイションに挑戦する意欲をかきたてる意味もあります。真のプロフェッショナルであれば必ずそうするはずです。そうすることで公平な競争が生まれ、皆さんへのチャンスも増えて行きます。それらを増大することによってエンタテインメントの世界全体がよくなっていくと考えます。

今タレントさんが政治的なことだけなく、何か発言するとそれを叩いて炎上させようなどという良くない雰囲気が世間を蔓延していますが、そういう行為を行う人間は基本ヒマ人で社会からも逸脱した、元々相手にする価値がない人間なので何かいってきてもスルーするのが一番です。ですから「自慢」といって叩くような輩は真のプロフェッショナルではないので相手にする必要はありません。

大事なことは皆さんが当グループの募集案件、オーデイションを通して実績を積みそれで皆さんに競争意識が芽生え、最終的にはそれでグループ参加者全員がWin-Winになればいいと思います。

勿論そして見事オーデイションを通過して実績を積まれた方には私からも皆さんに是非「おめでとうございます!」とお祝いを述べましょう。「おめでとうございます!」もしくは"Congratulations"といわれて気分を害する人はいません

それでは今年、全部ではありませんが管理人が把握している範囲でグループ参加者の「おめでとうございます!」の例を挙げたいと思います。

続きを読む "2018年のFBグループ「エンタテインメント業界キャステイング」での募集案件での主な成約実績"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

当グループ募集投稿の制作実績ーWEB CM編

皆さま お疲れ様です

当グループでは毎日のように募集投稿を行っておりますが実際どのくらいの方が応募して、実際にオーデイションに合格、もしくは音楽、映像、各分野で採用されたかという点はなかなか把握が困難なのが実情です。参加者の皆さんにはもしオーデイション等に参加して実際に採用や実績ができた場合は可能な限りグループの中でご紹介、ご報告いただけると助かります。そのことがグループ参加者の「やる気」に直接つながるものと考えます。

その中で今回はWEB CMについてのオーデイション合格実績について発表させていただきます。

日本ではWEB CMというとまだマイナーなイメージを持っている人が多いですが、欧米ではテレビCMより主流になっています。これはひとえに「テレビ」というものに対する考え方が日本と欧米で根本的に違う点にあるといっていいでしょう。

日本で「テレビ」というと無条件に「地上波」を指しますが、欧米では一般に「ケーブルテレビ」を指します。そしてそのことが日本国内と比べ企業の戦略を根本的に違うものにしています。日本人の感覚ではわかり辛いかもしれませんが、欧米、とりわけアメリカでは地上波のテレビよりはCNNとかAXNにCMを流すことの方が企業は重用視します。

その関係で日本に進出している「外資系」の企業の多くは、欧米では費用対効果という面で低いといわれる「地上波のCM」よりはWEB やケーブルテレビ用に流すCMの制作が主流になっております。その関係で欧米の映像制作デイレクター、映像制作会社が日本を拠点に制作を行っており、実は既にかなりのビッグマーケットになりつつあります。

実績例(i)

日本ネット銀行「カブキ卒業生」

イマイチな3人組が学生生活最後の晴れ舞台を笑顔で終わるためのラストチャレンジに挑む。 変なヤツ・カブキくんがあえて取った空気を読まない行動とは? いつでも便利に、スマホでネットバンキング! できること、いっぱい。ジャパンネット銀行。

実績例(ii)

キャニオンズCM

CANYONS "REFRESH TRIP" from CANYONS JAPAN on Vimeo.

監督はオランダ人で現場は英語でしたが、映像も非常にクリエイテイブで楽しい現場だったようです

いずれも当グループ参加者の方がオーデイション通過した上で出演され、勿論ギャラも支払われております。特に欧米系「ガイジン」が大勢いる、というだけで引いてしまう人が多いようですが、欧米系の制作会社はビジネス的なものはきちんとしますのでそこはご安心していただいて結構です。

何よりもそういう現場が増えてきている、ということは映像制作がグローバル化している、という何よりの証左であります

ここで管理人から皆さんにお願いですが、このWEB CM以外にも参加者の皆さんで実績になったものがいくつかあることも把握しておりますので、そういったもので「情報解禁」して差し支えないものは、私管理人までご一報いただけると幸いです。 映画、PV 音楽、何でも結構です。グループ参加者で実際にそういったものに関わった実績が出ますと参加者の皆さんへの大きなモーテイベーションになると考えます、

引き続き当グループをよろしくお願いします



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」が行っていること

facebookのグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の基本目的はソーシャルネット経由で音楽家、あらゆる分野のクリエーター、そして音楽制作関係者、映像関係者がお互いつながることだけではありません

音楽家同士の交流は勿論、業界関係者と音楽家が自由に交流できる機会作り音楽家やクリエーターのビジネスチャンスに結び付ける、ということが目的です。

ここでいくつか当グループ経由具体的どんな成果があったかといいますと

・某化粧品メーカージングルでのボーカル募集

バ―ナルキハナジングル

9月3日に劇場公開されるドキュメンタリー映画のテーマ曲制作にトランペット奏者を募集しました

残念ながら全てを公開はできないのですが、当グループで音楽家を募集しましたレコーデイングの模様です。

Rec01

Rec02

これらは一例ですが、こういうお仕事案件の募集投稿を行っているグループです。

また管理人は21世紀は「映像の世紀」と位置付けており、映画、映像関係者のグループへの参加を推進しまして、俳優、女優さんのオーデイション記事もグループの中に掲載しております。できればこのグループで映画まで作れたら面白いな、などと考えています

日本は今ちょっとでも夢じみたことを語ると、「バカ」とか「おかしいんじゃないか}などといってくさす人がいますが私は結構本気だったりします、(笑) 寧ろそういう風にけなされればけなされるほど「やってやろうじゃないか」という気になりますね

続きを読む "「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」が行っていること"

| | コメント (0) | トラックバック (0)