2017年5月30日 (火)

当グループが参加のレギュレーションのハードルを高くしている理由

お世話になります。先週の公式ブログの記事にも書いてありますように、グループのレギュレーションを含め、管理人やモデレーター経由でない方の個別の参加リクエストに関する「3つの質問」の設置等、かなり当グループの参加へのハードルを上げております。

■ 音楽&映像関係者キャステイングレギュレーション変更のお知らせ   
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/musiciansandindustry/2017/05/post-5085.html

当グループは再来月でグループ立ち上げ3年になります。今日現在で参加者は2637人で正直ここまで参加者が増えるとは立ち上げ当時は考えもしませんでした。 立ち上げ当時は参加は承認制にはしておりましたが、立ち上げ当時の参加の基準は実にゆるいものでした。単純に音楽をやっていればOKにしておりました。 当然ながらアマチュア関係者も多数はいりこんでいたわけですが、そのうちにアマチュアとプロの意識の違いが随所で鮮明になりました。

元々このグループはアマチュアの人を対象としたグループとしては作っておりませんでした。以前も書いたと思いますがこの「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループを立ち上げたのはmixi演奏家音楽家キャステイング」なるコミュニテイをモデルにして作っています、残念ながら2009-2011年の間mixiが「荒らし」「炎上」が日常化した関係で一時閉鎖に追い込まれ、現在は一応復活はしたようですが、昨今のmixiのソーシャルネットを状況をみますと告知等を行っても殆ど記事がよまれていない等、mixiソーシャルネットの機能はほぼ死んだと断言していいと思います。かつては重宝した時代があっただけに残念ですね

その関係で当グループとして募集案件やオーデイション情報の掲載を行うグループコミュニテイの社会的使命は音楽業界が現在のように低迷している(というか殆ど業界としてもはや機能していない現状)状況ではかなり重要になっていると感じます。それを立ち上げ後の最初の交流会を開催したころから感じ始めました。

しかし募集案件はかなり詐欺的な募集案件も掲載してしまう等、かなりの失敗もありました、特に今でも忸怩たる思いがありますので、「フリーライブ」の募集を装って実は「レッスン代」と称して参加者から金をかすめ取る詐欺的募集に一年近くも気が付かなかった点です。その関係で募集案件や参加者の吟味もかなり慎重に行うようになってきました。昨年から「音楽をやっている」「芝居をやっている」だけでなく「この方はプロなのか、そうでないのか」という点を参加時に重用視するようになりました。さらに先程の詐欺的募集の発覚以降はかなり新規参加者のハードルを上げざるを得ない状況になりました。

さらに一昨年から「音楽を広めるにはやはり映像が必要」という実感から、音楽と映像関係者とのコラボレーションを活発化させる必要性を感じ、映画関係者、女優、俳優、その他映像制作関係者を多く参加させるようになりました。今では当グループは映像映画関係のコミュニテイなのか、音楽のコミュニテイなのかわからなくなってきています。

アメリカ等とは違い、日本ではソーシャルネットのグループでの活動をそれほど重要視していない傾向があり、実際参加してもグループの記事を殆ど読まない、見てもスルーするという人がだいたい7-8割くらいだといわれます。実際管理人に実感では普段から投稿記事をよくみている人は参加者の1割くらい、時々見ている人は1-2割、あとは殆ど見ていない、というのが実感としてあります。

勿論興味を持つ、持たないは個人の自由な選択ですので、それはそれでいいのですが、私は管理人として「うちのグループの投稿をきちんと見ていないと損をするよ」といった内容のグループにしようと思っております。とりわけ現在水面下でグループとして映画、アニメ、ミュージカルといった制作を行おうという計画も考えております。仕事情報の掲載から実際に「仕事自体を作る」といったことも考えています。勿論交流会やイベントもこれからも企画していきます。今年前半はいささか多すぎましたが...

ですから皆さんにご理解いただきたいのは「中途半端な考え」でグループの活動に参加していただきたくない、という点です。だから新規参加者には「面倒くさい」とお考えでしょうが、あえて3つの質問に対する回答をお願いしております。 基本的にはきちんとしたプロの方であれば簡単にお答えできる質問ですが、アマチュアだときちんと答えられない質問ばかりです。 きちんとしたプロの方にご参加いただきたい、という考えから参加のハードルを高くしておりますのでご理解を賜ればと考えます。

今映像制作は急速なグローバル化しています。少し前でしたら日本に俳優やスタッフがハリウッドや海外のプロジェクトに参加するというのは夢の夢でした。しかし今は日本の俳優、女優が参加できるのは珍しくなくなっています。アニメ、ゲームは元より映画の制作現場のグローバル化は私が想像するスピードよりも速く進んでいます。しかしながらまだ全般としてその急速なグローバル化についていっていない業界関係者も少なくありません。これからそれを変えていかねばなりません。

音楽は残念ながらこのグローバル化の動きに完全に置いてきぼりを食っています。救いがたいのは業界関係者の多くがいまだに「グローバル化」の必要性を全く理解していない点です。このままでは5年以内に音楽文化も産業も滅亡してしまう可能性大です。

「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループはそうしたグローバル化に取り残されないように、映画、アニメ、ゲームと共に音楽も組み込んでいこうと考えます。実際この「グローバル化」は映画、アニメの分野に活気をもたらし、そこには多くのチャンスがあります。それを逃す手はありません。

今回の参加の「高いハードル」はそうした時代を見据えた者であるということをご理解いただければ幸いです。

引き続きよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

ベストショートフィルムフェスー予想を大きく上回る入場者数で大盛況終了報告!!

Facebookグループとして協賛しておりましたBest Short Films Fes 2016が4月8日、渋谷のLoft9にて開催されました。

Bsff0_2

当初は前売りチケットの売れ行きが鈍かったことから人に入りがかなり心配されたのですが、ふたを開けてみれば席に余裕があったと思われた第一部から大勢の人にご来場いただきました

Bsff3

今回はアメリカアカデミーでオスカーを受賞した短編"Sing/合唱"やカンヌパルムドールを受賞した"Time Code"を始め世界の主だった映画祭のグランプリの短編を上映いたしました。そのため業界人同士での注目度はあったんですが

会場の準備も怠りなく

Bsff201

Bsff202

今回第一部は前売りは席からすると6割型の数でした、しかし当日になって当日券扱いのお客様がかなり殺到した形となりました、当日で通し券を買われた方もかなりいたらしく、管理人もスタッフとして整理に追われました、

Bsff301

Bsff302

結果としてこれほどの人数が第一部から殺到するとは予想していなかったため、スタッフとしてかなり対応が遅れてしまったことは反省しなければなりません。

尚、ある人から聞いた話ですとネットでのe-plusの手続き方法が結構面倒くさいために嫌われて、実際現地で当日券を買おうと考えたお客様がかなりの数いたようです。この辺りはもし次回開催することがあれば反省点にはなるかもしれません。

e-plusは便利だと思ったんですが、やはりいろいろと入力したりして面倒くさいと感じる方も少なくないようですね

結果として第一部から立ち見が出る状態になりました。

Bsff402


続きを読む "ベストショートフィルムフェスー予想を大きく上回る入場者数で大盛況終了報告!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

第二回カフェで短編上映会兼交流会 上映作品紹介

4月30日第二回カフェで短編上映会兼交流会 (ComCafe音倉)にて上映される作品のご紹介です

1.duet 宮部勝之監督 (7分)

Duet1

「コーポリアルマイムという」身体芸術を用い、男と女が言葉を交わすこと無く、身体の動きによって心を通わせている様子を詩的に表現した映像作品。 2015年 米・サンタフェ映画祭を皮切りに、アメリカ、イタリア、イギリス、スペイン、ルーマニアの映画祭でオフィシャルセレクションに選出。

2016年 札幌国際短編映画祭・オフシアター部門にて上映

Duet2

キャスト・スタッフ

巣山賢太郎  タニア・コーク

音楽 ジェームス・F・ブラウン III タニア・コーク

撮影・監督 宮部勝之

宮部勝之 プロフィール

プラネタリウムディレクターとして、神話・星座・宇宙をテーマにサイエンス番組を多数制作。 現在は、映像ディレクターとしてPV・WEB動画・テレビ番組の演出などを中心に活動中。

2.「ここにいる」 高山直美監督 (16分)

誰からも姿が見えない男は公園から出られなくて困っていた。 そこへやってきたのは喧嘩中のカップル友樹と真紀。 友樹には男の姿が見えた。そして真紀に男は乗り移ることができた。 はたして男は無事公園から抜け出せるのか。 ワンカットで話が展開していくドタバタコメディです。

Kokoniiru

キャスト・スタッフ

キャスト 男:仙田遥平 友樹:野口聡人  真紀:藤原未砂希

スタッフ 撮影 道川昭如 音響 丸池嘉人 メイク 田部井美穂

音楽 / 津軽三味線 

川嶋志乃舞 協力 牛久市観光協会 製作 N'S WORKS 監督脚本 高山直美

高山直美 プロフィール

脚本、演出、演技講師 映像作品は2012年から年に1回ほどのスパンで制作しています。 また演劇だらけのイベント「演劇まつり」にて演劇・インプロ公演を開催しています。
2012年 短編映画「房江」監督脚本。
2012年 短編映画「お前、本当に梅吉か?」監督脚本。
2014年 「エンターテインメントスクールN'S(エヌズ)」開校。
2014年 高校 演技コミュニケーションゼミ非常勤講師就任。
2015年 短編映画「夢みるカフェ」監督脚本。
2016年 短編映画「ここにいる」監督脚本。
2016年 大学 日本文化コミュニケーション講師就任。

3.瞬き〜Moment〜、 Moto監督  LA(仮) ナカザトミキオ監督 (共に予告編)(5分)

Moment

瞬き〜Moment〜 
Future Filmへ向けてのTrailerです。 薩摩と琉球の歴史と殺陣と琉球空手を中心に描けていけたらと思っています。 現在、クラウドコンピューティングに向けて準備をしております。

スポンサー様を募集しております。 よろしくお願い致します。

La

LA(仮) 

Future Filmへ向けてのTrailerです。 本編8分の作品はありますが、カメラテストから生まれた作品です。 Trailerの評判次第で公開しようか検討しております。 ご興味ある方は、ご連絡下さい。

制作  誠-Pro

誠-Proとは 世界に日本文化を正しく広めていこうと活動しております。 俳優を始め、サービス、日本の製品を正しく伝える事が、文化の発信と考えおります。 その為には、英語はもちろん、多言語にも取り組んでおります。 (ネイティブのコーチによるアクティングのワークショップを実施しております) また、世界が求める日本人の典型として、Special(強み)を作る事は大切です。 時代劇の殺陣・所作等もレクチャーをしております。 現在では、ハリウッドの制作会社や現地のプロデューサー・監督・俳優と協力して、世界発信出来る作品のコンテンツを作成中です。

続きを読む "第二回カフェで短編上映会兼交流会 上映作品紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

当グループ「音楽&映像関係者キャステイングはBest Short Films Fes 2016のオフィシャルパートナーとなりました

今年の初めの「カフェで短編上映会兼新年会」にもご参加いただきました佃 尚能監督がクリエイテイブデイレクターをされているBest Short Films Fes 2016 で当グループ「音楽&映像関係者キャステイング」がオフィシャルパートナーとなりました

Bsff

https://www.facebook.com/BSFF2016/

SONY Presents  Best Short Films Fes 2016

2016年度 BEST短編映画を渋谷で一挙上映

2017年 4月8日   Loft 9 Shibuya

第1部 / 第2部 各  ¥1,500 ​通しチケット ¥2,500

第一部:
13:30 開場 14:00 開演  /  ゲストトーク有

第二部:
17:30 開場 18:00 開演  /  ゲストトーク有  /  交流会付 ( 終演後 )

https://www.bsff-films.com/

チケット e-plus  https://eplus.jp/ath/word/107334
 

佃監督は「鼻歌」でカンヌ映画祭で入選作、さらに先日のLA短編映画祭でもグランプリを取った佃監督のいわば「凱旋イベント」ということもできます。そのL.A. Shorts Awards  BEST SHORT FILMグランプリ受賞作品の「私とわたし」ワールドプレミアム上映も行います

ラインアップを見てもかなり期待できると思います。何と前回のカンヌのパルムドール(グランプリ)受賞作品を始め、日本のShort Short Film Festival & Asiaのグランプリ作品(兼オスカー受賞作品)等この映画祭でなければ見ることのできない世界のトップの短編映画が上映されます

主な上映作品は次の通り

続きを読む "当グループ「音楽&映像関係者キャステイングはBest Short Films Fes 2016のオフィシャルパートナーとなりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

映画に予算を出す自治体、団体まとめ

Facebookグループ「音楽家&映像関係者キャステイング」では音楽、映像クルーキャストのキャステイングコール、募集以外にオーデイション情報等を掲載しているわけですが、実は今後は更に一歩踏み込んだ活動も行おうと考えています。それは先日の記にも書きましたが、「グループで映画、アニメ、ミュージカル等の企画から制作までを行う」ということを考えています

まあこんなことを書くと「そんなことできるわけない」、「夢みたいなことを考えるな」とかいう人もいるでしょうが、せっかくミュージシャン、エンジニア、シンガー、女優、俳優、映像デイレクターや監督、撮影クルー等が同じグループにいるわけです。その全員が関われるプロジェクトがあったら面白いじゃないですか。

しかし勿論映画、ドラマ、アニメの企画がそんなに簡単にできるものではない、くらいのことは一応その分野で仕事をしている人間ですから熟知しているつもりです。実際映画にしてもアニメにしてもミュージカルに関しても、仕込みから制作、世の中に発表するまで1-2年は平気でかかります。ですからすぐに結果なんか出ませんし、すぐに結果が出ないとやらない、という方ははっきりいってこのプロジェクト参加には向いていません。、

しかしやるからには当グループはギャラなし、の仕事の情報は特別でない限り掲載しませんし、いわゆる「自主映画、自主制作」では限界があります。ですから当然然るべき予算を持ってこないといけません。

しかしそれは決して不可能ではない、ということをこれから示しましょう。実は映画等の企画にお金、予算を出す自治体、団体はこんなにあります。勿論企画、予算はいろんなところがプロット、企画を出すでしょうから争奪戦になりますので、そんな簡単な話ではありません。しかし折角これだけあるのですから、ダメ元でプロット企画を出さない手はないと思います。

「できるわけない」などという前にまずやってみましょう

というわけで自治体もしくは団体で映画の企画にお金を出すところをまとめてみました。

続きを読む "映画に予算を出す自治体、団体まとめ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

新年イベントーカフェで短編上映会兼新年会 上映作品紹介

1.「道together」 宮本ともこ監督

15731015_1244122262332844_178235460

教員になれずに学習塾で漢字を教えている宙ぶらりんなままの卓。同棲相手のミコは本音を言えば早く結婚したいが、卓に言い出せない。ある夏の日、喧嘩してアパートを飛び出した卓は仲直りのプレゼントを買うために宝石店へ行く。公園でミコを待ち伏せするが…。

キャスト・スタッフ

田辺千香

安保匠

村田啓治

監督・脚本・編集:宮本ともこ

撮影監督:内田剛史 、録音:川崎彰人 、衣装:オミ ひろ美、音楽:アリマカツミ、VFX:内田剛史、文字イラスト:芝崎曜子

宮本ともこ: シナリオライターとしてテレビのバラエテイ番組の台本を書く仕事のあと、伊参スタジオ映画祭でシナリオ大賞を受賞、その台本をベースに初の短編「この坂道」がスキップシテイ国際Dシネマ映画祭、Short Short Film Asia映画祭で入選し、多くの海外の映画祭でも上映。
本作品は二作目になる

2.「まぼろしのシャローム」 吉本直聞監督

Shalom_06

「まぼろしのシャローム」上映時間:20分
ギャラリー「きいろろ聡明堂」映画制作ワークショップ2015作品
ワークショップ形式で集まった1名除き役者歴0年の参加者のみなさんと協力して作ったほのぼのちょっとコワい短編映画。

監督/脚本|吉本直聞
出演|福田秀則、聡明堂、萩沢ゆうみ、山田みぞれ、鷹羽あやか、比嘉越宰、ナオキ
撮影/編集|吉本直聞
引用文|ヨハネの福音書より
企画/制作|きいろろ聡明堂、Stavros Film
Stavros Film 2015

吉本直聞 :映像制作 スタジオスタヴロス/Studio Stavros ディレクター、Stavros Film 代表・監督・作家  数多くのインデイペンデントフィルムや舞台を演出。

3.「BOOB SLINGER」 岩崎友彦監督

Mvi_8167_00_00_16_15_still001_11

年連続で参加しているバカ映画オムニバス「鉄ドン」シリーズからシングルカットした1本を紹介!

「BOOB SLINGER」3分30秒 2016
主演:ArtEggYumi 監督:岩崎友彦 撮影監督:野火 明
西部開拓時代、女である事を捨て、ガンスリンガーとして生きる道を選んだリン。しかし苛烈な運命が彼女を待ち受ける……

RURAL FILM FESTIVAL 2016(スペイン) ベストシネタパス受賞
THE WILD BUNCH FILM FESTIVAL 2016(USA) 最優秀外国映画賞

出演(登場順)Cast(in order of appearance)
Lynn リン         ArtEgg Yumi  アートエッグ・ユミ

Alf  アルフ       Ryuki Kitaoka 北岡龍貴
            (Special Appearance 特別出演)

Bob  ボブ        Keiji Murata  村田啓治
Charly チャーリー    Yudai Tsuruta 鶴田雄大
Dave デイブ       KatsuyaNakai 中井克也  
Fred  フレッド          Tomohiko Iwasaki 岩崎友彦
Bartender バーテンダー Kyoji Ohno  大野 恭史
Butch ブッチ      Seshio 世志男
Cain  カイン            Masaki Otogi 音樹 真輝
Pete ピート            Takeshi Uchida  内田 剛史
Nancy ナンシー         Mizuha Matsuka  松香瑞葉
Manager 店長            Seishi Noma  野間 清史
Sam サム               Yu Takahashi  高橋 侑宇

スタッフ Staff
監督・脚本・編集 :岩崎友彦
撮影監督      : 野火 明
アクション指導  :北岡龍貴
特殊効果      :  内田剛史
乗馬指導       :犬木孝雄
撮影応援       :水谷匡宏、田中 亜寿紗
音楽            :中村浩之、宇津木紘一、村下歌恵
全面協力      :クリオステーブル 
制作            : Rockefellor  Bros.   

岩崎友彦 ;film maker,player.えび天金監督(蟹とミュージシャン、正義の戦士ジャスティスマン、トモヲ⇔ヨーコ愛の往復書簡(PFF入選)、忠実な犬、0069出品)、伊丹映画祭にて「フィリップ君。」監督。 2010 international film festival detmold「界~The World」出品。2012 FAUX FILM FESTIVAL 「Attack of the killer 2D monster!」 2012 "BEST OF FAUX" AUDIENCE AWARD,「ami?amie?つきあってねーよ!」2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペティション部門入選。堀井 彩監督「神様、パン買って来い!」主演(2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門にて上映)。

4.「東京の蛇」 (予告編) 村上智監督

続きを読む "新年イベントーカフェで短編上映会兼新年会 上映作品紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)