« 2018年のFBグループ「エンタテインメント業界キャステイング」での募集案件での主な成約実績 | トップページ | Cinema Planners Laboratory オープニングパーテイーと日本映画インフラストラクチャ-協会について »

2019年1月21日 (月)

満員御礼ーカフェで短編映画上映会兼新年会終了報告 ご来場ありがとうございました

昨年「忘年会」をやらなかった関係で今回は恒例の「カフェで短編上映会」に新年会を開催しました。そのため今回は映画の上映会+ライブショーケースという映画上映と音楽ライブ両方がある当グループならではの新年会となりました。その関係で開場は満席ーお陰様で満員御礼となりました。

 

Shinnennkai20190121

いつも通り管理人のピアノ演奏に始まり

Shinnennkai2019012101

映画5本が上映されました。

Img_0464

 

高山隆一監督「明るい部屋」

Img_0466

繁田賢治監督「君を連れて行く、いいよね」

Img_0469

小暮法大監督「Girls Connection」
フィルムノワールの作風の小暮監督にしては原色系のカラフルな映画でした(^^)。お得意のガンアクションもたくさんありました。

Img_0475

神谷竜仁監督「ココ二・イルヨ」
管理人的には今回の上映作品では一番良かったと思います。最近「怖くないゴースト」というのが映画によく出ていますね。管理人が音楽担当した「別れ詠」という作品でも主人公が実はゴーストだった、というのがありますし管理人が録音でお手伝いした『無限ファンデーション』という作品でも「怖くないゴースト」が登場します。
いずれも「ゴースト」なんですけど寧ろ観客に「生きててほしい」「生き返って欲しい」と思わせるキャラクターでしたが、今回の映画もそのパターンですね。ある程度予想されたクライマックスでしたがそれでも感動的なのは監督の演出力だと思います。

Img_0476

勝然武美監督 "Exit"
ダンサーの勅使川原三郎さんの無名時代に出演した作品。台詞は全くなく映画というよりは映像アート作品のような感じになっています。勝然監督の実験的作品

ライブショーケース

二胡奏者のShinさんとノルウエー出身のクリステイーンのステージ

50737497_1916416345133535_272738826

二胡はよく胡弓と間違えられますが、中国の伝統楽器で映画「ラストエンペラー」の音楽に使われているのが二胡です。管理人もこの音色が大好きなので今回のライブショーケースで演奏できたのはよかったと思っています。
この二胡がシルクロードを渡ってヨーロッパではバイオリンになったわけですが、今回は西洋と東洋の弦楽器の共演がステージで行われました。
バイオリンのクリステイーンはまだ若干18歳、今後はプレーヤーだけでなくモデルや女優の活動もしていきたいとのことで今回の新年会では映画監督もおおぜい参加していますので、いいきっかけになればいいと思っております。

Img_0480

アテイーシャみわさん。ボイストレーナーもされているだけあって見事な声を披露していただきました。こういう方がもっと表にでますと少しは日本のポップスシーンも変わっていくと思うんですが..

上映とライブステージのあと料理が出ます。あまりComCafe音倉の料理をお見せすることがないのでこんな感じのオーガニックフードが出されています

50250743_1916519598456543_890893093

今回は上映会とライブとかあった関係で少し交流の時間が少なくなったようですね。これは管理人としての反省材料かもしれません

Shinnennkai2019012102

 

尚、今回短編上映会も開催した関係で当グループとしても何らかの形で今後関わる、かもしれない映画祭についてお知らせします。

ハリウッドの一流プロデユーサーが審査員をつとめる「ダマー国際映画祭Tokyo2019

Damah_1

コンペテイションでは15分部門、30分部門で作品の募集をしております。提出作品は短編以外、英語の副題や字幕を入れるというのが条件以外ありません。つまり他の映画祭に出品済み、受賞済みの作品でも提出可能です

審査員のメンバー

ハワード カサンジアン -  「スターウオーズ」「インデイ―ジョーンズ」のプロデユーサー

グレイ フレデリックソン    -  「ゴッドファーザーパート2」「 地獄の黙示録」のプロデューサー

ラルフ ウィンター   -      「スタートレックシリーズ 」プロデューサー

ジェラルド モーレン -     「シンドラーのリスト」を始めスピルバーグ作品の多くのプロデユーサー

マーク ジョセフ   -     アメリカのマルチメデイアプロデユーサー ナルニア物語 Rayのマーケテイングや開発を担当 映画「マックスローズ」「ベッセル」のプロデユーサー

日本側からは

佐倉寛二朗氏ー    「WASABI」「ロックよ 静かに流れよ」のプロデユーサー

映画祭の賞金は

・30分未満コースの賞金 15万円
・15分未満コースの賞金 7万5千円

全ての提出映像は30分未満

必ず英語の字幕を入れること

詳しくは英語ですがサブミッションリンクまで
https://filmfreeway.com/2019DamahInternationalFilmFestival

提出期限:2019年3月1日

関連記事
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/musiciansandindustry/2018/12/52019-606c.html

Damah002

せっかくの機会、フルってご応募下さい

 

 

 

 

|

« 2018年のFBグループ「エンタテインメント業界キャステイング」での募集案件での主な成約実績 | トップページ | Cinema Planners Laboratory オープニングパーテイーと日本映画インフラストラクチャ-協会について »

イベント・コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満員御礼ーカフェで短編映画上映会兼新年会終了報告 ご来場ありがとうございました:

« 2018年のFBグループ「エンタテインメント業界キャステイング」での募集案件での主な成約実績 | トップページ | Cinema Planners Laboratory オープニングパーテイーと日本映画インフラストラクチャ-協会について »