« 国際業界交流会"6th Annual Japan Entertainment Industry Bonenkai 2018"終了報告 | トップページ | 映画人交流会Vol11 終了報告ーThanks for coming Movie Industry people's party »

2018年12月16日 (日)

当グループ推奨 ハリウッド一流プロデユーサー5人が審査員のコンペテイションーダマー映画祭東京2019 30分以内の短編作品募集!!

先程の記事にて触れましたが国際エンタテインメント業界忘年会にて東京のオーガナイザーの方とお話して詳細な情報をいただきました。

アメリカのシアトルで始まった「ダマーフィルムフェスティバル」は日本では広島国際映画祭(『ダマー映画祭inヒロシマ』)として開催されていたのはご存じの方もいらっしゃると思います。その「ダマーフィルムフェスティバル」が、来年の5月10日、11日に東京の下北沢の北沢タウンホールで開催されることがわかりました。

Damah_1

映画祭のコンペテイションでは15分部門、30分部門で作品の募集をしております。提出作品は短編以外、英語の副題や字幕を入れるというのが条件以外ありません。

特筆すべきなのはコンペテイションの審査員の面子の凄さです。正直「本当にこの人たちが日本に来るの?」とおもいたくなるような顔ぶれです

ハワード カサンジアン -  「スターウオーズ」「インデイ―ジョーンズ」のプロデユーサー

グレイ フレデリックソン    -  「ゴッドファーザーパート2」「 地獄の黙示録」のプロデューサー

ラルフ ウィンター   -      「スタートレックシリーズ 」プロデューサー

ジェラルド モーレン -     「シンドラーのリスト」を始めスピルバーグ作品の多くのプロデユーサー

マーク ジョセフ   -     アメリカのマルチメデイアプロデユーサー ナルニア物語 Rayのマーケテイングや開発を担当 映画「マックスローズ」「ベッセル」のプロデユーサー

日本側からは

佐倉寛二朗氏ー    「WASABI」「ロックよ 静かに流れよ」のプロデユーサー

映画祭の賞金は

・30分未満コースの賞金 15万円
・15分未満コースの賞金 7万5千円

全ての提出映像は30分未満

必ず英語の字幕を入れること

詳しくは英語ですがサブミッションリンクまで
https://filmfreeway.com/2019DamahInternationalFilmFestival

提出期限:2019年3月1日

審査員は映画監督ではなくプロデユーサーばかりということにご注目下さい。そうです。海外の仕事につながる可能性があるのです。ハリウッドや世界への登竜門といってもいい映画祭の内容になっています。ちょっと前だったらありえない、考えられなかったことですね。こういうことが最近どんどん起きていますね。

ということで当グループとしてはどんどん作品をサブミッションされることをおすすめいたします。自分の作品を世界の一流プロデユーサーに見て欲しいとお考えの方は是非トライしてみてください

Richard_wilson
日本の映画祭のオーガナイザー リチャード ウィルソン氏

念のため裏のページも載せましょう

Damah002

|

« 国際業界交流会"6th Annual Japan Entertainment Industry Bonenkai 2018"終了報告 | トップページ | 映画人交流会Vol11 終了報告ーThanks for coming Movie Industry people's party »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/67490114

この記事へのトラックバック一覧です: 当グループ推奨 ハリウッド一流プロデユーサー5人が審査員のコンペテイションーダマー映画祭東京2019 30分以内の短編作品募集!!:

« 国際業界交流会"6th Annual Japan Entertainment Industry Bonenkai 2018"終了報告 | トップページ | 映画人交流会Vol11 終了報告ーThanks for coming Movie Industry people's party »