« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

映画人交流会Vol10 終了報告

先週の「カフェで短編映画上映会兼交流会」に続く映画関係のもう1つのイベント
「映画人交流会Vol10」が開催されました

29570844_1679040522143058_663439304

前回が参加者が当日になって殺到ということで今回は広い会場で開催しようとしていましたが、会場が公称300といいながら実際行ってみたら昨年のニッポン放送より狭いことがわかり、(-_- ;) ちょっとこれは詐欺に近いと我々主催者は憤慨しています。次回はもっと広い会場を探します。

7時に開場、8時からいつもどおり各種デモンストレーションに入ります

「社団法人日本映画インフラストラクチャー協会」
デモ シネマプランナーズ     寺井 隆敏

「虹の橋をかけぬけて 」    月元 映里
「自由を手にするその日まで」  天野 友二朗
「じねん」   宮部 勝之
「ANIMA」 堀江 貴大
「JAPANESE MUSICAL CINEMA」       角川 裕明
「サラバ静寂」 宇賀那 健一
「合間にて…」 中田 圭
「かぞくへ」  森本 のぶ
「一人の息子」 谷 健二
「The Sea」       佃 尚能

今回はいつもの映像デモに加え先日から何回もご紹介している「日本映画インフラストラクチャー協会」のプレゼンテーションをシネマプランナーズの代表の寺井さんにしていただきました。

Terai

続きを読む "映画人交流会Vol10 終了報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

第四回カフェで短編上映会兼交流会終了報告

今や当グループの恒例イベントといっていい「カフェで短編上映会兼交流会」シリーズ昨日ComCafe音倉にて開催されました。

今回は今週の金曜日に開催される「映画人交流会」と日程が近いため、両方のイベントを混同する人も一部おられました。その関係でいつもよりは少し少な目の参加者数でしたが、それでも席はまずまずの満席状態でした。

29541718_1673817369332040_843250233

会の始まりをつげる意味でいつもながら管理人のピアノで始まりますが

Kyoji_tanpen

今回もバラエテイに富んだ7作品が上映されました。

Img_1647
暮れていく.(高山隆一 監督)

Hannin_sailorfuku
犯人はセーラー服 (繁田健治 監督)

鈴木監督は新作の『かもめ座』 キャストは「神保家の人々」とほぼ同じメンバー  

Img_1652

そして前回導入部分のみを見せてくれましたが今回は「神保家の人々」の中間部分だそうです。映画自体はほぼ編集も終わりこれから最終工程に入るそうです

Img_1653

ヒューマンドラマの映画というのは意外にむずかしいもんですが、さてこの映画のクライマックスはどんなものになるんでしょうね。もうすぐ全編を見ることができるかもしれません

続きを読む "第四回カフェで短編上映会兼交流会終了報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

参加者が3000人突破しました

当グループはあまり人数をどんどん集めるのが目的ではないんですが、いつの間にか参加者が3000人超えていました。 グループ参加のハードルを高くして、しかも明らかにグループ活動に殆ど興味を示さなかった人員を数十名整理したうえでのこの数字です。

正直このグループを立ち上げた時はここまで大きなグループになるとは想像していませんでした。参加者3000人はグループとしても大きな方と考えていいと思います。

グループも3000人を超えますとさまざまな考えで参加されている方がいるため、管理運営をきちんとしないとすぐにグチャグチャな状態になってしまいます。これは人数の多い他のグループをみてもわかります。当グループは映像と音楽のそれぞれの分野のプロフェッショナルの方が参加している、という原則のもと、メインの投稿は募集投稿やオーデイション情報ですのでそれにふさわしいクオリティの投稿を行うようにしています。

そのため当グループの投稿内容は通常のグループと違い著しい制限が加えられています。
投稿していいのは
1.音楽、映画その他キャスト、クルー関係のキャステイングコールやオーデイション等の募集投稿(コンペ含む)
2.ィベント,ライブ,上映会等の告知(ワークショップ等も含む)の告知
3.音楽のリリース(配信、発売等)映画の劇場公開等の告知


の3つのみです。仕事、オーデイション情報とその関係のイベントやライブ情報、そして商品や劇場公開のリリース情報。いずれもプロとしての活動を行っていれば必ず必要になってくるものばかりです。プロフェッショナルな人のグループですのでその3つは許容しております。

一方で他のグループのような「普通の投稿」ができるグループを姉妹グループとして用意しております。「普通の投稿」をしたい方はこちらでの投稿をお願いします。特別な事情がない限り当グループの参加者ならば参加できます
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

募集投稿に関しましては最近はかなり厳格なクオリティコントロールをしておりますので、その関係で参加者の皆さんからもそういう評価をいただくようになりました。これは昨年さまざまな「事件」や紆余曲折があったことが結果としてケガの巧妙になったといえるかもしれません。正直去年の今頃はとある参加者(現在は退会)から募集投稿についてかなりクソミソにいわれたこともありましたので(笑) その方がいまの当グループの投稿内容を見てどう思われるか個人的には興味ありますが、.

当グループは低迷している映像や音楽コンテンツに関係する人たちが少しでも状況的によくなり、活性化するためのお手伝いをソーシャルネットというツールを使って行っていこうという意図で立ち上げられていますが、映像に関しては制作現場がグローバル化していることも手伝い非常に面白い方向に今動いております。

しかし残念ながら音楽についてはなかなか低迷状況から脱し切れていないというのが現状で、現在の悩みのタネは音楽関係の募集で本当にめぼしいものがないというのが悩みのタネです。現在の募集投稿を見ていただければわかりますが、音楽関係の募集は映像関係の募集の半数くらいしかありません。いかに音楽の世界が停滞、低迷しているかがわかります。

まあそのためにも管理人の映画音楽案件やその他の業務でもう少し募集投稿を出せるといいな、とも思いますが、いうのは簡単、なかなか皆さんが望むような案件がすぐに出せるわけではないですが、何とか智恵を絞って今後音楽を映像でコラボレートする機会を作り、音楽制作の世界を少しでも活性化できるように持って行きたいと考えており、それを今年の当グループの課題にしていきたいと考える次第です

というわけで引き続き当グル―プ「音楽&映像関係者キャステイング」をよろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金)

日本映画インフラストラクチャ協会との連携と協会との詳細

さて本日は日本の「日本アカデミー賞」の受賞式ですが、日本時間の月曜日(現地時間3月4日の日曜日)にはアメリカの映画アカデミーのオスカーの授賞式が行われます。
そんなわけで映画関係が今少しもりあがっていますが、先日もお知らせしましたとおり当グループは「一般社団法人 日本映画インフラストラクチャ協会との連携を深めると同時に管理人の私も同協会のアンバサダーとしての活動を行うことになりました。

Cinepu

当グループにも何回も書いてありますように、現在急速に進みつつある映画の世界のグローバル化について考えますと日本と欧米の映画制作の顕著な差を見ることができます。その関係で昨今の自主映画、インデペンデント映画を見ますとポストプロダクション.スタッフクルー(メイク、衣装から音声録音まで)等クオリティを保つための最低限の費用もかけずに映画を作っている例が数多くあり、それらを海外の映画祭とかに出しますと日本の映画のクオリティの評価を著しく下げることにもなります(実際現実にそれが起きています)

実は自主映画やインデペンデント映画はそもそも映画の重要な製作過程であるポストプロダクションの過程の費用についてそもそも殆ど考えていないケースが多く、映像のカラコレ、SFXといったポスプロ作業、整音さらには映画音楽(「音楽が大事」といっている割には音楽にお金をかけている自主映画、インデペンデント映画は残念ながら決して多くありません)の費用とか全て必要になります。

「一般社団法人 日本映画インフラストラクチャ協会はそういったクオリティを保つための費用の助成も推進し費用とかバジェットで足りないところも補えると思います。

特に映画での音楽に関してですが、そもそも当グループは音楽と映像をより緊密に近づけていくというグループとしての目的がございますので、映画音楽に関わりたい、映画の主題歌、挿入歌を制作や提供をしたいという方のビジネスチャンス創出という意味でもこの「日本映画インフラストラクチャ協会」の活動の幅を広げていきたいと考えております。

続きを読む "日本映画インフラストラクチャ協会との連携と協会との詳細"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「横浜あかいくつライブ」他の詐欺募集の主犯格逮捕のお知らせ

今から一年前ですが当グループに繰り返し投稿された以下の募集内容

1.横浜あかいくつライブ
2.荻窪フリーらイブ
3.さいたま新都心駅無料ライブ
4.クロスFM 出演
5.東北支援無料ライブ

がありました。

いずれも「無料」をエサに人を集めていたのですが、無料というのは嘘で実際には出演をさせずに「作詞」や「作曲」の講座料金を応募者から徴収するという詐欺的な募集が行われておりました。 ネットでもあちこちにこれの被害に関する報告がなされていましたが、管理人は二年近くになってもこの実態を把握できずに、結果としてグループメンバーの多数が被害にあってしまいました。
これはグループの管理人としても痛恨の不覚、といわざるをえず
管理人としては非常に無念な思いであります。

今回逮捕された富山周平容疑者は既に当グループから強制退会、ブロックされていますがその手口、実態の詳しい点はこちらに書いてあります

■脅迫で逮捕された富山周平容疑者、経歴、顔写真、勤務会社、ミュージシャンの夢を食い物にする手口を特定
 https://moffungtonpost.com/739

警察が現在余罪を含めて捜査しているようなので、その結果を持ちたいと思いますが、既に多くの若いミュージシャンが被害に遭っているのは事実ですので、一応音楽業界関係者の端くれとして、あえていわせてもらいます

こんな人間に音楽業界人面されるのは迷惑千万だ!!

さて、この事件は当グループにとって本当に痛恨のできごとでしたが、この事件をきっかけに当グループの方針を大きく変更することになりました。

具体的には今回のような事態の再発防止のために

1.グループの投稿を承認制にする

2.募集投稿の内容、信頼性を吟味し投稿のコンテンツのクオリティを高める

特に後半の、ですがそれまではグループ参加者の自主性にまかせていましたが、募集投稿の信頼性を始め投稿内容のクオリテイーコントロールを徹底するようにいたしました。グループ参加者の信頼を回復するにはそれしかないと思いましたので

確かにそれまでの募集投稿に関してはこの「赤い靴」関連以外でも、今思いますと問題が多々あったのも事実です。それ以後さまざまな紆余曲折もあり、ややいばらの道がありましたが、今は募集主の信頼性も含めかなり、募集投稿のクオリテイーコントロールはしっかりしてきたと考えますがいかがでしょうか?

この苦い失敗体験からせめて教訓を学び、このようなことが二度と起きないように管理人として細心の注意をはらってまいります。但し残念ながら100%とまで言い切れるか、といいますとなかなかそう言い切れませんが、そのためにも皆さんのご協力やフィードバックをいただければ管理人としてもありがたく思います。

今後とも引き続きグループ「音楽&映像関係者キャステイング」をよろしくお願い申し上げます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »