« 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング2017年忘年会終了報告 »

2017年11月30日 (木)

音楽&映像関係者キャステイング2017年忘年会ーテーマは「音楽と映像のコラボレーション」、ライブショーケース出演者及び映像デモ紹介

早いもので今年もあと一か月余り

こういう形の交流会も今回で6回目になります。正直よく続いているなと個人的には思います(^^;)
最近グループのインサイトというアクセス解析ならびにさまざまな調査の結果、とりわけ音楽関係者に当グループの主旨があまり理解されていない点を感じました。(映画映像関係のグループと勘違いする向きが少なくないようです)そのため今回の交流会、忘年会のテーマを

「音楽と映像のコラボレーション」

というテーマで映像デモとライブショーケースの企画をいたします。、

従来はミュージシャンのライブショーケースと映像デモをコーナーで分けていましたが今回は続けます。こんな感じで進めます

1.月元映里  映画「奇跡のクリスマス」ー映像デモで自作のテーマソングライブ

シンガーソングライターであり、映画監督でもある月元映里さんの監督した作品「奇跡のクリスマス」とそのテーマソングを自ら歌います。映画とテーマソング両方を手掛けたという珍しいケースですのでこちらでご紹介します

Tsukimoto_eri

プロフィール:
イギリスの大学で演劇、音楽を専攻。 海外でも歌や映画出演、自作のミュージカル、舞台と映像の融合作品公開しました。 女優、シンガーソングライター、脚本、映画監督、舞台演出、撮影、美術など芸術全般にやっております。
タレントの原俊作さんに2曲曲提供。 自身でもCDに続き、作詞作曲5曲入りPVも発売予定。映画、ドラマ、TV、舞台等出演しながら、今年から自分の監督映画も3本お披露目公開、映画祭にも国内外出品予定です。

2.  映画「弔」 村松監督の映像デモとエンデイングテーマの谷洋幸さん

これは管理人が音楽を担当した中編映画「弔」のご紹介を村松健太監督にしていただきます。

会場に流すデモは別バージョンを流しますが、取りあえずこんな映画です。

葬式で一番歌ってはいけない歌を歌ってますが、誰がこんな歌作ったんでしょうね? はい 私です(^^:)

923d85be51934af192e5d7ad7f46ea69

村松健太

監督/脚本/編集

2015年 京都市立芸術大学 美術学部 美術学科 構想設計専攻 卒業

受賞歴

2013年 動画フェス 優秀賞
第27回 学生CGコンテスト アート部門 評価員賞
第20回 調布ショートフィルムコンペティション 入賞
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017 ゆうばりチョイス部門

ライブショーケース 「弔い」エンデイングテーマ 「高円寺純情ストリート」

歌;谷 洋幸(たに ひろゆき)

Tani_hiroyuki

1977年7月2日 京都生まれ 大阪育ち

父親のビートルズ愛好に影響され、自身で曲を書き始める。
大阪でバンドBOTTOMSを経て上京。

旧新宿LOFTでソロとして初Liveを行なう。
2003年11月11日:オムニバスアルバム『TOKYO TRIP COMPILATION』をプロデュース、自主レーベルTOKYO TRIP RECORDSを設立し、全国発売。
2004年9月22日:1stフルアルバム『東京ドリーマー』全国発売。
TV、街頭TV、ラジオ、雑誌、新聞、映画など各メディアに多数露出。
2005年12月14日:1stマキシシングル『コトフタリ』全国発売。
全国11都市ツアーを決行。
12月10日、東高円寺UFO CLUBにて初ワンマンLive開催。
2006年8月9日:2ndマキシシングル『泣くなよベイビー』全国発売。
29公演全国ツアー決行。
2007年:NYに活動の拠点を移す為、渡米。
2008年:元旦「NEW YORK POST」の表紙を飾る。
6月、短期渡独しベルリンにてEU初Live決行。
7月12日、NYのUNION SQUAREにてStreet Live中に前衛アート・イベント"DRAW-A-THON"のプロデューサーMichael Alan氏にスカウトされ、ブルックリンで行なわれた同イベントにゲスト出演。
2009年1月3日:ブルックリンのクラブ"Don Pedro"で行なわれた同イベントに正式出演し、帰国。 2011年、iTunesより過去作品が再発表される。
6月9日、未発表曲集『I'm Blue』リリース。
2013年2月23日:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にてLive決行。
3月21日、『落日』リリース。
東名阪ツアー決行。
8月、初韓国ツアー決行。
2015年2月25日:10年ぶり待望の2ndニューアルバム『SAYONARA NOSTALGIA』全国発売。
10月14日より、Ust番組「パッサウ・スイーツ・ブレンドPARTⅡ」にてレギュラーMCを担当。
映画俳優としても、岩井俊二監督作品等に多数出演している。
新宿URGAで毎年大晦日に開催されていたカウントダウンイベントではオープンから閉店まで(渡米独中は除く)、毎年トリで出演していた。

3.ライブショーケース  KAO=S featuring SHIN

通常のライブショーケースですが、今回は海外で絶大な評価を得ているKAO=S 本来は三味線に「第四の弦」を加えた「四味線」の寂空 シャミセニスト さんがメンバーなのですが、スケジュールの関係で出演できず、替わりに二胡奏者のShinさん(写真)がステージに参加されます。

このメンバーは以前当グループのライブイベント「音楽異種コラボレーションセッション」にご出演いただいたことがありますが、今回はライブショーケースにご出演いただくことになりました。

KAO=S

世界最大音楽見本市の米SXSW出演他、6か国の海外公演を重ね、米CNN局番組でも紹介されたジャパニーズ・アートロックバンド

・川渕かおり(ヴォーカル/剣舞)
・山切修二(ギター/ヴォーカル)
 http://www.kaos-japan.com/

Yamagir0i
山切 修二

Kawabuchi_kaori

川渕かおり

そして同じく「音楽異種コラボレーションセッション」にご出演いただいた二胡奏者のShinさん

Shin

Shin

1982年8月生まれ

12才から大学まで二胡を専門に学ぶ。

 二胡の学舎として名高い北京師範大学音楽学部二胡専科では国家一級演奏家・王宜勤先生に師事。卒業後、鞍山台安英才芸術学校でダンス・歌・二胡を教える。

 大連市芸能大会二胡演奏金賞、北京暢想オリンピック杯二胡演奏金賞ほか受賞多数。日本アニメなど、様々な日本文化に惹かれ、2010年来日を果たす。

2012年3月ドイツ、ベルリンフィルハーモニーホールにてメイン奏者として公演。

中国遼寧省出身。

現 在,神奈川県川崎市に拠点を置き、シンガー.二胡奏者Shinとして単独ライブはもちろん、あらゆるジャンルの方とのセッションライブ等を精力的にこな している。昨年は地元大連にて日中青年交流「Art & Music Festival in Dalian 」を成功に導いた。瑞雅(RuiYa)二胡学院主任講師。

趣味: 読書、カラオケ。好きな食べ物: 寿司。

公式サイト: http://www.shin-acacia.com/

4.映像デモーMusic short film "The Sea"

「わたしとわたし」「はなうた」で二年連続カンヌ映画祭に入選された佃尚能監督の完全未公開最新作 "The Sea"を上映いたします。

https://www.lazy-the-sea.com/

ちなみにカンヌの「パルムドール狙い」の新作を現在準備中(^^)

佃 尚能 ;佃 尚能 映像ディレクター/NHKクリエイティブ・ディレクター

埼玉県出身。テレビドラマの演出を務める傍ら、監督・脚本家として
インディペンデント映画を制作。ミュージカル映画「スキャンダル!」
で第45回ヒューストン国際映画祭 短編部門最高賞(Platinum Award)
を受賞。最新作「鼻歌」は、48時間映画祭グランプリを含む、国内外
11部門受賞。第69回カンヌ国際映画祭での上映作品に選出された。

主な演出作に「ゲゲゲの女房」「浪花の華」「放送博物館危機一髪」
の他、大河ドラマ「真田丸」のオープニングや土曜ドラマ「64」
「ガラスの家」のタイトルバック等がある。

2016年「鼻歌」 2017年「わたしとわたし」がカンヌ映画祭で上映

5.お知らせタイム

5枠ありますが、「作曲コンペ」や音楽イベント多数企画のMPJを始め、当グループのメンバーが主役を射止めた音楽映画「夢の音」のお知らせ、管理人が現在手掛けている短編映画「別れ詠」のクラウドファンデイングのお知らせ等があります。まだ1枠あいていますが当日に希望者でジャンケンをします

|

« 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング2017年忘年会終了報告 »

アーチスト紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/66104796

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽&映像関係者キャステイング2017年忘年会ーテーマは「音楽と映像のコラボレーション」、ライブショーケース出演者及び映像デモ紹介:

« 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング2017年忘年会終了報告 »