« 異種コラボシリーズー"MASS" 〜音楽と映像によるパフォーマンス 出演者紹介 | トップページ | 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 »

2017年10月16日 (月)

異種コラボイベントーMASS映像と音楽のコラボ終了イベント

先週の金曜日に行われたFacebookグループ「す「音楽&映像関係者キャステイング」の公式イベント異種コラボシリーズー"MASS"が無事開催されました。

Mass00

既に何度も申し上げていますように当グループは音楽と異分野のコラボレーション、とりわけ映像とのコラボレーションに重点を置いていますが、今回は映画とは違い、アート系のビデオと音楽ー作曲家クレマン・ヴァリエラスとビジュアルアーチストのルイッジ・ホノラと日本人演奏家のコラボレーションプロジェクトということで開催されました。その関係でいつもの音楽イベントと全く趣きが違いましたがさながらクラブイベントのアンビエトルームの雰囲気といっていい内容でした。

Mass0202

今回は映像イベントなのでリハーサルからいろいろと試行錯誤がありました。

そもそも音楽家と映像の配置をどうするか、会場に来てから決める感じでして最初はこんな感じでリハを行いました。

Mass_rehearsal02

そのうち後ろのお客さんからミュージシャンの影で見辛いのでは、という懸念が出始めました、会場のComCafe音倉では「カフェで短編上映会」をやっている関係で、やはりそのイベントとの比較もしてしまうんですね。

そこで思案のあげく、ふだんの音楽イベントでは「控室」か荷物置き場になっている「さじき席」にミュージシャンを移動しました。楽器演奏者5人分ですがちゃんと入りましたね(^^;)

Mass_sajiki

ちなみにComCafe音倉で演劇系のイベントをやる時この「桟敷席」に音楽家が入ることもあるそうです。勿論通常の「桟敷席」としても使えます」ちゃぶ台や座布団もありますしねww

ちなみに来年はグループで「ミュージカル関係」のイベントもやろうかな、とも計画しています。なるべく早く実現したいですが

ミュージシャンが「桟敷席」に移動した関係ですっきりしました。(^o^)

Mass02

そんな感じでライブイベントがスタートしました、
最初は映像ではなく音楽家だけのパフォーマンス、

Mass0100

第1ステージ始まりました.

Mass01

クラシック系の演奏家の即興演奏です。
昔はクラシック系の演奏家は即興は「御法度」という教育をうけた人が多かったようですがだいぶ変わりましたね、

Mass0101

即興といってもジャズ系のインプロビゼーションとはかなり違うのが興味深いです。

そしてメインイベントの"MASS"
デジタル+アコ―ステイックの競演です

Mass0201

今回は
Facebook グループ音楽&映像キャステイング」のイベントの本拠地であるComCafe音倉で行いましたが、美術館内のイベントスペース等で開催されてもおかしくはないイベントだったと思います、

今回は映像がイタリア人、作曲家がフランス人ということで会場には英語とフランス語が飛び交いました。映像や音楽等のコンテンツはグローバル化している1つの傾向ということができると思います。

今後も何らかの形で今回のような内容のイベントを企画したいと思います。

異種コラボから新しいものが生まれますので

<今後のイベント計画>

音楽&映像キャステイング」2017年忘年会 (12月上旬開催予定ー現在会場と日程調整中

・大好評!!  「カフェで短編上映会兼交流会」2018年1月予定


|

« 異種コラボシリーズー"MASS" 〜音楽と映像によるパフォーマンス 出演者紹介 | トップページ | 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 »

イベント・コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/65925089

この記事へのトラックバック一覧です: 異種コラボイベントーMASS映像と音楽のコラボ終了イベント:

« 異種コラボシリーズー"MASS" 〜音楽と映像によるパフォーマンス 出演者紹介 | トップページ | 「音楽&映像関係者キャステイング」での音楽関係の募集に関する実態 »