« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月20日 (月)

第二回カフェで短編上映会兼交流会 上映作品紹介

4月30日第二回カフェで短編上映会兼交流会 (ComCafe音倉)にて上映される作品のご紹介です

1.duet 宮部勝之監督 (7分)

Duet1

「コーポリアルマイムという」身体芸術を用い、男と女が言葉を交わすこと無く、身体の動きによって心を通わせている様子を詩的に表現した映像作品。 2015年 米・サンタフェ映画祭を皮切りに、アメリカ、イタリア、イギリス、スペイン、ルーマニアの映画祭でオフィシャルセレクションに選出。

2016年 札幌国際短編映画祭・オフシアター部門にて上映

Duet2

キャスト・スタッフ

巣山賢太郎  タニア・コーク

音楽 ジェームス・F・ブラウン III タニア・コーク

撮影・監督 宮部勝之

宮部勝之 プロフィール

プラネタリウムディレクターとして、神話・星座・宇宙をテーマにサイエンス番組を多数制作。 現在は、映像ディレクターとしてPV・WEB動画・テレビ番組の演出などを中心に活動中。

2.「ここにいる」 高山直美監督 (16分)

誰からも姿が見えない男は公園から出られなくて困っていた。 そこへやってきたのは喧嘩中のカップル友樹と真紀。 友樹には男の姿が見えた。そして真紀に男は乗り移ることができた。 はたして男は無事公園から抜け出せるのか。 ワンカットで話が展開していくドタバタコメディです。

Kokoniiru

キャスト・スタッフ

キャスト 男:仙田遥平 友樹:野口聡人  真紀:藤原未砂希

スタッフ 撮影 道川昭如 音響 丸池嘉人 メイク 田部井美穂

音楽 / 津軽三味線 

川嶋志乃舞 協力 牛久市観光協会 製作 N'S WORKS 監督脚本 高山直美

高山直美 プロフィール

脚本、演出、演技講師 映像作品は2012年から年に1回ほどのスパンで制作しています。 また演劇だらけのイベント「演劇まつり」にて演劇・インプロ公演を開催しています。
2012年 短編映画「房江」監督脚本。
2012年 短編映画「お前、本当に梅吉か?」監督脚本。
2014年 「エンターテインメントスクールN'S(エヌズ)」開校。
2014年 高校 演技コミュニケーションゼミ非常勤講師就任。
2015年 短編映画「夢みるカフェ」監督脚本。
2016年 短編映画「ここにいる」監督脚本。
2016年 大学 日本文化コミュニケーション講師就任。

3.瞬き〜Moment〜、 Moto監督  LA(仮) ナカザトミキオ監督 (共に予告編)(5分)

Moment

瞬き〜Moment〜 
Future Filmへ向けてのTrailerです。 薩摩と琉球の歴史と殺陣と琉球空手を中心に描けていけたらと思っています。 現在、クラウドコンピューティングに向けて準備をしております。

スポンサー様を募集しております。 よろしくお願い致します。

La

LA(仮) 

Future Filmへ向けてのTrailerです。 本編8分の作品はありますが、カメラテストから生まれた作品です。 Trailerの評判次第で公開しようか検討しております。 ご興味ある方は、ご連絡下さい。

制作  誠-Pro

誠-Proとは 世界に日本文化を正しく広めていこうと活動しております。 俳優を始め、サービス、日本の製品を正しく伝える事が、文化の発信と考えおります。 その為には、英語はもちろん、多言語にも取り組んでおります。 (ネイティブのコーチによるアクティングのワークショップを実施しております) また、世界が求める日本人の典型として、Special(強み)を作る事は大切です。 時代劇の殺陣・所作等もレクチャーをしております。 現在では、ハリウッドの制作会社や現地のプロデューサー・監督・俳優と協力して、世界発信出来る作品のコンテンツを作成中です。

続きを読む "第二回カフェで短編上映会兼交流会 上映作品紹介"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

当グループ「音楽&映像関係者キャステイングはBest Short Films Fes 2016のオフィシャルパートナーとなりました

今年の初めの「カフェで短編上映会兼新年会」にもご参加いただきました佃 尚能監督がクリエイテイブデイレクターをされているBest Short Films Fes 2016 で当グループ「音楽&映像関係者キャステイング」がオフィシャルパートナーとなりました

Bsff

https://www.facebook.com/BSFF2016/

SONY Presents  Best Short Films Fes 2016

2016年度 BEST短編映画を渋谷で一挙上映

2017年 4月8日   Loft 9 Shibuya

第1部 / 第2部 各  ¥1,500 ​通しチケット ¥2,500

第一部:
13:30 開場 14:00 開演  /  ゲストトーク有

第二部:
17:30 開場 18:00 開演  /  ゲストトーク有  /  交流会付 ( 終演後 )

https://www.bsff-films.com/

チケット e-plus  https://eplus.jp/ath/word/107334
 

佃監督は「鼻歌」でカンヌ映画祭で入選作、さらに先日のLA短編映画祭でもグランプリを取った佃監督のいわば「凱旋イベント」ということもできます。そのL.A. Shorts Awards  BEST SHORT FILMグランプリ受賞作品の「私とわたし」ワールドプレミアム上映も行います

ラインアップを見てもかなり期待できると思います。何と前回のカンヌのパルムドール(グランプリ)受賞作品を始め、日本のShort Short Film Festival & Asiaのグランプリ作品(兼オスカー受賞作品)等この映画祭でなければ見ることのできない世界のトップの短編映画が上映されます

主な上映作品は次の通り

続きを読む "当グループ「音楽&映像関係者キャステイングはBest Short Films Fes 2016のオフィシャルパートナーとなりました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

「音楽&映像関係者キャステイング」は第二回東京ミュージカルフェスに全面協力いたします

オスカーで6部門受賞した「ラ・ラ・ランド」が先月より公開され、Facebookでもいろんな感想が乗っかってますが、ミュージカルというのが1つのブームになりつつあります。

その中でかつて帝劇でもミュージカルの舞台を踏まれた角川裕明監督と『Musical
Of Japan』
主催のミュージカルイベント「第二回東京ミュージカルフェス」に当グループとして全面協力することになりました。

『Musical Of Japan』は「日本にもっとミュージカル文化を。」という願いのもと、次の活動を目的としています。

◆活動①【ミュージカル映画製作と上映】
『Japanese Musical Cinema』名義で制作され、映画祭でのグランプリ受賞作品も複数、産
み出している。また制作した作品を東京だけでなく、全国各地でも上映を積極的に⾏行行っている。

◆活動②【ミュージカルイベント開催】
3⽉月26⽇日を「ミ(3)ュージ(2)カル(6)の⽇日」と制定して毎年開催している『東京ミュージカルフェス』をはじめ、⽇日本のミュージカル業界活性化のために定期開催している『ミュージカル業界交流会』、熊本地震の⽀支援のために開催した『熊本地震⽀支援ライブ』等、⽇日本にミュージカル⽂文化を浸透させるべく、様々な企画で活動を展開している。

◆活動③【ミュージカルラジオ番組配信】
ミュージカルをテーマにしたラジオ番組『ミュージカル・ニッポン326』を
ʻ‘mook mook radioʼ’ から毎⽉月第2・第4⽉月曜⽇日に配信している。

◆活動④【ミュージカルワークショップの開催】
ミュージカルだからこそまずは「演技」を⾒見見つめ直すべきという切り⼝口で、ワークショップ「⾓角川研究室」を定期開催。

その『Musical Of Japan』が3月26日を「ミュージカルの日」([み(3)ゅーじ(2)かる(6)])と定めミュージカルの魅⼒力力をより多くの⼈人に知ってもらい、⽇日本におけるミュージカル⽂文化のさらなる浸透へとつなげていくことを目的として開催されます。

当グループには作曲家、作詞家、シンガー、ミュージシャンを始め、俳優さん 女優さん、カメラ、録音、メイク、衣装さん等のクルーを始め、映画監督、映像デイレクターといったスタッフが揃っているため、「ミュージカル」であれば参加している皆さん全員が制作に参加可能なコンテンツになります。そうした企画を実現のステップにするために、今回の「ミュージカルの日」のイベントに全面協力いたします

第二回東京ミュージカルフェス  

開催期間 : 3月22日ー26日

各日の開催内容は以下の通りです

続きを読む "「音楽&映像関係者キャステイング」は第二回東京ミュージカルフェスに全面協力いたします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

募集、オーデイション投稿の簡略化とグループの今後の活動目標について

まず3月に入って参加者が2500名越したのはいいのですが、私が作曲家仲間の募集投稿をシェアした投稿で非常に残念な話ですが、某参加メンバーと一悶着を起すことになってしまいました。本人は「疑問に思ったことを云っただけだ、答えないのは不誠実だ」などと主張、私がグループの募集投稿をする際に必ず「管理人はこの案件とは直接関係ありません。質問お問い合わせは直接募集主にご連絡下さい。」とだいぶ前から書いてあるにも関わらず、そこの部分を全く読まずに「あたかも私が募集したかのように執拗にクレームをつけ、(どうも募集内容から私が「コンパニオン=ヒヨコ狩り」をしていると決めつけている感じでした) どうにも話がかみ合わない状態が続きました。やりとりとしてはまるで2ちゃんねるのような低レベルのやりとりになってしまい、実にみっともないスレッドになってしまいました。

 昔mixiが一番酷い状況の時はこういうことはしょっちゅう起きていたのですが、そういう事態を回避するために参加リクエストを承認制にしていたのですが、それにも関わらずこういうことが起きてしまいました。管理人としてはかなり精神的にまいりました。

どうも募集内容を詳しくかいているために私自身が募集をしていると勘違いする人が後を絶たないようなので再発防止策として募集投稿、オーデイション情報の投稿を以下のように簡略化しました。

(1)(「何処どこよりの転載」を明記)

当グループは業界紙のMusic manを始めシネマプランナーズ、クリエイターズコミュニテイ、さらにはtownwork indeed Hello work 等で有益で安心できると思われる求人、募集、オーデイション情報を掲載しています。転載元をより一層はっきり明記することでこの記事が転載であるという風に伝わるのではないかと考えます

(2)  募集案件名 <案件名(募集名;)>
キャステイングコールか 音楽家募集か スタッフ募集か、オーデイション情報か

(3)ギャランテイ ギャランテイ額 常駐スタッフの場合は給与 あるいはオーデイション通過後の特典等

(4)
応募締切日

(5) 案件実施予定日
撮影予定日、レコーデイング予定日、もしくはオーデイション後のスケジュール等

(6) 募集主リンク
以上の6つのみ投稿に限定します。

基本が案件に興味を持った人は自分でリンク先に飛んでもらい内容を確認し、質問等あれば直接募集主に聞いてもらう、という風にしていただこうと思います。

尚、注意事項として

続きを読む "募集、オーデイション投稿の簡略化とグループの今後の活動目標について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »