« 年明けのイベント1ー21世紀から見るビートルズ」ピアノミニLive & クリエイター交流会 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング 2016年年末にあたって »

2016年12月28日 (水)

新年イベントーカフェで短編上映会兼新年会 上映作品紹介

1.「道together」 宮本ともこ監督

15731015_1244122262332844_178235460

教員になれずに学習塾で漢字を教えている宙ぶらりんなままの卓。同棲相手のミコは本音を言えば早く結婚したいが、卓に言い出せない。ある夏の日、喧嘩してアパートを飛び出した卓は仲直りのプレゼントを買うために宝石店へ行く。公園でミコを待ち伏せするが…。

キャスト・スタッフ

田辺千香

安保匠

村田啓治

監督・脚本・編集:宮本ともこ

撮影監督:内田剛史 、録音:川崎彰人 、衣装:オミ ひろ美、音楽:アリマカツミ、VFX:内田剛史、文字イラスト:芝崎曜子

宮本ともこ: シナリオライターとしてテレビのバラエテイ番組の台本を書く仕事のあと、伊参スタジオ映画祭でシナリオ大賞を受賞、その台本をベースに初の短編「この坂道」がスキップシテイ国際Dシネマ映画祭、Short Short Film Asia映画祭で入選し、多くの海外の映画祭でも上映。
本作品は二作目になる

2.「まぼろしのシャローム」 吉本直聞監督

Shalom_06

「まぼろしのシャローム」上映時間:20分
ギャラリー「きいろろ聡明堂」映画制作ワークショップ2015作品
ワークショップ形式で集まった1名除き役者歴0年の参加者のみなさんと協力して作ったほのぼのちょっとコワい短編映画。

監督/脚本|吉本直聞
出演|福田秀則、聡明堂、萩沢ゆうみ、山田みぞれ、鷹羽あやか、比嘉越宰、ナオキ
撮影/編集|吉本直聞
引用文|ヨハネの福音書より
企画/制作|きいろろ聡明堂、Stavros Film
Stavros Film 2015

吉本直聞 :映像制作 スタジオスタヴロス/Studio Stavros ディレクター、Stavros Film 代表・監督・作家  数多くのインデイペンデントフィルムや舞台を演出。

3.「BOOB SLINGER」 岩崎友彦監督

Mvi_8167_00_00_16_15_still001_11

年連続で参加しているバカ映画オムニバス「鉄ドン」シリーズからシングルカットした1本を紹介!

「BOOB SLINGER」3分30秒 2016
主演:ArtEggYumi 監督:岩崎友彦 撮影監督:野火 明
西部開拓時代、女である事を捨て、ガンスリンガーとして生きる道を選んだリン。しかし苛烈な運命が彼女を待ち受ける……

RURAL FILM FESTIVAL 2016(スペイン) ベストシネタパス受賞
THE WILD BUNCH FILM FESTIVAL 2016(USA) 最優秀外国映画賞

出演(登場順)Cast(in order of appearance)
Lynn リン         ArtEgg Yumi  アートエッグ・ユミ

Alf  アルフ       Ryuki Kitaoka 北岡龍貴
            (Special Appearance 特別出演)

Bob  ボブ        Keiji Murata  村田啓治
Charly チャーリー    Yudai Tsuruta 鶴田雄大
Dave デイブ       KatsuyaNakai 中井克也  
Fred  フレッド          Tomohiko Iwasaki 岩崎友彦
Bartender バーテンダー Kyoji Ohno  大野 恭史
Butch ブッチ      Seshio 世志男
Cain  カイン            Masaki Otogi 音樹 真輝
Pete ピート            Takeshi Uchida  内田 剛史
Nancy ナンシー         Mizuha Matsuka  松香瑞葉
Manager 店長            Seishi Noma  野間 清史
Sam サム               Yu Takahashi  高橋 侑宇

スタッフ Staff
監督・脚本・編集 :岩崎友彦
撮影監督      : 野火 明
アクション指導  :北岡龍貴
特殊効果      :  内田剛史
乗馬指導       :犬木孝雄
撮影応援       :水谷匡宏、田中 亜寿紗
音楽            :中村浩之、宇津木紘一、村下歌恵
全面協力      :クリオステーブル 
制作            : Rockefellor  Bros.   

岩崎友彦 ;film maker,player.えび天金監督(蟹とミュージシャン、正義の戦士ジャスティスマン、トモヲ⇔ヨーコ愛の往復書簡(PFF入選)、忠実な犬、0069出品)、伊丹映画祭にて「フィリップ君。」監督。 2010 international film festival detmold「界~The World」出品。2012 FAUX FILM FESTIVAL 「Attack of the killer 2D monster!」 2012 "BEST OF FAUX" AUDIENCE AWARD,「ami?amie?つきあってねーよ!」2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアターコンペティション部門入選。堀井 彩監督「神様、パン買って来い!」主演(2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭フォアキャスト部門にて上映)。

4.「東京の蛇」 (予告編) 村上智監督

Sotphoto001

Sotphoto002

村上智・第1回長編作品として準備中の、 『東京の蛇』のプレゼンテーション用予告編映像。

無職のまま孤独に暮らしていた元サラリーマンの男が、 ふとした思いつきから始めた「自殺幇助ビジネス」は、 法の裏側で密かに軌道に乗り始める。
しかしやがて、彼の仕事は政治的に利用されて行く…

【キャスト】 伊住聰志(いずみさとし) 水木彩也子(みずきさやこ) 白畑真逸(しらはたしんいち) 佐藤晃(さとうあきら) 鈴木達也(すずきたつや) 柏香(はくか) 片山明憲(かたやまあきのり) 小飯塚貴世江(こいいづかきよえ) 泉水美和子(いずみみわこ)

【スタッフ】 監督・脚本・撮影・編集:村上智(むらかみさとし) 録音・制作:大長陽二朗(だいちょうようじろう)

村上智 電通クリエイテイブでデイレクター後、現在フリーの映像デイレクターとして活動

http://loadshow.jp/film/13
短編「砂の上の男:Man On The Sand」、
LOAD SHOWにてダウンロード販売中!!!

5.「はじめての悪魔祓い」 中村公彦監督

Akumabarai10

「はじめての悪魔祓い」 201417分/HD

2014年 オムニバス「傷女子」の一篇としてアップリンクにて上映

2015年 福岡インディペンデント映画祭2015 入選・上映

2016年 「傷女子」DVDリリース

<あらすじ>

 女子高生・カゲルは、アジアを代表するエクソシスト・ガラシャの娘だった。
カゲルは、母の命を奪ったかつてない強力な悪魔に立ち向かっていく(嘘)

CAST

 夏目くるみ 後藤ユウミ 上久保慶子

 岩谷健司 もりちえ 堀有里 阿部真美子

<STAFF

監督/脚本/編集 中村公彦, 撮影 宮永昭典、録音 春本一大、音楽 アリマカツミ、ヘアメイク ビューティ★佐口、緊縛 佐倉萌 、制作 舞華(夢企画)、制作応援 太田美乃里、キャスティング協力 角川清子、音楽協力 MUSICPORT JAPAN

中村公彦 ;「サーモン鮭山」という芸名で俳優もする映画監督
<映画・ドラマ>
●長編
『101回目のベッド・イン』(劇場公開)
『EIKEN BOOGIE ~涙のリターンマッチ~』(劇場公開)
『恋のプロトタイプ』(劇場公開・DVDリリース)
●短編
『レミューテック』『Dark Lake』(オムニバス『9つの窓』劇場公開・DVDリリース)
『はじめての悪魔祓い』(オムニバス『傷女子』劇場公開・DVDリリース)
『スルー・ロマンス』
『もうひとりのルームメイト』
『ゆっくりしてけよフェアリーテール』
●脚本
『指先に咲いた花』函館港イルミナシオン映画祭第14回シナリオ大賞準グランプリ

<その他>
●TV
NHK BS『光の偉人 陰の偉人』企画・演出
J:COMアクトオンTV『日本夜景紀行』演出
NHK BS『女神ビジュアル』演出
BS11『本番前@控室』演出
NHKワンセグ『大人のジョーシキ大学』演出

●DVD
『手話ダンス!with HANDSIGN』企画・監督
『Xゲーム』メイキング監督
etc.

6.「へんぺいそく」 飯面雅子監督

S300x169

サンドアート工房 サンドアーティスト。今回は昨年作ったばかりの新作のサンドアニメを披露してくれます4

飯面雅子 ;東京都出身、武蔵野美術大学・造形学部視覚伝達デザイン学科卒。

日本において、極めて特異なアートと言うべき「砂」をマチエールとした活動をいち早く開始し、いわゆる「サンドアート」の領域(砂アニメーション、サンドパフォーマンス)の数々の活動を通じて文化的にも、また商業的にも認められた「第一人者」と言われて久しい人物。その功績と業績は、日本アニメーション協会(会長・古川タク)会員、社団法人日本映画テレビ技術協会会員、という事実からも推察される。

亡き手塚治虫氏のご存命中に、学生時代の飯面雅子作品を見て「愛おしさ漂う」という感想をもらされた、との逸話があり、それは遠く手塚氏の故郷、宝塚にある「手塚治虫記念館」において「手塚治虫が愛したアニメーションの世界」展が開催された際、飯面雅子の砂アニメーション作品が上映及び展示された事実で、裏付けられている。

商業アニメーションと飯面雅子との本格的な関わりは、当時の人気TVアニメーション『きまぐれオレンジ☆ロード』(日本テレビ)の演出を担当していた望月智充氏より、同作品のエンディングアニメーションの制作を直接依頼され、その制作を行なったことが契機となった。その後の制作作品としては、長野マルチメディアセンターの常設展示作品である『SARUTOBIくん』(原作石ノ森章太郎、アニメーション監督鈴木伸一)での「砂アニメーションパート」制作、NHK教育番組「プチプチアニメ」での『すなあそび』(演出:飯面雅子)の発表など、 その活動は枚挙に暇がない。

7.「だから私は眠れない」 竹藤恵一郎監督

Nemurenai

~「アイドル7×7監督」 渋谷アップリンクにて2013年公開

ある晩、マユは「死んだらどうなるんだろう」という考えにとりつかれ、眠れなくなる。深夜にも関わらず、ボーイフレンドのタカシに電話をかけるマユ。答えのない問いかけの末に2人がたどりついた結論とは……。

キャスト

橋元優菜

兒玉宣勝

スタッフ

監督 竹藤恵一郎、撮影 松丸武彦、照明 城所美和、録音 小林徹哉、音楽 大野恭史、演出補 小瀬智史、協力 ティーディープロモーション、>角川清子 世志男

竹藤恵一郎 ;「サメロメ」がぴあフィルムフェステイバルに入選したのをきっかけに、教育映画、映画制作の活動を続ける。 2013年の「アイドル7×7監督」 2014年の「アイドル7×7ー傷女子」を経て今年9月にドキュメンタリー映画「涙の数だけ笑おうよ」が角川シネマ新宿を皮切りに全国10劇場にて劇場公開。
教育映画では「いじめと戦おう!」-私たちにできることーが文部省特選になる

ちなみに上記の全ての作品の音楽を管理人である大野が担当している

8.「鼻歌」 

61994d_b70f595d42b74c86a134f13461e4

東京で夢やぶれて、故郷に帰ってきたトランペット吹き・小津(尾関伸嗣)。しかし、10年ぶりの故郷は何もかもが変わり果て、帰るところはどこにもなかった。唯一、昔と変わらない佇まいを残す、銭湯に足を運ぶ小津。旧友・錦鯉(水野直)との再会、そして謎の少女・節子(桜木梨奈)との出会いが小津を変えてゆく

カンヌ映画祭入選作品、第12回 堤川国際音楽映画祭 (韓国)、BEST SHOR COMPETITION 2016 Award of Merit 受賞他国内外11部門受賞

【 C A S T 】

尾関 伸嗣
桜木 梨奈
水野   直
針原滋   
仙頭美和子
松家柚奈
安岡力斗

正木佐和   青柳尊哉   かなやす慶行
平家秀樹   奥田由美   田中美登里
伊藤慶徳   植田ゆう希   射場みのる
佐藤文吾   江木 圭     藤澤信泰
太田雄冴   湯澤かよこ   佐々木郁代
佐々木桜  佐々木凛太郎

【 S T A F F 】
監督   佃  尚能

プロデューサー  :松家  健、美斉津明子
脚本       :梅田寿美子,  山本タカ
音楽           :朝日太一
演奏・作曲   :佐野  啓
撮影         : 菅原康太
録音      :  鈴木淳一
題字          :マツミシンノスケ
翻訳        :小林元樹
字幕協力     :大津えみい
協力            宮の湯  人参湯, 佐藤佐喜子、田島ミサ子 、かとう有花
     かんとりー・くりえいと株式会社
         K・K・F ロケーションマネジメント
           企画 アルファセレクション

佃 尚能 ;佃 尚能 映像ディレクター/クリエイティブ・ディレクター

埼玉県出身。テレビドラマの演出を務める傍ら、監督・脚本家として
インディペンデント映画を制作。ミュージカル映画「スキャンダル!」
で第45回ヒューストン国際映画祭 短編部門最高賞(Platinum Award)
を受賞。最新作「鼻歌」は、48時間映画祭グランプリを含む、国内外
11部門受賞。第69回カンヌ国際映画祭での上映作品に選出された。

主な演出作に「ゲゲゲの女房」「浪花の華」「放送博物館危機一髪」
の他、大河ドラマ「真田丸」のオープニングや土曜ドラマ「64」
「ガラスの家」のタイトルバック等がある。

===========================================================

以上上映が楽しみです(^^)

|

« 年明けのイベント1ー21世紀から見るビートルズ」ピアノミニLive & クリエイター交流会 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング 2016年年末にあたって »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/64688538

この記事へのトラックバック一覧です: 新年イベントーカフェで短編上映会兼新年会 上映作品紹介:

« 年明けのイベント1ー21世紀から見るビートルズ」ピアノミニLive & クリエイター交流会 | トップページ | 音楽&映像関係者キャステイング 2016年年末にあたって »