2017年6月25日 (日)

当グループの募集投稿とその内容ーとりわけ日本国内の外国制作会社案件につきまして

皆さん お疲れ様です

当グループではほぼ毎日、何らかの分野のキャストやスタッフ募集、オーデイション情報を可能な限り投稿掲載しておりますが、最近一部その件について誤解されている方がおられることがわかりました。

まず当グループは「キャステイング」と名乗っているグループではありますが、別に「キャステイング会社」ではなく、募集投稿によってキャステイング紹介料等一切の利益はいただいてはおりません。全くのボランテイアとして参加者への皆さんへの「奉仕」的な意味合いで他の募集サイトから情報を転載しております。それが少しでも皆さんにとって有効な情報になれば、ということで掲載しております。

その点を誤解していてかご応募の際に「管理人の私の紹介で応募」という表現をされる方が少なからずおられることがわかりましたが、それは全く不要であると同時に誤解を与える恐れも少なくありません。当然ながら私の名前を出すことによってオーデイションやキャステイングの採用に影響を与えるなどということはございません。

また一部の募集サイトにとっては本来掲載していない所から応募が来る、ということでコンプライアンス上よろしくない、といった声も一部出ておりまして、実際その関係でクレームもいくつか私宛に来たこともございます。その関係で皆さんにとって有効な情報も一部掲載できなくなるケースも出てきております。

当グループの募集投稿は管理人やその周囲が直接募集する案件を除いては単なる他のサイトの情報転載にすぎませんので、各案件は管理人である私とも何の関係もない案件でございます。そのため私の名前を出して「私の紹介で」というのは逆に誤解を与えますので、以後は当グループの名前や私の名前を出すことはお控えくださりますようお願い申し上げます。

また最近応募されている方で一部戸惑いを感じられているが多いようですが、当グループの募集で外国人関係の制作スタッフ関係の案件が多いのが特徴ですが、それは次のような事情からです。

実は日本国内の欧米系の映像制作のマーケットも最近急成長しております。殆どのケースでクライアントが外資系企業でしかもかなり有名企業がWeb CMを始めとする映像制作を日本在住の欧米系映像制作会社に発注している実態があります。その会社の殆どがバイリンガルなスタッフで、あることが外資系企業が安心できる要素もあるのですが、実はもう1つ日本と欧米では大きな相違点があります。

それは「テレビ」というものに対する考え方です。

日本国内で「テレビ」といいますと問題なく「地上波テレビ」を指します。そして影響力その他がこの「地上波テレビ」に集中しているために利権のようなものが生まれやすい構造になっていますが、欧米で「テレビ」といいますと実は地上波のテレビではなく「ケーブルテレビ」を指し、そのためにCMや広告映像に対する考え方は日本と根本的に違います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

2017年の前半のイベントが終了しての所感と後半のイベントの予定

先日の6月3日、昼間の開催でしたが「Buzzlabo!! vol.4 男祭り編」が終了し、当グループの運営のライブイベントの2017年前半分は終了いたしました。

今年の前半だけで音楽のライブイベントを計8件、映画関係のイベントをうちのグループの協賛イベントを含め4件やったわけですが、際立ったのは「映画関係のイベントはいずれも大盛況に対し、音楽イベントは一部を除いて動員にかなり苦戦した」という点でした。

ライブイベントの出演者のクオリティは当グループのおすすめのアーチストを始めとして一部を除きかなりクオリティは高かったと思うのですが、最近1つ気になる傾向として「日本人は音楽を『じっくり』聴かなくなってきているのではないか」と思われる現象が起きていることです。実際今回の一連のイベントでは管理人自らほれ込んだアーチストもいて、正直なんでこんないいアーチストのいい曲をみんな聞きたがらないのだろうと思ってしまう現象が起きていました。

そこで拙ブログですがこのイベントを運営していての雑感を述べています

■「音楽をじっくり聴く」日本人は社会の少数派になってしまったのだろうか?ー音楽を聴かなくなった日本人 
https://t.co/ZMweLDXATh

むろん全ての日本人が「音楽嫌い」とか「音楽に興味を失った」とは思いませんが、「映像」やビジュアルが入った時のリスナーの反応と映像のない時のリスナーの反応は本当に雲泥の差といってもいい現象を見ることができます。

つまり測らずも前半の音楽イベントで私が先日の拙ブログの記事で述べていたことが図らずも真実であったことが証明された形になりました。

「リーダーミーテイングーなぜ音楽家は映像とのコラボを模索しなければならないのか?」の講演をしてきました
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2017/05/post-886b.html

実際ステージに華やかな衣装を着て演奏する女性アーチストのクラシックコンサート等では意外にその辺のライブハウスより人の入りがよかったりします。正直ある意味ではユニットや弾き語り、シンガーソングライターのステージは例えばオペラのガラコンサートとかに完全に負けている面があったりします。

特に音楽イベントと対照的なのが映画関係のイベントー昨今の映画制作のグローバル化の背景もあって非常に活性化しており、「カフェで短編上映会兼交流会」は二回とも満員御礼といってもいい盛況で、当グループが協賛した「ベストショートフィルムズ」(BSFF)や「映画人交流会」はいずれも想定外の人が入場して会場から溢れる状況になりスタッフの我々が対応に大わらわになるほど、でした。本当に音楽の状況とあまりに対照的なことに愕然とすらします。

そうした「音楽をじっくり聴かなくなっている日本人」の傾向を「けしからん」などと評価しても何の問題も解決しません。やはり現実と昨今の傾向を一旦受け入れてから、そこからいかにマーケテイングを行い少しでも望ましい方向に持って行くかということを考えなければなりません。

つまり音楽イベントも「映像」を始めとしたビジュアルを盛り込む等、いろいろと趣向をこらす等の工夫をしていく必要性を感じました。

そのためには具体的にどうすればいいのか。 いろいろと再考を重ねながら今後のライブイベントの再検討と戦略の練り直しをしなければならない、という結論に達しました。

そのために少しお時間をいただければと思います。

2017年に現在予定されているイベントとして

・第五回音楽&映像関係者キャステイング交流会 (7月13日(木)18:30開場)
https://www.facebook.com/events/271573449981407/

・MASS (10月13日(金)18:30開場 19:00開演《予定》)
音楽、サウンドスケープと映像、ビジュアルとの競演イベント

・第三回カフェで短編映画上映兼交流会 (8月ー9月 TBD)

.・音楽&映像関係者キャステイング忘年会 (11月末ー12月?)

勿論これ以外に皆さんから何らかのご提案があれば検討する用意はございます。

引き続き当グル―プをよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

当グループが参加のレギュレーションのハードルを高くしている理由

お世話になります。先週の公式ブログの記事にも書いてありますように、グループのレギュレーションを含め、管理人やモデレーター経由でない方の個別の参加リクエストに関する「3つの質問」の設置等、かなり当グループの参加へのハードルを上げております。

■ 音楽&映像関係者キャステイングレギュレーション変更のお知らせ   
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/musiciansandindustry/2017/05/post-5085.html

当グループは再来月でグループ立ち上げ3年になります。今日現在で参加者は2637人で正直ここまで参加者が増えるとは立ち上げ当時は考えもしませんでした。 立ち上げ当時から参加は承認制にはしておりましたが、立ち上げ当時の参加の基準は実にゆるいものでした。単純に音楽をやっていればOKにしておりました。 当然ながらアマチュア関係者も多数はいりこんでいたわけですが、そのうちにアマチュアとプロの意識の違いが随所で鮮明になりました。

元々このグループはアマチュアの人を対象としたグループとしては作っておりませんでした。以前も書いたと思いますがこの「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループを立ち上げたのはmixi演奏家音楽家キャステイング」なるコミュニテイをモデルにして作っています、残念ながら2009-2011年の間mixiが「荒らし」「炎上」が日常化した関係で一時閉鎖に追い込まれ、現在は一応復活はしたようですが、昨今のmixiのソーシャルネットを状況をみますと告知等を行っても殆ど記事がよまれていない等、mixiソーシャルネットの機能はほぼ死んだと断言していいと思います。かつては重宝した時代があっただけに残念ですね

その関係で当グループとして募集案件やオーデイション情報の掲載を行うグループコミュニテイの社会的使命は音楽業界が現在のように低迷している(というか殆ど業界としてもはや機能していない現状)状況ではかなり重要になっていると感じます。それを立ち上げ後の最初の交流会を開催したころから感じ始めました。

しかし募集案件はかなり詐欺的な募集案件も掲載してしまう等、かなりの失敗もありました、特に今でも忸怩たる思いがありますが、「フリーライブ」の募集を装って実は「レッスン代」と称して参加者から金をかすめ取る詐欺的募集に一年近くも気が付かなかった点です。その関係で募集案件や参加者の吟味もかなり慎重に行うようになってきました。昨年から「音楽をやっている」「芝居をやっている」だけでなく「この方はプロなのか、そうでないのか」という点を参加時に重用視するようになりました。さらに先程の詐欺的募集の発覚以降はかなり新規参加者のハードルをさらに上げざるを得ない状況になりました。

また一昨年から「音楽を広めるにはやはり映像が必要」という実感から、音楽と映像関係者とのコラボレーションを活発化させる必要性を感じ、映画関係者、女優、俳優、その他映像制作関係者を多く参加させるようになりました。今では当グループは映像映画関係のコミュニテイなのか、音楽のコミュニテイなのかわからなくなってきているほどです。

アメリカ等とは違い、日本ではソーシャルネットのグループでの活動をそれほど重要視していない傾向があり、実際参加してもグループの記事を殆ど読まない、見てもスルーするという人がだいたい7-8割くらいだといわれます。実際管理人に実感では普段から投稿記事をよくみている人は参加者の1割くらい、時々見ている人は1-2割、あとは殆どグループの投稿を見ていない、というのが実感としてあります。

勿論興味を持つ、持たないは個人の自由な選択ですので、それはそれでいいのですが、私は管理人として「うちのグループの投稿をきちんと見ていないと損をするよ」といった内容のグループにしようと思っております。とりわけ現在水面下でグループとして映画、アニメ、ミュージカルといった制作を行おうという計画も考えております。仕事情報の掲載から実際に「仕事自体を作る」といったことも考えています。勿論交流会やイベントもこれからも企画していきます。今年前半はいささか多すぎましたが...

ですから皆さんにご理解いただきたいのは「中途半端な考え」でグループの活動に参加していただきたくない、という点です。だから新規参加者には「面倒くさい」とお考えでしょうが、あえて3つの質問に対する回答をお願いしております。 基本的にはきちんとしたプロの方であれば簡単にお答えできる質問ですが、アマチュアだときちんと答えられない質問ばかりです。 きちんとしたプロの方にご参加いただきたい、という考えから参加のハードルを高くしておりますのでご理解を賜ればと考えます。

今映像制作は急速にグローバル化しています。少し前でしたら日本に俳優やスタッフがハリウッドや海外のプロジェクトに参加するというのは夢の夢でした。しかし今は日本の俳優、女優が参加できるのは珍しくなくなっています。アニメ、ゲームは元より映画の制作現場のグローバル化は私が想像するスピードよりも速く進んでいます。しかしながらまだ全般としてその急速なグローバル化についていっていない業界関係者も少なくありません。これからそれを変えていかねばなりません。

音楽の世界は残念ながらこのグローバル化の動きに完全に置いてきぼりを食っています。救いがたいのは業界関係者の多くがいまだに「グローバル化」の必要性を全く理解していない点です。このままでは5年以内に音楽文化も産業も滅亡してしまう可能性大です。

「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」というグループはそうしたグローバル化に取り残されないように、映画、アニメ、ゲームと共に音楽も組み込んでいこうと考えます。実際この「グローバル化」は映画、アニメの分野に活気をもたらし、そこには多くのチャンスがあります。それを逃す手はありません。

今回の参加の「高いハードル」はそうした時代を見据えた者であるということをご理解いただければ幸いです。

引き続きよろしくお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

応募期限のない音楽関係の募集案件リスト

Facebookグループ音楽&映像関係者キャステイングでは可能な限り毎日募集案件を掲載しておりますが、中には特に募集期限を定めていない募集案件もいくつかございます。そうした案件はそのうちタイムラインの下の方に埋まってしまう傾向がございますので、ここでいくつか主に音楽関係の募集案件ですが、特に募集期限のないものをこちらに示しております

東京音楽センター(TMC) クラシック系演奏家

東京音楽センター(TMC)は、ブライダル・ショー・レセプションのプロモーションから演出まで行う会社です。聖歌隊、奏者(演奏家)を募集しています。結婚式で歌や生演奏を行い、新郎新婦を祝福するお仕事です。結婚式以外の各種音楽イベントにも参加していただくことがあります。

業務内容

・聖歌隊・・・結婚式での重唱または独唱。結婚式前のリハーサル進行。ゲストのお出迎えとお見送り。
・演奏者・・・結婚式での演奏(応募時にご希望の楽器をお知らせください)。ゲストのお出迎えとお見送り。
必要な能力・スキル等

職種  資格
聖歌隊  音楽大学(現役・卒)または同等のスキル

オルガン奏者
キーボード奏者  ピアノ・・・音楽大学(現役・卒)または同等のスキル
電子オルガン5級以上または同等のスキル
オルガン・キーボード
以外の奏者  音楽大学(現役・卒)または同等のスキル
② ギャランティ 当社規定 案件別によって代わります

http://tmc-tokyo.co.jp/recruit/artist/performer.html

スターダストミュージック  作曲家、編曲家、サウンドクリエイター

STARDUST MUSICが新たに作家を募集!ジャンル不問!合格者はスターダストのアーティストへの楽曲提供を全面サポート!

「活かす作家てんごく」

数々のアーティスト、楽曲をプロデュース・制作・管理・CD/DVDの販売をする「SDR=スターダストレコーズ」と「スターダスト音楽出版」が中心となって行う新人作家発掘オーディションです。

ジャンル問わず、自分の「自信のある楽曲」「自信のある詞」を大募集!

②スターダストのアーティストへの楽曲提供の全面サポート
BS11で現在放送中の音楽番組「ミュージック☆ロード」(毎週土曜日22:00〜22:30)、その他スターダストLINELIVE等の番組に出演

③ 募集要項
楽曲のジャンルは問いません。
自分の「自信のある楽曲」「自信のある詞」を大募集します。
ご自身で作曲された楽曲、または詞をエントリー時にご提出ください。

応募方法
パソコン、スマートフォンから
SDRオーディション オフィシャルサイトにアクセスし、応募フォームのリンクに進み、必要事項記入の上、エントリーしてください。
※エントリー時に楽曲、または詞を必ず提出してください。

応募期間
随時募集

選考方法
「1次審査(書類)」→「2次審査」
※結果は合格者のみ連絡します

http://www.musicman-net.com/audition/67514.html

続きの募集があります ↓
 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

音楽&映像関係者キャステイングレギュレーション変更のお知らせ

お疲れ様です。

Facebook グループ音楽&映像キャステイング」においていくつかレギュレーションの変更がございますのでお読みいただければと思います

https://www.facebook.com/groups/musicians.and.industry/

グループ参加リクエストの承認につきまして

まず当グループに関する参加レギュレーションに関してですが、管理人やモデレーターが招待する場合を除き個別に参加リクエストを出す方には以下の3つの質問が来ます

1.このグループに参加したい理由は? Why do you want to join this group?

2.あなたのどの方面のプロフェッショナルですか,?  もしくはプロフェッショナルを目指していますか? What is your profession, Are you a professional of particular field regarding to motion pictures of music?

3.このグループに何を希望しますか? 何をしたいですか? What do you intend to do with this group? What is your objective for participating in this group?

この3つの質問にきちんとお答えいただいた方のみに参加承認いたします。例え業界関係者に見えてもこの3つの質問に一週間以内にお答えいただけない場合は承認いたしませんので、ご理解のほどをお願い申し上げます

自作の発表に関するレギュレーションに関しまして

当グループでは今まで参加者の皆さんの自作、デモ等を無条件で承認してきましたが、なかにはプロフェッショナルなクオリティでなかったり、コメント等も一切付けずにただリンクや動画、画像を貼るのみで意図が全くわからない投稿が相次ぎました。

そこで「CD,アルバム等」のリリース、音楽配信やSpotify等のサブスクリプションの配信開始等「商品」の告知のみをOKといたします。

「単に聴いて下さいー感想下さい」というのはアマチュアに近いスタンスなので当グループではNGです。当グループはプロフェッショナルな仕事をする方を前提としたグループです。

どうしてもその手の投稿したい場合は姉妹グループ

「音楽、映像コンテンツ論、業界論その他プロ関係者告知」の方に投稿下さい。こちらはスパムでない限り自由に投稿できる「ゆるい」グループです

■音楽、映像コンテンツ論、業界論その他プロ関係者告知
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

以上皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Buzzlabo!! vol.3 女子会編終了報告