イベントお知らせページ

■2017年セプテンバーコンサート「音楽&映像関係者キャステイング」ステージ(チャリテイ)

Septemberconcert

2001年の同時多発テロをきっかけにニューヨークで始ったコンサートは「平和への祈りをこめて、 9・11 にニューヨークの街中を音楽で満たそう!」と奮闘し、1年後、平和への思いを音楽に託した人々が街中の公園に集い、これからの未来に向かい合う勇気を共に感じ合いました。アーチストであり「国境なき楽団」代表の庄野真代さんがニューヨークでこのコンサートに参加し、「私たちもやりましょう!セプテンバーコンサートを!」と、翌年、東京発セプテンバーコンサートを開催。依頼15年以上日本各地で続けられ、管理人も体調を崩して入院した年を除きほぼ毎年参加しております。

今年はグループとしてセプテンバーコンサート開催期間(9/11-9/17)の中の一日である金曜日の9月15日の主宰をすることになりました。つきましては「セプテンバーコンサート「音楽&映像関係者キャステイング」ステージ」の出演者を募集いたします、

日時:9月15日(金) 6時開場 6時半スタート

場所:ComCafe音倉(下北沢)

例年のセプテンバーコンサートは入場無料、ノーギャラをモットーにやってきましたが、今年からチャリテイーコンサートのコンセプトで行うことになりました。
演奏者、入場者全員に1ドリンク付 1000円でドリンク500円分を引いた残りの500円を「国境なき楽団」災害支援金に回します。

・1アーチスト 持ち時間20分
・物販 OK
・チャージバックはありませんが、参加費1000円以外のノルマもありません

ご興味ある方は管理人までメッセージを

■MASS

19398727_1447984561927374_194375397

作曲家クレマン・ヴァリエラスとビジュアルアーチスト ルイッジ・ホノラと日本人演奏家のコラボレーションプロジェクト
先進的な音楽技巧(一般的に近代音楽の技巧)と最新ソフトウェア制作サウンドデザインを混合したプロジェクト ヴィジュアル デスクトップミュージックとアコースティック楽器の混合で作られたハイブリッドアートの公演!!

日時:10月13日(木)6時半開場 7時スタート

場所:ComCafe音倉(下北沢)

http://www.otokura.jp/

チャージ:3000円(1ドリンク付)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

第三回カフェで短編映画上映権交流会終了報告

今回で第三回となります「カフェで短編上映会兼交流会」
お盆期間であるにも関わらず大勢の方にご出席いただきました。

Short_joeikai

満員御礼です。
上映作品もバラエテイーに富んだものでした。

Harsukoi2

1.「初恋」 齋藤亜沙美監督ー認知症の介護現場と恋愛を結び付けた作品 なかなか心温まる作品でした。

<ラブストーリー>

Bucket1

2.『BUCKET-MEN』 獅子倉シンジ監督ーバケツ男のミュージックビデオ。 VJ感覚で作られています

<MV,PV>

Ichinen2

3.『ときめき一念発起』 繁田健治監督ー婚活の様子をユーモラスに描いた作品

<ラブストーリー>

Jinbo1

4.『神保家の人々』 鈴木秀幸監督ー今時の家族をめぐる人間ドラマ。本来は長編のものを20分の短編として上映。リストラされた亭主、ひきこもりの娘、就活に苦戦する姉、今時の家族を描いたこの映画、このあとこの家族は果たしてどうなるのか 気にならせるような作り

続きを是非完成させてください

<ヒューマンドラマ>

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

グループ参加者のグループ利用実態につきまして

管理人やモデレーターしか見ることができない(はず)だけど実は先日よりFacebook グループに「インサイト」機能が付加されていました。

これはFacebook ページ(主にアーチスト、やプロジェクト等のウエブページでいわば公式ウエブサイトのFacebook内ページといっていいです)には元々入っていて、どのくらいの人がページの投稿を見たり、イイネしたり、コメントつけたり、というのが分かるようになっていていわば、「アクセス解析」のようなものです。

それと同じ機能がグループページにもできるようになりました。

Facebook ページとグループページをよく混同する人がいますが両者は全く違う内容のものです、前者はいわば「ホームページ」に近い内容のもので、後者はいってみれば同一の興味、関心を持つ人のためのコミュニテイです。

私自身はFacebook ページも持ってはいますが、グループページの管理人の方が最近面白く、とりわけ映画や音楽の「プロジェクト」を発案、起動したり、イベント等の運営展開するのに非常に適した部分を持っていると感じています。

とりわけ「音楽&映像関係者キャステイング」というグループは通常のFacembook ページと違い目的を持ったコミュニテイですので、その面単に情報交換や投稿に対するレスを行う等を主目的とした他のグループとは著しく特徴が異なるといっていいと思います、

とりわけ映画、音楽に関する募集投稿、イベントの企画、お知らせ等の情報で参加者の皆さんの活動やお仕事に結び付いていただければ、という思いで運営をしております。

さて、その「音楽&映像関係者キャステイング」「インサイト」機能を見て興味深いこと、というよりも一般のグループコミュニテイのアクセスについての「通説」を測らずも証明することが判明しました。
各投稿に関しては「読んだ人=既読数」と「イイね」数、そして「コメント」数が全てデータとしてわかるようになっており、とりわけ各投稿に関する「既読数」ですが、多少記事によってばらつきはありますが、だいたい250-470くらいの既読数の範囲で推移しています。
つまり現在参加者数は2760名ですが、記事を読んでいるのは全体の1割ー2割未満ということがわかります。

また
ここ一か月の間に一度でも記事を読んだり、コメント、イイネした人ーこれをアクテイブユーザーというそうですーは1444名と半分強という感じで半数近くは記事を読んでもいない、グループページに飛んでもいない、ということなんでしょう。

以前からグループコミュニテイに関しては「読んでいる人は2割くらい、残り8割はROMというのが通説でした、その中で実際各投稿を読んでいる人は2割弱、という点では、確かに通説どおりだったかもしれません。

ただ8割がROMというのは少し違うと思います。実の事をいうとROMしている人はまだマシな方で、実際には「参加者」の名前に連なってはいても、殆どそのグループコミュニテイの投稿を読んでいない(場合によってはFacebookにすらログインしていないもいるでしょう)人は全体の4割くらい、たまーに読む、ROMするくらいの人が4割くらい、という感じなんでしょう。

グループの投稿を見ない、グループページにアクセスすらしない方はどういう理由からそうなのかわかりませんが、、
音楽&映像関係者キャステイング」のグループとしてどんな活動しているのか、すら知らないしおそらくは興味すらないのかもしれない、ということでしょう。

まあそういう方は残念ですが、しかし興味のない方に興味を持て、といっても無理ですので、管理人としてはそういう人たちにかまわず、引き続き今後の活動をしていくしかありません。

グループコミュニテイとしてはこの「アクテイブユーザー」を少しでも増やし、ページの平均既読数を増やすようにもっていく努力をしていくしかありません、

そのためにも管理人としてこの
「音楽&映像関係者キャステイング」をどういうグループにしていきたいか。

少なくともこの「グループの投稿を見ないと損するよ」というコンテンツ内容を目指そうと考えます。然る後、映画や音楽で具体的なプロジェクトを立ち上げる事ができれば、とも考えます。

とにかく皆さんのグループコミュニテイに関する関心は、
「インサイト」である程度わかるようになりました、今後の投稿記事について参考にさせていただければ、と考える次第です

引き続き当グループをよろしくお願いします


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

セプテンバーコンサート2017年「音楽&映像関係者キャステイング」ステージ出演者紹介

2001年の同時多発テロをきっかけにニューヨークで始ったコンサートは「平和への祈りをこめて、 9・11 にニューヨークの街中を音楽で満たそう!」と奮闘し、1年後、平和への思いを音楽に託した人々が街中の公園に集い始まりました。

アーチストであり「国境なき楽団」代表でComCafe音倉女将の庄野真代さんがニューヨークでこのコンサートに参加し、「私たちもやりましょう!セプテンバーコンサートを!」と、翌年、東京発セプテンバーコンサートを開催。 以来15年以上日本各地で続けられ、当グループ管理人もほぼ毎年参加しております。

今年は
イベント本拠地でお世話になっているComCafe音倉からセプテンバーコンサートの一日を運営してほしいとの依頼をいただき、セプテンバーコンサート開催期間(9/11-9/17)の中の一日である金曜日の9月15日の主宰をすることになり、当グループから8アーチストが参加することになりました。

セプテンバーコンサートで世界に対して平和のメッセージを音楽で伝えるアーチストは次の8アーチストになります。 (各アーチスト敬称略)

坂崎すずえ

Img_8670_thumb

15歳に、舞台の世界に入り、20代にはメジャーレーベルに在籍。 その後、JazzやRandB、アーティストサポート、ゴスペル、ボイストレーナーに転向 現在は、司会やレポーターとしても活動中。

9月29日、自身オリジナルのミニアルバム「Suzy」をリリース」

音楽

・ミュージカル「冒険者たち」

・90年代、トーラスレコード、ユニバーサルミュージック 石坂まさおオフィス在籍。

・コーラスサポート ムッシュ吉崎(クリスタルキング)、椎名へきる、宮村優子など、

・六本木ベルファーレ ハーレムナイト コーラス

・むさしのFM、番組ジングル など

・塩崎 容正

Shiozaki

19歳でジャズギターリストとしてプロ入り。1980年ごろよりスタジオワークが中心となり、1990年頃よりCM、TVの作編曲をメインに活躍。現在「FNNスーパーニュース、NEWS JAPAN、NHKポケットに名作を、参議院選挙公報CM」など多数オンエアーされている。

・西村 薫

Img_6260

東京都練馬区出身。東京音楽大学卒業。在学中に特待奨学生に選出される。ヤマハ管楽器新人演奏会に出演。その後、フランスへ渡り、野村財団の奨学金を得ながら、オーベルヴィリエ・ラ・クールヌヴ地方音楽院やニーデルマイヤー音楽院で研鑽を積む。

これまでにクラリネットを三木薫、内山洋、アラン・ダミアン、マチュー・ヴェルヴェル、ジェローム・コントの各氏に師事。即興音楽をフィリップ・パニエ氏に師事。その他に即興コンテンポラリーダンスや電子音楽も学ぶ。

留学中は、レゾナンス管弦楽団のフランス・ピカルディー地方公演、アンサンブル・アルテルナンスの現代音楽のアトリエ、ヴァル・ディゼール音楽アカデミー、ドニ・シャロル氏による即興音楽のワークショップ、即興劇と即興演奏による舞台公演などに参加。

5年間のフランス留学生活を終え、帰国後は都内のプロオーケストラへの賛助出演、Tokyo Ensemnable Factoryの現代音楽公演、Trio87、ピアノとのデュオによるサロンコンサート、弦楽器との室内楽公演などの活動をしている。

ヤング・クラリネティストコンクール入選。

ヴェリズィー=ヴィラクブレー・クラリネットコンクール2位。

ランドゥ音楽コンクール(フランス)第1位および審査員賞など受賞。

現代音楽演奏コンクール「競楽 XII」ファイナリスト。

練馬区演奏家協会会員。 Web site http://bgataclarinette.karou.jp

MIMOGY ミモギィ 

Mimogy

たった一人の人生や伝えたい想いをご本人にインタビューして歌詞を書き、曲を作る活動「Only One Song For You」を紹介します。
現時点では、個人の方へ行っているものですが、伝えたいストーリーやメッセージを楽曲に落とし込む活動なので、映像のメッセージを伝えるためにも役立てると考えています。

プロフィール

シンガーソングライターMIMOGY。働くオトナの心に寄り添うポップソウルミュージックを届けています。 音楽を通して、心を病みそうな人たちに癒しや活力を提供できたらと思いながら活動しています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

当グループ募集投稿の制作実績ーWEB CM編

皆さま お疲れ様です

当グループでは毎日のように募集投稿を行っておりますが実際どのくらいの方が応募して、実際にオーデイションに合格、もしくは音楽、映像、各分野で採用されたかという点はなかなか把握が困難なのが実情です。参加者の皆さんにはもしオーデイション等に参加して実際に採用や実績ができた場合は可能な限りグループの中でご紹介、ご報告いただけると助かります。そのことがグループ参加者の「やる気」に直接つながるものと考えます。

その中で今回はWEB CMについてのオーデイション合格実績について発表させていただきます。

日本ではWEB CMというとまだマイナーなイメージを持っている人が多いですが、欧米ではテレビCMより主流になっています。これはひとえに「テレビ」というものに対する考え方が日本と欧米で根本的に違う点にあるといっていいでしょう。

日本で「テレビ」というと無条件に「地上波」を指しますが、欧米では一般に「ケーブルテレビ」を指します。そしてそのことが日本国内と比べ企業の戦略を根本的に違うものにしています。日本人の感覚ではわかり辛いかもしれませんが、欧米、とりわけアメリカでは地上波のテレビよりはCNNとかAXNにCMを流すことの方が企業は重用視します。

その関係で日本に進出している「外資系」の企業の多くは、欧米では費用対効果という面で低いといわれる「地上波のCM」よりはWEB やケーブルテレビ用に流すCMの制作が主流になっております。その関係で欧米の映像制作デイレクター、映像制作会社が日本を拠点に制作を行っており、実は既にかなりのビッグマーケットになりつつあります。

実績例(i)

日本ネット銀行「カブキ卒業生」

イマイチな3人組が学生生活最後の晴れ舞台を笑顔で終わるためのラストチャレンジに挑む。 変なヤツ・カブキくんがあえて取った空気を読まない行動とは? いつでも便利に、スマホでネットバンキング! できること、いっぱい。ジャパンネット銀行。

実績例(ii)

キャニオンズCM

CANYONS "REFRESH TRIP" from CANYONS JAPAN on Vimeo.

監督はオランダ人で現場は英語でしたが、映像も非常にクリエイテイブで楽しい現場だったようです

いずれも当グループ参加者の方がオーデイション通過した上で出演され、勿論ギャラも支払われております。特に欧米系「ガイジン」が大勢いる、というだけで引いてしまう人が多いようですが、欧米系の制作会社はビジネス的なものはきちんとしますのでそこはご安心していただいて結構です。

何よりもそういう現場が増えてきている、ということは映像制作がグローバル化している、という何よりの証左であります

ここで管理人から皆さんにお願いですが、このWEB CM以外にも参加者の皆さんで実績になったものがいくつかあることも把握しておりますので、そういったもので「情報解禁」して差し支えないものは、私管理人までご一報いただけると幸いです。 映画、PV 音楽、何でも結構です。グループ参加者で実際にそういったものに関わった実績が出ますと参加者の皆さんへの大きなモーテイベーションになると考えます、

引き続き当グループをよろしくお願いします



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

第五回音楽&映像関係者キャステイング交流会終了報告ーご来場ありがとうございました

昨日猛暑の中でしたが五回目の「「第五回音楽&映像関係者キャステイング交流会」が無事開催されました。

Img_0785

今まで4月、とか10月とか前回は年末でしたが、真夏に入ってからの開催は初めてですね。皆さん暑い中、本当にご来場ありがとうございました。

今回は今までと違い様々な変更点が加えられました。

(1) 歓談の時間を増やすためライブショーケースと映像でも枠を減らしました。

(2) 会場のComCafe音倉が「オーガニック料理」ということを売りにしている会場でもありますので、料金を1ドリンク+フード付きにしました

(3) 食事が付く関係で男女の料金に500円差をつけました。(実験的試み)

Otokura071301

店内にオーガニック野菜の鉢があります。気づかない方も多いでしょうが会場のここの部分は吹き抜けになっていていわば温室代わりになっています

あとは相変わらず管理人の乾杯の音頭と

Koryukai071301

ピアノライブで始まりました。これはいつも通りです

Img_0776

そして恒例のライブショーケース

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イベントお知らせページ