イベントお知らせページ

■2017年セプテンバーコンサート「音楽&映像関係者キャステイング」ステージ(チャリテイ)

Septemberconcert

2001年の同時多発テロをきっかけにニューヨークで始ったコンサートは「平和への祈りをこめて、 9・11 にニューヨークの街中を音楽で満たそう!」と奮闘し、1年後、平和への思いを音楽に託した人々が街中の公園に集い、これからの未来に向かい合う勇気を共に感じ合いました。アーチストであり「国境なき楽団」代表の庄野真代さんがニューヨークでこのコンサートに参加し、「私たちもやりましょう!セプテンバーコンサートを!」と、翌年、東京発セプテンバーコンサートを開催。依頼15年以上日本各地で続けられ、管理人も体調を崩して入院した年を除きほぼ毎年参加しております。

今年はグループとしてセプテンバーコンサート開催期間(9/11-9/17)の中の一日である金曜日の9月15日の主宰をすることになりました。つきましては「セプテンバーコンサート「音楽&映像関係者キャステイング」ステージ」の出演者を募集いたします、

日時:9月15日(金) 6時開場 6時半スタート

場所:ComCafe音倉(下北沢)

例年のセプテンバーコンサートは入場無料、ノーギャラをモットーにやってきましたが、今年からチャリテイーコンサートのコンセプトで行うことになりました。
演奏者、入場者全員に1ドリンク付 1000円でドリンク500円分を引いた残りの500円を「国境なき楽団」災害支援金に回します。

・1アーチスト 持ち時間20分
・物販 OK
・チャージバックはありませんが、参加費1000円以外のノルマもありません

ご興味ある方は管理人までメッセージを

■MASS

19398727_1447984561927374_194375397

作曲家クレマン・ヴァリエラスとビジュアルアーチスト ルイッジ・ホノラと日本人演奏家のコラボレーションプロジェクト
先進的な音楽技巧(一般的に近代音楽の技巧)と最新ソフトウェア制作サウンドデザインを混合したプロジェクト ヴィジュアル デスクトップミュージックとアコースティック楽器の混合で作られたハイブリッドアートの公演!!

日時:10月13日(木)6時半開場 7時スタート

場所:ComCafe音倉(下北沢)

http://www.otokura.jp/

チャージ:3000円(1ドリンク付)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

当グループセプテンバーコンサート2017年終了報告

毎年恒例9月に「国境なき楽団」主催のセプテンバーコンサート
今年は当グループで開催期間のうちの一日を主宰させていただきました。

Septemberconcert

通常は入場無料、出演者にはギャラなしという形で行われるのですが、今年はチャリテイーコンサートという形式をとらせて頂き、全出演者とお客様全員から1ドリンク付き寄付額を含む1000円を入場時にいただくという形をとりました  

今回は7人のアーチストによるライブですが、一人急遽入院で事態された方がいたのが残念です

1.トップバッターは当グループのイベントで既に何回か出演されたことがある坂崎すずえさん

Sepcon2017_sakazaki

スタンダードとオリジナルを歌われました。今回の出演者の中では唯一アンサンブルでした。

セプコンはジャンルに無関係で音楽を楽しむ そして平和を祈るという主旨ですので様々なジャンルの方が参加されます。

今回もスタンダードジャズのあとは「現代音楽」

2.次はクラリネット奏者の西村薫さんです

Sepcom217_nishimura

フランスの作曲家作品とステイーブ ライヒの「ニューヨーク カウンターポイント」の演奏

ステイーブ ライヒほど現代のあらゆる音楽に影響を与えた作曲家は他にいないだろうと思います。影響はポピュラーミュージック、クラブミュージック、環境音楽と幅広いです。
カウンターポイントとは「対位法」という意味ですが確かにミニマルミュージックは現代の対位法ということができるかもしれません

西村さんは来月の13日の"MASS"という当グループの主催イベントにもメインで参加されます

2.三番目は管理人の長年の盟友の塩崎さん。

Sepcom2017_shiozaki_2

今回はギターのジャズトリオをやりたかったらしいですが、メンバーが集まらず、私も初めて聞いたのですがクラシックギターのナンバー
いやーなかなかです。もっとクラシックギターのライブしていいんじゃないんですかね

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

 当グループの募集案件に関する管理人のつぶやき

グループの参加者が2800人を超えました。人数を集めるのが目的のグループではないため、かなり参加に高いハードルをもうけていますが、それでも参加希望者が減る兆しはありません。

グループ立ち上げ当時は今思いますとかなり参加基準も緩かったですね、参加は承認制にはしていましたが、基本や音楽を何らかの形でやっていれば参加OKでした。しかしこのグループを「プロで仕事をしているプロフェッショナル」のためのグループにしたかったのですが、結果的に参加基準を緩くしたためにかなりのアマチュア、音楽や映像が趣味レベルの人、等が多数入り込んでしまいました。当然ながらアマチュアとプロの意識の違いが随所で鮮明になり、同時にグループの投稿のクオリティもかなり低かった時期があったのは正直なところです。 そのため最初の1年は殆ど管理人の私が意図したようなグループになりませんでした。

また多くの失敗もありました。正直いいまして初期の当グループの募集案件のクオリティは今思いますとかなり低いものだったことは確かです。正直トラブルも起きたようですが、とりわけ今でも忸怩たる思いなのは「フリーライブ」の募集を装って実は「レッスン代」と称して参加者から金をかすめ取る詐欺的募集に一年近くも気が付かなかった点です。そのため当グループの立ち上げ時から参加されている方は当グループの募集投稿に関してまだそういうクオリティの低いイメージをお持ちなのかもしれません。

特にいつも悩みの種なんですが、音楽関係者の募集投稿に対しては消極的な態度が目立っています。私管理人の案件に関しても、あと業界関係でかなりいい条件の案件もあったのですが、応募状況は残念ながら非常に低調なものでした。(殆ど2-3人程度、なかには管理人案件(映画ドキュメンタリーのテーマ曲)で応募者0 というケースもありました。

なぜこうなのだろう?と思い悩んだのですが、少し思ったのが音楽関係の募集サイトで"Musicjob ,net" という募集サイトがネットに古くから存在しているのですが、正直いってかなりクオリティの低い募集案件が多いサイトです。そのためうちのグループでは"Musicjob ,net" の募集案件は一切掲載していないのですが、どうも先入観的にこのサイトと「同じようなもの」という風に思われているんじゃないか、という懸念を持っています。(実際ある人物に「お前のサイトの募集投稿のクオリティは低い!!」と面と向かっていわれたことがあります。もうその人物は当グループにはいませんが(笑))

まあ確かに初期の募集案件に関してはそう思われても仕方がない部分もあったかもしれません。本当に募集案件、投稿内容を精査するようになったのはここ半年くらいです。現在は募集主が身元の確かな人間かどうか、ネットで検索して「悪評がないか」いちいち調べるようにしています。少しでもひっかかるところは掲載しないようにしています。

まあ募集案件の応募というのは基本原則は「自己責任」なんですが、結果的にトラブルとかが起きてしまうと結局当グル―プのせい、であるかのように言われてしまいますからね。

募集案件に関しては「絶対に大丈夫!!」とまではなかなか言い切れませんが、少なくともここ半年くらいはトラブルは起きていないと思います。少なくとも管理人が把握している範囲では

まあうちの募集投稿が"Musicjob ,net"「同じようなもの」ではない、ということを理解してもらうには実績等をみてもらうしかないと思いますね。時間はかかりますがそれしかありません

というわけで皆さんに再三お願いしているのはオーデイション通過、成約した場合にその案件についてご報告や発表をしていただければと思います。そういった具体的な成功例を出していただけるだけで印象はかなり違うと思います

特に当グループでは音楽を映像、映画プロジェクトに結び付けようという目的をもっていますが、そういう当グループだからこそ決めてほしい案件に最近一人オーデイションで配役決定したといううれしいニュースをいただきました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

異種コラボシリーズー"MASS" 〜音楽と映像によるパフォーマンス

10月の当グループの主宰イベントです

作曲家クレマン・ヴァリエラスとビジュアルアーチストのルイッジ・ホノラと日本人演奏家のコラボレーションプロジェクト  デジタル+アコ―ステイックの競演!!

先進的な音楽技巧(一般的に近代音楽の技巧)と最新ソフトウェア制作サウンドデザインを混合したプロジェクト ヴィジュアル、デスクトップミュージック、アコースティック楽器の混合で作られたハイブリッドアートの公演をお楽しみいただきます!!

フルート 間部令子
クラリネット 西村薫
フリューゲルホルン 平山卓真
ヴァイオリン/ヴィオラ 迫田圭
チェロ 細井唯

作曲 クレマン・ヴァリエラス (Clément Variéras)
映像(ヴィジュアル)ルイッジ・ホノラ  (Luigi Honorat)

19398727_1447984561927374_194375397

日時:2017年10月13日(金): com.cafe音倉
18:30 Open   19:00 Start

19︰00〜出演者による即興演奏
20︰00〜MASS

http://www.otokura.jp/

パフォーマーからのこのプロジェクトの概要を以下に示します

■MASSについて

・このプロジェクトについて

  Clément Variérasから創造された「MASS」は60分程度のプロジェクトである。このプロジェクトは先進的な音楽技巧(一般的に近代音楽の技巧)と最新ソフトウェア制作サウンドデザインを混合する。 「MASS」は「ミサ」の意味である。このタイトルはキリスト教にかかわってパフォーマンスに儀式的な雰囲気を与えている。しかしながら、「MASS」は宗教的な意味の他に体質量という訳もある。 「MASS」のプロジェクトはその言葉の色々な意味を集める。儀式のように本当の体の質量をじっと見る、表面のだけではない。ヴィジュアルパートに関してLuigi Honoratの制作の説明は下記。 デスクトップミュージックとアコースティック楽器の混合で作られたハイブリッドフォームはミュージシャンの自己表現を可能にする。同時に、パソコンで制作された「音風景」から指導されるミュージシャンは即興で演奏する。

・音楽、作曲について

この作品の時間性は5つの「サウンドスケープ」に分かれている。それぞれの部分も順番に分かれている。その小さい部分の総譜はミュージシャンの好きなように演奏される。総譜は楽句で構成された。 デスクトップミュージックに関して、Ableton Live 9 とういう音楽ソフトウエアに行われる。Ableton Liveでリアルタイムにとても複合的なサウンドスケープを創造することが可能です。そのようにオペレーター(Clement)はミュージシャンと相互に作用して、一緒に即興する。

・映像、ビジュアルについて

パフォーマンスの間にLuigi Honoratに創造されたアートビデオが上映されている。LuigiはCGアート専門彫刻家と武蔵野大学の非常勤講師。パフォーマンスの間にLuigiは映写幕にルール・セット・モデリングで作られた人工風景を扱う。銅線はまだ体質量の観念。 音楽のパートと同じようにヴィジュアルの時間性は5つに分かれている。その5つは:
「B.A.N.G.」 (Binary Atom Neuron Genom): 原初の生命体の表現。
「Scape」: 虹彩(アイリス)の不思議な構造の探検。
「Body」: 風景のような体。
「Self」: MRIデータで体の内層の探検。
「Butō」: 動かないダンサーの形に囲まれての旅。 色々な技術で音楽とヴィジュアルは相互作用することが可能。

映像(ヴィジュアル)ルイッジ・ホノラ  (Luigi Honorat)
http://luigihonorat.com

オフィシャルサイト
http://ive.show/index.php/ja/front-page-3/

フライヤーのバック、演奏者、パフォーマーの紹介があります

Mass_back


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

ゲームアニメ交流会。とりわけアニメ業界に入っていくこととこれから来るだろう変革期について

当グループでも既に恒例といっていいほどご案内しているゲームアニメ関係の交流会

今回は交流会を初めて10周年ということで「アニメ・マンガ・ゲーム中心エンタメ業界親睦会 ありがとう10周年スペシャル 第一弾」ということで開催されました。場所はある年齢以上で映像関係の仕事をしている人(特に男性)ならよく知られた新宿にある「プールの」開場です

Gameanme0817170

通称「例のプール」と呼ばれていますが(笑) 10周年、しかも夏ということで女性参加者が毎回プールで水着姿も披露してくれるのが夏のこの開場のイベントの「座興」にもなっています

Gameanime_pool1

Gameanime_pool2

今回はお盆時期に開催されたこともあってか、人も少な目です

Gameanime0817173

イベントが佳境に入ると司会のBANBANが入り盛り上がってきます。毎回欠かさずこのお二人が出ています

Gameanime0817174

ここのところ参加者はゲーム関係者の方が多いんですが、某大手アニメ会社の方も来ていました。

さて、このゲーム、アニメ交流会、最近は多くの音楽関係者も参加しています。今回は少ない方ですが前回は音楽関係者があまりに多く主催者も困惑したという一面もありました。しかも大半はうちのグループ関係者ではありませんでした。やはりアニメ、というものから停滞している音楽の世界を活性化しようという動きが私が特に旗を振らないでも皆さん行っているようです

ただし水を差すようですが、ぶちあげた話をいいますと残念ながらこの交流会を通して、一部の小規模なゲーム会社であれば仕事に結び付くことはあるかもしれません、しかし大手アニメ関係は「少なくとも現段階では」難しいでしょう、

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

第三回カフェで短編映画上映権交流会終了報告

今回で第三回となります「カフェで短編上映会兼交流会」
お盆期間であるにも関わらず大勢の方にご出席いただきました。

Short_joeikai

満員御礼です。
上映作品もバラエテイーに富んだものでした。

Harsukoi2

1.「初恋」 齋藤亜沙美監督ー認知症の介護現場と恋愛を結び付けた作品 なかなか心温まる作品でした。

<ラブストーリー>

Bucket1

2.『BUCKET-MEN』 獅子倉シンジ監督ーバケツ男のミュージックビデオ。 VJ感覚で作られています

<MV,PV>

Ichinen2

3.『ときめき一念発起』 繁田健治監督ー婚活の様子をユーモラスに描いた作品

<ラブストーリー>

Jinbo1

4.『神保家の人々』 鈴木秀幸監督ー今時の家族をめぐる人間ドラマ。本来は長編のものを20分の短編として上映。リストラされた亭主、ひきこもりの娘、就活に苦戦する姉、今時の家族を描いたこの映画、このあとこの家族は果たしてどうなるのか 気にならせるような作り

続きを是非完成させてください

<ヒューマンドラマ>

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«グループ参加者のグループ利用実態につきまして