2018年10月 7日 (日)

グループのデフォルト表示を項目別のユニットページにします。今回のトライアルの背景

グループのお知らせでも書きましたが、グループページのデフォルトを「ユニット」のページにしました。これはあくまでトライアウトとしてやっておりますが、問題なければ基本の表示をこの「ユニット」ページのままにしようと思います。

しばらくグループページをご覧になっていない方は驚かれるとは思いますが、オーデイション募集投稿の各分野が見やすくなると思います。と同時にこちらのグループが普通のグループとは目的が違うことがわかるのではないかと考えます

勿論PCなら左サイドバー、スマホならトップ画像の下に表示されている「デイスカッション」というセクションをクリックもしくはタップしていただければ従来通りの表示になります。

今回のデフォルトページの表示変更には以下の意図がございます

1 各分野の募集投稿、オーデイション情報を見やすく、かつ見逃しにくくするためのカテゴリーによる整理

現在常時トータルで80件を超える募集投稿、オーデイション情報等を掲載しております。しかも当グループは「いかなるエンタテインメントの分野」の方の情報も掲載しておりますため、どの分野の方も案件を見つけられやすいようにするための処置です。

尚、皆さんの方でギャラありの募集投稿をなさる場合は「デイスカッション」ページの表示に戻してからご投稿下さい。ギャラありの案件であれば歓迎いたします。

2 表示が違うため「普通のグループ」ではない印象を与え、禁止されている投稿を減らすことができる

当グループはギャラありの募集投稿やオーデイション情報以外はNGなのですが、いまだに自己の音源のシェアとかイベント投稿の告知といった投稿をする方が後を絶ちません。

その原因の1つとして見かけが他のグループと同じに見えると「他のグループ」のような投稿をしてしまう可能性が高くなるため、デフォルトを「ユニット」ページにすることでそういう勘違いをなくすことができるのではないかと考えます。

特にこういうNGの投稿をされる方をみますとたぶん殆どグループの投稿を見ていない人たちのように思えます。結構「音楽」とか「エンタテインメント」という文字と参加者数だけみてグループに参加してグループの投稿をほぼスルーという人に限ってそういう傾向があります。

グループには管理人ツールとして「インサイト」というツールがあり、参加者の何名が投稿をみているか、というのがわかるようになっています。グループ参加者は現在3400名超えていますが、グループの投稿を見たり「イイネ!」や「コメント」を行う「アクテイブユーザー」はだいたい4週間毎で1600-1700名の間を推移しています。つまり半分弱の人しか見ていないとデータ上わかるわけです。さらに投稿別の閲覧数もデータとして出ますが、そのデータをみますととりわけ音楽関係者が一部の方を除いてあまり投稿を見ていないことがわかります。

実際NG投稿する人は今までを見ても圧倒的に音楽関係者が多い、というのも残念な事実ですので、そういうNG投稿を減らすための処置でもあります。

まあ興味のない人に興味を持てといっても無理ですが、管理人としてはもう少しグループ名や参加人数だけを見て参加リクエストを出すのはご遠慮いただきたい、というのは正直な気持ちです。

当グループは基本プロフェッショナルな人たちの集まりである、という前提がありますが、プロフェッショナルの方が自らの仕事、業務に関することに「無関心」というのはいかがなものか、と管理人としては考えます

ちなみにこれも何度もいっていますが、「普通の投稿」をなさりたい方は姉妹グループでの投稿をお願いします。当グループ参加者は自動的に参加できるようになっています
■エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

尚、自己紹介等はこちらのグループにお書きください。こちらは逆に自己紹介関係以外の投稿はNGにします。
■エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場
https://www.facebook.com/groups/476908212791716/

この2つのグループは「エンタテインメント業界キャステイング」とは便宜上分けていますが、全部同じグループとお考えいただいて結構です。基本当グループの参加者は自動的に両方のグループに移動できます。まだ参加者が少ない印象がありますので是非皆さんご参加ください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

姉妹グループがまた1つ、自己紹介グループができました。ご参加ください

いわゆる「親グループ」である「エンタテインメント業界キャステイング
今や完全にエンタテインメント業界のFacebook版ハローワークみたいになってしまいましたが、(笑)

最終的には今の姿が実は元々意図した内容のグループなんです。実は

しかしそれだけではグループメンバー同士の交流やネットワークをつなげることはできない、
ということでご存じの通り告知、雑談、相談、(ギャラあり以外の)募集告知、といった投稿ができるように姉妹グループを立ち上げました。

なぜかまだグループ参加者の半分弱しか参加されていませんが、グループに「自由に投稿したい」とお考えの方はこちらにご投稿下さい

■エンタテインメント業界関係者告知・議論、その他雑談等
https://www.facebook.com/groups/593801820786343/

そしてさらに皆さんの自己紹介、やプロフィール等を専用に掲載するグループを作りました。「エンタテインメント業界キャステイングメンバー専用のグループです

■エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場
https://www.facebook.com/groups/476908212791716/

こちらは自己紹介であると同時に当グループは基本エンタテインメントのさまざまなグループのプロフェッショナル、もしくはプロフェッショナル予備軍がいるグループなので「エンタテインメント業界メンバー自己紹介及び自己アピールの場」はいわば業界クリエイター、パフォーマーその他関係者のデータベースの機能を持ちます

このように便宜上3つのグループに分かれていますが、この3つのグループは実質的に同じグループであるとお考えいただいて結構です。

単に機能、分野別に便宜上3つに分けているに過ぎません。なので「親グループ」以外の2つのグループも皆さん積極的にご参加いただきますようお願い申し上げます。いずれも「親グループ」の参加者であれば自動承認されます。(されるはずです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

募集案件をユニットカテゴリーで簡単に探せるようにしました

先日の記事でオーデイション、募集情報の情報源の強化について述べましたが募集案件が増えてくる従って個別の案件を探すのが大変な状態になってきたようです。(本日現在60件をゆうに超えます)

そこでFacebookのグループのプラットホームで「ユニット」という名前でカテゴライズできる機能がありましたのでそれを使うことで案件を探しやすいようにいたしました。

当グループには音楽家から役者から同じエンタテインメントでもさまざまな分野の方、さまざまなプロフェッションの方がいますので、掲載している案件の幅もかなり広いものです。それで情報の内容が煩雑になっているとの指摘は受けていました。

そこで今回の「ユニット」によるカテゴライズ化、まずPCだと左のサイドバーのこちらをクリックしてください

Sc_shot091918
モバイルだとこちらに「ユニット」と書いてあるのがありますが、おわかりになりますでしょうか

Img_2249

いずれの画面をPCならクリック、スマホならタップしていただくと次の画面がみえる、はずです

Sc_shot09191802

スマホですと

Img_2250_2

カテゴリーは全部で11に分けています

・ミュージシャンーアーチスト
・キャステイングコール
(役者さん)
・クルーコール (撮影及びポスプロスタッフ)
・ミュージシャンー作曲家募集
・ミュージシャンー演奏家募集案件
・声優募集案件
・モデルさん募集案件
・ダンサー パフォーマー
・その他音楽関係
・映画企画募集
・ゲーム、CG SFX関連

特に上記のミュージシャンーアーチストのカテゴリーですが、募集案件によっては歌ってなおかつ踊ったり、役者としての演技もしたり、という案件もあります。多様化されているニーズではきちんと線引きできない案件もありますので、役者やその他の方でもなるべく「ミュージシャン、アーチスト」は目を通すようにして下さい

尚、グル―プの「デイスカッション」は従来通りの表示になります。取りあえず上記の新しいプラットホームでお望みの案件が見つかりやすくなったか、チェックしてみて下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

オーデイションの情報源を広げ強化しました。将来的に一部情報の「有料サービス」の検討も始めています

今年のセプテンバーコンサートが無事終わりました。コンサートの模様は前回の記事に書いてあります。

7月からグループ主催のイベントが続きましたが、これでしばらく当グループ主催のイベントの予定はありません。年内もしあるとすれば映画人交流会ですが、これは主催の映画プロデユーサーの方のスケジュール次第なのでその状況を見て、ということになります。

尚、ライブイベントその他で当グループのイベントを企画したいという方は30人動員保障という条件であればご検討の用意がございますので、よろしければ管理人までご一報ください

さてしばらくドタバタしたり、Facebookの一時的な表示の不具合等でオーデイション、募集投稿の更新がお留守になっていましたが、今回オーデイションの情報源を1つ増やした関係でオーデイション募集投稿の内容を大幅に強化しました。現在既に50を超える募集案件がありますので、相当下までスクロールしませんと全部見れませんので、重要な情報を逃したくない方は根気よく下の方までチェックしておいてください

オーデイションの内容のクオリティには細心の注意を払っており、現在ではかなりの情報のクオリティコントロールができていると自負します。ただ100%か、といわれるとそうも言いきれませんのでもし何か問題等がございましたら管理人までご一報ください。詐欺を始め皆さんが被害に遭わないための処置でもあります。

さて、現状でもたぶんその辺の事務所よりはオーデイション情報を掲載していると思いますが、実は当グループで掲載されているものは、一部をのぞいて全て「公開」のオーデイション情報であります。つまり企業、製作会社、レコード会社、その他プロダクション等の公式サイト、そしてミュージックマン、シネマプランナーズ等の公開オーデイションサイトの情報をコピーペーストしたものですので、実は皆さんが探そうと思えば探すことができる情報です。

ですが本当の重要な、メジャーなキャステイング情報は実は「公開」では出てきません。これはプロの第一線で働いているキャステイングデイレクターの協力をいただかないとこの情報を出すことはできません。そしてこれらの情報は残念ながら「無料」では提供できないのです。

現在当グループに掲載されている「公開」のオーデイション情報では残念ながら有料にできるレベルの情報ではありませんので、現在「有料」で「非公開のキャステイング情報」を提供するシステムを検討中です。いつから始めるかはまだ全くわかりませんが、何人かのキャステイングデイレクターの方のご協力とビジネス的な合意がないと実現できないサービスですので具体的になりましたらグループ内で発表いたします。

グループも3300人を越しもうすぐ3400人と一定の人数が集まりましたのでそろそろ本格的にプロフェッショナルなサービスを検討できる段階に入ったと考えます。そろそろ本格検討に入りますのでお楽しみにしてください


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月11日 (火)

エンタテインメント業界キャステイング主催セプテンバーコンサート2018年終了報告

昨年に続きエンタテインメント業界キャステイング主催 セプテンバーコンサート2018が開催されました。

Septemberconcert

今年はなんと2日、都合コンサートを3セッション開催しました。これは今年に入り音楽イベントが殆どなくなったので、管理人として「罪滅ぼし」の意味もあります。しかし今回の出演者は一部をのぞいて当グループの参加者ですが、音楽的にレベルの高い人が多いことを改めて実感した音楽イベントとなりました。

ご存じの方も多いでしょうが、このセプテンバーコンサートは2001年のニューヨークの同時多発テロをきっかけに音楽を世界に広めて明るくしましょう、という意味で2002年から開催され日本では庄野真代さんが主宰する「国境なき楽団」が主宰で2006年から全国で開催されています。エンタテインメント業界キャステイングは昨年から「国境なき楽団」の本拠地でもあるComCafe音倉の中で主催するようになりました。

グループ主催のセプテンバーコンサート1 9月9日13時開場 13時半開演

日曜昼間の会はベテランのアーチストの方も多く盛況の一日でした

Matsukawa

松川裕さん。元劇団四季で活躍された方で後程出演の八月真澄さんとは劇団四季の同期となります。しんみりとしながら心をうつ歌を歌っておられました

Sayuri

朗読の桜さゆりさん。戦争にちなんだ親子の話を朗読されていました。今回のテーマにぴったりの内容でした。

Terashita

ギター弾き語りの寺下史邦さん 普段はバンドとしても活動されているようですが、今回は弾き語りながら情熱的な演奏をされていました。

Shoko

ピアノの大野彰子さん、東京音大ピアノ科1年生で当グループ主催のセプコンでは唯一のクラシックの演奏です。そうです。セプコンは一切ジャンルは関係ありません。
演奏が終わってから会場から"BRAVO!”という声があがりました。

Tateyoko

当グループのイベントにも何回かご出演下さっているたてようこさん。セプテンバーコンサートにちなんだ戦争をテーマとした曲も披露して下さいました。ベテランの存在感をしっかり示していただきました

Hazuki

昼の部のトリはやはりこの方。八月真澄さん、古稀を超えても声の衰え全く見せてません。
若手でこの方にかなう人いますかね?圧倒的歌唱力!!  ただただ脱帽です

日曜の昼間にもかかわらず多くの方にいらしていただきました。ありがとうございました。

グループ主催のセプテンバーコンサート2 9月9日18時開場 18時半開演

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«9月10日 セプテンバーコンサート出演者紹介