Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





2013年7月30日 (火)

現代人は絶えず「音響外傷」の危険にさらされている

皆さんは「音響外傷」という言葉を聞いたことがあるだろうか?
「音響外傷」とは強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることである。
実は現代人はこのたえず「音響外傷」の危険にさらされている。

例えば電車でよくipod スマホ walkman等々で音漏れしながらシャカシャカ音を立てながら聴いている人をよく見かけるが、もしこのことに身に覚えがあるならあなたは「音響外傷」の危険にさらされているといっても過言ではない。

「音響外傷」は聴力の低下、最悪の場合は内耳のダメージを受け、耳閉塞感や耳痛が起こり、その後、耳鳴りや難聴になる。場合によっては、特定の狭い周波数域だけ聞こえが悪くなっていることもある。必ずしも自覚症状が起きずに難聴になる場合も少なくない。

特にこれから夏の音楽のフェステイバルが目白押しだ、そういう時に気を付ける必要がある

■夏フェス後に音が聴こえにくい……音響外傷かも?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130729-00000005-nallabout-hlth&1375057813

大音量で音楽を聞いていると、急性の内耳障害である「音響外傷」を起こしてしまうことがあります。主な症状は、普段はよく聞き取れる音も聞こえなくなる難聴と耳鳴り。

 以前は「音響外傷」というと、仕事中に大きな音を聞くことが多い職場で起きる症状でしたが、コンサートなどで大型のスピーカーが使用されるようになって からは、コンサート会場での音響外傷が増加しました。普段から携帯用音楽プレイヤーで音量を大きくする癖がある人にも注意が必要ですが、夏フェスなどに 行って大音量で音楽を楽しむ人が多いこの季節は、耳の健康にも少し注意するようにしましょう。

<中略>
身近な哺乳類である犬と比較すると、人の聴力は劣っているように思いがちですが、それでも耳たぶや外耳でしっかりと音を集め、直接外気とつながっている耳 道を持ち、鼓膜からの振動を耳小骨で増幅して、内耳細胞で聴く機構を持っている点では、やはり優れた聴覚を持っているといえます。

 このような耳のつくりは小さな音を聞くのに優れていると言えます。そのため大きな音を聞くと、内耳細胞が振り切れてしまった状態になり、本来の構造が破 壊されてしまうことがあるのです。遠くの地震の揺れを増幅して記録する地震計の針をイメージしてもらうとわかりやすいかもしれません。

■音響外傷の予防法

 音響外傷の予防法は大音量の音を避けるのが一番。特に人工的な音の場合は、スピーカーなどの音源を意識して、少し遠めに距離を取るだけでも予防になります。

 音源から離れると音が小さくなるのは当然ですが、自然の音とスピーカーでは少し異なります。たとえば自然界の大きな音である雷などの場合、音は音源から 三次元に広がっていくので、距離の三乗に比例して減衰しますが、コンサートなどで使う型のスピーカーでは、音は二次元的に広がって行くため、音源のスピー カーからの距離の二乗で減衰します。たとえば音源から4mと8mの場所では音圧が1/4になります。スピーカーから離れた位置に場所取りすることで、音楽 を楽しみながら音響外傷をうまく予防することができるのです。

続きを読む "現代人は絶えず「音響外傷」の危険にさらされている"

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

新春コラムーいわゆるポストモダン時代のルーツ音楽の存在(例によって長文です)

お正月ということでいろいろ考えたりしていますが、今日はちょっと難しい話。難解だと感じた人は読む必要はありません。

だけどクリエーターとしては今後食べていこうと考えている方は自分の生き方を考える上で極めて重要なのでなるべく読まれるほうがよろしいかと

実は今回のこの考察は日本の情報社会論者の東 浩紀氏の次の著書に関して私が長い間頭の中で考えをまとめていたことをこのブログに記すものである。

<参考文献> 動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書) ;東 浩紀著

これに関する私の考えを述べる前にまずフランスの社会学者ボードリヤールが定義したシュミラークルという言葉について説明しなければならない。シュミラークルとはあるオリジナル作品を「データベース化」し、そのデータベースをもとにオリジナル作品のコピー作品(いわゆる同人作品)が生まれ繁殖し、オリジナル作品は絶対的な価値を失い、すぐれたコピー作品と同等になる。こういった作品をシュミラークルという。

それを踏まえて上記の本について説明すると

かつて近代国家を近代国家たらしめていた政治や経済のシステム。イデオロギーや生産流通の方式。これらの総称を「大きな物語」と呼ぶ。ポスト近代にあってはこれらのシステムは有効性を失い、その空白を埋めるようにしてオタク系文化が登場する。かつては「大きな物語」を通して自己を決定していたのが、ポスト近代では逆に、自己が物語を読み込むようになる。近代が「大きな物語(世界)」→「私」というツリー型のモデルであったとすれば、ポスト近代では「私」→「世界」という世界観になる。この世界観をデータベース・モデルと呼ぶ。 その空白を埋めるのが同人作品ーシュミラークルでありデータベース型社会をシュミラークルが席巻する。そしてオリジナルであろうとコピーであろうと差を問わずに同等に扱い、自己の快感原則を満たす商品と戯れる消費者が登場する。このような状態をフランスの哲学者コジェーヴは「動物化」と呼んだ。要するにすべては情報に還元されてしまい、それを消費する消費者がいるということになる。

要約するとこういうことである。

1.「ロールモデル」が消失した。「こうしなくてはならない」などという「定型」が消失した。

2.すべては価値中立的である。なにがよくて何が悪いという考え方は意味を失った。

3.すべての文化が「データベース」に解体される。データベース同士も価値中立的である。

4.創作者側から、そのデータベースを解体して組み合わせて作品を作る行為が行われる。

5.そうやって作られた作品は、全てオリジナルとコピーとの区別がつかない。=シュミラークル

6.消費者側にとっては、その作品はすべてオリジナルとコピーとの区別がつかないー(=情報に還元される)「同じような」作品群になりそれを消費する。

7.そしてそれらシュミラークルは自己増殖する

8.そういう消費者の振舞いを、「動物的」であるとする。それが起こった原因は、厳しい生存競争から解放されて倦いた人間が快楽だけを求めて動物的に反応しているから哲学者コジェーヴは「動物化」と呼ぶ。

確かにテレビ放送が行なわれたり、PVのDVDが発売されても殆ど同時にYou tubeとかにアップされるし、ニコ動などはまさにシュミラークルそのものである。

実は私の知り合いの作曲家でこの東氏のシュミラークルの考え方を応用した試みをしようとしている人間がいる。昨今の音楽のありかたについて、オリジナル=ルーツ音楽と考え、ルーツ音楽のシュミラークルが増殖することによりかつては、「あるジャンル」とちゃんとわかるように」引用されていたものが、ゼロ年代においては、あるジャンルを構成する要素がばらばらに解体されて、R&Bのリズムでロック的なギターが入り、ラップをする、といういったような様相を帯びてくる。「ジャンルを構成する要素がばらばらデータベースに解体される」。それによってルーツ音楽の価値というものが事実上意味をなさなくなり、全ての要素は相対的なものでしかない。

よって彼は、「ルーツを知らなければいけない」という論には反対の立場をとりますが、「ルーツを尊重すべきだ」という論には賛成という立場を取り、それらのデータベースによる差異化をどう上手くやるかによって今後クリエーターの価値が出てくると考えているようだ。そしてそれは最近のJ-POP系のクリエーターのかなりの人間がそのように考えているようである。

さて、これに関する私の考え方を述べさせていただく。

まず東氏の昨今のネットや同人系の動きに関する分析に関しては確かに当たっている面はあるが、いくつかの疑問もある。

1. オリジナル作品とシュミラークルが作品的に同等というが、そもそもオリジナルが「それなりの魅力」を持っていなければそもそもシュミラークル自身が発生しないであろう。その「魅力」(例えばなぜ「萌える」のか、なぜ「はまる」のかについて)のデータベースについてはこの本では触れられていない。

2.もしシュミラークルな作品がオリジナルをしのぐとしたらそれはどのような場合なのか、そもそもシュミラークルな作品は「オリジナルと同等」と勘違いされているだけで作品クオリテイ的にオリジナルと本当に同等なのか。(例えて云えば宝石のニセモノを本物であるかのように消費者が買うのと同じなのでは?)

あと上記の作曲家のようにデータベースによる音楽について話をしよう。シュミラークルの理論からすると、ロックもジャズもR&Bもクラシックも全て「相対化した」音楽の手法というデータベースの一種に過ぎないという。つまりそれらのデータベースの「組み合わせ」に過ぎないのだが私が考えている大きな疑問の1つに、ではその「組み合わせ」によって人を動かせるほどの表現になるか、ということである。

音楽手法のデータベースというのは単なる作曲技法のエクリチュールに過ぎず、それは単なる表面的なものである。しかしその組み合わせで本当に「ノリ」とか「音楽の即興性」とかを表現できるものであろうか?ーつまり魅力」というものがデータベース化(オタク文化で云えばえばなぜ「萌える」のか、なぜ「はまる」のか、に当たる)できるのか?ということである、東氏はできると考えているようだが文化というのはそんな単純なものではない。

音楽に関していえば作曲技法のエクリチュールの機械的な組み合わせで確かに理論的には音楽ができる。だがそれは音楽の中の表面的な部分に過ぎず、それが「カッコイイ」「ノリのいい」音楽になるかはまた全く別の話である。コンピューターミュージックの黎明期にイリアック組曲という音楽史上初めてコンピューターで作られた音楽があった。それは音楽のデータベースを元にその組み合わせと情報理論を用いて作られたものであるが、歴史的には意味はあるものの音楽的にははっきりいってつまらないものである。

つまり私がいいたいのは表面的なデータベースだけを取り入れてもそれはその音楽のデータベースの本質「エッセンス」を理解したことにはならない。ということである。これは私が以前警鐘を鳴らした現代の情報社会の「わかったつもり症候群」にも通じている。「わかったつもり症候群」というのは断片的情報のみで判断する傾向のことをいい、データベースの表面的な部分だけを見てそれでそのデータベースの全ての部分を理解している、と勘違いしてしまうことをいう。例えば音楽でブルースは12小節で構成されているという基本中の基本を知らないで、昨今のJ-popの「R&B風のデータベース」で作られた音楽を聴いて自分がR&Bの全てを理解している、と錯覚してしまう点である。実際最近の若者にこういう人間が少なくない。勿論R&Bに限らない、ロックを始め他の音楽でも同様の傾向が見られる。

参考:■情報社会の落とし穴(1) モノを知らない人が増えている
http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20081031

この「わかったつもり症候群」は情報社会では極めて危険なことだと考える。そして全ての音楽のデータベースの表面的な部分のみをさらって組み合わされた音楽はどういうものになるか、おそらくこの音楽手法のデータベースの組み合わせでできる可能性があるのは例えて云えば「ノリのないロック」「即興のないジャズ」風のポップスだったりする可能性が高い。

あなたはそんな音楽を聴きたいと思いますか? 少なくとも私は聴きたくない。

あともう1つ私がポストモダン論者の観点で納得できないのは「既存の共同体の否定」である。ポストモダン論者は「真理」「道徳」「共同体」といったものに価値を見いださず、むしろそうしたもの はかえって自分たちを抑圧する存在であるとして、そうした世界から「軽やかに」「逃走」することを主張する。インターネットで世界がつながり「グローバルスタンダード」(但し多くの場合アメリカの価値観と同一視される)なるものが叫ばれると共同体そのものの意味がなくなる、とされる。

だがちょっと待って欲しい。これらはあくまでネットや情報を通じたバーチャルな世界の話ではないのか、ではリアルば面において本当に共同体というものが意味がなくなっているのか?

確かに東京とかニューヨークといった大都市ではそのような共同体にリアリテイがないというのもわかる。しかしヨーロッパの南(スペイン、イタリア、南フランス)や日本なら地方都市や沖縄を見てみるといい。インターネットで世界中つながっているにも関わらず共同体は確固として存在する。かれらはグローバルスタンダードによる「世界との均質化」を拒んでいる人たちである。(ちなみに地方都市の方がネットやBS CS衛星放送の使用頻度は大都市より多い)

実はそれを踏まえていうがそういったポストモダン時代による共同体の崩壊、というのは東氏のようなポストモダン論者が考えるほど起きてはいないのだ。そしてその「共同体」をつなげているのが音楽である。

アメリカのブラックコミュニテイは伝統的なゴスペルやR&Bが生活に根付いておりアメリカの黒人の大半はその生活に根付いた音楽を体にしみ込ませている。アメリカの白人のカントリーにしても同じ、その他スペインのフラメンコ、イタリアのカンツオーネ、全てそうである。つまり単なる表面的なデータベースではなく、音楽の精神的な「エッセンス」として彼らはルーツ、ファンダメンタルを形成している。但し、日本には残念ながらそれがない。唯一あるのは沖縄の人たちで、沖縄の人たちには生活に音楽が根付いており、沖縄出身のミュージシャンはそれらを「データベース」としてではなく「エッセンス」としてそれを持っている。この現状を見るにつけそれらを持たない日本本土のミュージシャンは決して沖縄のミュージシャンには勝てないなという印象を持った。

ルーツの音楽は「エッセンス」であり、それは「ノリ」とかリズム感とか、即興性、そして表現力そのものである。それらは1テーク、1テークは「データベース化」は可能かもしれないが法則化はほぼ不可能である。つまりルーツの「エッセンス」を完全にデータベース化することは不可能である。ということができる。

話が難しくなったが要はシュミラークルの時代でルーツの音楽ーつまりオリジナルでいずれシュミラークルと同等になる、といわれている時代でも結局はシュミラークルは所詮コピーの一種、表現力を伝える「エッセンス」まではシュミラークルはコピーできない、仕切れないのではないかと考える。「データベース」は所詮表面的なエクリチュール以上のものではないということである。

確かにポストモダン論者や情報社会に関する分析に関しては当たっている面もなくはないが、全般的にやや頭でっかちな面があるのは否めない。分析対象がデータに偏重しており、この動物化するポストモダンもクリエートする現場、映像文化を始め、音楽そのものの本質を理解している人間の発想とは思えない。もっともこれはIT系論客全般にいえることかもしれない。

いずれにせよ「エッセンス」のない音楽がよい音楽であるはずがない。「データベース」の組み合わせのみで作られてできる音楽は「ノリのないロック」「即興のないジャズ」風のものになる。例えどんな流行っている音楽でもあなたはそんな音楽を聴きたいと思いますか?

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

クロード・レヴィ=ストロース氏 死去

偉大な社会人類学者クロード・レヴィ=ストロース氏が死去されました。100歳、今月の28日で101歳になるところでした。

■仏人類学者のC・レビストロース氏死去、100歳http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-12274520091104

いわゆる従来の近代化=西洋化、という価値観を否定し「構造主義(本人はこの言葉はあまり気に入らなかったようです)」を打ち出し現代の思想にも大きな影響を与えました。サルトルとの論争はあまりにも有名です。

また構造言語学、音韻論は現代のメデイア論にも大きな影響を与えました。

メデイア、情報について常日頃考えている私としては大変興味深くその分析法について勉強させていただきました。

尚、出典不明の情報ですがレビストロース(Lévi-Strauss) はジーンズのリーヴァイ・ストラウスLevi Strauss)と実際に遠縁の親戚に当たるとの情報があります。(レビストロースはフランス語読み、リーヴァイ・ストラウスは英語読みです)本当かどうかはわかりません。

心よりご冥福をお祈り申しあげます。


| | コメント (0)

2004年11月13日 (土)

音楽によるヒーリング効果について

最近「癒し系」なる言葉があちこちに氾濫していますが、「癒し系音楽」というのもよく耳にされると思います。私はその「癒し系音楽」なるものをかなり沢山書いてきた人間ですがでは具体的にどういう音楽が「癒し」や「ヒーリング」に向いているのかわからない方も多いと思います。

 最近マスコミ等で言われている「癒し系音楽」とはたいていの場合ポップスで聴いていて「和む」音楽でバラードだったり、聴いていてほんのりするような音楽をいっているように見えます。勿論そういう音楽も「癒し」に向いているということはできます。事実美しい音楽を聴いて「癒される」こと自体は不思議なことでも何でもなく昔から実は行われていたことなのです。クラシック音楽がよく「癒し系音楽」といわれるのは単なる偶然ではなく歴史に残る美しい音楽だからこそそのようにいわれてきたということができるのです。しかしなかにはそうした音楽だけでは充分に癒されない方もおられるようです。私が十数年やってきた「ヒーリングミュージック」なる音楽は主にそういった方のために作られてきたといってよいと思います。

ではその「ヒーリングミュージック」と呼ばれる音楽はどういったものをいうのでしょうか。一応「ヒーリング」という風に自称している以上それなりの根拠のある創り方がされております。一般に「ヒーリングミュージック」と呼ばれる音楽は1つの音楽ジャンルではなく大きく分けて3つのジャンルに分けることができます。

1.ニューエージミュージック

2. 環境音楽 

3.セミクラシック         の3種類です。

まず第一にこれらはいずれもインストルメンタルです。なぜインストが多いかというと歌のように言葉は具体的なイメージを喚起しやすく雑念を呼び起こしやすいことから徹底した「癒し」、ヒーリングにはそぐわないという考え方に基づいています。

 第二にこれらはいずれも人間の平均脈拍であるより遅い曲であるという点にあります。一般に人間が自分の持っている基準値があり、例えば人間の平均体温ですがそれより高い温度を「暖かい、熱い」と感じそれより低い温度を「冷たい」と感じるものなのです。お風呂はたいてい42-45℃の範囲になっており、水温20度の水をさわるとたいていの人は「ぬるい、冷たい」と感じるはずです。それと同じように人間は自分の脈拍より遅い音楽を「スローテンポ」速い音楽を「アップテンポ」と感じるものなのです。いわゆる「癒し系音楽」の殆どが「スローテンポ」に聞こえるのは人間の平均脈拍より遅いからなのです。こうしたゆっくりとしたテンポの音楽をずっと聴いていると自然に落ち着いた気分になってきます。中には眠くなる人もいるでしょう。それはこれらの音楽によって落ち着いた気分へ「誘導」されているからです。そうです。ヒーリング音楽とはまさに音楽によって「癒し」の状態へ誘導する音楽のことをいうのです。

極端な例を揚げましょう。私の音楽でSleeping Musicなる音楽があります。<これは人間が熟睡している時の脈拍のテンポで作られています。この極端にゆったりとしたテンポがあなたを眠りの状態へ誘う働きを行っています。このアルバムには人間の平均脈拍とほぼ同じテンポの曲もあり、さまざまな使い方ができますが音楽のテンポが重要な役割を果たすことはおわかりになると思います

 また私はよりヒーリングの効果を確実なものにするためにヒーリング音楽と自己催眠法のナレーションを組み込んだものもやっております。ナレーションは音楽療法のエッセンスを最大限に引き出すように作られております。勿論こういったCDに言葉が入っていることに抵抗感を感じる人もいるようですが、より強力なヒーリング効果を狙った例としてここに掲載しておきます。

最後にひとつお断りしておきますが、残念ながら音楽というのは嗜好性が非常に強いとせいもあり、残念ながら全ての人に対しての効果を保証することはできません。これはどんなによい音楽でも人が聴いて人全員が気に入る音楽などこの世に存在しな<いからです。従っての効果なら期待できるということができます。あとは実際に音楽を聴いてみて皆さんでご判断されることをお勧めします。

   
 

| | コメント (0)

2004年10月17日 (日)

ヒーリングCDとその効果について

よく私のヒーリングCDについて「本当に効果があるのですか?」とか「その効果は科学的に証明されているのでしょうか?」といった主旨のことを聞かれます。そういうときに私は「音楽を聴いて心が安らいだ経験はありませんか?」あるいは「音楽を聴いて感動した経験はないのですか?」と聞き返すことにしています。

  

”ヒーリング音楽について”の貢でも述べましたが美しい音楽を聴いて心が安らぐという現象は不思議なことでも何でもありません。ただ「CDの効果」となりますといささか複雑な議論になってしまいます。それには理由がありまして、ヒーリング音楽やそのCDについて2点、大きな勘違いが世の中にはびこっているからです。


  
「癒し」とその対象について 

  最近やたらに「癒し系グッズ」とか果ては「癒し系タレント」なる訳の分からないものまで出てきて、少々安直に「癒し」という言葉が使われている感があります。しかしこの「癒し」を受ける対象の人たちは実は大きく分けて2つのタイプがあることを御存じですか? そうひとくちに「癒し」といってもそう簡単な話ではないのです。ひとことでいえば「普通の人々」と「重い心の病」の人たちということになります。前者は普通に考えれば本来「癒し」など必要がないと考えられがちですが、そうでないのが今の世の中。しかもこのことが「癒し」というものを語る時に大きな勘違い、誤解のもとになっているのです。

 例えば職業で「癒し」をやっている人がいます。「催眠」CDでごいっしょに仕事をさせていただいた大塚慎吾さんなどがそうですが、彼の所にやってくる患者さんは「癒し」どころか、他のクリニックや療法をやっても直らなかった、深刻な症状の人ばかりで「藁をもつかむ」思いで大塚さんの所に来ているようです。中には自殺一歩手前まで行った人も少なくないと聞きます。さてこういう人たちには「癒し」なんて甘っちょろいものではとうてい効果がないのです。ハッキリいってこういう人たちを完治させようと思ってもいわゆる音楽療法だけでは無力なのです。

  「では全く効果がないのか? 単なる作曲家の思い込みか?」などと早とちりをする人が出てきそうですがそうではありません。実はヒーリング音楽やCDはそもそも「基本的には」こういった深刻な症状な人たちを対象にはしておりません。「基本的には」と銘打ったのは時と場合によってはこういう深刻な人たちに対して有効な場合もなくはないのですが、それは後程述べることにいたします。先程述べたいわゆる「癒し」ブームが出てきている背景にはごく一般のーしかし日常生活のストレスによって苦しんでいる人たちが非常に多いという点があります。いわゆる「病気」というレベルまではいかないが「疲れている」「癒されたい」と思っている人たちです。こういう人たちは町の療法師や精神科の医師などとうてい敷き居が高くて入れない、しかし「疲れている」といえば「気合いが足りないーたるんでいるからだ」とか「眠れない」といえば「疲れてないからだ」などと周囲から云われ、「癒し」が必要なのに周囲の理解が得られない、そういう人たちです。こういう人たちは皆さんの近くに大勢いらっしゃると思いますし、我々の試算では少なくとも世の中の人の半分が潜在的にこの例にあてはまると考えております。

 よく考えたらこの状況は異常です。現代社会は病んでいるといっていいでしょう。実際ある評論家が「これほど『癒しグッズ』が流行るのはどういうことなのか、そんなに我々は疲れているのだろうか。だとしたら実に気持ちが悪い現象だ」といっていますが全くその通り、実際私の音楽が「ヒーリング音楽」という形で売られていること自体今の世の中何かがおかしいと思うのです。

 もうおわかりですね? そう要は前者(症状が深刻な人)と後者(そうでない一般の人で「疲れている」人)が殆どの場合、全くごっちゃに論じられているのです。この両者は全く別の問題であるにもかかわらずです。そこがまず大きな問題であり、ものごとの本質を見誤らせる原因の1つにもなっていますが、実は問題はこれだけではありません。

続きを読む "ヒーリングCDとその効果について"

| | コメント (0)

2004年6月27日 (日)

音楽療法について(改定版)

音楽療法なる言葉を聞いたことがある人もいると思います。英語のMusic Therapyを訳したもので故桜林仁氏が日本で初めて紹介したのですが実はこの音楽療法なる言葉は実に誤解を呼んでおります。そのまま言葉を 聞くと音楽を使って治療するということになりますが、たいていの人はそれを聞いて「そんなバカな」と答えるでしょう。音楽で病気など直るわけがない、と。そう考えるのは無理もない話ですが、私の考えを述べる前にまず音楽療法についての発展の歴史について簡単に述べておきましょう。

  古代社会では医学と呪術の境目がなかったこともあり、音楽(というより祈り)が医療の現場にあることはそれほど珍しいことではありませんでした。しかしそれは医学という学問自体が確立されてなかった頃、近代医学に入ってから音楽が医療の現場で使われたのは現在わかっている範囲では早くて第一次大戦後、ドイツ軍の毒ガスの被害を受けてぜんそくになった人の回復法として、リコーダーやフルート等の管楽器を演奏させたいわばリハビリ法の1つとしてあみだされました。それ以外にリューマチ患者に弦楽器やピアノを演奏させて指を健全な動きに回復させる方法等もあります。いずれも音楽を演奏させることによって、筋肉等の肉体的回復をめざすというもので、元来医療現場で音楽療法といえばこのことを指していました。そしてここ20年くらいから音楽を演奏することによる心理的効果が注目され始め、心身症の患者の回復法の一つとして音楽を演奏させて精神病を回復させる方法や、老人ホームで痴呆症の老人に歌を歌わせて痴呆症状を防止または緩和する等の方法等、いわば精神的回復方法を目指したものも取り入られています。

  これらの回復方法の現場には音楽療法士という人たちが病院や老人ホーム等で患者たちの指導に当たり、患者の肉体的回復や精神的回復の役割を担っています。(この音楽療法士が国家資格化される法案が提出されようとしましたが学会の事実上の分裂で法案提出が見送られました) ここでお気付きの方も多いと思いますが、これらはいずれも患者たちに音楽を実際に演奏させるものであり、実は通常音楽療法といいますと今述べた"音楽演奏型"のものをいいます。

   ここで本題に入りましょう。実はこの音楽療法の"療法"というのがひじょうに曲者なのです。療法という以上これらは医療行為と同時にいわば"処方せん"として音楽を使う、つまり音楽をいわば薬というふうに考えるわけです。だが思い出して下さい。ぜんそく患者に管楽器を演奏させる、リューマチ患者にピアノや弦楽器を演奏させる過程を考えた場合、この理屈だと管楽器やピアノが"処方せん"ということになります。これって変でしょう? また精神病患者に楽器を演奏させたり、痴呆患者に昔懐かしい歌を歌わせるというのも別に音楽が薬の作用をしているというのは正しくありません。

   これらは音楽を演奏することによって"リハビリ"を行う事によって肉体的および精神的回復を図るというのが実態で、この場合音楽は薬ということより"リハビリテーションツール"としての役割を担っているという認識の方が正しいのです。近年いわゆる音楽療法に関心を持っているお医者さんが増えているのは喜ばしい反面、音楽を薬という過った認識を持っている人が多いのは困ったものです。

   なぜ困ったものかというと、私のように音楽業界で仕事をしているとよくわかりますが、要は100人が聴いて100人が気に入る音楽などこの世に存在しないということです。考えてもみて下さい。日本におけるミリオンセラーの曲だって人口100人当たりたった1人買えばそれでその曲はミリオンセラーになるのです。そんなものなんです。つまり音楽は非常に嗜好性が強いもので、私はいろんな現場で同じ音楽でもお医者さんの音楽の好み次第で正反対の結果が出たことを何度も経験しています。つまり同じような症状でもその人の音楽の好み、育った環境、世代等によって全く違う音楽が効果的な場合があるのです。だが薬というのはどの症状にはどの音楽と"処方せん"が固定されてしまいがちで、かくして例えばうつ病にはモーツアルトの音楽がいいといった,(ある特定の人にはいいでしょうけど) 本人の音楽の好みを無視した"処方せん"が大手を振ってまかり通っているというのが日本の現状なのです。

   従って私は"音楽療法"というのは間違いで"音楽リハビリテーション"というのが正しいと思っております。以後の話で私は療法という言葉は用いずに"音楽リハビリテーション"という言葉を用います。

実はこの受動的リハビリテーション、私以外の人は受動的音楽療法といいますが つい最近まで"音楽療法学会"の人たちを中心とする人たちは(もしあなたの知り合いにそういう人たちがいれば、ですが)音楽を演奏する音楽療法は存在するが、音楽を聴く音楽療法など存在しないという考え方が支配的でした (今でもそういう人たちは少なくないですが)。つまり私が"やっているいわゆるヒーリングミュージック"によって精神的に癒すという方法は音楽療法、いや"音楽リハビリテーション"とつい最近まで認められていなかったのです。

続きを読む "音楽療法について(改定版)"

| | コメント (0)