大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

« 音楽4団体が参議院生稲候補を支持表明,各団体会長の「団体私物化」に関して音楽関係者の端くれとして厳重に抗議する!! | トップページ | ミニシアター応援映画「銀幕彩日」完成!! »

2022年7月23日 (土)

ポストコロナに入ってからの作曲家のプロモーションのためのWEB対策

実はまだ解禁でないため、追い追い当ブログにて発表しますが、今CM2件、そして映画1件の発表を控えています。情報解禁になり次第順次発表しますが、我々フリーランスの人間はそうした「実績」が発表できる段階になればウエブサイト、SNSで発表するわけでこれは私たちフリーランスで仕事している作曲家にとって重要なプロモーションになります。結局「実績がある」を見せることが最良のプロモーションになるわけですから、

そんな関係でFacebookとかで通常の私のアカウント以外に作曲家としてのFacebookページを作っています。

https://www.facebook.com/Kyoji-Ohno-Music-Composer-and-arranger-118787824854931/

しかしせっかくそういうページを作っても見る人が少なければあまり意味がありません。特に具体的な仕事に結びつく「キーパーソン」がみてもらわないといけないわけですが、ページではないFacebookのアカウントでも時々有効な場合はありますが、やはりそれだけでは十分ではありません。

そこで最近増え始めたには「クリエイターを探す業者、もしくはクリエイターに発注を考えている人たち」を集めたウエブで自分の作品を提示できるウエブサイトが出てきて、私もそこに登録しています。

・forio

https://fori.io/hybridmusic-info

また昨今のグローバル化の動きにも合わせ、とりわけ現在映画音楽関係に力をいれているので海外のも登録しています。

海外

・ Asian lead (環太平洋の地域の映画関係者のネットワークサービス)

https://members.strongasianlead.com/p/sal/dir/kyojiohno/

・ Musician's Profile (アメリカのインデペンデントミュージシャン関係のプロフィールサイト)

https://www.musicianprofile.org/en/mp-profile/2711-yasuhito-ohno

・ Compozly(アメリカの映画音楽作曲家に特化したサイト)

https://compozly.com/KyojiOhno

我ながらよくこれだけプロフィール等を外部に作ったものだと思います。

勿論公式サイトは従来通り  http://www.kyojiohno.com/

ただ正直にいいますが、これだけやって全てのウエブ関係のサイトが作曲家の仕事獲得に機能しているか、というと今日の段階ではまだ機能しているとはいえません。まあこれだけのサイトがうまく連動するとか、さまざまなことを考えないといけませんが、とにかくコロナ時代からの正常化(また急激に感染拡大しているので、非常に嫌な雰囲気ではありますが..) これらのサイトをうまく利用しつつ業務拡大に結び付くことができればと考えています。

とにかくコロナで二年以上の暗黒な時代を耐え抜きました。その分復活の軌道を何とか乗せたいと考えております。

 

 

| |

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。