大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

« 「過去の成功体験」が日本の音楽業界、芸能界をダメにした。日本人全体が「昭和」を脱ぎ捨て新時代に対応できるかが日本復活のポイント | トップページ | 東京芸術大学に「ジャズコース」ができたという情報ー日本の音楽大学の方向性、体質は本当に変わるのか? »

2021年8月18日 (水)

NFTマーケット奮戦記 その後

もう先々月になるが今注目されている未来のコンテンツビジネスNFT (Non-Fungeble Token) の商品を実験的にリリースしたことを当ブログにてお知らせした。

■実験発売ーNFT作品を制作し出品してみる。思った以上に悪銭苦闘(汗)
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2021/06/post-e12bb8.html

一部のコンテンツは高値で売られているというNFT.。小生は売り出して既に1ヶ月半を過ぎている。その後も商品の数を増やした。さまざまな商品でNFTマーケットのマーケテイングを行うことが目的だからである。現在リリース中のNFTは次の通り

 

Healing pictures Dusk3Dusk3
Dusk in East Atlantic 0.04ETH (10個)
Healing pictures Dusk3Mountain_sample
Mountains of Tsugaike plateau 0.04ETH (10個)
Yui Little lovers 2ndLl2_large
Yui Little lovers 2nd 0.05TH (10個);
Little Lovers 1Ll1_large
Little Lovers 1 0.05TH (10個);

 これ以外にこれは画像のみminting したコレクションは以下の通り

Ll13
little lovers-1 memories collection
各0.025TH
Yui2
little lovers 2nd Yui_memories
各0.025TH

結論からいおう 

まだ1つも売れていない (T_T)

最初の2つの風景は完全に実験的なNFTで特にDusk in East AtlanticはSNSでは結構「イイネ!」をもらっているのだがなかなか難しい。

Little Lovers関係は発売したセクションも今はなくスタッフはチリじりバラバラの状態なので、今はコンテンツを実質私が管理しているので今回のNFTの実験リリースに利用させていただいた。マーケットを見る限りキャラクターものの方が売れるのではないかという風にも思えたのである。

また市場が主に海外の為日本のマンガ文化的なイラストが好まれるのではないかという思いもあった。日本のマンガ人気は日本人が理解する以上に根強いものがあるからである。Little Lovers関係のリリースは2週間ほど前にリリースしているがとにかくNFT販売に関して苦労しているのは次の2点

1.NFT商品のシェア、プロモーション

NFTリリースでも例えば代表的なNFTマーケットプレイス Opensea のNFT商品数は1700万点を超える。この中から選ばれて買ってもらうのは生半可なことではない。そのため毎日のようにtwitter, Facebook, Instagramといったソーシャルメデイアの告知を行っている。(個人的な経験でいうとInstagramは怪しげな自称プロモーターの売り込みが多く、あまり作品のページビューに結び付いている印象はない。) とにかくマメにソーシャルメデイア(SNS)でのシェア拡散を続けていくしかないのだ。結構大変な作業である。

2.高すぎる「ガス代」

ガス代というのはイーサリウムを始め仮想通貨を使う際に発生する「システム料」のようなものである。これはブロックチェーンごとに価格も違うがこの「システム料」にあたる「ガス代」がNFTの多くで採用されているイーサリウムという仮想通貨で非常に高い水準に保たれている。現状をいうと6000円の買い物をするのに8000円もガス代が必要というおかしな状態になっているのだ。これを何とか解消しないとまずいし、実際これでNFT市場が少し停滞する現状になっている。

今月の5日ー8月5日にイーサリウムの新バージョン「ロンドン」が導入されて、ガス代を下げることが期待されている。だが残念ながら導入されて2週間弱、今のところアップデートの効果が出ているようにはみえないが、もうしばらく様子を見る必要があるかもしれない。そういうこともあり今NFTバイヤーの大半は様子見の状態となっている。はっきり効果がみえるのは今月末ー来月の初めくらいだともいわれているが果たしてどうなるだろうか。あるアナリストの話だと今回の新バージョンはイーサリアムの価値が上がる方向にベクトルが現在以降しているのでガス代が下がるのはもう少し先だという話もある。

いずれにせよ何とか成果を出せるように持って行きたいが、当初考えたような簡単なものではないし、NFT商品=もうかる という簡単な図式でもないようである。

 

 

| |

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。