大野リリース作品リスト

ストリーミングページ

« 小山田圭吾に続き演出担当の小林賢太郎辞任ー失態続きの東京五輪と組織委員会のお粗末ぶり | トップページ | 「過去の成功体験」が日本の音楽業界、芸能界をダメにした。日本人全体が「昭和」を脱ぎ捨て新時代に対応できるかが日本復活のポイント »

2021年7月23日 (金)

東京五輪の次々と起きる不祥事は組織委員会のプロデユーサー不在の実質シロウトによる運営と日本の文化のガラパゴス体質がもたらしたもの

何度もいうが今回の東京五輪、二重三重の意味で本当にお粗末である。

昨日の記事にも書いたが以下の記事で書きそびれたものもあったので改めてリストにする

■もはや“呪われた五輪”? デザイン模倣疑惑、大会延期、女性蔑視発言、いじめ…東京五輪トラブルまとめ
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/07/22/kiji/20210722s00048000340000c.html 

1. 誘致のスピーチは嘘まみれ
「おもてなし」どころか外国の選手団をないがしろにする扱い
2. 誘致に汚職疑惑
フランス警察が捜査中

3. 五輪ロゴ盗作疑
とてもプロのクリエイターの仕事とは思えなかった。
4. 猛暑でマラソンは札幌に移転が合意のないまま強行 
 マラソンだけでない、ほかの競技も心配
5. 女性蔑視発言で大会組織院長の森辞任
信じられないことだが組織委員会は森氏の復権を進めている
6. コロナで聖火リレーもPV中止
コロナが大会開催そのものを完全に不可能に近くしている
7 オリンピックが史上初延期ー
新型コロナウイルスの世界的まん延を受け、大会の1年延期が決定
8. 開会式の実質的な責任者だった振付師のMIKIKO氏が組織委員会への不信で辞任
延期決定後、組織委員会から連絡のないままIOCから新たな企画案を提示されたことに不信感を持ち辞任
9. 水際対策はザル
10. 選手村からコロナ陽性者
11. 開閉会式の演出総合統括の佐々木宏氏が、人気タレントの容姿を侮辱する演出プランで辞任
12緊急事態宣言下でのオリンピック強行開催のため無観客で五輪開催
緊急事態宣言下のため東京都を含む首都圏1都3県では無観客での開催に
13いじめ自慢 で開会式音楽担当辞任
ほとんど犯罪レベルのいじめを行った人間が「多様化と調和」がテーマのオリンピックの音楽担当には不適格
14 ホロコースト揶揄で開会式演出デイレクター解任
ユダヤ人「大量虐殺ごっこ」というホロコーストを揶揄したギャグを行った人間が開会式のデイレクターというのはまずい

よくもまあこれだけトラブルが起きたものだ。起きすぎである。特に昨日のブログ記事ではもれてしまった振付師のMIKIKO氏のケースをみてなんとなく背景がわかったような気がする.。

要するにそもそも本大会にきちんとした運営プロデューサーがいないのではないかと思うのである

組織委員会とIOCが現場の意向を無視して勝手に決めるなどあってはならない。そのクリエイターに依頼したのに何の連絡もせず勝手に変えたら、誰だってやる気をなくす。大会の大きな変更を余儀なくされた場合は現場を統括するプロデユーサーがクリエイター、アーチストにきちんと説明し、以後の現場運営に支障がおきないように動く、これが運営プロデューサーの大事な仕事の1つである。

東京五輪 は実質シロウトで運営されていていた、と言わざるを得ない。これが小山田、小川の人選ミス、プロデユーサー不在のお粗末な運営、次々と出てくる問題発言という結果になっている。

だがそれだけではない。今回の度重なる不祥事の背景は日本社会のもっと本質的な問題が絡んでいるように思う

実は朝日新聞のこの記事も今回の問題の本質をついてのでので紹介する。日本における文化のガラパゴス体質 である

■開会式担当解任が示す日本の大衆娯楽の「ガラパゴス化」
https://digital.asahi.com/articles/ASP7Q74SWP7QUCVL00C.html

開会式は、オリンピックの理念や開催国・開催都市のメッセージを具体的にイメージさせ、広く世界に伝える場であるはずだが、そうした場に似つかわしくない、いまの日本社会全体の人権意識の低さが露呈した。仲間うちで面白がっているものが一歩外に出ると通用しない、という日本社会のゆがんだ部分が、海外から注目が集まるこの機会に一気に噴出した形だとこの記事は述べている

日本人同士の身内のみ受けるコンテンツを標準にすると今回のような事態が起きる。いじめを武勇伝のように語るのは身内同士では受けるかもしれないが、日本から一歩出れば非道外道と非難されるのは当然。ホロコーストのギャグもアウシュビッツのことなど知らない日本人には抵抗はないかもしれないが日本から一歩でればとんでもないことだと世界に目をむければわかる

日本という国は音楽はもちろんのこと、映画や演劇そのほかでも「日本人同士でウケればいい」という姿勢で業界全体がやってきた。そして今もその体質は変わっていない。なまじっかそれでやってこれた時代が長かったためである。

しかしインターネットで情報もコンテンツも自由に行き交う時代ではそういう考えではもはや通用しないということだ。日本国内にいるとなかなか実感できないが、現代のコンテンツ文化にかかわる人間としてやはり「ガラパゴス化」から日本はいい加減卒業しないと今回のようなみっともない事態が繰り返されることになるだろう

それらを総合して考えると今の日本ははっきりいってオリンピックなどを開催する資格など到底ない国なのである。

ダイバーシテイ、LGBT, SDG,そしてパラリンピックがらみで障害者の社会的復帰と独立を推進するERG

これらは世界的な潮流であるが、今の日本でそれらを完全に理解している人たちがどれだけいるだろうか?相も変わらずガラパゴス体質なのだろうか?

小山田、小川の相次ぐ辞任は今の日本のそうしたガラパゴス体質を背景としたもの、すくなくともそういわれても仕方がないのである。

さらに実現しないことを心から祈るが、オリンピック組織委員会は信じられないことをやろうとしている。女性差別発言で辞任したはずの森喜朗の復権である。

■森元首相に「名誉最高顧問」就任案 五輪組織委が検討
https://newspass.jp/a/2u23w

正気か?

といいたくなる。オリンピック組織委員会の体質に甚だ問題があるといわざるを得ない。というかこれだけ不祥事が続いても何も反省していない、ということがこのことでもわかる。

これから8月8日の閉会式の間、仮にコロナ感染爆発 が起きなくても(起きる可能性極めて大)今回の東京オリンピックは日本の歴史上の最大の汚点の1つになることはもはや避けられないだろう。57年前の東京五輪とは対極の大会だ。個人的には閉会式 が待ち遠しくなる大会になるだろう

 

 

 

| |

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。