« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

SNSは「第二フェーズに入った?」情報やコンテンツ革命がいよいよ本格的に始まる.. かもしれない

先日より不定期だがクラブハウスの「ルーム」のいくつかに参加している。まだ参加して一か月程度だが、クラブハウスは今までのSNSと比べてもいろんなことが違う。音声のみのSNSで会話のみのSNS。会話はサイトに残らずユーザーはその会話を何らかの方法で記録したりメモしたりすることは禁止されている。つまりリアルタイムオンリーのSNSである。

そのため音声の残らない、テキストデータも残らないことから、「炎上」は起き辛くデータが残らないからtwitterfacebookのようにシェアは不可能である。
既存のSNSの代表格のtwitterfacebookなどは参加者の発言の内容によって炎上が起きたりする。私自身も失敗したり酷い目にあったりした経験があるがこのクラブハウスはそういうリスクは既存のSNSと比べると極めて低いと思う。その辺りを考えるとSNSが出現して15-6年、SNSは新しい「第二フェーズ」に入ったのではないか、という気がしている。

Clubhouse

以前このブログで情報革命、もしくはIT革命について述べた記事があった。

■死語とされている"IT革命”という言葉
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2009/08/it-f819.html

実際にはこの風潮に反論するがごとくピータードラッカーの本を引用してこういう記事があったことも述べた。

ITによる革命は緒に就いたばかり 」と主張する本が現れていた。
テクノロジストの条件 (はじめて読むドラッカー (技術編)上田惇生編訳、ダイアモンド社)  である。2年くらい前の記事だが非常に参考にはなった。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070601/273297/?ST=biz_biz&P=1

この本の詳細はここで触れるつもりはないが、この本の中で情報革命は必ず起きるといってその原動力がEコマースになると云っている。

だが私はSNSも同じくらい革命を起こす可能性を感じている。
実際昔は某D通が完全にシャットダウンしていたハリウッドや海外映画のオーデイションも今SNSを通じて容易に参加できるようになったし、海外の有名人とも接触できる可能性もある。作品制作もボーダーレスになりSNSで情報を探すとかなりすごいことが水面下で起きているのを感じている。

また情報革命はコンテンツ革命ではないかと考えている。今クラブハウスという新たなソーシャルメデイアが生まれそれがまさに進行しているように思う。

SNSがエンタテインメント産業に大きな変化をもたらす可能性はやはり否定できないと思う。それも業界のシステムを根底から覆す可能性を感じる。

続きを読む "SNSは「第二フェーズに入った?」情報やコンテンツ革命がいよいよ本格的に始まる.. かもしれない"

| | | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

コロナ禍の中、サブスク強化の日々ー今年はサブスクリリース数を大幅に増やします。

緊急事態宣言が発令されてから1か月半。東京ではいまだ新規感染者が百人単位で発生し、医療現場のひっ迫の状況は改善されておりません。

エンタテインメント関係は撮影もライブも音楽制作も思うようにできない状況が続いてます。その中で昨年のコロナのパンデミックが日本を含む世界に広がろうとしているころから、日本の音楽関係者が世界から大きく遅れているサブスク関係の強化を図っていました。実際CDbabyその他経由で過去の音源のいくつかをリリースしていたのですが、インストが多かったこともありましたが正直ほぼやっていないに等しい状況でした。

しかしコロナでライブ活動、その他制作がほぼできない状態になり、音楽家としてはこのサブスクを強化することで何とか活路を見出すしかない、という点、そして何よりも音楽の世界のパラダイムシフトが起きている状況で全く新たなノウハウを取得する必然性を感じたこともあります。一年間やってきましてようやく一定の再生回数を得ることはできました。

Img_7563 Img_7564

これはAppleで3つの再生回数を稼げるplaylist, Spotifyで4つのPlaylistに参加することによって再生回数を得られていますが正直そろそろ限界を感じています。といいますのはPlaylistチームに参加で再生回数を稼ぐのはある意味自転車操業に参加しているようなもので、リスナーの反響がよくて増えているというのは違うからです。

Playlistチーム参加の目的は再生回数を稼ぐことによってSpotifyやApple Musicのプラットホームのアルゴリズムを刺激することが目的でした。確かに一定の成果は出ていますが私が期待したレベルには程遠いので少し考えを改める必要性を感じました。

何の話をしているかわからない人も少なくないと思いますので以下の記事をよろしければお読みください

■サブスク再生回数強化作戦 実行

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2020/03/post-f0ef1e.html

■サブスク再生回数強化作戦 奮戦日記その2

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2020/05/post-8d648d.html

やはりこれではいけない、ということで方策を考えました。

(1)ファンベースを育てる

実はMy space経由で海外の私の音楽ファンの方がこのサイトで作品を出すように勧めてくれました。

Iyashi_onngaku

ナンバーワンミュージック

https://www.n1m.com/Iyashichannel

正直最初はこのサイトの意味がわからなかったんですが、やっているうちに見えてきました。つまりこれはサブスクやストリーミングのファンベース獲得用のツールに使える、という点です。

続きを読む "コロナ禍の中、サブスク強化の日々ー今年はサブスクリリース数を大幅に増やします。"

| | | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

クラブハウスのエンタテイメントへの有効活用の可能性

先月(2021年1月)サービス開始されたクラブハウス。

有名人がアカウントを取ったということもあってここ二週間ほどで日本でも急激に広がったが、私も先週から招待され使い始めた。

Img_7337_20210206151001

アカウントの初心者の時点では2人しか招待することができず、今のところiPhone所有者のみ対象だが、それでも日本人は「流行りもの」に弱いのかみるみるうちに参加者が増殖していった。

招待には相手の電話番号が必要。機種によって違うんだろうが私は招待相手に国番号を入れないとダメだった。結構ここの部分で苦労した。

このクラブハウスは従来のSNSと大きく違う

それは

1.音声のみのSNS。つまりプロフィール部分以外にはテキストを打ち込むことはない。会話のみなので、電話のみで使用する。

2.ルーム(会話するスペース)では音声等のデータは残らない(但しセキュリテイの理由でクラブハウスのサーバーには録音されているようである。)そのためルームでの会話の内容をシェア拡散することはできない

シェア拡散ができない、ということでおそらくこのSNSが発端で炎上、というのは起こらない、少なくとも起こり辛いということはいえる。もっとはっきりいえば、ネットで他人を攻撃したり等、憂さ晴らししたい連中にとっては使い辛いSNSだろう。そんな人間はそもそもネットでは百害あって一利ない連中である。

Clubhouseには参加者自身が立ち上げられる「ルーム」のようなものがあり、その「ルーム」に自分をフォローする人を参加できるようにする。「公開」のルームの場合は自分がフォローしていない人も参加できる。そこで音声による「会話」を楽しむSNSである。

「ルーム」の会話は表示されないためユーザーは後で内容を確認できない。つまりリアルタイムでその時にしか「ルーム」での会話に参加できない。つまりリアルタイムオンリーのSNSである。

このように従来のSNSとは大きく違うクラブハウス。そのため招待されたはいいが、どう使っていいかわからない、という人が多かった。

そこで特に映画、音楽等のクリエイター、アーチストの関係者向けに昨日クラブハウス内で以下のイベントを開催した

Img_7336

続きを読む "クラブハウスのエンタテイメントへの有効活用の可能性"

| | | コメント (0)

文化庁継続支援共同申請不採択ー嫌がらせに次ぐ嫌がらせの書類提出に続き3か月以上待たされた果ての不採択ー文化芸術関係者を愚弄している助成システムの文化庁継続支援

文化庁の継続支援共同申請ー昨年の7月から仕込んでいて8月下旬に申請ー書類の不備等や「募集要項」のどこにも書いていない条件をまるで「後出しジャンケン」のように次から次へ出てくるまさに「嫌がらせ」のような状況にも耐え、ようやく10月末に全ての書類を受理というステータスに入った。その後文化庁からいくつか質問が来たものの、こちらは真摯に対応して12月初旬にはもう全ての疑問点が文化庁で解消されたらしくしばらく音沙汰なし、それから2か月以上たって昨日の不採択の連絡

「不採択の理由」に関しては文化庁から一切の説明はなく、こちらからの問い合わせも一切受け付けないという例によって官庁のふざけた態度、上から目線の態度が余計に腹立たしくさせる。今回の経過を簡単に示すと以下のようになる。

1.文化庁に書類申請 (第二次募集時) 8月26日

         

2.書類修正、不備訂正 (あえていう「嫌がらせ期間」)9月ー10月27日

  (書類の関係で申請者10人を7人に減らさざるを得なくなる事態に)

         

3.全ての書類の受理➡審査開始 10月27日ー 

         

4、文化庁より審査書類に関する最後の質問 12月4日

         

5. 不採択結果 通知    2021年 2月5日

とまあ足かけ5か月と9日の間のできごと。

ちなみに例の「嫌がらせ期間」 にあまりに執拗な同じ質問をしてくる時期があって、もし不採択の可能性があるのなら早めにいうように何度もこちら側からは打診している。

とにかくもう遠慮する必要はないので、どれだけ酷い申請だったか書くことにする。

1.嫌がらせ1-書類申請時の「嫌がらせ期間」

正直いって文化庁の「募集要項」のどこにも書いていない条件をまるで「後出しジャンケン」のように次から次へと降ってわいたように出して提出できなくなって「書類不備」に持ち込もうとしているのがミエミエだった。
そもそも申請のマイページの提出欄がハナから少ない、最初から全部提出できないようにできている。つまり誰がやっても「書類不備」になるように最初の申請画面はできていた。

また共同申請の場合であるが、これが申請していてわかったのだが、今回の継続支援は主に舞台や音楽等の劇場やホールでの公演を主に想定していたのではないか、と思われる点だ。そしてそもそも映画関係者に対してはかなり無理難題を要求するものだ。
特に「実績」の分野だ。 つまり

1.2017年以降のもので、劇場その他チケットの興業を行ったものを2つ提示すること

2.その条件をみたす「実績」を2つ 、申請した10人「全員が」もっていること

これら全てを満たさないとNGだという、これを満たす映画関係者団体、集団など あるのだろうか。普通はこの条件10人全員が満たす、というのはあまり現実的ではないし、いたとしてもかなりの少数なはず。この関係で私たちの共同申請も当初の10人から7人に減らさざるを得なかった。それでも0よりはマシ、と思ったからである。しかし今思うとこの時にやめておけばよかった、と結果論だが思う。

続きを読む "文化庁継続支援共同申請不採択ー嫌がらせに次ぐ嫌がらせの書類提出に続き3か月以上待たされた果ての不採択ー文化芸術関係者を愚弄している助成システムの文化庁継続支援"

| | | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »