« 文化庁文化芸術継続支援越年決定!! 意図的に遅くされている? | トップページ | 緊急事態宣言再発令でエンタテインメントも再度緊急事態へ! »

2020年12月31日 (木)

エンタテインメント試練の2020年ーポストコロナの新時代に希望の光を

2020年があと僅かで終わる。

わざわざ言う必要もないがエンタテインメントに関わるあらゆるアーチスト、クリエイター、スタッフクルーにとって苦しい試練の一年であった。そして残念ながらこのままいけば2021年の少なくとも前半くらいまではその試練が終わりそうにない。

映画。映像は撮影がままならず、役者さんパフォーマーは感染のリスクに絶えずさいなまされている。

ミュージシャンはライブ、コンサートの機会を奪われ多くは仕事すらできないでいる。

特に音楽は時間と空間の芸術だけに生演奏ができない、というのは致命的である。

コロナウイルスの第三波の勢いは凄まじく、大みそかには東京は一日の感染者が1300人を超えた。それに対して政府も行政も無策であり、日本の政治家はトップが自粛をよびかける一方で、自分たちは大人数で会食する。その緊張感のなさが国民一般に広がり感染者数がどんどん増える結果になっている。この流れは当分収まりそうにない。

ワクチン普及も待たれるが、日本で接種が始まるのは早くて2月下旬、一般に普及するには早くて2021年の年末頃ともいわれる。また現在あるワクチンがどれだけの効果があるのか、実際普及してみないと現段階ではなんともいえない

しかしネガテイブさの中にも未来への希望を見出さなくてはならない。

100年前の20世紀初頭には「スペイン風邪」が今のコロナ同様にパンデミックを起こし、世界人口の27%が感染、死者は1億人を超したといわれる。今回のコロナウイルスーCovid19は今日現在、世界の感染者数8280万人 死亡者は181万人とスペイン風邪ほどではないが、しかし深刻な状況であることに変わりはない。

だが1つだけよかったと思われることがある。

それはコロナウイルスーCovid19のパンデミックはインターネットが普及した後に起きたということである。このことは大きい。もし今の状況を考えると、インターネットが普及していない状態でこのパンデミックが起きていたら間違いなく社会は崩壊していただろう。

そして我々エンタテインメントに関わる人間としてはそれを利用しなくてはならない。

勿論、音楽に関わる人間として「生演奏の機会」-これの復活を願ってやまないし、音楽のライブ、コンサートというものは決してなくならない。映画も同じで劇場で映画を上映する、という形式は決してなくならない。

だが私たちは既に1つのオプションを手にしている。

それは配信、-サブスクリプションによるストリーミングという方法論を既に手にしている

音楽ならSpotify, Apple Music, Amazon Music etc

映画ならNetflix, Amazon Prime, Disney Plus  といったサブスクリプションが既にインフラとして整備されている。

さらに個人の動画ならYoutube showroom TikTok を始め自分のライブ配信のメデイアも多数存在している。

さし当りそれらに活路を見出すしかないだろうと思う。少なくともこれからのアーチストはこれらのインフラをフルに利用して活路を見出すべきである。いつまでもCDを始めとする古いメデイアに固執すべき時代ではない。

映画の世界は比較的ストリーミング、配信へのトランジションが進みつつあるのを感じる。しかし日本の音楽界に関して言えばこの新しいパラダイムに進むためのトランジションがうまくいっているとはいえない。とりわけSpotify, Apple Music, Amazon Music etcの業界の主軸の変化は特に日本は極端なほど遅れている。

 もう1つ私が気になるのは、このストリーミング中心にパラダイムが移行する、ということは従来の音楽産業の構造がそれこそ根本から変わっていくということだ。そのことに気が付いている業界関係者は驚くほど少ない。

今の日本人は日本の外で起きている大きな変化。ドラステイックな変化に無関心な人が多く、日本人同士の仲間うちで話が通じれてばいいと考えている人が多すぎる。

そしてそのことが日本がこのパラダイムが変わった時代に世界で一番後れをとってしまっている国になってしまっているのだ。そのことに気が付いている日本人があまりにも少ない。

しかしこのコロナ災禍はいつ収まるのか見当もつかないが、仮に収まったところで「昔に完全に戻る」と期待しているとしたらそれは誤りである。例えばコロナが収まって「テレワーク」がなくなるか、といったらたぶん無くならない。なぜなら大半の仕事は自宅での「テレワーク」ででてきてしまうことがわかり、そのことによって時間、経費等が大幅に削減できることを今の企業は理解してしまったからである。最近の企業は効率を求めるため、「テレワーク」で大きな経費削減ができるとわかると家賃の高い地域で広いオフィスを持つ、ということが物凄い贅沢となる、という社会になるだろう。

多くの日本人は日本の外で起きているドラステイックな変化を知らない為、日本人同士しか話しないから「大きな変化なんて起きていない」と思っている人が多い。

だがそういう人はおそらく2021年になって世界的な変化の波が訪れると生き残っていけないのではないか、と思う。

私ははっきりいって生き残りたい。そして日本の外でどういう変化が起きているかというのはSNSやその他のWebの情報で知っている。

2020年に私が得るものがあったとしたら、そのことに気づくことができ、まだ十分ではないにせよそのために動き始めた、ということかもしれない。

ということで2021年の抱負は明らかだ。この新しいパラダイムの時代、配信やネット通信というオプションによってできた流れに対応して新しい事業のベースを作り、このコロナ災禍を何とか生き残ることである。

最近の日本人は「カタチ」とか「ルール」とかにこだわりすぎる。そんなものは単なる手段に過ぎないということにいい加減気づけよ、といいたい

私はこのコロナ災禍を生き残る、生き残って見せる

そしてエンタテインメントの世界に希望の光をともしたい

 

 

| |

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。