« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月20日 (金)

自殺がダントツに多い日本、周囲に心のSOSを出せない人たちを描いた映画「クローゼット」レビュー

日本は他の国と比べても突出して自殺が多いといわれる。芸能人でも三浦春馬、竹内結子、芦名星といった人たちが自殺して世間に衝撃を与えたが、それは芸能人に留まらない。電車の人身事故も増えている。多くは飛び込みによる自殺が原因だ。統計的には2003年の約3万4000人をピークに、特にこの10年ほどで急激に減少し、2019年には約2万人となったが、また増加傾向を示している。2020年の10月の自殺者数が2153人と、とうとう2000人を超え、男性は前年同月比で21.3%増えて1302人。女性は前年同月比でなんと82.6%も増えて851人だそうだ。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5fb4cf09c5b664958c7c0f6

コロナによる死亡者を遙かに超えた自殺者数

この原因はどこにあるのだろうか?

それと関連して企画した事務所の度重なる打診で、実在した自殺した女子大生が登場人物の一人となっていた映画「クローゼット」を見に行った。

Closet_flyer

クローゼットは=引き出しで、人間が他人になかなか話せない事柄を「心の引き出し」にしまっておく。というのが映画のテーマとなっている。映画は「添い寝屋」なる商売をやっている人たちが登場する。派遣で、マッサージ、寄り添い、話を聞いて眠りに誘導する(しかしセックスはしないし、してはならないことになっている)商売だ。客が男性の場合もあるが多くは女性。しかしホストとか風俗とは違う、といっていいだろう。ちなみに主人公はバイク事故で性的不能になったという設定になっている。

実際に本当にそういう商売が存在するのかはわからないが、現代の日本はそういう職業があってもそんなに違和感を感じない。存在しても不思議ではないように思ってしまう。それほど現代の日本は病んでいる。皆精神的な孤独にさいなまれ、自分の「秘密」「悩み」を打ち明けることができず悶々とする人が多いのだろう。そういったことで精神の極限状態に陥り自殺する人もいるのかもしれない。

映画の展開は最近の自主映画によくあるパターンで主人公がさまざまなシチュエーションにある「お客」の登場人物が入れ代わり立ち代わり出てくる。最近こういうパターンが多いがこれは映画に関わる役者さんを増やすということもあるのかもしれない。しかし出演の役者さんたちはいずれも自然な演技をしているので違和感を感じない。

さまざまなことを語り合いながら主人公はいろんな人たちと「添い寝」をしていく。どの登場人物もゲイのデザイナー役で出演している渡辺いっけいさんはともかく、あとはどこにでもいるような感じの人たちである。

この映画を見ながら思った。この人たちを苦しめているのは何なのだろうか? うまくいえないが1つだけはっきりしているのは日本社会というのは非常に居心地が悪く精神衛生上悪い、風通しが極めて悪い社会になっているという点だと思う。

一体何が、もしくは誰がそうさせているのか?

SNSも大いに発展したが、逆に人間同士の心のつながりは希薄になっていく。少しでも気に入らない投稿があれば「偽りの正義感」を持ち出して他人を叩く機会を探しているような輩ばかりだ。SNSで逆に日本人の想像力や文章読解力がどんどん低下しているのを感じる。

そこになぜ今の日本がこんなにも閉塞状況にあるのか、こんなに息苦しい社会になっているのか、を解くカギがあるのかもしれない。

この映画をみてもその答えは出てこない。しかし考えるきっかけにはなるかもしれない

私が見たのはテアトル新宿だが、今日で上映は終わり。27日からアップリンク渋谷で見れるそうだ。興味ある方は是非

126371549_4751486221593486_1394495465896 

https://shibuya.uplink.co.jp/

映画クローゼット公式サイト
https://www.closet-movie.com

 

 

| | | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

新時代への変化への対応を拒否してきた日本の音楽業界がいよいよ壊滅状態にー一方ではサブスク、プレイリスト中心への動きも

久々に音楽業界についての話。

私は日本の音楽業界のありかた自体にかなり批判をしてきたが、特にCDからストリーミングへ「パラダイム」が変化していることに対応しようとしない日本の音楽業界に対して、半ばあきれ、もはや何をいっても無駄だと諦めすら感じていた。

そしてこのコロナウイルス禍の影響でCDの販売店やイベントでのCD販売の機会も激減しおそらくかなり壊滅的な影響を受けるだろうという予測はしていた。そして次の記事をみてもその通りの展開になるようである。

■「音楽業界は連鎖破綻する」コロナ廃業が迫る音楽関係者、38人の生の声
https://diamond.jp/articles/-/244575

音楽業界のトップのエイベックスですら希望退職を募っていることが報道されている。

■エイベックス、初の希望退職募集
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20201105_02.html

同社はこの苦境を本社ビルを売却することで乗り切ろうとしているらしい。

■ エイベックス「虎の子」南青山の本社ビル売却へ
https://toyokeizai.net/articles/-/387953

青山骨董通りの一等地とはいえ、コロナで不動産市場が暴落している。果たして思惑通りの金額で売却できるかどうか

この状態を全て「コロナ禍」のせいにするのは実は間違っている。
音楽業界の惨状についてこうなることはほぼわかっていたにも関わらず、業界の改革を頑なに拒み、変化に対応してこなかったツケが出てきているのだ。実は音楽産業は日本では斜陽産業の代名詞のようになっているが海外では完全にV字回復をしているのである。(いまだに日本の業界関係者でこれを信じようとしない人間が多い)

■ ストリーミングでアメリカ音楽市場がV字回復-でも日本ではこのままでは無理
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2018/04/v-6f77.html

■ 世界の音楽市場の足を引っ張っているのは、日本の音楽業界ー音楽のグローバル化を頑なに拒否し続ける日本の音楽業界
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2018/04/post-675e.html

まあ音楽業界に対する提言、批判はもう数えきれないほどやってきたが、業界筋の誰からも聞く耳をもたれていないので上記の記事についても同様である。もう慣れっこになっているので今さらどうこう言おうとは思わない

続きを読む "新時代への変化への対応を拒否してきた日本の音楽業界がいよいよ壊滅状態にー一方ではサブスク、プレイリスト中心への動きも"

| | | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »