« 日本ではサブスクいまだ定着せず、プロモーションのためのストリームチーム構成断念。日本の音楽界の今後に懸念 | トップページ | トキワ荘マンガミュージアムに行ってきました »

2020年9月24日 (木)

文化庁支援事業の共同申請はわざと企画を採択不可能にしているのか?申請中に次から次へとくる「後出しジャンケン」条件

既に当ブログでも何回も書いているが先々月から文化庁の芸術活動の継続支援事業の共同申請部門

これを申請している際に文化庁の要求がかなり無理難題を要求していることがわかったのでここで述べさせていただく

特に「実績」の分野だ。

「実績」を提示する時に

1.2017年以降のもので、劇場その他チケットの興業を行ったものを2つ提示、DVD等のパッケージやコロナで中止になったものは不可 ストリーミングも制作して公開予定のものも 不可


2.その条件をみたす「実績」を2つ 、申請した10人「全員が」もっていること

これら全てを満たさないとNGだという、これを満たす団体、集団など あるのだろうか。普通はこの条件10人全員が満たす、というのはあまり現実的ではない

そもそもDVD等のパッケージやコロナで中止になったものは不可、なんて聞いてないし、文化庁の「募集要項」のどこにもそんなことは書いていない。そういった条件がまるで「後出しジャンケン」のように次から次へと降ってわいたように出てきたのだ。

https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/dl/offering_circular.pdf

 ちなみに単独申請を行っている知り合いも「申請要綱に書いていない条件を後出しジャンケンでどんどん追加してこられ、提出できなくなって「書類不備」に持ち込もうとしているのがミエミエだった」といっていた。

そもそも最初の申請画面で書類の提出欄がハナから少ない、最初から全部提出できないようにできている。つまり誰がやっても「書類不備」になるように最初の申請画面はできているのだ。

はっきりいわせてもらう。 ふざけてる

実際この文化庁の継続支援、A-①の20万円は一定数、A-②も交付を一定数受けているようだ

だが10人の共同申請が通った、交付されたという話はあまり聞かない、少なくとも私の周囲にはいない。
どなたか交付を受けたという情報があれば教えて欲しい

正直いって文化庁の要求は無理難題、といわざるを得ない、あえていうが殆ど嫌がらせレベルである。そもそもコロナ禍での助成金給付案件なのにコロナで中止公演は対象外、って誰が考えてもおかしいだろ?

何か文化芸術関係者を愚弄している助成システムではないか?といわざるを得ない。

これ以上これに関わるのはバカバカしい、結論からいってしばらくこれを放置 する。

この状況で文化庁が予算を消化している、とははっきりいって考えにくいし実際申請数は少ないという話もきく。

だがこういうのをみると申請を少なくしているのは文化庁のこの姿勢ではないのか、と思う。

もっとはっきりいえばハナから文化芸術関係者に援助する気などなかった 、支援金など払う気がなかったのではないか

一つこれの可能性があるとすれば役人は獲得した予算を何とか消化しようとするので、今後条件を緩めてくる可能性もある。それまでこちらは静観するとしよう

https://keizokushien.ntj.jac.go.jp

 

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。