« ニコライ・カプースチン、エンニオ・モリコーネと偉大な作曲家の相次ぐ訃報について | トップページ | 文化庁の文化芸術活動の継続支援事業、文化芸術収益力強化事業への企画作業 »

2020年8月 1日 (土)

ミニシアター応援映画「銀幕彩日」完成のお知らせ

おかげさんで、といいますか7月はメチャクチャ忙しかったためブログ更新もできませんでした。やはりブロガーというのはヒマ人でないとできません。ww 7月は長編と短編それぞれ1本の音楽以外に英語の字幕作業、そして別記事で詳細を書きます文化庁の文化芸術支援で公募された企画の作業ともう目が回るくらい多忙でした。

その中でまずは長編「銀幕彩日」のご紹介をさせていただきます。

この映画はコロナ禍で存続の危機に瀕したミニシアターを応援する意図で作られました。

Ginmaku3

 今回の映画「銀幕彩日」はミニシアター支援映画として作りました。映画好きの方を刺激するような映画になっておりますし、映画音楽的には過去の名曲のパロデイーがふんだんに入っておりますのでわかる人はニヤリくらいはすると思います。ミニシアターは映画文化の苗床となるものですので是非このコロナ禍でも何とか支援して存続できるようにしなければなりません。

出演:木下ほうか、白本彩奈、田中要次、ダイアモンドユカイ、川村エミコ、しゅはまはるみ、木下綾菜 他映画好きな方多数

今回の「銀幕彩日」では
1.映画音楽
2.エキストラ
3.英語字幕制作    の3つを行いました。

エキストラもヒッチコックよろしく一瞬出るのではなく、結構映ってます(苦笑)

Ginmaku

以前の記事にも書きましたようにソーシャルデイスタンスに最大限気を使って撮影をしました。もう撮影から1か月以上たちますが、我々の知っている範囲では感染した方はいません。

Ginmaku2

Ginmaku01 Ginmaku_2

今回の映画では手塚眞監督と数十年ぶりに会いました。以前「快感サロメ」「幻想オフェーリア」というオリジナルビデオ作品でお世話になりましたがそれ以来になります。遙か昔の作品ですが..

Ginmaku5

MAも無事終わり、英語の字幕も今週の早いうちに納品。無事全ての作業が終了いたしました。

Ginmaku4

さて、コロナウイルスによる影響で全国の映画館は大きな打撃を被っていますが、先日愛知県興行協会は29日、名古屋市で記者会見し、映画館内の空気の流れが見えるようにした換気実証実験の映像を公開しました。これによりますと「映画館『密閉空間に相当しない』」との話
「1時間に3回空気が入れ替わる。映画館は3密の代表みたいに見なされてきたが、実際は密閉空間には相当しないことが分かった。感染リスクは限りなく回避される」とする三鴨広繁・愛知医科大教授(感染症学)の解説が入っているそうです。

映画館「密閉空間に相当しない」 換気実験、動画でPR
https://www.asahi.com/articles/ASN7Y75HCN7YOIPE02D.html

映画製作に関わるものとして、ミニシアターだけでなく映画産業の復活の方に世の中が動いてくれることを望んでやみません。

 

 

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。