« 2020年7月 | トップページ

2020年8月 6日 (木)

CDの時代が終了! もはや待ったなし!! 映画も音楽も100年に一度という大変革の時代が到来している

このブログで私は何度も書いた。そして確信どころかもはや誰の目にも明らかである(はずだ)

100年にに一度という大変革の時代が到来している。
そしてその大変革は避けることはできない 

日本人は国民性として変化を好まない傾向があるが、音楽界は特に「ムラ社会」的傾向が強く変化というものを極端なほどに忌み嫌う

■NiziUの大ヒットが日本の音楽産業を打開する――ジャニーズ事務所は既得権益に縛られたまま
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichiromatsutani/20200731-00191043/

この記事、まあ一見私の論調ににているように見えるが、それでも私からすればいささか視点がずれているようにも見える。いや、CDという商品形態はもう終わる、そしてこのコロナウイルスの影響でアイドルの握手券はもはや成立しなくなる、それらはその通り、というか「今さら」といっていい見解だ。そしてCDにこだわる日本の音楽業界の多数を旧態依然というのはその通りではある。だがこの手の日本の記事で決定的に欠けている視点がある。それはパッケージではなく配信、ストリーミングという形だけの問題ではない。もっと本質的なところを切りこまないといけない。

具体的にはコンテンツのビジネスが100年に一度の大変革の時代に来ているー殆ど革命ーといっていい時代に入っているのだ。どうもこの手の記事をみるとそこまで切り込んだ記事が見当たらないのだ。産業を根底から覆すパラダイムシフトが起きており、価値観そのものも大きく変化しているのだ。

例えばCDからストリーミング、サブスクリプションに商品が変わるというだけでビジネスモデルがこれだけ変わる

1) マーケットが国内だけでなく全世界になる。そのため「ワールドマーケット」を想定したコンテンツ作りをしなくてはならない。リリースされた作品は全て「全世界発売」になる。

2) ストリーミングのチャンネルは全て「グローバル企業」を通じてのものになり、ビジネスは全て「全世界共通のルールのもとで管理され、ビジネスは全て「データ」中心に解析される

これを読んでもおそらく多くの音楽事務所関係者は「意味がわからない」かもしれない

(1)のマーケットが「全世界販売」にならざるを得ないのはストリーミングの一回の単価が極端に低いためである。Sporifyは年ごとにMAU(有料契約者数)によって違うが1回再生あたり0.3円ー0.4円 比較的高いApple Musicでも1再生1円である。そのため日本の音楽業界が従来の通りに国内市場しか発売しない発想にたつとビジネスとしてはあまりにも小規模になってしまう。

しかしこれが全世界だとどうなるか、途端に再生回数が2ケタくらいあがる。チャートでトップのアーチストは月Sporifyだけで1億4000万―5000万再生を得ることができる。ストリーミングはSpotify以外にApple Deezer Amazon, Google Play その他のプラットホームを合わせると全世界で一月数億回の再生回数を得ることができる。これは全世界だからこそ、この数字になる

今までのように日本国内だけみていてもこの数字には決してならない

これは音楽だけでなく映画、映像でも同じである。NetflixやAmazon Primeの存在で映画制作が自動的に「全世界」を対象としたものになる。もはやコンテンツ制作でボーダーレス、グローバルな影響を避けることは不可能である、

続きを読む "CDの時代が終了! もはや待ったなし!! 映画も音楽も100年に一度という大変革の時代が到来している"

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

文化庁の文化芸術活動の継続支援事業、文化芸術収益力強化事業への企画作業

7月は映画関係の仕事(映画音楽、字幕)だけでなく文化庁の「新型コロナウイルス感染症に伴う文化芸術に関する各種支援」のための企画作業に忙殺されました。まあこういう時期に何にせよ忙しいというのはありがたいことだと考えなければなりません。
Bunkacho_final

今回は2つの企画を提出しようと思っております

・文化芸術活動の継続支援事業赤丸
共同申請:小規模団体・個人事業者向け上限額1500万円(10者の場合)-10人共同作業者での映画企画

・文化芸術収益力強化事業(委託事業)の募集用企画{青丸)
文化政策として文化、芸術の産業としての収益を促進させるための企画

実はもう1つ企画の構想(サブスクとセットにした配信ライブ)があったんですが、「継続支援事業」-3部門はいずれも1個人1企業で応募は一回のみである点と企画の点で文化庁でなくてもいいかもしれない、というのもあったので今回ではなく別の機会で考えたいと思っております。

具体的な内容はここでは書けませんが、コロナウイルスの影響で映画、音楽その他の文化コンテンツ産業が大打撃を受けている現状を少しでも打破できるような企画を出そうと思いました。(後者は先日クラウドファンデイングでコケた内容のものですwww)

申請ですが上の「文化芸術活動の継続支援事業」はweb申請できるんですが、問題は下の「文化芸術収益力強化事業(委託事業)」の方でこちらはWeb申請は不可でこちらで実際に書類を用意しなければなりませんでした。しかも1部ではなくなんと8部も用意させます。(汗)

ShuekiShueki2

まあ今社会がペーパーレスに進まなければならない時期にこんなに紙を使わせるか、とも思いましたが、とにかくおかげさんで事務所のコピー機とプリンターがフル稼働でした。特にコピー機は最近こんなに使うことはなかったんじゃないかと思うくらいですね。これはおそらくまだ契約その他で印鑑の慣習をなかなかやめられない、という日本のIT化を阻害する風潮が根強く存在するためと思われます。

Bunkacho2
文化庁は旧文部科学省のビルの中にあります。

続きを読む "文化庁の文化芸術活動の継続支援事業、文化芸術収益力強化事業への企画作業"

| | コメント (0)

ミニシアター応援映画「銀幕彩日」完成のお知らせ

おかげさんで、といいますか7月はメチャクチャ忙しかったためブログ更新もできませんでした。やはりブロガーというのはヒマ人でないとできません。ww 7月は長編と短編それぞれ1本の音楽以外に英語の字幕作業、そして別記事で詳細を書きます文化庁の文化芸術支援で公募された企画の作業ともう目が回るくらい多忙でした。

その中でまずは長編「銀幕彩日」のご紹介をさせていただきます。

この映画はコロナ禍で存続の危機に瀕したミニシアターを応援する意図で作られました。

Ginmaku3

 今回の映画「銀幕彩日」はミニシアター支援映画として作りました。映画好きの方を刺激するような映画になっておりますし、映画音楽的には過去の名曲のパロデイーがふんだんに入っておりますのでわかる人はニヤリくらいはすると思います。ミニシアターは映画文化の苗床となるものですので是非このコロナ禍でも何とか支援して存続できるようにしなければなりません。

出演:木下ほうか、白本彩奈、田中要次、ダイアモンドユカイ、川村エミコ、しゅはまはるみ、木下綾菜 他映画好きな方多数

今回の「銀幕彩日」では
1.映画音楽
2.エキストラ
3.英語字幕制作    の3つを行いました。

エキストラもヒッチコックよろしく一瞬出るのではなく、結構映ってます(苦笑)

Ginmaku

以前の記事にも書きましたようにソーシャルデイスタンスに最大限気を使って撮影をしました。もう撮影から1か月以上たちますが、我々の知っている範囲では感染した方はいません。

Ginmaku2

Ginmaku01 Ginmaku_2

今回の映画では手塚眞監督と数十年ぶりに会いました。以前「快感サロメ」「幻想オフェーリア」というオリジナルビデオ作品でお世話になりましたがそれ以来になります。遙か昔の作品ですが..

Ginmaku5

MAも無事終わり、英語の字幕も今週の早いうちに納品。無事全ての作業が終了いたしました。

Ginmaku4

さて、コロナウイルスによる影響で全国の映画館は大きな打撃を被っていますが、先日愛知県興行協会は29日、名古屋市で記者会見し、映画館内の空気の流れが見えるようにした換気実証実験の映像を公開しました。これによりますと「映画館『密閉空間に相当しない』」との話
「1時間に3回空気が入れ替わる。映画館は3密の代表みたいに見なされてきたが、実際は密閉空間には相当しないことが分かった。感染リスクは限りなく回避される」とする三鴨広繁・愛知医科大教授(感染症学)の解説が入っているそうです。

映画館「密閉空間に相当しない」 換気実験、動画でPR
https://www.asahi.com/articles/ASN7Y75HCN7YOIPE02D.html

映画製作に関わるものとして、ミニシアターだけでなく映画産業の復活の方に世の中が動いてくれることを望んでやみません。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ