« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月 7日 (火)

ニコライ・カプースチン、エンニオ・モリコーネと偉大な作曲家の相次ぐ訃報について

ここ数日の間歴史に間違いなく名を残す偉大な作曲家の訃報が相次ぎ驚いている。どちらも私自身が大きく影響を受けた作曲家でありそれぞれの分野のパイオニアといっていい作曲家だからだ。わずか数日で音楽文化の至宝を私達は失ったのである。

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin 1937-2020) 

001fcd1e

日本では今一つ知られていない作曲家だが、ウクライナの作曲家ながらジャズのイデイオムを発展させた作曲家でジャズ系の作曲家という意味ではガーシュインを継承した作曲家といっていい。

活動時期に冷戦時代が大きくかぶったこともあり、なかなか活動の実態が日本に伝わらなかったが旧ソビエト時代にジャズオーケストラのメンバーとして活躍する傍ら自作の発表を行った。モスクワ音楽院卒業期がフルシチョフの「雪解け時代」に重なったこともジャズの活動を容易にさせていたかもしれない。ガーシュインと違うのは明らかにモダンジャズのイデイオムが入っている点からもガーシュインの音楽をある意味継承したといっていいだろう。それをアメリカ国内ではなく旧ソビエト国のウクライナでやっていたことが興味深い。演奏を見ると単にジャズだけでなく最近の音楽のいろんな要素を取り入れているのがわかる

恥ずかしながらカプースチンの作品を知ったのは最近である。たまたま新人ピアニストのリサイタルに付き合いで行ってこの曲を聴いたら気が付いたらノリノリになっている自分がいた。ガーシュイン以降、本当の意味の新しい音楽、現代「の」音楽(現代音楽ではない)を書いていた人の遭遇は私にとって大ショックだった。追悼の意味をこめて私が最初に知ったカプースチンの曲「コンサート・エチュード作品40第八番

R.I.P マエストロ!!

今。実は映画音楽関係の作業をしているので落ち着いてからこの記事を書こうと思っていた矢先に、一応映画音楽をやっている人間として書かざるを得ない大家の訃報を聞いてしまった

偉大な映画音楽作家のエンニオ・モリコーネ先生の訃報である。

 

続きを読む "ニコライ・カプースチン、エンニオ・モリコーネと偉大な作曲家の相次ぐ訃報について"

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »