« サブスク奮戦続いているうちに考えたーサブスク時代の「レコード会社」の存在意義って? | トップページ | ニコライ・カプースチン、エンニオ・モリコーネと偉大な作曲家の相次ぐ訃報について »

2020年6月23日 (火)

東京都芸術文化活動支援事業「アートにエールを!」1次募集応募作品 拙作「ロックンロールソナタ」公開!!

コロナウイルスの災禍で被害を受けたアーチストを支援するためのプロジェクト

東京都芸術文化活動支援事業「アートにエールを!」ですが、先日友人に教えてもらってもう1週間前に公開されていることがわかりました。今頃気付く自分って(だって連絡メール来なかったんだもの (^^::))

「アートにエールを!」大野恭史「ロックンロールソナタ」です。

https://cheerforart.jp/detail/204?

クラシック、ロック、ジャズのあらゆる要素を入れた「ロックンロールソナタ」
ソナタなるヨーロッパの古い形式をあえて採用しましたが、別にヨーロッパの古典主義に傾倒するつもりなど毛頭ありません。
理由は単純にこんな作品を作る人間は他にいないだろう、という理由です。-ロックの語法でクラシックの形式で曲を作るなどというバカなことをやってるのは私くらいでしょう。

まあそんなことよりこの曲を聴いて単純に楽しんでくれるか、どうか。です。面白くない、といわれれば残念ですが。面白いと思って楽しんでいただければそれでいいです。

アンコールで私の人気曲のShort Storyを演奏しました。映画のイメージで作っていますが、まだ映画音楽にはなっていません(笑) 。この曲を自分の作品の音楽に使いたいと思ってくれた映画関係者の方がいらっしゃればご一報いただければ幸いです。

「アートにエールを」私は5月15日の第一次募集での参加でしたが明日から2日間。第二次募集があります。

応募期間は6月23日(火)10時から同年6月24日(水)18時までです。前回応募できなかった方、応募しなかった方是非チャレンジしてみて下さい

尚、

1.前回応募してIDを受け取った方は応募対象外です、

2.人数を大幅に超える場合は抽選になります※

※2、についてはあとで問題になる可能性大です。というのも今回も応募が殺到するのは確実だからです。抽選というのが果たして公平な手段なのか、議論が別れるところです。

私の作品は既に公開済なので明日は応募できませんが、前回応募されなかった方せっかくの機会ですのでチャレンジしてみて下さい

https://cheerforart.jp/

 

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。