« 「芸能人は政治発言するな!」は民主主義を理解しないアホの発言!それがあたかも正論のように広まる日本社会の深刻度と民度の低さ | トップページ | コロナがダメ押しした時代の変化、もはや「コロナ以前には戻れない」ポストコロナ時代 »

2020年5月25日 (月)

サブスク再生回数強化作戦 奮戦日記その2

さて本日で予定通りいけば1か月半の長きに渡った緊急事態宣言が解除されるわけですがこの間何していたかというと自らリリースしたサブスクのプロモーション作業を行っておりました。具体的にはSpotifyの大手プレイリストに入り再生回数を稼ぎ、そのことによってSpotifyのアルゴリズムを刺激する、ということを目標にする作業です。


サブスクは従来のCDとかのタイアップと違い全てはデータです。一切ごかましはできません。各プラットホームでどれだけ再生ストリーミングされるか、そのデータが全てです。そのデータを改善するためにあらゆる作業を行います。


再生回数を稼げるプレイリストはプレイリストの参加者が協力しあってプレイリストを少なくとも1回(プレイリストにょっては3回)全員が再生することで再生回数を稼ぐことができます。これを殆ど毎日行います。それを怠るとプレイリストから外されます。そのため毎日再生しますが、これ結構しんどい作業です。そのため今夜寝ている時もスマホやPCのSpotifyやApple Musicを再生しっぱなしにしています。


しかし一か月近くそれをやってようやく成果が出てきました。Spotifyのアルゴリズムを少しですが刺激することができました。(図1) 1週間で1000回(1K再生)を続けるとアルゴリズムが動くようですね。プレイリストも私が仕掛けたプレイリスト以外に拙曲が入るようになりました。(図3)ようやく動き出したという感じです。


Spotify_algorithm
図1


Stream052020_spotify
図2


Spotify_playlist
図3


目標はあくまでEditorial (公式プレイリスト)に乗る事です。これが達成できると再生回数が今の1ケター2ケタ確実に上がります。下手すりゃチャートインの可能性もあります。


実際やってみると想像以上に大変な作業だと実感します。だからこういう仕事を専門にやる人が欧米の音楽事務所では当たり前のようにいるのです。今までの日本の音楽事務所にはいない職種ですがこれからは必要不可欠のものです。一般にこういう仕事をする人を「データアナライザー」といいます。私の知る限り日本では片手に数えるくらいしかこの仕事をできる人はいません。日本がもはや後進国となってしまった現在、復活するにはこういう人材を育てるしかないと思います。







|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。