« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月31日 (日)

コロナがダメ押しした時代の変化、もはや「コロナ以前には戻れない」ポストコロナ時代

緊急事態宣言が月曜日に解除されて一週間が経とうとしています。既に北九州市などでは「第二波」のようなクラスターが発生してしまい、関東地方もこの週末にどういう影響が出るか懸念されています。

今回のコロナで日本ではなかなか導入が進まなかったテレワークが大きく普及しました。なかにはかなり嫌々ながら導入した会社もあったようですがZoom会議が普及し一部の会社は完全に定着したといっていいようです。なかにはテレワークを標準化した会社もあったようです。

■日立 在宅勤務を標準へ コロナを機に新たな働き方に転換
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200526/k10012445681000.html

全般的に見て「テレワーク化」で成功した会社と失敗した会社でかなり格差が生じているというのが実態のようです。技術者系が多いメーカーでは概して成功しているし、それに伴い通勤費やそれほど広いオフィスが必要でなくなることから今後も「テレワーク」中心に行く方向に行く会社が増えるとは思いますが、一方では緊急事態宣言が解除されて「直ちにテレワークをやめるべきだ!」などと主に管理職系から主張している会社も少なくないようです。事務系が多い会社ほどその傾向が強いようですが、ズームで済む打ち合わせを地方の支店との打ち合わせにわざわざ経費を使って出張したり、という効率の悪いことをやり続ければ会社の競争力が落ちることは避けられません。やはりいくら中間管理職系が嫌がっても会社というのは「経費を削ることができる」とわかるとそちらの方向に動くものです。やはり「テレワーク」の標準化は避けられないと思います。

まあ管理職の間で「テレワーク」を嫌がる理由は単に「昭和脳」という理由だけではないようです。こちらを読むとなるほど、と思いますね。組織の中で生きてきた人だからこそ出てくる欲求のようです。
■テレワーク阻む 管理職の承認欲求
https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO5938761021052020000000

一筋縄ではいかない問題もあるようです。しかしこのことが「テレワーク」に対する流れを止めることになるとは到底思えません。

もともと私のブログでも現代は100年に一度くらいの大きな変化が起きている、ということを「コロナ以前」から書いていました。ですが結果的にこのコロナウイルスの災禍がその革命ともいえる大変化を決定的にした、ということはいえるかもしれません。おそらく「テレワーク」普及によって広いオフィスも不要になり、オフィス街の飲食のニーズも減るでしょうから様々なマーケットが変革するのは避けられないかもしれません。都市の構成が大きく変化していくのは避けられないでしょう

私は日本人の一つよくない点として「カタチ」にこだわる人が非常に多いことを感じています。しかし「カタチ」など単なる手段にすぎません。時代や社会環境によってどうにでも変わるものです。「カタチ」にこだわる人は時代の急激な変化にはついていけなくなる可能性が高く、今回のコロナの状況はまさにそれではないかと考えます。

さて、こちらは音楽ブログなので音楽関係の話にうつりますと、音楽の世界は「カタチ」にこだわる人が非常に多い点が揚げられます。そのため変化を忌み嫌う人が多くそれが音楽コンテンツのデジタル化に対しても対応が遅れる原因を作ってしまいました。私はもう20年近く前からこのことを指摘してきました。業界では誰も聞く耳を持ちませんでしたが...

今回のコロナ以後、私は2つのことにエネルギーを投入しようと思っています。

続きを読む "コロナがダメ押しした時代の変化、もはや「コロナ以前には戻れない」ポストコロナ時代"

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

サブスク再生回数強化作戦 奮戦日記その2

さて本日で予定通りいけば1か月半の長きに渡った緊急事態宣言が解除されるわけですがこの間何していたかというと自らリリースしたサブスクのプロモーション作業を行っておりました。具体的にはSpotifyの大手プレイリストに入り再生回数を稼ぎ、そのことによってSpotifyのアルゴリズムを刺激する、ということを目標にする作業です。


サブスクは従来のCDとかのタイアップと違い全てはデータです。一切ごかましはできません。各プラットホームでどれだけ再生ストリーミングされるか、そのデータが全てです。そのデータを改善するためにあらゆる作業を行います。


再生回数を稼げるプレイリストはプレイリストの参加者が協力しあってプレイリストを少なくとも1回(プレイリストにょっては3回)全員が再生することで再生回数を稼ぐことができます。これを殆ど毎日行います。それを怠るとプレイリストから外されます。そのため毎日再生しますが、これ結構しんどい作業です。そのため今夜寝ている時もスマホやPCのSpotifyやApple Musicを再生しっぱなしにしています。


しかし一か月近くそれをやってようやく成果が出てきました。Spotifyのアルゴリズムを少しですが刺激することができました。(図1) 1週間で1000回(1K再生)を続けるとアルゴリズムが動くようですね。プレイリストも私が仕掛けたプレイリスト以外に拙曲が入るようになりました。(図3)ようやく動き出したという感じです。


Spotify_algorithm
図1


Stream052020_spotify
図2


Spotify_playlist
図3


目標はあくまでEditorial (公式プレイリスト)に乗る事です。これが達成できると再生回数が今の1ケター2ケタ確実に上がります。下手すりゃチャートインの可能性もあります。


実際やってみると想像以上に大変な作業だと実感します。だからこういう仕事を専門にやる人が欧米の音楽事務所では当たり前のようにいるのです。今までの日本の音楽事務所にはいない職種ですがこれからは必要不可欠のものです。一般にこういう仕事をする人を「データアナライザー」といいます。私の知る限り日本では片手に数えるくらいしかこの仕事をできる人はいません。日本がもはや後進国となってしまった現在、復活するにはこういう人材を育てるしかないと思います。







| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

「芸能人は政治発言するな!」は民主主義を理解しないアホの発言!それがあたかも正論のように広まる日本社会の深刻度と民度の低さ

この件、本来なら私が音楽以外の記事を書くブログの方にすべきなのかもしれないが..

http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/

しかしやはり芸能人、文化人への人格そのものに対する攻撃であること。そしてこの問題は芸能界、音楽界そのものに対する差別的偏見に基づいた風潮によることを考えるとやはりこちらのブログの方が適切だと考えた。

ことは勿論本日、本国会での成立が見送られた(らしい)検察庁法改正法案あの発言に対して一連の芸能人の発言に対するネットでの攻撃である。攻撃した主な層はネトウヨが主だろうが、いわゆる他人を叩くことしか考えない「ネットのヒマ人」も少なくなかったし、また(特にきゃりーぱみゅぱみゅのケース)「おたく」と言われている連中も攻撃に加わった。

■きゃりーぱみゅぱみゅ「♯検察庁法改正案に抗議します」に戸惑うファンも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-01845750-tospoweb-ent

■小泉今日子への嫌がらせ「ウイルス同様、それ以上に怖い行為」TBS金平氏が批判
https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/16/0013348145.shtml

彼らの言い分は殆どこの一点に集約される

・芸能人は政治にはシロウトだから政治的発言はするな! 黙ってろ!!

これがどれだけいろんな意味で酷い発言かみてみよう

(1) まず第一に例えそれが自分の意見と違うものであっても発言することを否定するのはそのタレントの人格否定そのものであること。

そもそもネットには「自分と意見が違う」というだけで激昂する人間が多すぎる。寧ろ人と人は意見が違う事の方が当たり前であって、多様な価値観を受容するようにしなくてはならない。しかしその多様性というものを理解できない人間が多すぎる。

続きを読む "「芸能人は政治発言するな!」は民主主義を理解しないアホの発言!それがあたかも正論のように広まる日本社会の深刻度と民度の低さ"

| | コメント (0)

2020年5月16日 (土)

東京都ー[アートにエールを!東京プロジェクト」サーバーアクセス殺到による応募狂想曲 

昨日東京都がコロナウイルスの影響によってライブ、イベント、その他作品を発表する機会を失ったアーチストを支援するためのプロジェクト

「アートにエールを!東京プロジェクト」の登録日でした。

・プロとして芸術文化活動に携わるアーティスト、クリエイター、スタッフの方々から、自由な発想を基にした動画作品を募集し、専用サイトで配信します。
・動画作品を制作した方々には、出演料相当として一人当たり10万円(税込)を支払います(1作品につき上限100万)。
※個人登録は5月15日(金)に開設する予定の専用サイト(本サイトにリンクを掲載予定)から行ってください。

https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/bunka/katsu_shien/0000001441.html

参加募集は4000人程度、ということでした。

しかし応募当日前日に応募者が殺到する、という情報を東京都でも得ていたと思われますが、ここで東京都は結果的に逆効果のことをしました。それは

5月15日(金)10時から開始する個人登録については 登録が一定の人数に達した段階で受付を終了いたします。

つまり4000人程度で足切りする、と宣言したのです。これが結果的に余計にアクセスを集中させることになりました。実は恐れていたことがおきてしまったのです。サーバーダウン

私も朝10時前からウエブサイトに入り、リンクが表示されるまで待機していました。おそらく同じ行動をとった人が多かったでしょう

しかしリンクを何回クリックしてもエラー。出てきたメッセージは ”502 Bad Gateway"

これはアクセスが集中して所定のページに行けない時によく表示されるメッセージです。

私の周囲に申請しようとしている人が多かったのでFacebookで連絡を取り合いながら諦めずに申請を続けました。

続きを読む "東京都ー[アートにエールを!東京プロジェクト」サーバーアクセス殺到による応募狂想曲 "

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

ゴールデンウイーク入りステイホームされるための relaxation piano - for the quaratine people

今日で4月が終わりました。


政府は正式発表は後日とはいったものの5月6日に終了予定だったあ緊急事態宣言の一ヶ月程度の延長を事実上決定しました。ここのところ東京の感染者も減ってきたとはいえ、まだ高水準でここで制限解除すれば。また感染者が100人-200人の単位になることは火を見るよりも明らかです。


そんな中玉城 デニー 沖縄県知事が自粛を呼びかけたにも関わらず、6万人規模が沖縄への旅行に行ったようです。あれだけコロナでマスコミで騒いでいるのに、ゴールデンウイーク、どうしても旅行しないと気が済まない人が少なくないようですね。


コロナウイルスの恐ろしいところは自分が一見大丈夫なように見えても、実は無症状で感染している場合がかなりあるとみられる点です。しかも無症状な人でも2週間ー1か月は感染能力を維持するといわれ、その意味ではどこに感染者がいるかわからない点です。実際自分は絶対大丈夫と思っている人が感染していたケースがあとを絶ちません。その場合知らないうちに人に感染させてしまう。それが高齢者とか基礎疾患を持っている人だと命に関わってしまう。つまり自分一人だけの問題ではない、という点の理解が今一つ伝わっていないようです。とにかく6日までの1週間、沖縄で大パンデミックが起きないことを祈ります。


さて、コロナウイルスの恐ろしさを一定限度ご存じで、折角のゴールデンウイーク、どこかに行きたいのに行かない方。そんな方のためになるかどうかわかりませんが、拙作の癒し系のピアノ曲でリラックスしていただければ幸いです。



まあ私はデビュー当時から「癒し系音楽の作曲家」というイメージが業界全体で流れているんですが、取りあえず今回はそれで少しでもリラックスできれば幸いです。


ちなみに曲名は


1.3つの夜のリラクセーション小品
2.メモリーズ
3.ロストフォレスト
4 静かな夜です


よろしくです。


 





 


| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »