« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月26日 (日)

緊急事態宣言下?ステイホームしていますが全然暇していません。寧ろメチャクチャ忙しいです

4月7日から(厳密には4月8日の午前0時から)の緊急事態宣言、私も駅まで買い物や金融機関へのお出かけ等は少しありましたがだいたい家にいました。

今のミュージシャンはライブはできない、ということでFacebookやZoomを使ってライブ配信とかやっている人もいますが、私も先日Zoomによってサブスク関係のイベントはやっていますが、実はライブ配信もやろうとしています。

結論からいいまして今確かにでかけてはいませんが、メチャクチャ忙しいんです。

一つは非常にありがたいことに一件小さな仕事があります。今これも進行中です。今月中に納品しようと思ってましたが来月にずれこむでしょう。

しかしそれ以外にも実はやることが山積していて、とてもステイホーム期間中にのんびり本でも読んでいよう、なんて悠長なことを云っていられませんでした。

ちょっと見ただけで上記の小さな仕事以外に

・ライブ配信(今機器がテクニカルな問題を出して苦戦しています)ww

・ズームによる打ち合わせ、(今度ズームによるオンライン交流会もやる予定です)

・自宅でのライブ演奏を録画 ➡ これから編集もしてYou tubeにアップ予定

・サブスク再生回数強化 (Spotify, Apple Music, Amazon 他)

(関連の配信強化グループ「サブスクリプション演奏回数増加、プレイリスト登録互助会管理人をしている以上、また先日この件に関してのオンラインセミナーもやった以上、私自身が大きな成果を収めないと体裁があわない、という面もあります。その関係で現在大きなプレイリスト5つと自分が主催するプレイリスト、これを毎日1回ストリームしなければならず、これ自体がかなり大変な作業ですww)

Subscrip_promo

・サブスクでの新譜(既に制作済)のリリース準備

続きを読む "緊急事態宣言下?ステイホームしていますが全然暇していません。寧ろメチャクチャ忙しいです"

| | コメント (0)

2020年4月14日 (火)

安倍総理が星野源のネットジャムセッションを台無しにした件ー日本人の音楽文化の無理解と軽視、文化に対する民度の低さ

コロナウイルスの蔓延に伴う緊急事態宣言の下、ライブやイベントの機会を奪われたミュージシャンに対し星野源が新曲#うちで踊ろう で「コラボしよう」ということでさまざまなミュージシャンに呼びかけ、多くのミュージシャンが楽しいコラボレーションを行った。最初はInstagramでアップしたようだが、爆発的に広まったのはtwitterである。

Screenshot_20200414-gen-hoshinotwitter-i

https://twitter.com/gen_senden/status/1246047171134107648

ちなみにこの#うちで踊ろう がJASRACに現在信託しているかはわからないが(していなくても時間の問題で行うと思うが)twitterは私が知る範囲ではFacebookやInstagramのようにJASRACと包括契約を締結はしていないと思うので、ここで星野源ができあがったばかりの曲をシェアしてくれたのはコンテンツホルダーとして「他のミュージシャンとのコラボ」のために善意で公開、シェアしてくれている、という点を押さえて置かねばならない。

つまりセッションやコラボレーションなどを通して、それぞれの方が創造性を発揮して動画を作り上げることを想定されていたもので、それ以外の用途は「本来の意図から外れる」ものなのである。このような形で公開、シェアさせてくれるのは星野源が純然たるミュージシャンのセッション、コラボレーションというクリエイテイブな姿勢から生まれたもので、その行為自体大いにリスペクトされて然るべきである。

そこで問題のこの写真だ、ネットでも大炎上した問題のこれ

7

続きを読む "安倍総理が星野源のネットジャムセッションを台無しにした件ー日本人の音楽文化の無理解と軽視、文化に対する民度の低さ"

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

コロナウイルス―緊急事態宣言下、少々気が早いが「ポストコロナ」時代について考えると「コロナ以前」のあの時代はもう戻ってこないことがわかる

4月8日午前0時をもってコロナウイルスに伴う「緊急事態」が宣言され東京他7都県がその宣言下の元で店舗の自粛を始め、多くの影響が出た。

政府は今フリーランスを含む個人事業主への支援を検討しているようだが、一般世帯への30万が実質「生活保護世帯のみ」あと「収入が半減した」世帯のみ、という場合同様、フリーランスを含む個人事業主も「昨年より収入が半減した会社及び事業主」であり半減したことを証明する文書(そもそもどうやって証明するのだ?-確定申告?)必要があるため、はっきりいってあまりあてにならないが、各自治体の助成金や支援金の申請等が可能なものもあるので、「在宅勤務」とはいえ実はやることがメチャクチャ多い。

あと小さな仕事だが1つありそれをやりつついろんな作業をしているが、やはりこういう状況になるとインターネットを使った「配信」関係の環境を充実させることにエネルギーを投入する

既に多くのアーチストが実施し始めているが

1.配信ライブー you tube のライブ配信、Zoom 及びSNSを介したライブ映像の配信

2.ストリーミング、サブスクリプションの強化ー 海外では完全に主流になっているSpotify, Apple Music, Amazon等のストリーミングの強化、

特に2のサブスク関係は私が管理するFacebookのグループ「エンタテインメント業界キャステイング」の姉妹グループとして立ち上げた

「サブスクリプション演奏回数増加、プレイリスト登録互助会」
https://www.facebook.com/groups/2427644280822324/

実際みてわかったのは日本以外のストリーミングが完全に主流となっている海外ではインデイースアーチストや音楽事務所もそれに伴い大きく変化しているが、いまだCDが中心の日本ではサブスクリプションについてきちんと理解している人が殆どいない、ということがわかったのだった。特に今回のコロナウイルスによる災禍の時こそ、ミュージシャンはサブスクリプションを利用して自らの収入アップにつなげることを考えないといけないのだがが、なかなかそこが理解されず。そもそも上記の姉妹グループで何をやろうとしているのか意味を掴めていない方が大多数だった。

私はこれに大きな危機感を覚えた。

というのも仮に現在のコロナウイルスの災禍が収束したとしても日本の音楽の世界がかつてのような「CD中心」の世界に戻るのは難しいと考える。

そもそもコロナウイルスの感染拡大でアルファベット3文字や坂道のついたアイドルグループお得意の「握手会」の開催が極めて難しくなる。「握手権」を目的としたCDを買わせたという戦略はこの時点でもはや成り立たない。

これはアイドルに限らず、ライブでCDを手売りしていた多くのインデイースアーチストも同様である。そして今回の「緊急事態宣言」で多くのCDショップも営業停止に追い込まれ、これを気に店を閉めるCD店も相当数あると思われる。CDの販売網はもはやズタズタである

つまりコロナウイルスの感染は結果的にCDの時代の本格終焉を余儀なくさせるものなのだ。音楽業界関係者がどんなにCDにこだわろうとしてももはやこの動きを復すのはもはや不可能である

続きを読む "コロナウイルス―緊急事態宣言下、少々気が早いが「ポストコロナ」時代について考えると「コロナ以前」のあの時代はもう戻ってこないことがわかる"

| | コメント (0)

2020年4月 4日 (土)

コロナ感染拡大の中強行したヴィオロンライブー感染防止のために最大限の注意を払って

次々とライブやコンサートがコロナウイルスの感染拡大に伴い多くが中止か延期になっているわけですが、私はあえてライブを強行しました。理由は以下の記事をご覧ください

■昨日発表した安倍政権の「1世帯あたり30万円の現金給付」は殆どの人が給付対象にならない完全な詐欺! どこまで国民をバカにしたら気が済む?
https://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2020/04/04/113101

■東京五輪延期確定直後に感染者急増と安倍政権のその対策の酷さについて?
https://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2020/03/29/121323

自粛要請しながら国民にはビタ一文補償しねえよ、という政府の姿勢をとり続ける政府に対して抗議の意味もありました。

Cbfcvl1uuaaorhv

しかし勿論、やる、と宣言した以上は最大限の注意をはらって行いました。

感染防止のために皆様に以下のことをお願いしました。

1.席の「ソーシャルデイスタンス」
  時節柄入場者もそれほど多くない見込みなので、お客様の着席位置を一人一人離れてお座りいただきました。いわゆる「ソーシャルデイスタンス」でお一人2メートルは最低はなれてご着席をお願いしました。

2.休憩時間の換気
 ライブは前半。後半にわけているんですが、感染防止には換気が必要ですので休憩時間、寒いですが会場のドアを開けました。

3.ハンドソープを余分に用意いたします
 大変お手数ですが着席の前に洗面所で手洗いの方をお願いしました。ウイルスが手に付着して鼻や口から感染するパターンが多いですのでご来場の折には手洗いの方を特にお願いしました。

92021093_2867917106588721_80959520508917 92167703_2867917063255392_34486126155871

 

続きを読む "コロナ感染拡大の中強行したヴィオロンライブー感染防止のために最大限の注意を払って"

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »