« Kobe Bryantの突然の事故死の中開催されたグラミー | トップページ | カズ・ヒロ氏のオスカー再ノミネートにみる「島国根性」にこだわる日本人の将来が絶望的な件 »

2020年1月29日 (水)

「メジャーでない」「ベンチャー」であることのいきざま

本日とあるベンチャー企業で打ち合わせを行った。

大昔会社員している時にシリコンバレーの黎明期でもあり今でいうITの時代の前に多くのベンチャー企業を訪問したことがある。なかには本当に「ガレージ同然」の会社も本当にあった。

日本の企業も当時の急激に活性化しつつあるシリコンバレーやアメリカのコンピューターメーカーに興味は持っていたが、ご存じのとおり結局日本がその新たな産業の流れに乗っかることはなかった。

今世界を支配するプラットホームの企業、Google, Amazon, Apple, Microsoft, Facebook といった巨人はその中から生まれていった。日本からはそれら巨人に対抗しうる会社は生まれなかった。ソフトバンクも楽天もこのプラットホームの会社からすればものの数ではない。

そこが今の日本の大きな問題だが、実際今日そのベンチャー企業の社長(日本に長く住んでいる中国人だが)と話をしていて「大企業が絶対やらない仕事をやって新分野開発をやり遂げる。」という当たり前のひとことを聞いてはっとした。

今の日本人のマインド、あまりにも大企業とか音楽や映画ならメジャーな制作会社とか、そんなところしかみていないのではないか?

だが今の日本の大企業を見るがいい。まるでお役所のように「前例」という奴にこだわり新しいことをやりたがらない。「やらない」ことを正当化しようとするし、何をやるにも手続きだ、書類だ、などと面倒くさいことばかりである。

そして大多数の日本人はそれに疑問に思わず「そういうものだ」と思っている。

そして何よりも「長いものに巻かれよう」という体質が強いためか、「大企業でない」あるいはコンテンツなら「メジャーでない」人達を蔑む風土すらある。インデペンデントというだけで「シロウト同然」「ものの数ではない連中」と決めつけ目下のようにみる。

私は日本人のそういう体質がGoogle, Amazon, Apple, Microsoft, Facebook といった世界を支配するプラットホーム会社が生まれない状況を作ったのではないかと考える。

ベンチャー企業の社長をみると本当に毎日いろんなことを考えている。それに引き換え大多数の日本人は周囲と同調し、目立たずただただ周囲に流されて思考停止になる。今の日本人をみるとそんな人間ばかりである。

これじゃ国際競争力などとてもじゃないがつくものではない。

そのためにはベンチャーもそうだし、インデペンデントのコンテンツメーカーが大企業、メジャー会社とは違うものを生み出していく努力をしていかないといけない。私のようなコンテンツ屋はメジャーがやらない分野を大きくするためにあれこれ考え、全世界に通用する作品を作り上げる。

きちんと考えた奴が最後には勝つ。今日のベンチャー企業との話でいろいろと得られたものがあった。自分とは違う分野の人達との交流も大事である、と思った次第

繰り返す日本人の今の「思考停止」の状況、このままではどんどんこの国が没落するばかりである。

 

 

 

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。