i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月21日 (日)

吉本、ジャニーズ 芸能界の既存体制の終わりが本格的に始まる

今吉本関係のワイドショー関連がテレビで喧しい。日本人は政治ネタには極端なくらい鈍感だが芸能ネタには異常なほど熱心だ。

一応音楽業界に身を置くものとして、そして映画関係に関連する人間ではあるがこの騒ぎはこれからのコンテンツ制作の動向にも影響してくるのでこちらで触れさせていただく。ちなみに私はここで語る大手2社に関しては直接の取引はない。そしてたぶん少なくとも直接は取引を行うことはないだろうと思うのでこちらで率直に述べさせていただく

記憶に新しいジャ二―喜多川氏の訃報

 ■ジャニー喜多川さん死去 87歳 ジャニーズ事務所社長 多くのアイドル育て
https://mainichi.jp/articles/20190709/k00/00m/040/380000c

勿論ジャ二―喜多川氏の日本のエンタテインメントの世界への貢献を否定するものではない。しかしこの事実は日本の芸能界の「終わりの始まり」を象徴していると思う。

実はジャニーズだけでなく日本の芸能界は海外のショウビズ(芸能ビジネス)と比べるとかなりガラパゴスな体勢でできあがっている。特にメデイアの露出を始め製品発売、出演の条件にいたるまで芸能事務所があえていわせてもらえれば異常なほどの発言力を持っている。

だからこんなことが当たり前のように起きていた

■元SMAP3人のテレビ出演に圧力か 公取、ジャニーズ事務所注意 民放関係者に衝撃 (1/2)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/18/news061.html 

「SMAP」の元メンバー稲垣吾郎さん、草●(=弓へんに剪)剛さん、香取慎吾さんが独立後、民放テレビ局の出演が激減していた問題は公正取引委員会が、ジャニーズ事務所を注意する事態に発展した。独占禁止法違反につながる恐れがあるとするためで、影響は今後、民放テレビ局の番組編成を含め、芸能界全体に広がる可能性がある。

この記事を読んでいて記事に出てくるテレビ関係者はみんなすっとぼけたことをいっているがはっきりいって業界ではこの事実はもう常識といっていい。(勿論事務所側は「圧力」の事実は否定)

未確認情報ではもう1年前から公取は調査をし始めていたようだが、もしそうなら先日のジャ二―さんの逝去とは無関係に今日くらいのタイミングで発表する予定だったのだろう。公正取引委員会は既に音事協の所属契約書の内容を「違法性がある」と認定しており、音事協系の事務所はこの公取が「違法」と認定したアーチストの契約書が裁判において「違法である」という判例が出ることを死ぬほど恐れている。これが判例として確定した時点で法的拘束力が発生して音事協の音事協たる所以がひっくり返るからだ。

公取には是非日本の芸能界がきちんとした公正な「ショウビズ」になるように指導してもらいたいところだ。

しかし事務所でありながら最初から契約書すら作っていない業界の大手が存在した。吉本興業だ。

例の反社会勢力との「闇営業」が発覚した宮迫博之と田村亮の問題で吉本興業から「謹慎処分」をうけていたが、今日も謝罪会見とかで参議院選投票日にも関わらず全テレビ局が喧しいほど報道していたが
そもそもその吉本興業には「契約書」すらないことが判明した(だいぶ前からそういう話は聞いていたが本当だったとは)

そしてこうした不祥事にもかかわらず今後も契約書を作らないと吉本興業の大崎洋会長が表明した。

■芸人との契約、今後も「紙より口頭で」吉本興業HD会長
https://www.asahi.com/articles/ASM7F3CWQM7FUCLV001.html

続きを読む "吉本、ジャニーズ 芸能界の既存体制の終わりが本格的に始まる"

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

しつこくこだわる。映画の「音」についての世界的傾向

一応映画の「音」に関わっている人間として映画の音に関していくつか当ブログでも述べてきた

■映画のサウンドデザイン(音全般)のクオリティの向上をよびかけるー日本映画が世界レベルになるために
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2019/05/post-ddcc58.html

■映画ー特に自主制作の方にお願いーポスプロの予算はあらかじめ最低限度は確保して下さい
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2019/03/post-cad0.html

以前も書きましたが日本の映画では「音」関係は全部後回し。「音楽が大事」などといっている割には音楽には全くお金をかけない。

それは多くの場合撮影だけで制作予算の殆どを使い果たしてしまい、ポスプロにかけるお金が殆ど残っていないためにおきる。その結果、海外の映画界では「日本映画の音は酷い」というのが定評になってしまっている。

これは日本の映画が世界のレベルになるためには絶対にこれを改めないといけない。

今、世界の映画祭の傾向をみますと

1.応募作品の「オーデイオ部分」に「ステレオ」がない

  そう5.1なのか、ドルビーなのか、世界三大映画祭はサンダンスを始め海外の主要な映画祭は全てオーデイオは5.1もしくはドルビーが当たり前になっています。当然ながらフロントの2チャンネルしか音がないものは審査の上で極めて不利になります

2.映画祭は字幕でOKだが劇場公開の長編の音声は世界共通の「インターナショナルトラック」を用意する

私は個人的には字幕で映画を見る派ですが、海外では映画公開の時は殆ど字幕はなく英語やそれ以外の言語は全てローカライズされ現地の言語でボイスオーバー(吹き替え)が行われます。そのため台詞以外の現場の音、音響効果、音楽等をまとめた「世界共通トラック」を作る必要があります。この「世界共通トラック」を「インターナショナルトラック」と呼びます。日本の映画作品を海外に売り込む場合は現在必須になります

Suzuki_04_ma004

MA のpro tools 画面

当然ながらMA(そもそもMAとは和製英語で海外ではAudio mixing とかAudio recordingといいます)だけで軽く数百万は飛びます。

日本では今「お金をかけないこと」がいいとされるおかしな雰囲気がありますが、その発想を捨てないと日本の映画が世界で通用する、日本映画が海外で売れるはずがない、といってインターナショナルトラックを作る予算を渋るのは自らビジネスチャンスを捨てているようなものです。

そんなことから音楽の分野からしてしつこく映画の音のクオリティにこれからこだわっていきたいと考えます。

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

映画「新聞記者」レビュー 政治に無関心な人な人に是非見て欲しい映画。選挙前にこの映画を見ることを強く推奨します

当ブログで既に言及していたが、言及した以上見ないと話にならないので本日見てきました。

Main_introduction

どの劇場も満席との話でしたが、私は都心ではなく郊外のシネコンで見ました。満席、ではありませんでしたがそれでも平日昼間でこれだけ入っているのはたいしたものです。少しうれしいのは数は多くなかったですが、若い人もチラホラいました。

ひとことでいって限りなくノンフィクションに近いフィクション。この映画を今の時期に公開したスタッフの皆さんに敬意を表します。

「限りなくノンフィクションに近い」フィクション、というのは伊藤詩織さん事件、加計事件、ネトウヨの暴走、「首相がお友達のみ優遇」等まさに登場人物の名前こそ違うものの、今の政権の構造、本質そのものを描いているからです。マスコミのトップに来る政府からの圧力ーそれも脅迫に近い内容のものが来るさまが描かれています。

演出は「内閣情報室」はダークな空間ということで薄暗く描き、新聞社は明るく書いているが、まさしく現政権下でマスコミが実質的に飼いならされている、政権に広報に貶められている現状を良く描いています。ただこれが日本の映画の限界なのか、映画「バイス」等に比べるともう少しサスペンス感、緊迫感があってもいい気がします。まあ日本とハリウッドではお金のかけ方が違うので「バイス」あたりと比較するのは酷でしょうか?

映画音楽作家の観点からいいますと、岩代太郎の音楽はよくできてはいるものの、やはり綺麗すぎて映画の緊迫感、サスペンス感が表現しきれていない印象があります。ここら辺は映画監督の考え方にもよりますが、音楽が目立つのを嫌う監督もいるのでセーブした可能性はあります。しかしハリウッドでは逆をやらないとダメですね。私ならもっと緊迫感を出す音楽にします。

政治に無関心な方、今まで「思考停止」だった人に是非みていただきたい映画。是非皆さんの周囲であまり政治に興味がない方にもおすすめ下さい。

田中哲司扮する「内閣情報調査室」の長官(見事なほど巨悪ーモンスターを演じている)の最後の言葉

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」

これ安倍政権及び日本会議、安倍一味は本当にこう思っているでしょう。

最後にこう問うています

「このままで本当にいいんですか?」

皆さんには是非21日の参議院選挙前に観て、そして考えていただければいただければ幸いです。

 

■映画新聞記者公式サイト
https://shimbunkisha.jp/

 

 

| | コメント (0)

2019年7月 7日 (日)

「思考停止」「無関心」が多い日本はコンテンツ制作だけでなくすべてにおいて後進国に転落。原因は「一億総サラリーマン化」

このブログを読んでいる人の大多数はおそらく日本はG20にも参加しているし「先進国」だとまだ思っている人が多いだろうと思う。勿論衛生状態が極端に悪いとか未開の土地やインフラが全く整備されていない、とかそういうことではない。日本人はそういうところしか見ない人が多い。

だが国際ビジネスの環境からして既に日本という国は他の国から大きく後れをとっているのだ。インフラやハードウエアの問題ではない。日本人の中にある意識に起因するものだけに事態は余計に深刻なのだ

詳しくは以下の拙ブログ記事を参照されたい

■認めたくない人もいるだろうが残念ながら日本は既に後進国となっているーその原因と背景を考察
http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/10/07/162648

■グラミー2019年で日本がいかに「音楽後進国」であるかを改めて実感:
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2019/02/2019-7ecb.html

日本が後進国に落ちた理由はいろいろあるが、主なものは次が原因ではあるまいか

(1)ビジネス現場でのIT化の遅れ

海外ではインボイス(請求書)をPdfでメールで送るというのは既に当たり前になっている。ところが日本では「pdfではなく正式な用紙で提出するように」といわれることがよくある。面白いことに大企業ほどこの傾向が強い。会社によっては先方の指定された用紙に記入して郵送するように要求されることがある。「うちの会社はずーっとこのやりかたをしてきましたから」「わが社の慣習だから」 などとその会社のお局さんのような人が自慢気に語っていたことがあった。慣習やしきたりというものが日本企業にとってビジネスのイノベーションより大事、ということらしい。

「メールだとわかり辛い(????)からFaxで送ってくれ」などといわれることも少なくない。私の知る限りいわゆる先進諸国でいまだにFAXを使っているのは日本くらいだと思う。政府はペーパーレス、キャッシュレスを推進しようとしているようだが、肝心の会社関係でなかなか進まない原因がここにある。

キャッシュレスも昨今7payが大きな社会問題になったように、社会的信用性を大きく損ねる事態が起きている。これは要するに「コストダウン」の観点から各電子決済会社がセキュリテイにお金をかけることを躊躇するケースがあるし、何よりも「便利さ」と「セキュリテイ」は反比例する、ということを理解していない日本人が多いためである。「セキュリテイ」をきちんとするためには「便利さ」をある程度犠牲にしなければならない。

要するにハードウエアの問題ではなくITのツールを使うマインドがまだ日本人は社会について行っていないのである。

(2)グローバル化が進まない日本

日本人は島国の人間なので、日常的に自分の周囲のみの人達との関係、もしくは「日本国内だけ」を見て行動する人たちが圧倒的に多い。 

そもそも日本人の間にグローバル化について誤解している人が多い。日本人は某竹中のようにグローバル化=新自由主義と同義語に考えている人が少なくないがそれは全く間違った認識である。実際は「機会が均等な条件で公平な競争をする」という意味で弱肉強食で失敗者を「自己責任の論理」で黙らせてしまう新自由主義とは違う

映画、音楽の分野でのグローバリズムについて
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2017/04/post-589d.html

続きを読む "「思考停止」「無関心」が多い日本はコンテンツ制作だけでなくすべてにおいて後進国に転落。原因は「一億総サラリーマン化」"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »