i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 空母「いぶき」佐藤浩市発言ー産経記者阿比留瑠比の「やらかし」で関係者への炎上、圧力をかけ表現の自由の危機的状況を発し続ける産経新聞とネトウヨ | トップページ | 「iTunes」は廃止へ ーストリーミング本格時代の到来 »

2019年5月20日 (月)

映画のサウンドデザイン(音全般)のクオリティの向上をよびかけるー日本映画が世界レベルになるために

もう10日近く前の話だけど下北沢でダマー国際映画祭が開催された。ハリウッド一流プロデユーサーが審査員となっている映画祭で日本ではShort Short(SSFA)や広島国際アニメ映画祭とならび国際的な映画祭の開催である。

詳しいレポートは別のブログに書いてありますのでそちらを参照されたい

当グループ推奨のダマー国際映画祭の終了報告です。:
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/musiciansandindustry/2019/05/post-c4ba7d.html

作品は世界中から提出され会場も国際色豊かな映画祭だったが、ここで図らずも日本の映画と海外の映画で顕著な違いを実感してしまった。

ひとことでいえばサウンドデザイン(音響ー音声、音楽を含む)に関して歴然としたレベルの違いがあった、という点

実は映画の音の部分に関わる人間の端くれとして最近「日本映画の音は酷い」という評判をよく耳にする。実際日本の某映画祭での上映でも音声がロコツにブツっていうノイズが入っていたりなんていうケースがあったが、これ海外の映画祭でこれをやったら一発アウトである。

そしてあえていうが「自主映画なんだからそれくらい大目に見て欲しい」などという人がいるがそれは甘えである。少なくともプロの映画人は云ってはならない言葉だ

これも以前書いたが、日本の特に自主映画、インデペンデント映画では撮影だけで殆どお金を使い果たしてしまい。ポストプロダクション(通称ポスプロ)の予算を確保していないケースが非常に多いのだ。だから整音やカラコレすらロクにしていない作品が平気で出てきたりする。また最近芸能プロが映画を作る、というパターンが増えているが殆どケースで映画制作のプロセス(工程)をきちんと理解していないケースが多く、ポスプロでクオリティを保つための最低限度の費用をかけない、というケースが少なくない

音声って必要なの? カメラのマイクだけじゃダメなの?

MAって何? 必要なのそれ?

某芸能プロが企画した映画で実際某芸能プロの社長が発した台詞だ。どうも誰が云いだしたのか知らないがデジタルカメラ時代に入り「タダ同然で映画が作れる」などという情報が一人歩きした。そのためポスプロでクオリティを保つための最低限度の費用をかけないことが平然と行われることになったのである。

実際いつころからこういう風潮が蔓延したのかわからないが、今テレビの世界でも映画の世界でも「いいものを作る」ではなく「いかに安く作るか」ということが当たり前のように優先される時代になった。例の「カメラを止めるな!」の大ヒットでも予算の300万という数字だけが一人歩きし、「映画って300万でできるんだ」みたいなおかしな先入観が映画業界から一般の報道にまで広まってしまい、映画製作のブラックな状況を余計に悪化させている現状がある。(腹が立つのは300万で映画を作る、という話に飛びついたのはメジャーな某映画会社というのが目も当てられない)これは映画に限らないのだろうが、「コストがかかる=企業努力が足りない」などと短絡的に決めつけ何でも「安く作る」ことが是となっているのが昨今の日本の現状だ

実際まともなクオリティにしようと思ったらポストプロダクション費用だけで200-300万は最低かかる。それなりのポスプロスタジオを使えばそのくらいすぐかかるのだが、撮影で殆どの予算を使い果たしてしまうという結果ポストプロダクションにかける費用が殆どなく、編集だけでなくVFXその他の視覚効果、カラコレ、整音のMA等本来プロレベルの映画にするのに当然な費用をかけないで海外の映画祭に出してしまうというケースが後を絶たないのが昨今の状況だ。

海外の人とのやりとりで実はみえてきたことがある。それは今大多数の日本人の考え方とおそらくは真逆の考え方だろうと思う

それは 予算を低くするというのは自らの価値を下げている、 ということだ。

何でもコストを下げる、「安く作る」というのは大量生産の工業製品ならその考え方でいい。だが映画、音楽、テレビ番組のコンテンツは大量生産商品ではなく「文化」である。そこを取り違えている人間が多すぎる。

実際日本では「低予算」というのを自慢するような風潮があるが、海外では寧ろバカにされるのである

海外では殆どお金がかけられない映画の音響録音にしても使うマイクやミキサー(日本の映画の撮影で音声のミキサーまで現場に導入しているケースは多くないのが驚きである)によって音質が入念にチェックされる。日本は音関係は全部後回しにされるが海外では映像と同じように重用視されているのだ

だから残念だが、先程のダマー国際映画祭がにおいては日本の作品と海外の作品で音質の違いが歴然としているくらい違っているのを感じた。サウンドデザイン(音響)に対する姿勢が全く違うのである、録音さんに優秀なエンジニアを採用しているのがわかる。

低予算だからサウンドデザイン、音楽にお金をかけなくていい。なんていうのは全く理由にならない。アメリカアカデミー賞で一昨年作品賞をとった映画「ムーンライト」はハリウッドでも最低レベルの予算しかかかっていない(それでも6億だ)これといったスター俳優(逆にアカデミー助演男優賞を取ったマハーシャラ・アリがブレークするきっかけになった)が出ていない映画だが、そのアメリカでも最低レベルの映画の予算でもサウンドデザイン(音響)と音楽には手を抜かないぞ、という姿勢が明確に作品に出ていた。実際劇場で見に行ったのだが音響は5.1サラウンドで映画音楽もかなり丁寧にきちんと作られていた。

映画ムーンライト  http://moonlight-movie.jp/

Moonlight

こういう姿勢が日本の映画になかなか見られないのは非常に残念である。この姿勢を改めないと日本の映画が世界レベルになることはない

 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。