i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 「劇伴音楽」と「映画音楽」は違うーミシェルルグランの訃報に思う | トップページ | 豊洲ミュージックナイトという音楽イベントのオーガナイザーをやりました »

2019年2月 6日 (水)

取材旅行をした制作番組「世界の船旅」オンエアを終えて

もう先日の土曜日(2日)の話になるんですが、昨年の11月末ー12月初旬にBSテレビ朝日の番組「世界の船旅」の取材旅行で撮影、取材した番組がオンエアされました。

詳細な内容はこちらをお読みください

「くつろぎの客船で巡る カナリア諸島クルーズ ポルトガル、スペイン」
https://www.bs-asahi.co.jp/funatabi/lineup/prg_331/

Prg_331_00

 通常はこの番組、カメラマンがデイレクターを兼ねて一人で取材、撮影するというハードなものですが、今回は番組制作だけではなく、スポンサーのJTBの日本向けの集客用VPの素材も撮影するために、通常の取材よりは詳細なものが必要とのことで、私が通訳、ならびに制作のサポート等を行うために帯同しました。

マリーナ号という豪華客船で、個人的に撮った写真でしたが番組でバッテイングするといけないので今まで封印してきましたが、もうオンエアも終わったからいいだろうと思うのでここで船内の写真を改めて公開しちゃいましょう。(^^)

マリーナ号のスイートルーム

Img_0163

Img_0165 広いベッドです。同型のベッドで寝ましたがとても寝心地がよく、船内の取材はスポンサーのリクエストが多かったため、分刻みのスケジュールでかなりハードでしたが、これでかなり疲労を回復させることができました。

Img_0164

映画をオンデマンドで見ることができる部屋もあります

Img_0169

バスルームも広いですね。

実に贅沢なバスルームです。

ちなみに下の写真のようにスイートルームには広いベランダがあり、そこでバスに入ることもできます。

Img_0156

Img_0167

レストランの風景です

Img_0173

Img_0183

Img_0184

スパもあります。

Img_0170

Img_0171

乗客のためのラウンジ
ここで乗客のためのフリーwifiや各国の新聞も調達できます。ドリンクはソフトドリンクのみですが、フリードリンクです

Img_0179

番組でも紹介された寄港地、実際取材旅行した我々の方がかなり現地について詳しいレポートを書いています。ご興味のある方は以下のリンクをクリックして下さい

■ヨーロッパ取材旅行ーポルトガル リスボンレポート
http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/12/08/225144

■ヨーロッパ取材旅行2ー西ヨーロッパ最古の街 カデイス
http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/12/09/000000

ちなみに番組でリスボンがヨーロッパ最古の都市であるかのように云っていましたがそれは編集したデイレクターの方の思い違いで、実際にはカデイスが西ヨーロッパ最古の都市です。紀元前から都市だった街ですから..

■ヨーロッパ取材旅行3ーカナリア諸島 アレシフェ島
http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/12/10/224925

■ヨーロッパ取材旅行4ーカナリア諸島 テネリフェ島http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/12/11/134358

そして最後に全体の感想、所感です

■ヨーロッパ取材旅行ー決して「セレブ」のためではなかった客船の旅
http://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2018/12/14/121351

10日間の取材が25分の番組に集約されましたが、番組のCMにもありましたが、JTBの客船説明会がありたぶんそこで流される映像VPも我々の取材の映像です。JTBとしては寧ろそちらの方をメインに考えているでしょうね
http://www.jtb.co.jp/cruise/event/

今回は本来の音楽の仕事ではなく撮影隊のスタッフとして参加したわけですが、まあこういう機会が今後も増えるんじゃないかと思います。実際音楽家といっても映画音楽、映像のための音楽を主体に制作しているわけですし、撮影現場に音楽家役としても何回か参加する等映像制作、撮影の工程もだんだん頭に入ってきました。もともと「制作」という作業は嫌いじゃなのでまた機会があれば参加したいと思います。

ちなみに番組のクレジットが私の本名になってました。まあ音楽家として参加していないから、ま、いっか(笑)、という感じですが..
どうも以前テレビドラマの音楽をやったら私の文字が間違ってかかれていたり(大野恭史の「恭」がおかしな字になっていたり(^^;)) 私のクレジットが「音楽」ではなく「音響」になっていたり等
なんか日本のテレビとの相性が良くないのか名前にからむ「事故」が多いですね、今回はもしかしたら、許容範囲かもしれないんですが..


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。