i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 2018年10月 | トップページ

2018年11月15日 (木)

ボヘミアンラプソデイー 私が「ロック史上最高傑作」と題している理由と私の考えるロック最高傑作ベスト5

昨日ようやく見たくて仕方がなかった「ボヘミアンラプソデイー」を見に行った。

06_0101_01

映画は云わずと知れた伝説のバンドクイーンのボーカル、フレデイ―マーキュリーの生涯を描いた映画。クイーンの名曲の制作風景も描き、クイーンだけでなくロック音楽が好きな人にはたまらない作品
ボヘミアンラプソデイーのEMIとの確執の部分、一部史実と違うところがあるが、それ以外はほぼ史実通りに描いている。

名曲が多いので気が付いたらいっしょに歌いそうになったし、"We will rock you"では気が付いたら席でリズムをとっていた。(いけませんね、はいゴメンなさいm(_ _)m )

それにしても「フレデイ―マーキュリーの替わりはフレデイ―マーキュリーにしか勤まらない」といわれるこの強烈な個性のアーチストをよく演じきれる俳優さんを見つけたものだ、と改めて驚く。演じたのはアメリカの俳優のRami Malek という人だが最初は「自分には無理だ」とかなり固辞したというが、周囲の説得でようやく引き受けたという。おそらく想像を超えるプレッシャーだったと思うがよくやり遂げたと思う。心からお疲れ様でしたといいたい。

但し個人的にはクイーンの4人で一番にていたのはブライアンメイ役のGwilym Lee だと思う。本当にブライアンメイ本人ではないかと見紛えるほどだった。

それにしてもこの映画のタイトルがなぜ「フレデイ―マーキュリー」ではなく「ボヘミアンラプソデイー」なのか? おそらくこれはボヘミアンラプソデイーの歌詞にポイントがあるような気がする。無論これは私の勝手な解釈だ。異論がある人もいるだろうがそういう方は読み流していただきたい

以下の詩の部分である

Too late,my time has come, 
Sends shivers down my spine-
Bodys aching all the time,
Goodbye everybody-Ive got to go-
Gotta leave you all behind and face the truth-
Mama ooo- (any way the wind blows)
I dont want to die,
I sometimes wish Id never been born at all-

以下翻訳

もう遅い、私の最期の時が来た
背骨が震えてきたし、いつも体中が痛い
皆さんさようなら。もう行かねばならない(逝かねば?)
みんなの元を去り真実と迎えなければならない
お母さん ああ
死にたくないよ
時々生まれて来なければよかったとさえ思う

ロック好きにはたまらない映画だった。素晴らしい映画で感動した

さて、私はこの「ボヘミアンラプソデイー」はロック史上の最高傑作だと考えている。実は私が勝手に決めている3種類の評価軸があって、それを基準に考えると「ボヘミアンラプソデイー」はいずれも満点の評価なのだ

これは私の評価の仕方なので当然異論がある人もいるだろう。そういう方は読み流していただきたい

その3つの評価軸とはA (芸術性、クリエイテイビテイ) B (大衆性:エンタテインメント性) C(完成度ー作品として完璧なものか)の3つである

続きを読む "ボヘミアンラプソデイー 私が「ロック史上最高傑作」と題している理由と私の考えるロック最高傑作ベスト5"

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

各国のSNSの状況にみる世界と日本のストリーミング市場の動向について考える

以前の記事にもかいたけど、欧米ではすっかりSpotify, Apple Musicを中心としたストリーミングが主体となっており、それで日本以外の海外の音楽産業はV字回復し音楽不況は既に過去のものになっていることを書いた。

その関係もあって私の以前からCD Babyその他で提出しておいた拙作metanatureを始めこれからいくつかの曲をSpotify,を始めとしたストリーミングにデジタルデイストリビューションしようと考えている。主に過去の一部の作品やここしばらくの拙作でサントラ等になりそうにない曲で、このまま廃れてしまうのに忍びない曲を中心に出そうと考えている。いずれも今後のストリーミング中心の音楽マーケットに関してノウハウを取得しようという考えでもあるのだが、Spotify,ではプレイリストの中に入れてもらえるように自分でもいろいろ努力はしているが、やはりシステム上かなり昔に音源を提出しているので、Spotify,で一番影響力の大きいEditorialのプレイリストへのサブミッションがむずかしい。わざわざ新規提出するのはその「演習」のためである。

こうしたストリーミングのプロモーションは勿論リアルメデイアでのプロモーションも大きいが大半がソーシャルメデイアを中心にプロモーションされる。そのためインフルエンサーへの情報提供能力やtwitterのフォロワー数とかが大きな要素になるが、ちなみに私の最大の弱点はtwitterのフォロワー数の少なさだ。Facebookではグループの管理人をやったりそこそこ使いこなしているがtwitterのフォロワー数には苦戦している。もしこの記事を読んでいらっしゃる方で私の記事にご興味ある方は是非フォローしていただければ幸いである

https://twitter.com/kyojiohno

いずれにせよソーシャルメデイアがストリーミングの再生回数を増やす1つの大きな要素になるがそれに関して興味深いというか気になる情報をおしえていただいた。

各国のソーシャルメデイアの使用状況、とりわけ将来社会の消費増の主体になるべくジェネレーションZ(現在の18-28歳くらい)に関する調査で、どのソーシャルメデイアに使用頻度が多いかについての調査表がある

000210654_illustration_large

ここで中国ではSNSのインフラが他国と全然違うのでそもそも比較の対象にすらならないのであくまで参考資料の域を出ない。しかしそれ以外の日本を含む各国のソーシャルネットの使用頻度でFacebookがベスト5に入っていないのは日本だけ。圧倒的多数は日本ではLineで上記の表には出ていないが日本でもInstagramがベスト5に入るのは時間の問題と思われる。また国にとって多少順位が違うがほぼ全世界でYou Tubeが相当重要なメデイアになっている点も見逃すことができない。今やYou tubeはコンテンツのプロモーションにはなくてはならないものである。

勿論上記の表はあくまでジェネレーションZを対象とした順位であり、30代それ以上のユーザーをいれた使用頻度だとまた大きく変わっていくことが予想される。

続きを読む "各国のSNSの状況にみる世界と日本のストリーミング市場の動向について考える"

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ