i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« CDがなくなることで変わって行く作曲家の宣材の形ーあくまで1つの案です | トップページ | 楽器フェア2018ープレミアムグランドピアノ試弾会その他レポート »

2018年10月20日 (土)

またインデペンデント映画で新たなブーム? 千原ジュニア主演映画「ごっこ」明日より公開

私はスタッフでもなんでもないんだけど、なりゆきでちょっと宣伝のお手伝いをしている映画「ごっこ」が明日より公開されます。

http://gokko-movie.jp/

千原ジュニア主演で早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語の映画化
ユーロスペース他10劇場で明日より公開されます。

予告編トレーラー

今年は「カメラを止めるな」を始めインデペンデントの映画が大きな社会現象になっていますが、この映画も同じくらいのインパクトを社会に与える可能性がある、この映画を見てそう思いました。

「スーパージャンプ」で連載された早世の小路 啓之原作の実写化。
事情により完成から公開まで時間がかかったけどようやく原作者の小路氏の命日にあたる10月20日に公開。一旦お蔵入りになりそうな作品だったんですが結論からいってこの作品をお蔵入りするなんてとんでもない、といっていいほど「素晴らしい映画」でした。あまりに切なくて泣ける映画です。

設定をみるとどなたかおっしゃってましたが確かに『万引き家族』を思わせる設定があります(実際には「万引家族」より先に撮影されています)が、私は寧ろシチュエーションは違うにせよジャンレノと子供時代のナタリーポートマンの「レオン」を思い出しました。ただ「レオン」の場合は恋愛なのか父性なのかわからないところがあるけど、この「ごっこ」は明確に父性による愛情。両方の映画で描かれているのは愛する者を守ろうとする男の姿だと思います。そのために起きてしまう不幸

尚、今のうちにいっておきます。最後のクライマックスシーンは必ずハンカチをご用意ください。たぶん映画を見た大多数の方は泣きます。号泣します。本当にこれでもか、と涙腺を刺激する台詞がたたみかけてきます。

そしてその後とてもいい映画を見ることができた幸福感を感じると思います

「カメラを止めるな!」を始めインデペンデント映画に傑作がふえていますね。この「ごっこ」もその1つといっていいと思います。まさにメジャーにインデペンデントがとってかわるムーブメントが到来しつつあります。映画も音楽の歴史も実はその繰り返しなんですね。面白い時代が来ています

「ごっこ 」
早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。

STORY
大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。
実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。
十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。
ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう……。

「カメラを止めるな」は大笑いできる映画でしたが、この映画は本当に泣けます。映画で一度も泣いたことのない方、是非この映画をご覧ください

Gokko

この映画で唯一残念なこと?


それは私がこの映画の制作に関わることができなかったこと.. (^^;;)

こういう映画の仕事を是非したいものだ..と思います。どなたかいい映画の企画があったら声かけてください。死ぬ気で音楽作りますよ-

10月20日(土)〜
11月24日(土)〜12月7日(金)
12月29日(土)〜1月11日(金)
この映画、お蔵入りにならなくてよかった...   
本当に心の底からそう思います。是非ご覧あれ

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。