i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月21日 (日)

楽器フェア2018ープレミアムグランドピアノ試弾会その他レポート

2年おきに開催される楽器フェア。行ってきました。

Gakki201800

この楽器フェアで毎回楽しみにしている世界3大ピアノ(スタインウエイ、ベーゼンドルファー、べヒシュタイン)と日本を代表する2大ピアノメーカーのYAMAHA, カワイのピアノの最高機種の試弾会があり、今年も参加しました。2週間くらい前から予約していたんですが、もうかなりいっぱいで土曜日の朝くらいしかまとまった時間を予約することができませんでした。

Premium00

Premium01_2

Premium02

いずれも数千万円クラスのピアノです。海外でもYAMAHA, カワイが普及してはいるのですが、世界三大ピアノに対してどれだけのクオリティで対抗できるか、1つ1つのピアノについて紹介しておきましょう。

(1)YAMAHA(ヤマハ)CFX

Premium_yamaha1

ヤマハの最高プレミアムピアノ
いわゆるヤマハ的なサウンドではない本格的ピアノ。低音、中音、高音と全般的に平均以上に仕上がっているところがヤマハらしいと思います。

1900万円

(2) カワイ SK-EX (非売品)

そして今回の試弾会
私自身お仕事で河合楽器製作所さんとのおつきあいがあり、何度もショールーム等で試弾させていただいたことがあるので、この素晴らしさはある程度知ってはいましたが、今回展示された最高級ピアノ「シゲルカワイ」はやはり特筆すべきものでした

Premium_shigerukawai1

Premium_shigerukawai2

このシゲルカワイ
河合楽器製作所の二代目社長の故河合滋氏(1922-2006)が生涯かけて作り上げた最高級ピアノです。
「日本人にも世界三大ピアノに負けないピアノを作ろう」という触れ込み通りにさまざまな試行錯誤の上作られたピアノで実際に試弾しまして本当に三大ピアノに引けを取らない音色に仕上がっていました。アメリカではスタインウェイと同等の評価を得つつあるとのことですがm今日の5つのピアノでは一番弾いていて気持ちが良かったです。惜しむらくは低音の伸びがもう少しあれば完全にベーゼンドルファーやペヒシュタインを凌駕できるといっていいでしょう。世界のトップピアノといっていいレベルまで仕上がっています。

X-JapanのYoshikiが愛用していることからも知られるピアノ。決してカワイさんとお仕事で取り引きがあるから言うんじゃないですが日本人はこのピアノを誇っていいと思います。

展示されたピアノは非売品ですが2000万円相当

(3) C.BECHSTEIN (C.ベヒシュタイン) D282

Premium_bechstein1

Premium_bechstein2


続きを読む "楽器フェア2018ープレミアムグランドピアノ試弾会その他レポート"

| | コメント (0)

2018年10月20日 (土)

またインデペンデント映画で新たなブーム? 千原ジュニア主演映画「ごっこ」明日より公開

私はスタッフでもなんでもないんだけど、なりゆきでちょっと宣伝のお手伝いをしている映画「ごっこ」が明日より公開されます。

http://gokko-movie.jp/

千原ジュニア主演で早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語の映画化
ユーロスペース他10劇場で明日より公開されます。

予告編トレーラー

今年は「カメラを止めるな」を始めインデペンデントの映画が大きな社会現象になっていますが、この映画も同じくらいのインパクトを社会に与える可能性がある、この映画を見てそう思いました。

「スーパージャンプ」で連載された早世の小路 啓之原作の実写化。
事情により完成から公開まで時間がかかったけどようやく原作者の小路氏の命日にあたる10月20日に公開。一旦お蔵入りになりそうな作品だったんですが結論からいってこの作品をお蔵入りするなんてとんでもない、といっていいほど「素晴らしい映画」でした。あまりに切なくて泣ける映画です。

設定をみるとどなたかおっしゃってましたが確かに『万引き家族』を思わせる設定があります(実際には「万引家族」より先に撮影されています)が、私は寧ろシチュエーションは違うにせよジャンレノと子供時代のナタリーポートマンの「レオン」を思い出しました。ただ「レオン」の場合は恋愛なのか父性なのかわからないところがあるけど、この「ごっこ」は明確に父性による愛情。両方の映画で描かれているのは愛する者を守ろうとする男の姿だと思います。そのために起きてしまう不幸

尚、今のうちにいっておきます。最後のクライマックスシーンは必ずハンカチをご用意ください。たぶん映画を見た大多数の方は泣きます。号泣します。本当にこれでもか、と涙腺を刺激する台詞がたたみかけてきます。

そしてその後とてもいい映画を見ることができた幸福感を感じると思います

「カメラを止めるな!」を始めインデペンデント映画に傑作がふえていますね。この「ごっこ」もその1つといっていいと思います。まさにメジャーにインデペンデントがとってかわるムーブメントが到来しつつあります。映画も音楽の歴史も実はその繰り返しなんですね。面白い時代が来ています

「ごっこ 」
早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。

STORY
大阪の寂れた帽子店には、40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳児・ヨヨ子の親子が仲睦まじく暮らしていた。
実はこの二人、他人に知られてはいけない秘密を抱えた親子だった。
十数年ぶりに城宮が実家に戻ったことを知る幼馴染で警察官のマチは、突如現れたヨヨ子に疑いの目を向ける。
ごっこ生活のような不安定な二人のその日暮らしはある日突然、衝撃の事実によって崩壊してしまう……。

「カメラを止めるな」は大笑いできる映画でしたが、この映画は本当に泣けます。映画で一度も泣いたことのない方、是非この映画をご覧ください

Gokko

この映画で唯一残念なこと?


それは私がこの映画の制作に関わることができなかったこと.. (^^;;)

こういう映画の仕事を是非したいものだ..と思います。どなたかいい映画の企画があったら声かけてください。死ぬ気で音楽作りますよ-

10月20日(土)〜
11月24日(土)〜12月7日(金)
12月29日(土)〜1月11日(金)
この映画、お蔵入りにならなくてよかった...   
本当に心の底からそう思います。是非ご覧あれ

| | コメント (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »