i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 本格グローバル時代のアーチストや業界関係者の心掛けー大幅な意識改革が必要 | トップページ | 残念ながらCDはなくなる運命にある しかしパッケージが完全になくなるわけではない »

2018年7月 8日 (日)

新しいパラダイムにおける日本国内の音楽のインフラ整備とミュージシャンの意識変革の必要性

このブログでも何回も音楽も映像コンテンツもグローバル化してアーチスト、ミュージシャンの意識もこれから大きく買えざるを得ない旨の記事を書いた。SpotifyApple Musicを始め新たな音楽のチャンネルが発展するに辺り、音楽に関するパラダイムが変化していることを当ブログでは何回も書いている。

そうした折、以下の記事を読んだ

■音楽人のサバイブ術
https://www.timeout.jp/tokyo/ja/music/TMOtalk

はっきりいってこの記事を読んでもし全く意味がわからなかったら、あなたは既に世界の音楽の潮流から大きく後れをとっていることを意味している。

twitterをツールとした音楽の告知を始め、上記のSpotifyApple Musicを通して世界に対して自らの音楽を問う、というのはもはや世界中のミュージシャンにとって常識となりつつある。

にも関わらず私は業界関係者や日本のミュージシャンたちの発言を聞くと旧態依然とした内容の発言をいまだによく耳にする

・メジャーデビューしたい
・オリコンのチャートトップを目指すぞ

正直いって君らは一体いつの時代の人間か、と聞きたくなる。

SpotifyApple Musicを配信ならいわゆるメジャーレコードでなくてもtunecores経由で配信できるし、メジャーレコードを通すと殆どの取り分をレコード会社に持って行かれ、自分のところにはたいした配分は来ない

またYouTubeに入る広告は、自身の番組だったらYouTuberに広告収入が入るんだけど、それがミュージックビデオになるとその音楽の版権所有者の元、つまりレコード会社に収入が100パーセント行ってしまうため、全く自分のところには収入が入らない

つまり今の時代メジャーデビューしたところで殆どメリットがないのだ。

こんなことをいうと日本ではまだ「嘘だ」なんていう人がいるけど本当なんですよ。一応私もかつてはメジャーレコードの中で仕事をしていたけど、だからといって私は今メジャーレコードと契約しようなんて、これっぽっちも考えていない

上記文章にも書いてあるように作詞作曲をしているミュージシャンではない人たちは特に、自分たちが版権を持っていないと、お金にはならない。版権元がどこにあるかを明確にして、自分で保持していくことが重要なのだ

さてそうしたなかで海外の音楽や映像のビジネスのファンダメンタルについて問うブログでも何回も述べていたこと、それは世界的に音楽のパラダイムが既に変わっている時に日本だけ今や完全に置いてけぼりになっているという現状だ。

ストリーミングとかがメインになっている現代ではミュージシャンのビジネスのプラットホームも大きく変わらざるを得ない、

それはつまり日本のミュージシャンにわかりやすくいうとこういうことだ

音楽事務所の所属、なんてことはもはや意味がない。自分で考え自分でプロデユースするセルフプロデユース能力が必要。然る後に自分で音楽のマーケテイングや宣伝チャンネルを考える。

もう一度いう 自分で考えるのだ、 他人や音楽事務所の社長がそのうち面倒見てくれるだろう、なんてことは間違っても期待してはいけない。(だいたいその辺の音楽事務所の社長なんて今時代が大きく変わったことを理解している人は私の経験上、極めて少ないーいや、何人かはいるけど大半は理解していないことが多い)だからあてにならないから、自分で音楽の流し方を考え自分で音楽のメデイア戦略を考えるのだ。

それはソーシャルネットを使うことも重要だし、ミュージックビデオや映画、ドラマといった世界に自分から近づいていくのも1つの方法だ。既に海外のミュージシャンの多くはそれを踏まえて自分の活動を行うのだが日本国内で1つ大きな問題がある。

新しいパラダイムの時代に適したインフラが殆ど整備されていないに等しい

ミュージシャンが独立した意識をもつ、ということは自動的に従来の日本の音楽事務所制とは大きく異なるものだ。

つまりこのブログで何回も論じているエージェント制である。

今日本に必要なのは音楽事務所ではない。グローバルな観点からアーチスト、ミュージシャン、女優、俳優を守ってくれる国際エージェントである。

その国際エージェントは殆ど弁護士が行っている、ハリウッドでもアメリカのスポーツでも弁護士の資格を持ったエージェントがギャランテイの交渉、アーチストの知的財産、著作権、肖像権等を守る役割をする。

実際海外で映画出演、あるいは大きなイベント出演、その他諸々については必ず分厚い契約書をかわす。しかも法律専門用語が書いてあるため、私は英語がある程度わかるがその私が読んでもチンプンカンプンな内容だ。そのように契約書を見ただけでは、素人にその見極めは難しいのだ。そうした場合のエージェントが今後必要になっていくし、今後グローバルに活動していくにあたっては必須項目といっていい

だが日本で国際的なエージェント能力をもつ弁護士を探すのは至難の業である。そのためにも日本の弁護士に是非名乗りをあげてアーチストをサポートする活動を始めて欲しい。日本人の弁護士で国際エージェントに名乗りを揚げて欲しいのだ

もう1つは先ほどの文章にも書いてあったように欧米では音楽に情熱を注ぐビジネスのスペシャリストの存在があり、映画や音楽の活動をサポートしている、

ではすっかり定着したクラウドファンデイングだが、特に日本ではそうだが多額な金額のクラウドファンデイングを失敗するケースが多い、そのため何回かにわけてクラウドファンデイングを行っているケースがあるが、正直そんなに効率がいいとはいえない

アメリカではお金を集め、ビジネスのプロフェッショナルがまだ商業レベルにもなっていない映画や音楽をサポートするシステムがあるが、日本でそういうものを望むのは難しいだろうか?

いずれにせよ 音楽でも映画でも時代は変わった

少なくとも日本を除く全世界で変わったのだ。

そしてコンテンツのグローバル化は日本を容赦なく変える「外圧」を加えていく。そして日本もそのパラダイムにシフトしないと完全に後進国、どころか日本のコンテンツ制作の体制は滅んでしまう

だからこそパラダイムに即した日本でのインフラーこれはハードウエアではない、もっとビジネスのプラットホームのインフラ整備だ。これを一刻も早く整備する必要性があることを声を大にしていいたい


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。