i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« グローバルな制作現場のすばらしさー中国ドラマにジャズマンとして出演しました | トップページ | 革命前夜ー音楽、映像制作現場のグローバル化は日本の幕末と同じ »

2018年4月14日 (土)

ストリーミングでアメリカ音楽市場がV字回復-でも日本ではこのままでは無理

日本ではSpotifyが数年前にようやくサービスを開始してApple MusicAmazonもサブスクリプションによるストリーミングサービスが開始されたが、日本の業界筋はいまだにストリーミングに対して否定的だ。

だがアメリカではそのストリーミングサービスを中心に音楽業界の業績がV字回復しているという

Riaa_01

■アメリカ音楽市場がV字回復、音楽ビジネスの新モデル

https://moneyforward.com/media/hobby/48591/

全米レコード協会(RIAA)が発表した最新の統計発表によると、2017年上半期のアメリカ音楽業界の売上は前年に比べて17%増加。約40億ドルになったという。

日本と同じようにCDの売上がピークだった1998年から徐々に減少を続けてきたアメリカの音楽市場だが、2015年に底を打ち、以後は再び成長の動きを見せているという

Riaa_02

そしてその拡大を牽引するのがApple MusicSpotifyなどの定額制ストリーミング配信サービスの普及だという。同発表によると、サービスの有料加入者数は、約3040万人に達し、2016年上半期の2020万人から約50%も増加。音楽業界全体の収益の6割以上をストリーミングサービスが占めるようになっている。一方、ダウンロード配信は19%、CDなどのパッケージメディアの売り上げは16%にとどまっているという。

特にIT系論客が「音楽配信こそが音楽産業の新モデル」と信じて疑わなかったが、音楽配信自体は伸び悩み寧ろ減少の傾向すらあるという。その関係でitunes の音楽配信のサービスを終了し、Apple Musicに統合するという。まだ正式な発表ではないが、itunesの音楽配信サービスが終了するのは時間の問題だろう

■AppleがiTunes Storeの一部サービスを終了へ
http://www.appbank.net/2018/03/07/iphone-application/1510151.php

しかし日本の音楽業界筋の専らの反応はこうだ  信じられない

実際億単位の収入を得るアーティストが続出している状況をよく見ると、その再生回数が半端ではない
23歳の若手ラッパー、リル・ウージー・ヴァートのシングル「XO Tour Llif3」は、米Billboard Hot 100の7位にランクイン。全世界で13億回の再生回数が記録されているという。若手ラッパー、ポスト・マローン全世界で30億回以上の再生回数と億単位の再生回数だ。

ストリーミングの一回の再生による収入はせいぜい0.5-1円だが再生回数が億単位になると当然億単位の収入になる

だが億単位の再生回数を得るためには、日本国内の市場だけを念頭にストリーミングしたところでそれだけの再生回数を得ることはほぼ不可能だ。

つまりこれには全世界でストリーミング、再生をしてもらう。というのが大前提となる。

私が先日の記事で急速にグローバル化が進む映像制作現場をみて「音楽も映像も復活するのはもはやグローバル化しかない」と述べた。つまりガラパゴスに日本の市場だけを見てストリーミングをしても億単位の再生回数を得ることはまず不可能といっていい。となると日本の音楽産業が復活するには音楽コンテンツを最初から全世界に向けて発信するという前提で作らなければならない

しかし日本の音楽産業は今まで日本国内向けー内向きのみの制作だけに専念してきた。あまりに長い間それを続けていたためにそれ以外の発想になかなか移りにくい。特に日本の音楽産業の思考の硬直化は深刻で以前と少しでも違うことをするというだけで拒絶反応がかえってくる。

だが現在少子化で日本国内の人口の減少は既に始まっている、ますます小さくなるパイを複数の会社で取り合うような市場に将来性などあるはずがない。このままの発想ではアメリカやヨーロッパのような産業のV字回復など無理なのである

だから音楽も映画も生き残るにはグローバル化しかないのである

■音楽も映像も復活するのはもはやグローバル化しかない
 http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2018/03/post-71a5.html

図らずも音楽の方も私のこの認識が正しいことが証明されたような気がする。もはや自国のマーケットのみを前提としたコンテンツ作りの時代は音楽でも映像でも終わったということができるだろう

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。