Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月28日 (水)

音楽も映像も復活するのはもはやグローバル化しかない

昨日の記事で日本とアメリカを始めとする海外の映画制作費の違いについて述べた。世界第三の経済大国である日本が映画制作では世界でも最低レベルのバジェットしかない、というこの現実について述べたが

■制作現場や実態を何も知らない奴が映画や音楽の制作費の少なさを嘆く関係者を叩くな!!
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2018/03/post-f47c.html

しかし実はどうすればこれを解決できるかというのは実ははっきりしている。

日本の制作予算がこんなに低い原因は

日本の音楽業界も映画業界も国内市場しか見ていない

からでそのための解決方法は                        

           ↓ ↓
   制作のグローバル化を推進する

これしかない。 小学生でもわかる解決方法だと思う

このブログでも映画制作に関して現在急速なグローバル化が推進されている点は既に言及しているが、グローバル化の進み方は私の想像すら超えるスピードで動いている。この動きはもはや誰にも止められないであろう。

グローバル化に比較的消極的といわれる音楽業界もメジャーではなくインデイースの分野だが実は大きく進行している。世界各地のインディーズレーベルを代表する音楽業界団体「Merlin」が展開され、その中に日本のインデイースレーベルの団体IMCJ (Independent Music Coalition of Japan)が加盟していることが発表された。

■「インディーズレーベル新時代は既に始まっている」音楽ストリーミングとコンテンツ輸出で急成長する「Merlin」が注力する海外展開
http://jaykogami.com/2018/03/15057.html

■New Industry Group for Indie Artists Formed in Japan
https://www.billboard.com/articles/business/8257428/japan-independent-music-coalition-indie-artists-group

日本のメジャーレコードの思考の硬直化は以前から述べているが、メジャーがもたもたしている間に最先端のインデイースレーベルは確実にグローバル化の方向で動いている

映画でもネットフリックスが日本アニメ「デビルマン」を制作、全世界に配信を開始し、私の知り合いの役者多数が出演しているネットフリック制作のジャンレト主演のヤクザ映画"The Outsider"を制作、配信する等、グローバルのアニメ、映画制作が進行している、アマゾンも同じ動きを示しているし、ハリウッド全般もアメリカ以外の合作をどんどん推進している。この流れをみると映画制作にもはや国境はないといってもよい

続きを読む "音楽も映像も復活するのはもはやグローバル化しかない"

| | コメント (0)

2018年3月27日 (火)

制作現場や実態を何も知らない奴が映画や音楽の制作費の少なさを嘆く関係者を叩くな!!

私は音楽家だが映画音楽の仕事もしているので映画の世界にも深く関わっている。その中でこれは今に始まったことではないのだが、そんな中園子温監督が日本の映画の低予算ぶりについて語ったところ、やはりネットのバカ連中に叩かれているらしい

■園子温監督が邦画の低予算ぶりを明かす 米中との歴然とした差に嘆き
http://news.livedoor.com/article/detail/11681452/

以前の当ブログの記事でも音楽の分野でスガシカオが日本の音楽制作費が低いというのを「クリエイターの傲慢にしか過ぎない」と主張していた人物がいたが、どうもネットでは有名人が何を云っても難くせをつけて叩く輩が多いのは困ったものだが、同じように園監督に対しても騒いでいる連中がいるらしい。

(当ブログの記事
  http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2014/05/dlcd-2e5c.html)

だがそういう叩いている連中が実際に音楽や映画の制作現場に一度でも行ったことがあるか、ときかれるとおそらく殆どが間違いなく制作現場などは見たことも行ったこともないだろう。一万歩譲ってたとえ行ったことがあったとしても、その制作現場でどういう作業が行われたなどということは間違いなく理解していないだろう。制作現場というものを少しでも知っていればそんな発言、発想は絶対に出てこないからだ。

おおかたネットで誰かがいった断片的、一面的な情報で「全てを理解した」などという勘違いをして現場を知ったかぶりした無責任な発言をしているパターンだろうが、問題はそういう発言の方がネット住民の受けがいいという困ったパターンがある。

かくして日本のネットはリテラシーの低いネット住民によって、正しくない情報があたかも正しい情報であるかのように伝わってしまう(いわゆるフェイクニュースが伝わるのがこのパターンだ)という最悪のパターンになるわけだが、そういう有名ミュージシャンや映画監督を叩いている人たちは日本というのは世界第三の経済大国(まだ今のところ、だが)であるという事実を果たして覚えているのだろうか?

主要各国の映画売上

Market_motionpic


続きを読む "制作現場や実態を何も知らない奴が映画や音楽の制作費の少なさを嘆く関係者を叩くな!!"

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

大野恭史音楽担当、さんみゅー主演「中野JK 退屈な休日」仕切り直し5月20日DVDリリース

拙音楽担当、一昨年の9月に池袋シネリーブルで劇場公開された映画「中野JK 退屈な休日」

DVDが昨年の11月にリリースされる、はずですがいろいろと考えられない手違いがあり、改めて仕切り直しで5月20日にリリースされることになりました。

監督・脚本中田圭

総合プロデューサー:和田敦也
撮影:飯岡聖英(J.S.C.)/録音:山口勉/音楽:大野恭史
編集・ポストプロダクションプロデューサー:金子尚樹

さんみゅ~(木下綾菜/西園みすず/野田真実/長谷川怜華/小林弥生/新原聖生)
山内遥/川村エミコ(たんぽぽ)/ぶっちゃあ(ブッチャーブラザーズ)/志水季里子/久保新二
友情出演:佐藤永典/渡辺知夏子
四方堂亘/工藤俊作

・販売元: エルデイ

・発売日 2018/5/20

Sanmyu

前回の発売元HPに「中野JK退屈な休日」の記述がなかったので心配だったんですがその心配が的中してしまいました。今回はきちんと掲載しているので安心しました。
http://ld-net.com/items/454/

メーカーさんの方との連絡も一応うまくいっているようですし、ジャケットの校正

29472517_1900920103293990_408628385

わかりつらいと思いますが、一応私のクレジットもDVDに入っています。(^^)

予告編です

という訳で、本日お休みします♡
ある日、学校に行くのが面倒くさくなった女子高生たちは、ズル休みを決定。プチ旅行(と称した散歩)へと出かけるのだった。少女たちが様々な人たちに出会いながら、ほんのちょっと成長していく姿を瑞々しく描いた青春ストーリー。サンミュージックが手掛ける人気アイドルグループ、さんみゅ~第一回主演映画。共演には個性的な面々が集結。彼女たちのドラマに華を添えます。監督は「非金属の夜」「乱暴者の世界」などで注目を受ける俊英、中田圭。

よく考えれば大野が関わった作品。今度こそDVDで発売です

よろしくお願いします

| | コメント (0)

2018年3月 6日 (火)

JASRACの音楽教室からの徴収前倒しで容認ー天下り癒着と三権分立を無視した暴挙ー請求が来た音楽教室は絶対に支払には応じないで下さい

一昨日の記事の続きになるが「音楽教育を守る会」の齋藤事務局長とも連絡を取り合い昨日文化庁内で行われる 文化審議会著作権分科会において音楽教室への徴収前倒し容認について審議される、との情報があった。
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1401785.html

そしてこの記事

■著作権料徴収認める答申=JASRACに音楽教室から―文化審
http://sp.m.jiji.com/generalnews/article/genre/social/id/1976724

答申は、同法で使用料規定は届け出制になっており、裁定制度で個別の利用に著作権が及ぶか否かは判断できないと指摘。裁定による徴収保留は予定していないとし、長官が裁定をした日から徴収可能とした。

 ただ、JASRACに対し、徴収に応じない音楽教室には司法判断確定まで督促をしないなど、社会的混乱を回避する措置を取るよう求めた。
 

確かに文化庁長官の最終裁定はおりていないものの、通常これjは答申どおりに長官の裁定が降りるのが通例なので、事実上これで裁判係争中であるにも関わらず音楽教室に対する請求を行うことが事実上可能になった

私は高級官僚のいかなる形での天下りに反対するのが持論だが、それはこういった官僚と関連団体の癒着を呼ぶからであり、今回のこのケースはまさにその典型といえる。

JASRACと文化庁の間でどのような「裏取引」があったか知らないが、間違いなく天下りがらみで今回の答申が行われたとみるべきだろう

この裁定には2つ大きな問題がある

1、「音楽教育を守る会」及びその他の音楽教室の著作権の演奏権に関する支払い請求をしないよう行政指導の申し入れがあったにも関わらず、その申し入れを事実上無視する答申を出したこと→ 重大な背信行為 道義的問題

2.裁判係争中であるにも関わらず著作権演奏権の請求を事実上強行すること 三権分立を事実上否定する暴挙

齋藤事務局長も「徴収の是非が判断されず、裁判係争中にこのような答申がでることは大変残念」とコメント

裁判の口頭弁論ではJASRAC側に司法の判断を待たずに請求を強行する暴挙を徹底的に糾弾すべきであろう。また全国の音楽教室もこのような姑息な手段を取るJASRACに対して抗議の声をあげて欲しい。音楽文化の明日を守るためにも是非皆さんの力が欲しい

一点だけ全国の音楽教室に申し上げたいのは

仮にJASRACから著作演奏権の支払いの請求が来ても少なくとも裁判が結審するまでは決して支払に応じないでいただきたい。

例え1つの音楽教室が請求に対して支払ってもそれはJASRACにとって「既成事実」となり裁判に悪影響を与えることになる。これこそがJASRACの狙いである。

裁判に勝つためには手段を選ばないJASRAC  今回のような姑息な手段に屈してはならない


| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

オスカーアカデミー賞2018の感想ー急速な映画制作グローバル化で日本人のさらなる挑戦を

本日既にご存じの通りアメリカ映画アカデミー(Oscar)の授賞式が行われた

Img_1563

http://oscar.go.com/

主な受賞作品は以下の通り、全受賞リストはオスカーの公式サイトか以下のサイトを参照のこと

https://www.cinematoday.jp/sp/oscars/nominees/

アカデミー作品賞             ★『シェイプ・オブ・ウォーター』

監督賞             ★ギレルモ・デル・トロ 『シェイプ・オブ・ウォーター』

主演男優賞               ★ゲイリー・オールドマン

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ー原題"The darkest hour")

主演女優賞             ★フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)

作曲賞            ★アレクサンドル・デスプラ『シェイプ・オブ・ウォーター』

歌曲賞            ★「リメンバー・ミー」(『リメンバー・ミー』)

音響編集賞    ★アレクサンドル・デスプラ『シェイプ・オブ・ウォーター』

録音賞            ★「リメンバー・ミー」(『リメンバー・ミー』)

撮影賞注2       ★ロジャー・ディーキンス『ブレードランナー2049』

メイクアップ賞注1    辻一弘、デヴィッド・マリノフスキ、ルーシー・シビック

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』ー原題"The darkest hour"

短篇アニメ賞          ★グレン・キーン『Dear Basketball(原題)』

13部門ノミネートされたギレルモ・デル・トロの 『シェイプ・オブ・ウォーター』は他に美術賞を含む4部門受賞、 筋金入りのオタクといわれ日本アニメや特撮ものが好きな監督  『シェイプ・オブ・ウォーター』もウルトラQに出てくる半漁人を思わせるものがある。

日本人では『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で主演のゲーリーオールドマンをまるで別人にメイクした日本人のメイクアーチスト辻一弘さんが受賞、ほかにも短編アニメ部門で桑畑かほるさんがノミネートされたがこちらは残念ながら受賞ならず

320tsuji

辻一弘さん

続きを読む "オスカーアカデミー賞2018の感想ー急速な映画制作グローバル化で日本人のさらなる挑戦を"

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

ふざけるな文化庁!! JASRACの音楽教室からの徴収前倒しで容認との情報 事実であれば重大な背信行為 

本日目を疑うような驚くべき情報が飛び込んできました

28576944_1608502202552750_311931887

まあJASRACが裁判に勝つためには手段を選ばないことは知られていますが、裁判係争中であるにもかかわらず音楽教室への著作権料の請求→容認ということがもし事実であるとするならば、これはJASRACの音楽教室における楽器の指導・練習のための演奏に対する著作権徴収を少なくとも裁判の裁定が下るまでJASRACによる徴収は延期になるといった申し入れを行った、「音楽教育を守る会」及びその意図に賛同した音楽教室側にたいする重大な背信行為にあたるといわざるを得ません。

そしてこのような動きが事実上裁判ではJASRACが勝つことのみを想定しているわけですから。行政がそう判断したことは、少なからず裁判に影響を与えるでしょう。少なくともJASRAC側はそれを主張して裁判を有利に進めることができるはずです。

JASRACは文化庁の天下りの受け入れ機関の1つですから、今回の動きがそれと無関係とは思えません。何らかの談合が文化庁とJASRACの間で行われたと考える方が妥当でしょう、いずれにせよ相も変わらず姑息なことをやってくるなと大きな怒りを覚えます。

音楽教室の皆さんにたいしてはもしJASRACから著作権請求が届いたとしても、それは少なくとも現時点では法的拘束力のないものですから、その請求には応じないようにしていただきたいと思います。

同時に「音楽教育を守る会」としてこの報道が事実であるかを含め、文化庁に対して公開質問状を提出し、事実であった場合は厳重に抗議すべきであると考えます。

音楽教育と無関係の方にも是非この件については重大な関心を持っていただきたいと考える次第です。

関連記事
さすがの文化庁 JASRACの音楽教室からの徴収前倒しで容認
https://blog.goo.ne.jp/krmmk3/e/4095461596d5a3b4c83249c0a0cd14b9


| | コメント (0)

若手アーチストから搾取、食い物にするのが当たり前の業界は衰退して当然である

もう先週の話だが「無料ライブ」をエサに芸能人志望者にセミナーなどをあっせんして強引に法外な金を払わせ収益を得ていたという男が恐喝の疑いで逮捕された

■芸能人志望女性に「殺す」 脅迫容疑で36歳男逮捕
http://www.sanspo.com/geino/news/20171220/tro17122015520014-n1.html

この男と私は面識はないものの私がFacebookで運営している音楽と映像関係のグループ音楽&映像関係者キャステイングに参加していて結果としてグループメンバーの多数が被害にあってしまったという管理人としては痛恨の不覚という事態を引き起こした張本人である。

今回逮捕された富山周平容疑者は既にそのグループから強制退会、ブロックされているがその手口、実態の詳しい点はこちらに書いてある。このように強引に「レッスン料」の名目で参加者から金をまきあげるやり口は三流以下の事務所の常とう手段であり、この点は音楽でも映画でもこういう手口は後を絶たない。

■脅迫で逮捕された富山周平容疑者、経歴、顔写真、勤務会社、ミュージシャンの夢を食い物にする手口を特定
 https://moffungtonpost.com/739

警察が現在余罪を含めて捜査しているようなので、その結果を持ちたいと思うが問題はこうして若手ミュージシャン、芸能人志望者から多額の金額を払わせて搾取するという構造は業界の悪慣習といってもいいほど頻繁に起きている

そもそも芸能界自身内で搾取構造ができあがっている

事務所に所属しても実際売れているのはごく一部で、実際は事務所所属の8割はたいした仕事もなく、時々何かの折に「会費」という名目の参加費をとってライブや映画とかを企画して自分が何となく芸能界とつながっているという気にさせて事務所所属者から実質的に搾取されているケースは日常的に起きている。 (私もその関係の「映画」に関わりそうになったことがある。ギャラが殆どでないことがわかったので私の方からお断りしたが..)

それだけでなく芸能人の契約には問題が多々ある。NHKドラマ「あまちゃん」で人気となったのんさんが独立の際にトラブルとなったケースなどは記憶に新しいが、芸能タレントが所属の事務所を辞める際に、他の所属先と契約を結べない等昔からある芸能界の契約慣行を問題視する動きが出ている。

続きを読む "若手アーチストから搾取、食い物にするのが当たり前の業界は衰退して当然である"

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »