Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« これからは音楽やアーチストが本当に好きな人と音楽が好きなつもりで実は全然好きじゃない人たちで両極化 | トップページ | 映画製作にお金を掛けようとしない日本 デジタル時代で「安くできる」が一人歩きしている日本、このままでは日本は映画のグローバル化に太刀打ちすることはできない »

2018年1月21日 (日)

小室引退騒動にみるエセ正義をふりかざして人を叩く日本社会のおぞましき狂気と病巣

今さら言うまでもない。小室哲哉の引退騒動
私は芸能人の誰が不倫したとか、誰と誰がくっついた離れたなんて話は全く興味ないしどうでもいいと思っている。

Komuro

またお断りしていくが私は音楽家の端くれとして小室哲哉の実績は認めるが、小室の作った音楽がいいと思ったことは実は一度もない。Globeだろうが小室がプロデユースしたA社系のアーチストの曲だろうが安室の曲を除いてはいいと思ったことなど一度もない

だが今回の引退騒動はそれらを曲げても激しい嫌悪感を感じる。なぜなら日本社会が極めて不健全でおぞましいほどの狂気が社会全体に蔓延していることを感じるためだ。

今回の事件の病巣を整理するとこうなるのではあるまいか

1.有名人の不倫を始め不祥事に対して「エセ正義」をふりかざして叩く世間のヒマ人、ネットのヒマ人の過剰なまでの倫理に対する潔癖症

最近の日本は特にそうだが、有名人の不祥事に対して極めて不寛容であり、ちょっとでも「間違った」ことをすればまるで社会の重犯罪人であるかのように扱う、今回も妻の介護(くも膜下出血)をしながら看護師と夜を明かした(別に性的関係には陥っていないという)小室を「不倫」だと大騒ぎをしてあたかも重罪人であるかのように晒し、ゴシップネタをおいかける社会のヒマ人、ネットのバカなヒマジンに徹底的に叩かれたという構造。

たたいた連中は自分がどれほど品行方正な生活をしているのかわからんが、人間だから過ちや失敗もする。しかしそのわずかな失敗、過ちも決して許さないまるで倫理に対する潔癖症な社会。

今の日本はまるで中世のヨーロッパのように「倫理」「道徳」があらゆる面で人間の行動を締めつける極めて不健全な社会になっている。しかも中世ヨーロッパはまだ「聖書」という根拠があったが、今の日本は一部の人間の勝手な「思い込み倫理」に基づいた根拠のないものだから余計始末に悪い

そして歴史に少しでも詳しい人間がいれば中世ヨーロッパのような行き過ぎた聖書の原理社会、倫理に対する潔癖症的な社会がいかに不健全な社会だったが理解できるはず。今の日本社会はまさにそうなっている。だから怖気がするほどの不健全な社会になっている

2.その「不祥事」を対象に有名人を叩く、炎上させる輩をあたかも「社会の多数派意見」であると勘違いするマスコミ、大企業

そしてその「中世ヨーロッパ」のような社会に「我こそは正義」といわんばかりに「正義の味方ヅラ」して叩く輩はたいていネット住民か潜在的にナンセンスクレーマーになるような輩だ。そういうエセ正義をふりかざす卑劣漢をいい加減に相手にするのを日本社会はやめたらどうなのか。なぜならそういう輩が一般社会からみれば相手にする価値がない輩である。

あるデータによればネットの「荒らし」「炎上行為」を起す人間はネットユーザーの2%に過ぎないというデータがある。たった2%の連中が起こす大騒ぎを、奴らが「ノイジーマイノリテイ」であるがために、あたかもネットの多数派意見であるかのように錯覚してしまうのだ。

だから文春の報道に便乗して小室を叩いている輩は明らかに「ノイジーマイノリテイー」であるネットのヒマ人だ。ヒマ人だから一人であたかも複数の人間のなりすましの偽装も行うし、とにかく人を叩くためには手段を選ばない。そして叩く相手が有名人であればあるほど、この連中は燃え、そして攻撃は激しくなる。問題はこういう連中の殆どは「相手にする価値などない」連中だが、マスコミや企業などはどうもこの連中を「社会の多数派意見」と勘違いする傾向があるように思う。

だが実際には多数派意見でもなんでもない。社会の2%程度の相手にする価値のない連中なので無視するのが一番の連中である。

3.それでもゴシップ記事を楽しんで読む人たち、ゆえにゴシップ報道はなくならない

今回の不倫騒動をゴシップとして報道した文春に対して非難の声ががあり、文春の公式twitterが炎上しているらしいが、たぶん文春からしてみれば想定された範囲のできごとだろう。問題は報道した文春ではない。要は芸能人のゴシップを楽しんで読む輩がいるからこういうゴシップ報道記事を出すのだ。いくら文春けしからんといっても有名人のゴシップ報道記事を掲載すると爆発的な売れ行きを示す。この事実がある限りこのような出来事はなくならない。

他人のプライバシーの粗探しをしてそれで大騒ぎする、などというのはそれだけでまともな神経の持ち主とは思えない。だいたいそういう大騒ぎする人間は自分の不品行な点をたなに上げて「エセ正義」をふりかざすものだ。

不思議なのは今回の文春の報道(文春砲というそうだ)に対して文春を非難する言動はあっても文春をボイコットしよう、文春の不買運動をしよう、という文言はネットのどこを探しても見当たらないことだ。

ゴシップ記事をだせば売れるから、こういう雑誌はゴシップ報道をするのであり、要はそれを読む人間をなくさない限りこういうことは続く。だから文春の売り上げ増のためにはどんんなにネットで非難をうけようが文春は痛くもかゆくもないだろう。

だが読者の不買運動、ボイコット運動がおきたら話は別だ。、週刊誌のように広告でなりたっているような媒体はボイコット運動が起きたというだけで廃刊の危機に陥る。だがらまさに文春憎しと思うのなら、大々的にボイコット運動を起せばいい、Globeのファン、A社traxのファンなどかなりの数がいるのだからこの人たちの大半が文春のボイコット運動をおこせば文春をつぶすに十分である。

中世ヨーロッパのような息苦しい倫理潔癖症と「エセ正義」をふりかざして正義の味方面して叩く輩。実に不健康で気持ち悪い社会に現代日本はなってしまっている


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。