i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 映画製作にお金を掛けようとしない日本 デジタル時代で「安くできる」が一人歩きしている日本、このままでは日本は映画のグローバル化に太刀打ちすることはできない | トップページ | 文春と小室報道についてーこのままの報道姿勢、番組制作方針を続ければ地上波テレビはいずれ滅亡する »

2018年1月26日 (金)

厳寒の中ゲームアニメ交流会出席しました

久々の参加ですが恒例の「ゲームアニメ交流会」、正式には「アニメ・マンガ・ゲーム中心エンタメ業界親睦会-少し遅い新年会-」に参加しました

Ani_game_koryukai01251802

前回は私が管理するグループの忘年会の日程にモロに重なってしまいその前は超多忙な時期で参加できなかったため半年ぶりの参加です

今までは東新宿の代アニステーションか新宿の某{プールのある}会場だったんですが、今回は西麻布。平成最強の寒波が来襲している最中での参加

Ani_game_koryukai01251800

Ani_game_koryukai01251801

ホント寒かったですー (>_<)

それにしても今回の会場は正直東新宿と比べるとかなり狭い印象を受けます。確か昔クラブかなんかだった場所ですね。なんていうクラブだったか忘れましたが..

Ani_game_koryukai01251803

会場はご覧のようにごった返し

それでも今回は初めて会う人も多く交流会としては一定の成果がありました。特にアニメ関係者ではネットフリックスやアマゾンからみの動きがあることが確認されました。時代は確実に動いています。

実際アニメ会社からしても地上波でも深夜アニメになると制作の観点からももはや旨みがなくなっているのが現実で、ネットフリックスのように全世界同時公開とは制作費の面でも1ケター2ケタ違います。業界としてそちらに流れるのは当然のことだと思います。

外の厳寒とくらべると会場は狭かったんですが熱気にあふれてました

Ani_game_koryukai01251804

出席者170人はいたとのことで、もちろん全員の自己紹介の時間はないですが、恒例の告知タイムはありました。

毎回出演するBANBANのお二人によるものです

Ani_game_koryukai01251805

さて、ここだけの話ですが、交流会は一件飲み会のように見えますが、実は業界で仕事する人間にとっては「営業」の場でもあります。そのためアルコールはありますが我々フリーランスにとっては真剣勝負でもあります。

そのため今までは交流会に参加する時かつては自分のデモCDとプロフィールを大量に用意して、交流会で全部配りきることを自分に課していました。

しかし昨年後半から少しその姿勢に変化が加わるようになりました。というのもそんな自慢するほどのものではないですが、2012年から昨年、2017年までに映画音楽、映像制作に関して一定の実績をつむことができました。具体的には長編映画5本、中編2本、短編映画4本(劇場公開は5本)、そしてテレビ関係で2本、これ以外に教育映画も相当数やらせていただきました。これに関しては本当に感謝の言葉しかないですが、それに伴い業界での私の立場も少し変化していくことになります。

私は欲張りですから今よりもさらに上のレベルを目指そうとしています。そのためには従来宣材を配りまくるのではなく、上のレベルにつながりそうなキーパーソン中心に宣材を渡すという方針に転換しました。そのため交流会の名刺交換状況によっては全く宣材を配らない場合も出てきます。

誤解がないように書いておきますが、決して今まで配った人が無駄だったといっているのではありません。ただ自主制作レベルの映像制作に関してはそろそろ卒業してもいいのではないか、と思っております。あと渡す人がクルーやキャステイングに関して決定権を持っている人なのかどうかもかなり重要です。そしてやはり一定のバジェットによる映画、ドラマのための音楽制作、ポストプロダクションの環境に入り、音のクオリティに関して可能な限り最高のものを普段から目指せる環境に自分をおかないと今以上のレベルの仕事はできない、という結論に至ったからです。これは映画だろうが、ドラマだろうが、アニメ、ゲームであろうが何ら変わりません。

これというのも映像制作のグローバル化が私が予想したペースよりもかなり早く動いているためで、これからは全世界を対象にした映画音楽制作が求められます。そのためにはクオリティ、音質に中途半端な仕事はもはや許されないと考えたゆえの決断です

従来よりは配る宣材は減るでしょうが、その分有意義に使いたいと考えます。時代は大きく変わっていますので..


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。