i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら

« 「中野JK 退屈な休日」DVDの販売遅延と経緯ー販売遅延会社の責任のなすりあい | トップページ | 私大野は2018年3月31日を持ってJASRACとの信託契約を解除致します »

2017年12月13日 (水)

日本在住外国人業界人の忘年会に参加してきました。日本国内の外国人の映像制作マーケットの拡張化

先週の金曜日の話ですが、雨の中日本在住の外国人(主に欧米系)の俳優、ナレーター、映像制作関係者の忘年会が六本木にて行われました。

Jason_bonenkai0

参加者は外国人の映画プロデユーサー、映画監督、デイレクター、俳優、ナレーターその他映像制作のクルー、それに勿論日本人の業界関係者も多数参加しています。

Jason_bonenkai7

日本国内で外国人の映像制作関係者?  と不思議に思う方がいるかもしれません

しかしそれは以前から当ブログで繰り返し述べている映像制作のグローバル化の動きと大きく関係しております。

実は日本業界関係者の間でもあまり知られていませんが、日本国内で海外向けの映像制作のマーケットはかなり大きなものになっています。制作会社の多くはヨーロッパやハリウッドの映画関係者ともコネクションがあり、日本で制作関係の活動を行っています。主な取引先は外資系の企業です。それも誰もが知っているような有名企業が取引先です。(グローバル企業といってもいいですが..)

この外資系の制作会社は殆ど電博のような広告代理店を通しません。なぜなら外資系の会社は地上波のCMを殆どうたないからです。それは彼らの母国でも同様で、殆どがWEB CMかCNN AXNといったケーブル系(広告代理店が不要)でのCMです。

日本にいるとわかりませんが海外ではテレビというと「ケーブルテレビ」のことをいいます。少なくとも先進諸国で地上波テレビの影響が突出しているのは今や日本くらいといってもいいかもしれません。まあ先日の「日本人の情報活用」の話ではないですが、情報に対する意識、リテラシー、扱い方はやはり先進国でも日本は大きく後れをとっていると残念ながら言わざるを得ないのが実態です。

やっかいなのはこれはハードウエアとかシステムの問題ではなく日本人の中にある意識の問題だから、かなり解決は難しいといわざるを得ません。情報に対する接し方というのを日本の学校は殆ど教えていませんからね。アメリカですと「デイベート」の時間というのがあって、議論の仕方というのを実践して学ぶ授業があるんですが、日本の高等教育でそんなものはありません。だからネットでは「自分と意見が違う」ものに接して激昂したり、不快だからといって叩く輩があとを絶たないんですね。ネトウヨなどがその典型ですが、こういう行動は頭のいい人間がやることではありません

まあ地上波もやらないわけではないかもしれませんが、どうも私が見るところ、外資系の会社は電博をあまり信用していないように見えます。読者の中に電博関係者がいたら申し訳ないですが、確かに何もしないでマージンはごっそり持って行きますからね。

その関係でこうした外資系の会社のギャランテイは日本の制作会社よりは条件がいいことが多いです。広告代理店のマージンがないですからね。
加えてここが大事なところですが、欧米系の会社はビジネスに関してはよくも悪くも徹底的にドライです。日本人の感覚では戸惑いを覚えるでしょうが、一方では契約したことは状況がどうなろうが絶対に守ります。ですから日本国内のその辺の制作会社よりはよっぽど信用できます。

加えてこうしたパーテイーや業界関係者との付き合いを見るといかに映像を始めとするコンテンツ制作がグローバル化しているか、ということを実感することになります。何度もいいますがこの流れを止めることは誰にもできません。

Jason_bonenkai5
日本人だけでなく全世界の制作関係者と交流を深める機会になっています

偶然ですが私が音楽をやった上海国際映画祭の劇場CMのプロデューサーと会いました。もう映像制作には全世界的に中国が絡んでますね。実際問題としてハリウッドにはかなりの中国資本が入っています。グローバル化というのはこういうところにも表れています

Jason_bonenkai8

まあそれにしても盛り上がり方は日本人とは違います (^o^)

Jason_bonenkai6

Jason_bonenkai3

Jason_bonenka4
海外で絶大な評価を受けているKAO=Sのボーカルの川渕かおりさん、ハリウッド俳優の鈴木誠克さんと記念写真。

日本人が海外の映画や音楽メデイアに登場するのはもはや珍しくない時代に入ってきました。

映画に関してはもはや完全に国境がなくなり、メジャーの映画も全世界同時公開を前提としたものになっています。ゲームなどはとっくの昔にそうなっていますし、今アニメもそうなりつつあるんですね。
これが起きるとどうなるか、というと大手プロの人間だからハリウッド映画に出られるわけではない(寧ろいろんな制約があってかえって難しい)ということで、誰にでもチャンスが訪れるということです。実際日本では無名の俳優さんとか普通にハリウッド映画に出ている時代ですからね。数年前なら考えられなかったことが今現実に起き始めています。

残念ながら音楽だけがそうなっていないし、このままだと音楽だけ完全に置いてけぼりです。しかも音制連や音事協は云うに及ばず日本のレコード会社にそういう状況を理解する頭がないのが残念です。彼らの思考の硬直化はもはや救いがたいレベルですね。ですから彼らはもう放っておくしかありません。

この映像制作現場のグローバル化というのは日本の芸能マスコミは殆ど報じませんが、もはや日本の音楽界、芸能界を根底からくつがえすくらいの動きがおきています。5-6年前だったら無名の日本人俳優が「ハリウッドデビューする」などといったら「無謀だ」とか「身の程知らず」とかいって袋叩きにあったものですが、今はもう普通にそういうことができる時代になっています。

それを生かせるかどうかは皆さん次第です。ということでがんばって下さい(^^)

Jason_bonenkai
最後に記念写真ー (^o^)


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。