Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月26日 (日)

業界右肩下がり20年ー音楽業界の業績回復を阻んでいる音楽業界の5つの体質

私が一応まで仕事している音楽業界は1998年から現在に至るまで20年間売上額が前年を下回る右肩下がりの事業運営を続けている。
普通これだけ長い低迷を続けていれば、その蟻地獄のような右肩下がり傾向から脱却すべく何らかの対策をうつのがまともな事業者としてのありかただと思うのだが、前に何度も書いたが不思議なことに、それに対する対策、創意工夫というのを今にいたるまで全くといっていいほどやっていない

全ては「CDが売れなくなったから」とか酷い場合は「音楽がこうなったのは全てネットのせいだ」といって、むしろ半分開き直って斜陽産業であることを理由に対策らしいことをしていないというのが実態である。

映画やドラマ等の映像制作が最近活気をおびて大きなうねりを描いているのとは対照的に音楽の世界は「活気がない」「元気がない」、はっきりいってもはや業界というのもおこがましいほど、殆ど機能していない状態といっていい。映像制作はグローバル化してどんどん発展していくのとは対照的にこのままでは音楽だけが置いてけぼりを食う可能性がきわめて高い。しかし相変わらず音楽業界関係者の危機感は極めて低いといわざるを得ない

そこであえてその音楽業界の業績回復を妨げている原因を考えると、実は原因は音楽業界関係者そのものに原因があるといえるのだ。こういうとおそらく反発をくらうことを承知の上で「音楽業界の回復」を妨げている音楽業界の体質についてここで述べようと思う。
大きくわけて5つある

1.カタチに極端にまでこだわる体質

ここでいう「カタチ」とはさまざまなものを指す。勿論ビジネスモデルもそうだし、音楽のジャンル、商慣習、全ての形式について音楽関係者は他の業界に比べて極端なまでに「カタチ」に固執する

ビジネスモデル、プロモーションに関しても「ちょっとでも以前と違う」やりかたをやっただけでロコツなまでの拒絶反応を示す。

またミュージシャンの方も「ジャンル」という音楽の「カタチ」にこだわる傾向が日本の場合特に強い。欧米ではクラシックやその他のジャンルのミュージシャンが他のジャンルのミュージシャンとコラボレーションする、というのは普通に行われているのだが、日本ではなかなか行われない。仮にやっても、「特定のジャンルの他のミュージシャンの目」を気にしてあまり大っぴらにしたがらないミュージシャンも少なくない。

プロモーションに関してもそうだ。信じられないことだがいまだにメジャーのレコード会社を見てもとっくに終わった「音楽バブル」の頃の発想から抜けきっていないという実態がある。「音楽バブル」の時の「常識」からちょっとでも外れたことをすると拒絶反応を起こす体質が強いためだ。この業界ほど「カタチ」に極端なまでに固執する業界もないのではないかと思う。

だが「カタチ」なんてものは所詮ビジネス、表現、その他の単なる「手段」に過ぎない。そして「手段」なんてものは状況、環境、時代によってどうにでも変わるものである。だから「手段」を絶対視しその他の「カタチ」を受け付けないことは思考の硬直化をまねき、客観的にみても極めてナンセンスなものだ。だがそのナンセンスにこだわる人間が音楽の世界はスタッフ側もミュージシャンも非常に多いというのは困ったものだ。

2 頭を使うことを極端に嫌う体質

音楽業界は現在でもそうだが、タイアップとか音楽でのメデイアの露出をプロモーションの主眼点においていて、「音楽を説明する」つまり「説明を必要とする商品」というものを極端に苦手している。長い間そういうやりかたをやってきたため「創意工夫」とか「頭を使う」ということを極端に嫌がる体質ができあがってしまった。

そしてそれは音楽のプロモーションの部分だけに留まらない。

ライブやアルバムの企画、プロモーション戦略ー全て頭を使うような作業には拒絶反応を示す

営業面、集客面、ありとあらゆる点で創意工夫等の「頭を使う」ということを極端にまで嫌う業界体質になってしまった

云ってみれば「業界全体が思考停止」 という状態

これだけでも音楽業界が回復しない理由は明らかだろう

続きを読む "業界右肩下がり20年ー音楽業界の業績回復を阻んでいる音楽業界の5つの体質"

| | コメント (0)

2017年11月23日 (木)

ブレードランナー2049を見てーハンズジマーとバンゲリスに見る「劇伴」と「映画音楽」の違い

告:ブレードランナー2049に関する若干のネタバレ情報があります。ご覧になっていない方は読まないことをお勧めします

ここ二か月半の業務の殺人的な多忙さで見たい映画をロクに見れなかったのだが昨日ようやく「ブレードランナー2049」を見ることができた

171036

実は4か月ぶりの映画館(^^;;)
ようやく「電気羊の夢」の続きをみることができました

23659533_1556117717768673_209473664

前作より30年後の世界。ネタバレになってしまうが、レプリカントは進化し人類と共存する時代となっている。30年内に「人類の飢餓」そして謎の「大停電」なんかもあったりするがその過程で「人類の救世主」ともなったウオレス社が倒産したタイレル社(旧レプリカンとネクサス6の開発)の資産を受け継ぐが、実はこのウオレス社が人類を支配するという背景でストーリーが始まる。
2049年のロサンジェレスは「強力わかもと」こそなかったが、相変わらず歌舞伎町のような街の感じで見に行った劇場が東宝シネマ新宿だっただけに余計に映画の余韻が残った。AIが駆動する初音ミクのようなバーチャル恋人あり、さまざまな今の日本を思わせるものが盛り込まれていたが、主人公のライアンゴスリング演じるKにもAIによるバーチャル恋人がいるが、演じたのはキューバ出身のアナ デ アーマス 可愛い女優さんなので今後人気が出てくるだろう。 正直いってこういうバーチャル恋人は10年以内には確実に現実化するような気がする。

Mv5bmja3njyzmze1mv5bml5banbnxkftztg

アナ デ アーマス 

さて映画自体はすごいよかったが、一応映画人として音楽をやっている人間からすると正直音楽はハンスジマーでなくバンゲリスの方がよかった、と思っている。最後にバンゲリスの音楽が一瞬流れたけど、エンドロールにもバンゲリスのブレードランナーのテーマを流してほしかったというのが正直な気持ちだ。それは最初のブレードランナーのバンゲリスの音楽がとても印象的だったということもあるが、自分の気持ちとしてブレードランナーのような名作には「映画音楽」があって欲しいと考えるからである。

私も最近になってわかってきたような気がするのだが「映画音楽」と「劇伴音楽」は実は違うのという点だ。

以前の記事で日本を代表する映画音楽の大家佐藤勝先生が
 「劇伴音楽というのは本来、差別用語である」という点について述べた。

続きを読む "ブレードランナー2049を見てーハンズジマーとバンゲリスに見る「劇伴」と「映画音楽」の違い"

| | コメント (0)

情報に対する接し方ーとりわけ音楽関係者の情報の接し方と活用について

ようやく一段落し今日は休日なので久々のブログ記事だけど、ちょっと私自身は深刻だと考えるテーマについてです。
現代の日本人の情報に対する接し方についてなので、本来は私のもう1つのブログ記事に書くべきことかもしれないので、少し迷ったけど結局は音楽関係者の情報に対する接し方、活用の仕方に多大な問題がある、という話なのでこちらのブログ記事に書かせて頂く

ご存じの通り私はFacebookで「音楽&映像関係者キャステイング」という音楽関係のグループの管理人をしている。「キャステイング」という名前がついていることからもわかるように音楽関係、映像映画関係の募集案件に関する投稿が主なグループである。そこで先日完成したばかりの拙音楽担当の最新作「再恋(さいれん)」のエンデイングテーマ曲に関する募集を行った。いわゆるタイアップ案件である

一応業界で一定の期間仕事をしているので、各音楽事務所がタイアップを取るのにどれだけ血眼になっているか、ある程度知っているし、中にはタイアップがらみで事務所同士がケンカするというケースも承知している。そのため応募者は相当数あるだろう、と考えたところ掲載して以降、なかなか応募が来ない、辛うじて締切間近に二件来たものの、探している内容にはマッチせず、結局映画プロデユーサー経由のところに決定した。

実はこのグループでは音楽関係の募集投稿について以前から音楽関係者の反応が鈍い、という問題があった。管理人たる私が信用されていないのか、うちのグループの参加者はみんな仕事が沢山あって、そんな募集なんか興味がないのかわからないが、とにかく音楽関係の募集投稿は本当に反応が鈍かった。

今までの例を挙げると
(1)  某大手リゾート会社地上波CM    女性声楽家(ソプラノ)募集
応募者3名 (結局他社が成約)

(2) 劇場公開ドキュメンタリー映画テーマ曲でのジャズトランペット奏者募集
拙作音楽担当「涙の数だけ笑おうよ」のテーマ曲制作
応募者  0(結局他ルートでキャステイングで奏者決定)

(3)11月8-9日 オペレッタ公演オケメンバー募集
応募者 3名

それにしても何でこんなに毎回応募が少ないのか、わからなかったが、今回いろいろと調べていてあることがわかった。

実は私の知り合いの音楽制作関係者でグループに参加している人5名、また別の人が同じグループ参加者で音楽業界関係者のこの件について聞いてみたら驚くべき答えが返ってきたのだ。

「え? そんな募集あったの? 全然見てなかった」

どうやらグループ「「音楽&映像関係者キャステイング」」はグループ名に「音楽」がついているものの、は実質的に映画、映像のグループと同じ状況になっていた。つまり音楽関係者の殆どから「「音楽&映像関係者キャステイング」」の募集案件は「映画、映像関係の募集しかない」と決めつけられていたようなのだ

続きを読む "情報に対する接し方ーとりわけ音楽関係者の情報の接し方と活用について"

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

オペレッタ編曲、映画二本終わりようやく一段落

9月初頭から殺人的な忙しさが続いた

昨日長編映画のMA(マルチオーデイオ作業ーこれは和製英語で音声、音楽、音響効果等の最終作業を行う)が終了して一段落したけど、ここ二か月半の間に

・オペレッタ"Missシカゴ公爵"ー編曲作業 (一部カットされたとはいえ2時間40分のステージ)
・中編映画「弔い」(57分+主題歌)
・長編映画「再恋(さいれん)(80分)

の3作品の制作が終了した、

この間、予想もしなかった一週間の入院があり、それがいろんな作業へのしわ寄せになり、結果的に殺人的スケジュールに輪をかけた

とはいえ、ミュージシャンで仕事がない人間がいっぱいいることを考えるとやはりありがたい、感謝しなければならないことだけど、今回の一連の作業で今後の制作方針に変更を行おうと考えている

実は今後は短編映画(15分ほど)の音楽をやることになっているし、次回の長編の音楽制作もそう遠くないうちにやる可能性あるけど、たぶん「自主映画」の音楽制作はそれをもって卒業としようと思っている。

自主映画には可能性はある。それを否定するつもりはない、
確かに大化けするケースが決して多くはないがあることも事実

しかし一方では特に日本の場合、限界もかんじているのも事実だし、とりわけスタッフ関係の集まり等総合的に判断してそろそろメリットを感じなくなってきたということもある。大化けするかどうかというのは一種のカケでもある。
昨今は映画がデジタル時代で比較的安価に制作できることもあって、制作件数は急激に伸びているが、その分競争も激しくよほどの内容でない限りは「大化け」する可能性が低くなっていることも事実だ

何よりも昨今の風潮で「映画がデジタルで安くできる」という情報だけが日本国内で一人歩きしていて、プロフェッショナルなクオリティを保つための最低限のコストに対する意識が著しく低下しているのを感じる、例えば映画でもロクに整音せず平気で出品しているところも少なくない。

勿論メジャーだからいいとはいうつもりはないけどね

ここ数年劇場公開系の仕事を結構やらせていただいているのと、そろそろ自分の価値を高めることを考えないといけないので

というわけで一段落したけど、、次のステップに関して考えなければならないと考えた次第

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

作曲されてから90年経って日本初演された”Missシカゴ公爵" 終演報告

9月から大半の時間をこれに作業として費やした"Missシカゴ公爵"昨日無事終演しました。
この「オペレッタ」が長い間ドイツ国内で上演禁止になったいきさつ、ナチスの迫害によって長い間忘れ去られた作品であったこと等の説明についてはこちらの記事をご覧ありたい

■ヒトラーに迫害された「現代ミュージカルの草分け的作品」である「Missシカゴ公爵」を大野 が編曲

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2017/08/miss-07e9.html

■オペレッタ"Miss シカゴ公爵"の日本初演の社会的意義、音楽史的意義について
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2017/10/miss-f448.html

本格的に作業を着手して二か月強、いろいろと紆余曲折があってようやく当日を迎えたわけですが、何せ原曲をそのままやると3時間半は超える長大な作品。

その関係で大幅なカットをせざるを得なかったのですが、困ったのはそのカット部分、変更部分が次々から出てきて、しかも一度カットしたのが復活したり等で私への情報がかなり錯綜し作業は混乱を極めました、もう少し情報に関してきちんと交通整理している人がいて、各スタッフに適格に情報を伝えていればこちらの現場は混乱しないで済んだものを、という苦言は呈させて頂きます。

今回はドラムス、エレクトーン(実質シンセとして扱っています) コントラバス(時々ウッドベースのような扱い方も行いました) トランペット等が入るため通常のクラシックとは違い音響、PAをかなり入念に行いました、

Misschikago0

Misschicago1_2

渋谷伝承ホールというのは初めて来たんですが普段は能楽をやるところらしいです。

天井はそこそこありますが、音的にはかなりデッドですね。(^_^;) 

そのためかなりPAでコンプレッサーとかEQとか思い切りかけてます。これは通常のクラシックの公演ではまずありえないことです。(特に弦楽器系の人はコンプレッサーかけると音色が変わるので極端に嫌う人が多いです)

しかしこの"Missシカゴ公爵"には必要です、なぜならこの作品は「オペレッタ」といっても明らかに現代ミュージカルの先駆けといっていい作品だからです。

この画像をご覧になればおわかりになるでしょう

Misschikago2

ここだけの話 オペレッター喜歌劇と言いながらいきなりドラムソロで始まります。これは私の差し金です。 クラシックの公演にドラムソロがあること自体インパクトがありますよね(^_-) 

続きを読む "作曲されてから90年経って日本初演された”Missシカゴ公爵" 終演報告"

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

新人監督映画祭ー今年も拙音楽担当作品2作品上映!!

先日開催終了した「東京国際映画祭」は自分は(少なくとも今までは)全く縁がないのだけどなぜかこの映画祭だけはいろいろと縁があります

ユナイテッドシネマ豊洲で開催される「新人監督映画祭」

新人監督映画祭といっても出品している方の大半は新人ではありません(笑) まあこれからの時代を担う映画監督のための映画祭という意味で今回が第四回を数えます。

不思議にこの映画祭、第一回からいろんな形で関わり、昨年をのぞいてほぼ毎年私が関わった映画が上映されています。

私が関わった作品が上映されていない昨年でも、なぜかこの映画祭のプロモーション映像の音楽をやることになったという何とも不思議な縁がありました。

昨日「新人監督映画祭」全上映作品が発表されました。そのうち二本が拙音楽担当させていただいております

http://ndff.net/filmslist/

・「もしもに愛を」 (宮本ともこ監督)     11月12日19時上映  スクリーン6

919ff0c6e1db6ebbd0017ddb3cb81aef

監督:宮本ともこ

出演:金井久成、南條みずほ、田中日香里、榊滉太郎、笹本ゆり

恋人を妊娠させた小牧は面接に着ていくスーツを買いに行く。店には修行中の魔法使い、魔子がいた。それぞれのもしもを描く群像劇。

予告編


・「再恋」

11/17(金)16:30  スクリーン5上映
監督:中田圭
   
出演:矢野紫音、亀井理那、TOMORO 他
 
   
どこにでもいそうな少女。ある日、あっけなく初恋が玉砕し失恋した少女は、恋の意味を知るべく旅に出た。といっても周囲数キロ以内のプチ旅へ…平凡ながらもその中で、少女は人生の意味を知っていく…ひとりの少女が、出会う人々の人生に触れながら、ほんのちょっと成長していく姿を描く青春ストーリー。  

ユナイテッドシネマ豊洲にて上映

尚、私は行けませんが11月11日の午前中にレッドカーペットがあります。女優さん、俳優さん、監督さん大勢来ますのでよろしければユナイテッドシネマ豊洲までお越しください

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »