Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2017年9月 | トップページ

2017年10月 9日 (月)

オペレッタ"Miss シカゴ公爵"の日本初演の社会的意義、音楽史的意義について

以前もお知らせしたようにもう開催まで一か月になろうとしている「Missシカゴ公爵」の公演、現在編曲作業が鋭意進行中だが、私はこの作品に関わらせていただいたことはとても意義深いものとして考えている。正直ある種の使命感すら感じてこの作品に取り組んでいる

22256461_2027916777485610_676505426

単にジャズ、クラシック双方の語法が随所に散らばめられているため、ジャズ、クラシック双方に精通した人間でないと全体がまとめられない作品だから引き受けているのではなく、この作品の日本初演は大きくわけて2つの意味があると私は考えている。

1.現在の社会情勢、風潮に対する社会的意義

まずこの作品は国、民族を超えた愛と平和をテーマにしたオペレッタである。しかしこの作品が作曲された1920年代はヨーロッパには暗い影が忍び寄っていた時代である。このオペレッタは1927年に作曲されたがこのわずか4年後にドイツにナチス政権が誕生する。いわずとしれたドイツ第一主義、反ユダヤや異民族の排斥を基本主張としており、第二次大戦終結まで残虐非道の限りをつくしたドイツ国家社会主義党(NAZIS)

翻ってみて昨今の日本をみると、ネット、SNSでもヘイトスピーチがあふれている。ネトウヨが幅をきかせ、外国人に対する偏見、差別主義を拡散している。アメリカでもヴァージニア州シャーロットヴィルで白人至上主義者の運動で死者が出た例も記憶に新しい

これら差別主義が全世界的に広がっている点をみて、当然ながら歴史に一定の知識を持っている人間からすればあのナチスの暗い時代がオーバーラップするはずだ。

1931年の「ドイツ国家社会主義党=NAZIS」が政権を取ってからドイツじゅうに吹き荒れた差別主義、とりわけユダヤ人への差別が激しかった。
そんな中ハンガリーの作曲家でユダヤ系でもあるエメリッヒ・カールマン(写真ー1882-1953)の作品は当然ナチスの迫害の対象となった。

220pxkalman_imre

この作品の内容をみてなぜヒトラーを始めナチスの支持者がこの作品を迫害したか、理由はよくわかる。これは当時ヨーロッパに大きく影響を与えつつあったジャズをはじめとするアメリカ文化と共に、東欧とドイツ民族の融和、友愛、どれもヒトラーやナチスにとって気に入らないものばかりだ。
これは「大ドイツ主義」をかかげるナチスドイツから「非ドイツ的で好ましからざる作品:というレッテルを貼られ、加えて人種差別主義者であるナチスからジャズを「黒人音楽」などということでことで激しく弾圧され1933年にナチスによって禁止リストにあげられ、歴史に名高い「ナチスの焚書」で焼却された.

日本でも図書館の本が何者によって破り捨てられたり、等「ナチスの焚書」を思わせるようなできごとも起きている。全世界的に排他的な民族主義、極右勢力の台頭がある時代だからこそ、、「Missシカゴ公爵」の日本初演は極めて意義があるものと考える。ヘイトスピーチ、民族排斥、民族主義に対する最大のアンチテーゼになるからである。この作品がナチスの迫害で長い間忘れ去られた作品である、ということは寧ろ名誉あることかもしれないのだ。

この作品が事実上「幻の作品」となった経緯、そしてこの作品の音楽的バックグラウンドを検証していく上で私はこの作品こそ昨今のヘイトスピーチが台頭する現代で演奏されなければならないオペレッタである、と感じた次第

2.20世紀の音楽の音楽史的意義

当ブログでご存じの方もいらっしゃるだろうが、私はこんな記事を書いている。

■間違いだらけの現代音楽史(1)ー1920年代は十二音技法もジャズも「最先端の音楽」だった

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2015/07/1920-4941.html

続きを読む "オペレッタ"Miss シカゴ公爵"の日本初演の社会的意義、音楽史的意義について"

| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ