Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 映画にしてほしい作曲家、映画にはとてもならない作曲家 | トップページ | オペレッタ"Miss シカゴ公爵"の日本初演の社会的意義、音楽史的意義について »

2017年8月28日 (月)

全アーチストに告ぐ!!JASRAC包括契約に上申書に対する不誠実な回答を受け、JASRAC信託契約解消とNextoneへの管理移転のすすめ

先日も当ブログにて記事にかいたが、のファンキー末吉さんの「包括契約のブラックボックス」に対しての戦いについて、文化庁への上申書に対し、jASRACは報道によると以下のような回答をしたという

■JASRACの違法運営について
http://www.funkyblog.jp/2017/08/jasrac_23.html

サンプリング調査について年間の著作権料徴収額全体のうち2%未満とした上で統計学に基づいた一定の正確さはある。不透明という批判は当たらない」

はっきりいおう。 全く答えになっていない

いかにも官僚らしい回答である。そもそも一定の正確さがある、というのならばその「正確だと称するデータ」を公開せよ、とファンキーさんを始め私も再三再四述べているのだが、問題の核心の部分を証拠も何も提示しないまま「不透明という批判はあたらない」だと?

まるで安部政権や菅官房長官の森友や加計に対する答弁と同じ、きちんとした資料や根拠を示さず「問題ない」といった答弁を繰り返すのと同じ、心の底から国民をバカにしていないとできない発言だ。

この説明に納得した人がいたら申し訳ないがよほど知的水準の低い方、リテラシーの低い方といわざるを得ない。

とはいえ、こういう回答はあらかじめ予想はされたが、JASRACが裁判等でいかに酷い対応をしてきたか、というのはファンキーさんが自署の中で述べているのでお読みになることをおすすめする

■ファンキー末吉緊急著作「日本の音楽が危ない〜JASRACとの死闘2862日」出版
https://camp-fire.jp/projects/view/36399

さて、ここでミュージシャン、全アーチストに提案

メジャーアーチストほどJASRACに縛られていて、ファンキーさんのような目にあっているのだが、まだシェアは極めて低いものの, JASRACに相当する著作権管理団体が存在するのはご存じだろうか? 

JASRACは自分たちのメジャーアーチストの事実上の独占状態にあぐらをかき、それをいいことに横暴なふるまいを行っている。

皆さんにおすすめしたいのはただ著作権曲の「JASRACの信託期間」というものをもう一度見直してみるといい。たいてい信託期間はたいていの場合5年、もしくは10年に設定されており、(もっともこれは私のケースで最近は1年ー3年が主流らしい)どちらかが信託契約を維持する意思がなければ信託契約を解除していいはずになっている。

これは私だけでなく、JASRACに作品届を出した出版社、著作権者全員がこの信託期間に関する取り決めをおこなっているはずである。

ファンキー末吉さんは裁判の中でJASRACは

「この楽曲はお前のものではない、権利はJASRACに譲渡しているのだからお前には何の権利もないのだぞ!!」

これは法的にはウソである。権利を譲渡したのではなく信託したのだ。譲渡と信託は天と地ほどの差がある。

タイアップその他の関係で著作権が複雑怪奇になっているケースがあることは事実だが、基本JASRACは信託されて著作権管理を行うのであって、権利を持っているわけではない。よくそんなメチャクチャなことをいって弁護士がそのまま引き下がったのか、私はそのことの方が驚きである。

そして曲の著作権がJASRACのものではないと思い知らせる方法がある。

それがJASRACとの信託契約を破棄し、もう1つの著作権管理団体のNexttoneに移転することだ。

Nextone2

http://www.nex-tone.co.jp/

Nextone_2

一般的にはこのマークで知られる→

おどろくべきことだが、特にメジャーアーチストにこの傾向が強いのだがJASRAC以外にNexttoneというメジャーレコード対応の著作権管理機関があることを知らないアーチストがものすごく多い

例えば爆風スランプの全楽曲をJASRAC信託からNexttoneに移転すればどうなるか。NexttoneにはJASRACのような演奏権の信託権はないが、それ以外のマルチメデイア、カラオケ、そして勿論CD等のパッケージやストリーミング、全て対応可能である。

実際それが起きれば、真っ青になるのはJASRACの方である。

こういうことは特に日本の場合そうだが、誰もが知っているメジャーアーチストが信託機関をJASRACからNexttoneに移転する動きをみせれば、多くのアーチストも追随する可能性がある。

そもそも著作権の演奏権の信託権をJASRACのみがもっている、ということ自体明らかな独禁法違反である。例の放送に関する包括契約に関しては既にJASRACが独禁法違反が認定し、この判決は確定している。演奏権に関しても同様にJASRACが非協力的で実質的に妨害しているという指摘がある。

いずれにせよ「演奏権」が現段階ではJASRACにしかない点が昨今のJASRAC暴走の要因を作っているのは間違いない

というわけでアーチストの皆さんにいいたいのは

自分の作品の著作権管理をJASRACからNextoneに移転しましょう!!

一人、二人では意味がない。私のような人間がよびかけても意味がない

有名アーチストが大勢それをやれば間違いなく変わる。

その時にJASRACは今までのような強気に出ることができるか? 果たして


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。