Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽教室から著作権徴収ーJASRACは過剰な著作権「演奏権」信託権濫用による徴収をやめよ!!(緊急声明) | トップページ | 音楽教室から「演奏権」寝耳に水徴収ー反対団体も発足し広がる反対運動ー今後の展望 »

2017年2月 5日 (日)

JASRAC-音楽教室から著作権料を取らないで!! 日本の音楽教育存続のために

既に報道でご存じの方も多いと思いますが、JASRACはヤマハ音楽振興会と河合楽器製作所の音楽教室に対し音楽著作権の「演奏権」に関する著作権徴収の方針を固めました。通常教育目的の音楽使用は本来は「免除規定」の対象のはずなんですが、全く寝耳に水で音楽教室の著作権に関して「演奏権」の規定がないことをいいことに突然一方的に音楽著作権料を徴収すると宣言したものです。

ヤマハもカワイも庶民を対象とした音楽教育の根幹を担ってきた会社であり、この両社に対する「演奏権」の一方的な課金は単なるアリの一穴ではすみません。いずれ街の小さな音楽教室や個人のピアノ教室、さらには一般の学校教育にまで波及するのは火をみるより明らかです。これは日本国内の音楽教育の存続を危うくし日本の学校から音楽の授業が消える可能性すらあります。決して大袈裟な話ではなく音楽文化の苗床である音楽教室の殆どが運営していけなくなる、つまり音楽家の後進指導の苗床が根絶やしにされるという事態につながりかねません。

250pxjasrac_head_office_shibuya

その事態を避けるためにも皆さんの署名が必要です
「JASRAC : 音楽教室から著作権料を取らないで!! 日本の音楽教育存続のために」 に賛同をお願いします!

署名 サイト ↓


皆さんの助けが必要です。よろしくお願いします

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。