Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽人であると同時に映画人であり続けることー来年もよろしくお願いしますということで | トップページ | 青山学院監督「強いチームの作り方」を読んで音楽産業の低迷の原因が笑えるほどみえてきた点 »

2017年1月 4日 (水)

音楽ブログで「新年の挨拶」のようなものを書いてみる

まず、明けましておめでとうございます、ということで (~o^)

08cd3100

実は今年からブログに対するスタンスを少し変えようと思っております。実は音楽関係以外の記事をもう1つのブログ「Kyojiのよろずひとりごと」で書いていたんですが、現在Facebookのコミュニテイグループの管理人として情報を更新しているFacebookグループ「音楽家&映像関係者キャステイング」公式ブログ」を始め、その関係の更新だけで手いっぱいになってきたことと、最近一般社会ネタに関して記事を書くモーテイベーションが下がってきている点もあり、今年の早い時期に一旦休止にしようと考えています。先日その旨の記事を書きましたが、その関係でこちらの音楽ブログの記事も少し記事の書き方を変えようと思っています。

まあこちらの音楽ブログは音楽産業の現状がうんたらかんたら、とやや難しい内容の記事が多くミュージシャンでもかなり難解なことを書いていました。まあこれからも必要に応じて書くこともあるかもしれませんが、その関係でどうしても出てくるのは一部の音楽業界のトップ、関係者に対する批判であり、その関係でずいぶんとまあ敵も作りました。(笑) ですが、最近Facebookグループ「音楽家&映像関係者キャステイング」の管理人であり、それを中心に活動を続けている段階では、もはや今の業界がどうのこうの、なんていう段階はとっくにおわっているわけです。

実際こんな程度のブログで業界批判をしてそれで改革が進む業界ならとっくに改革を行っているでしょうし、また昨年始まったSpotifyを始めとするサブスクリブションストリーミングや音楽配信云々といったプラットホーム議論も主にIT系の音楽論者の狭いプラットホーム論の観点のみの議論にしたって、それが昨今の日本の音楽文化や音楽の売り上げ増加には何らよい作用を及ぼしていないわけです。

要するにうんたらかんたら云っている段階ではなく、今巷にあふれている沢山のツールをどれだけ有効に使った上で、音楽文化や私が関わっている映画文化がどれだけよくなるか、よくすることができるか、それを自分で実践できる段階に今来ているわけです。

私が使っているFacebookグループというソーシャルネットにせよ、サブスクリブションや音楽配信、Apple Music等のプラットホームにせよ、結局はツールであってツール道具ー以上のものではないわけです。

ツールというのは単なる手段に過ぎません、手段ですからやりかたによってよくも悪くもなるわけで、昨今のITやネットの論調をみるとその手段があたかも全てであるかのような論調が多すぎるわけですね。つまりサブスクリブションストリーミングであろうが音楽配信だろうが、それらの手段があたかも音楽のアウトプットの最終目的であるかのような論調が多すぎるわけです。

とりわけ勘違いする向きが多いのはストリーミングは音楽の最終アウトプットではなく、寧ろラジオのようなプロモーションツールの一種だ、というとらえ方が正しいのであって、この手段を音楽のアウトプットの最終目的であるかのような勘違いする向きが多すぎます。

今音楽にしても映像にしても一通りのツールは揃ったと思います、あとはどれだけ有効な使い方ができるかどうか。それはFacebookグループ等のソーシャルネットやストリーミングや配信の「プラットホーム」がどうなろうが使う人間の腕次第なのです。

つまり

「プラットホーム」ですら単なる手段に過ぎないんですよ。そこを忘れている人多くないですかね?

それらを使ってどれだけ音楽文化。音楽産業を少しでもいい方向に持って行けるか。人に対してどうのこうのいうよりそれを自分で実際に実践する段階に来ています。

そんなわけでまあ時々小難しい音楽論、業界論等は書くかもしれませんが、もっと砕けたことを書こうかなとも思っています。一方で今年はFacebookグループ「音楽家&映像関係者キャステイング」公式ブログ」ではもっと込み入ったことを書くことになるかもしれませんね。今年はこちらのグループでいろんなイベントを企画しますので..  場合によっては「音楽家&映像関係者キャステイング」公式ブログ」の方が今までのこちらのブログの内容に近くなるかもしれません。

あと前にも書いたと思いますが、ブロガーって結局ヒマ人でないとできないんですよね。特に今までのような記事よりは論文に近いような投稿はヒマが沢山ないと到底できることではありません。

ありがたいことに今年はすべてが予定通りにいけばここ数年で一番忙しい一年になるかもしれません。まだ具体的内容はいえませんが..

そんなわけで本年もよろしくお願いします。取りあえず面白い一年にはしたいと思っておりますので

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。