Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月14日 (金)

ボブデイラン ノーベル賞受賞についてどう考えるか

毎年10月になるとノーベル賞の発表が行われる、今年も医学、生理学賞で日本の大隅良典東京工業大学教授が受賞する等の話題だった。そして毎年のように文学賞では村上春樹が受賞するのではないか、といわれていたが今年も受賞できなかった。

その文学賞になんとボブデイランが選ばれた。

■ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞
http://amass.jp/79450/

音楽文化に携わる私でもさすがにこれには驚いた。小説、詩、随筆等ではなくミュージシャンが選ばれたのである。

この受賞に関して当のボブデイランはノーコメントを貫き通しているが、スウェーデンのストックホルムにある選考委員会のダニウス事務局長によると

「選択は予想外に思えるかもしれないが、もし長い時を振り返ると、ホメロスとサッフォーが見えるでしょう。彼らは、音楽のもと、もしくは劇場の中演じられる必要のあった詩的テキストを書いていた。これは、ボブ・ディラン氏の場合も同様だ。我々はだって、今に至るまでホメロスとサッフォーを読み、私達にはそれが気に入っている。我々はディランを読めるし、読まないといけない」

スイス・アカデミーは「偉大な米国の歌の伝統の中で新たな詩的表現を作ってきた」として、ボブ・ディラン氏をノーベル文学賞受賞者に選考したらしいが、これはどう考えればいいだろうか?

ひとことでいえば歌詞の内容を文学のと同等に扱うようになった、ということじゃないか?と思う。

以前から歌のと文学でいうは違う、と私も云っていた。実際作り方がかなり違う

しかしどちらも言葉を使った上での表現、レトリックであることに変わりはない。歌詞はメロデイに乗せて歌われることを前提としている。詩の中には歌詞にされる場合もないわけではないが、一般に特定のメロデイに合わせて作ることを想定していない

今回のボブデイランのノーベル賞受賞はメロデイに乗せる歌詞も文学の一分野である、ということを明確に認めた、といえるのではないだろうか?

いずれにせよ音楽文化、そして音楽家にとって喜ばしい受賞であることに変わりはない

Cupigljw8aajxwn

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

飼育放棄0を目指して14人のアーチストによるオムニバスCD"Love and music and animals ”

実はこれも先日の話しになるんですが、5年ぶりに長年の友人の"よしりん"こと武田佳子さんがパーソナリテイ―を勤めるFM世田谷におじゃましました。

Fmsetagaya02
久しぶりに来たんですがいつまにかこんなゆるキャラができていたんですね。「せたハチ」というそうです。(^^)

実は今回14人のアーチストの参加によって犬や猫の殺処分ゼロと、人と動物との共生を目指してをテーマに、日ごろから動物愛護・福祉に関心があるまたは活動しているアーティスト14組による音楽と朗読。自分のペットへの想いや、殺処分されてしまう子への想い、活動してる人への応援の気持ちなど、アーティストそれぞれのメッセージを形にしたオムニバスCD作品"Love and music and animals "のプロモーションを兼ねてのスタジオ訪問でした

オムニバスCD "Love and music and animals "

~犬や猫の殺処分ゼロと、人と動物の共生を目指して~

Love_music_animals
Love and music and animals (BSLE-003)¥2000

全国で約9万頭もの犬や猫が, 人間の身勝手な理由により行政にて殺処分されてす。ペットは家族と言われる中、「命」を物「物」扱いしている現実を否めません。
1度迎え入れた以上、終生愛情を持って、ともに暮らすことが飼い主としての責任です。
言葉を話すことが出来ない小さな命への思いやりは、人への思いやりに、そして安心して暮らせる豊かな社会へとつながっていきます。
動物達が人間に利用されることなく、遺棄や虐待のない世の中になることを願って、今回、ミュージシャン、俳優、イラストレーター等のアーティストたちが、それぞれの想いを込めて自分たちらしい形で表現しました。是非、アーティスト一人一人にご注目ください!

企画/制作 Love and music and animals project(バジルと犬猫を愛する仲間たち)
価格 税込2000円(税抜1852円) 
商品番号 BSLE-003
発売元 basil entertainment

10月22日発売!!

HMV販売サイト

日本の1つの問題として動物愛護となると、偏見を持たれがちで、団体同士の意見の食い違い等で、なかなか横のつながりも作れず、協力し合うことは非常に難しい状況でしたが、音楽を通すことにより、動物愛護に関心が無かった人にも知ればってもらえる機会になれば、という思いもありました。

出演番組はFM世田谷の「ペットワンダーランド」 先ほどのよしりん"こと武田佳子さんと成城動物病院のこばやし動物病院院長 もすけ先生こと小林元郎さんのパーソナリテイ―で信仰する番組です。

Fmsetagaya1

成城動物病院のもすけ先生は獣医師会の執行理事の立場から「飼育放棄0」を推進している先生で今回は実にすばらしい出会いをいただきました。

続きを読む "飼育放棄0を目指して14人のアーチストによるオムニバスCD"Love and music and animals ”"

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

どんどんグローバル化する映画、アニメ、ゲーム等の映像コンテンツ 音楽が取り残されないようにするために

もう一昨日の話だが恒例のゲーム、アニメ交流会に出席した。先日ダブルブッキングで問題が起きた代アニステーションが会場

Yoani100716

政府の「クールジャパン」政策によってかなり世界の市場に進出している日本のアニメコンテンツ、日本が世界に対して優位を保っている数少ないコンテンツの1つだ。会場には外国からの参加者も多く日本のアニメ、ゲームが完全にグローバル市場に進出していることを実感もする

Yoani10171602_2

日本が発端となったコスプレーヤー(左)が目立つのもゲームアニメ業界ならでは。最近ではコスプレは日本よりも海外の方がさかんになっているくらいだ。

今回はアニメ関係者よりもゲーム関係者の方が多かった印象があるが、それでも劇場公開ものを計画している会社もあったので名刺交換をした。

最近ゲーム業界は任天堂は別格ながら中国や韓国勢にだいぶ押され気味で苦戦しているようだがアニメだけは世界に対して優位を保っている。

いずれにせよゲーム、アニメはもはや日本国内の市場だけでなく海外の市場に対して出していく流れになっており、この流れはもはや完全に定着した、といっていいだろう

だがゲームやアニメだけではない。映画の世界も負けてはいない。
シンゴジラがアメリカ国内での劇場公開を始め世界100か国を超す国で劇場公開されるだけでなく、日本のインデペンデントな映画でも海外での公開される例が増えている。低予算のインディペンデント映画ながら昨年「第28回東京国際映画祭」日本映画スプラッシュ部門でも上映された内田英治監督の「下衆の愛」などは海外で高く評価され、海外の劇場での配給も決定している

Dsc_0183_530

続きを読む "どんどんグローバル化する映画、アニメ、ゲーム等の映像コンテンツ 音楽が取り残されないようにするために"

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

ボランテイア、ノーギャラで出演(演奏)していいケースー実はいわれているほど多くはない

先日の記事において俳優やアーチスト、演奏家、プロフェッショナルに対するブラックな求人広告、あるいは強制ボランテイア、ノーギャラで出演(演奏)するケースがいまだ頻発している点について述べた。こうしたケースは全く減るどころか寧ろ内容的に酷くなってきている印象がある。

私は演奏家として、クリエーターとしてボランテイアのありかたを決して否定するものではない。実際セプテンバーコンサートなどでボランテイアの演奏も行っている。

出演の中には「お金以外のメリット」が得られる場合がある、という人がいる。確かにそういう場合はないとはいわない。しかし最近その「お金以外のメリットがある」という点だけが一人歩きし、一部の人間に悪用されている傾向すら感じるのだ。映画出演でもどこかのイベントスペースでも当たり前のようにノーギャラ出演を要求することが頻発している。

だが「お金以外のメリット」が得られる場合というのは実はそんなに多くはないのだ。

例えば予算がないという理由で俳優に映画にノーギャラで出演するケースだが、「お金以外のメリット」が得られる場合というのはどのような場合か。考えられるケースをまとめてみよう。ノーギャラで出演していい場合だ

1.その映画が世界有数の映画祭等で入選、入賞する、あるいは劇場公開される等、出演した俳優、女優にとって「大きな実績」になる場合

こんな作品ははっきりいってそんなに多くはない。そのためノーギャラで出演を頼まれた場合は脚本やその監督の力量、将来性等をよく吟味する必要がある。はっきりいって「これは!」という作品はそんなにあるものではない

2.その映画が社会的、福祉的、(場合によっては政治的)テーマがあり、その映画の出演によって出演者自身の社会に対するメッセージを発信できるケース

これは出演者自身がかなり社会に対して強いメッセージを発したいという場合に限る

3.映画の主旨、映画のスタッフとの強い信頼関係があることを前提に「面白い作品」を作るためにノーギャラで出演する

当たり前だがこの場合映画のスタッフ、プロデユーサーと旧知の間柄でお互い強い信頼関係で結ばれている、というのが大前提である。お互い全然知らない者同士に要求することではない

少なくとも初対面でお互いよく知らない人間にノーギャラで出演させるという場合はよほど映画その他についてきちんと説明し、その主旨に賛同できるかきちんと確認することがポイントである。ノーギャラで引き受ける場合はこの案件が本当にお金以外のメリットが発生する可能性があるのかきちんと見分けてから判断する必要がある。その判断は決して簡単ではないので、そういう観点からも軽々しく引き受けてはならない

いずれにせよそうしていいケースは決して多くはない。

少なくともネットで一部の人間が考えるほど「お金以外のメリット」得られるケースなど滅多にないのだ

続きを読む "ボランテイア、ノーギャラで出演(演奏)していいケースー実はいわれているほど多くはない"

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »