Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月28日 (日)

作曲家に学歴は必要か?

既に何度もこのブログで書いているが私は音大出身ではない

正確には音大の作曲学科の受験を本格的に検討した時代はあったのだが、結局普通大学に入った、しかしながら作曲家になりたいという思いはいささかも揺るがなかった。

今日面白いブログ記事を読ませてもらった。武満徹と小澤征爾の「学歴」に関する記事である

■音楽家を例にして、 日本と世界ー人間を見る目の隔たり。小沢征爾、武満徹、清瀬保二
http://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/ed7aa3daf54f1cfb264d7c0fdb42af8c

素晴らしい文章なので全文引用させていただく

Takemitsu

世界的に最も高く評価されてきた日本の現代作曲家は武満徹(たけみつとおる)でしたが、彼は、音楽教育を受けていません。
高卒ですが、高校は、文京区白山にある京華高校で、音楽教育はありませんでした。

武満徹の唯一の先生は、清瀬保(きよせやすじ)ですが、清瀬も音楽学校に学んだことはなく、独学です。名実共に日本を代表する作曲家で、独創的で優れた和声を生み出した人です。

ボストン交響楽団やウィーン国立歌劇場の音楽監督を務め、世界最高の指揮者の一人と言われる小澤征爾斎藤秀雄がはじめた桐朋短大の音楽部卒で、当時は誰も知らない学校、というより私塾の出です。 

 日本を代表する最も優れた音楽家は、みな学歴がありません。この事実くらいは知らないと、芸大卒ならとかNHK交響楽団ならとかという歪んだ評価=間違った評価になるでしょう。

  小澤征爾は、20代前半で音楽武者修行と称して、貨物船にのせてもらい、富士重工から借りたスクーターでフランスのマルセーユ港に上陸しましたが、ブザン ソンで指揮者のコンクールというものがあることを教えられました。しかし、申し込むにも郵送では締め切りに間に合わず、なんとかしてもらおうと、日本大使 館に飛びこみました。しかし、どこの大学かを聞かれます。芸大でないのが分かると、とり合ってくれません。

  小沢は困り、はたと思います。「アメリカは自由の国だ、アメリカ大使館に行こう」と。アメリカ大使館に行くと、音楽部があり、そこの責任者の女性に頼みま したが、彼はこう聞かれます「あなたはよい音楽家か?悪い音楽か?」彼は大声で応えました「わたしはよい音楽家になるだろう!」と。すぐには相手方(ブザ ンソン指揮者コンクール)の了解がとれませんでしたが、結局OKとなり、小沢は急遽、当時世界で唯一の指揮者コンクールを受けることができました。結果 は、飛び入り参加で全く無名の小澤征爾が優勝したのでした。

 日本大使館は日本の若者に助力せず、関係のないアメリカ大使館から助力を受け、各国の政府や音楽大学から派遣されている若手指揮者ではなく、飛び入りで参加した東洋の日本人にフランスの審査員は、優勝の栄誉を与えたのでした。

「桐朋短大?聞いたことないね、芸大ではないのか? 残念だが無理だね。と言ったのがパリの日本大使館でしたし、
武満徹も、来日したストラヴィンスキーが楽譜を見て、彼を高く評価しなければ、世に出ることはできなかった(日本人は師の清瀬保二しか彼の才能を見抜けない)わけです

 われわれ日本人は、自身の価値観ー考え方ー生き方を反省し変えていかないと、いつまでも人生の充実、愉悦、幸福はやってきません。形・形式・肩書ではなく、中身・内容を見、知ることのできる人間になる努力をはじめないと、人間(自由と責任をもつ「個人」)になれませんね

まあこの文章をみても日本人はこの時代から何も進歩しておらんな、というのが正直なところだが、大使館とか役人とか芸術のゲの字も知らん人間は学歴でしか判断できる指標がないのだろう。

ただ幸いにして私は音大出身ではないが、少なくとも身近の取引先から「どこの音大出身?」なんて聞かれたことは記憶にない。いや現実には二回ほどあったか。一度はNHK そしてもう一階はレコード会社の某S社 いずれも採用云々が大きな影響を与えたとは思えないのだが、もしかしたら私は案外無神経なのか、学歴関係でふるいにかけられたことすら気が付かなかっただけかもしれないが(笑)

続きを読む "作曲家に学歴は必要か?"

| | コメント (0)

2016年8月27日 (土)

Facebookイベンターとしてかさこ氏の「不参加表明=バカ」論に異議あり!! 「不参加表明」は貴重な情報である

以前当ブログの記事でかさこ氏の記事を批判したことがあるが、今回もまた異を唱えさせていただく。別にかさこ氏本人に対して個人的な怨恨のようなものがあるわけではないのだが、かさこ氏の「釣り」とも受け取れるある事象に対してやや短絡的、決めつけ的ともいえる書き方は正直いって好きではない。但しこのような書き方がいわゆる「ネット住民」とか「ロスジェネ」世代の人間に絶大な支持を受けていることも知っているし、ネットではネット論客の一人として一定の影響力を保っている。そのためネットでおかしな風潮がもっともらしく拡散する可能性があることを憂慮して熟慮の上あえてこれに異を唱えさせていただく

問題はこの記事だ
■イベント<ページで「不参加表明コメント」するのはバカだからやめた方がいいですよ
http://kasakoblog.exblog.jp/24613506/

まず私の関連ブログであるFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」公式ブログ
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/musiciansandindustry/

をご覧になるとわかるがこのFacebookグループで定期的にイベントを開催しており、このブログ以外の私の個人的なライブイベントをあわせるとほぼ毎月複数のイベントの開催、運営をしている人間である。

その私からするとこの「不参加コメント=バカ」という主張はどうにも承服できないのだ。しかも困ったことにこれに賛同する意見も少なくない。

だが私は全くこれと真逆の主張をさせていただく

結論から言うと私はイベント招待者からの「不参加」の表明はありがたいと思っている。なぜならそこには少なくとも「時間が空いていたら参加することを検討する」というニュアンスが込められているからだ。

経験上、招待した人の殆ど、まあ7-8割近い人ははっきりいって「無視」である。参加する人、興味あり。という人を含めてもだいたい毎回3割にみたない。「興味あり」「未定」にすらクリックしていない人=あんたのイベントには興味ねえんだよ、といわれているのと同じである。

私はFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の管理人をやっているが、グループ管理人として非常に頭が痛いのは私を含むいろんな人がせっかく投稿しているのだが、それらの投稿を読んでいる人間はおそらくグループ参加者の半分もいないという点である。な かにはグループ投稿を殆ど見ていない人も少なくない。たぶん3割くらいの参加者はそうではないかと思う。個人的には一体何のためにグループに参加しているんだろう、とすら思う。

これは政治の話しとか、「選挙に行く、行かない」といいた類の話しだけではないけれど、今私は日本人全般に広がっている「無関心病」というのが非常に怖い。人々が無関心だからこそ権力者がどんなメチャクチャなこ とをしても誰も何もいわないし、誰かが不正をしても全く他人事のように思ってしまう。そのくせ芸能人がちょっとでも何かしでかすと世間全員がヒステリックなバッシング を行い、それこそバカなネットの暇人連中はまさに鬼の首を取ったように、問題の芸能人のバッシングを行う。政治家は何をしてもいいが芸能人はちょっとでも不正をしたら万死に値する、くらいといわんばかりだ。

私はそういう今の日本の風潮の方がよっぽど危険だと思う。

続きを読む "Facebookイベンターとしてかさこ氏の「不参加表明=バカ」論に異議あり!! 「不参加表明」は貴重な情報である"

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

ロックなノリを持っているクラシック曲(独断と偏見ww+長文注意) 

お盆期間ですね。
一応当ブログ恒例の「夏休み」特集の記事ということで投稿させてもらうが、今回は珍しくクラシック音楽のお話

但し、ちょっと変わった切り口で語りたいと思う。

実はクラシック系の演奏家は全部がそうではないけど、概してリズム感を出すーノリで音楽を感じるーということが苦手な人が多い。これは学校等で「楽譜に忠実に弾く」ということを徹底的に叩きこまれるため、どうしても演奏が「楽譜を追いかける」ような演奏になりがちでそのため表現やちょっとリズムの変化の対応に弱く、まして即興的な演奏というのは極端に苦手な人が多いというのが現実だ。

私などはある程度その部分を把握しているために、クラシック系の演奏家の方がある程度対応しやすいような楽譜の作り方を心掛けている。とはいえ、やはり限界があり例えばリズムセクション系の人とクラシック系の人が同じアンサンブルで演奏するとどうしてもその「ノリ」の部分でずれが生じてしまうのが現実だ。

一般的にクラシック音楽というのは「ノリ」を出しにくい音楽である、という風にいわれているわけである。

しかし実はクラシックの曲の中には明らかにノリそれもロック的なノリになっている曲が少なくない。

今日はそういった曲を5曲ご紹介したいと思う。尚、曲の選定基準は私の独断と偏見に基づいており、音楽のアカデミズムの観点からうんたらかんたらいわれても私の感知するところではない、ということは申し上げておく。

まず最初の曲、これはたぶん、異論がある人はいないのではないかと思う。実際ELPを始め冨田勲先生、さらに多くのロックバンドがそのまま曲として演奏している

1.ホルスト「惑星」より火星

これは全体を通して繰り返されるこのリズム(オステイナート)

Mars_rhythm

が、まさにロック的といえるからだ。中間部からの盛り上げ方もpからクレッシェンドでfff からかなりこのリズムをロック的に演奏している部分がある、ELPなどもここを思いっきりロック的なノリで弾いている。

そしてオーケストレーションはまさにスターウオーズのジョンウイリアムズ的なイメージ、「戦争をもたらもの」という題名らしく宇宙戦争ーオーソンウエルズの「火星人襲来」を描いているイメージだ。

この曲はクラシックでも十分にロックである

2.展覧会の絵ーバーバヤーガの小屋

はい、この曲もELPを始め多くのロックバンドが演奏しているので異論がある人は少ないであろう。はっきりいってノッケからロック系でいう「ブレーク」が入る。

その後のオーケストラがツッティ(総奏)で演奏しているリズムはまさにメデイアム系のロックのリズムそのものであり、低音の弦が弾くフレーズからクレッシェンドでフルート、ピッコロが出ていくあとの金管のフレーズ、これはリズム的にシャッフルである。

まさに曲全体のリズムがロックである。中間部のトレモロとファゴットやチューバの演奏は後半のロックのノリの部分のよい序章になっている。ロックのリズムからフィナーレの「キエフの大門」そのまま流れ込むやりかたがニクイ

続きを読む "ロックなノリを持っているクラシック曲(独断と偏見ww+長文注意) "

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

コンサートイベント三連チャンが終わって

8月10日から昨日の12日までライブイベントが3連チャン
10日、11日は私が管理人をしているFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」のイベントでMusic Session Vol2として開催。10日は音楽異種コラボレーションセッションと題してマルチメデイアなステージを開催し、11日は極上女性シンガーソングライターセッションと題して美貌、歌唱力、音楽性3拍子揃った女性アーチストによるイベント

もっとも11日は主催者ではあっても演奏はしなっかたけど、10日、11日ともに手前味噌だがとても内容のあるライブイベントだったと思う。天候による不運(10日に小田急線と井の頭線が豪雨で両方止まる)もあったがいろいろと反省点や課題は個人的にはあるけど6月のイベントと違い今回、イベントの内容には満足している。但し今回やったことはこれで終わりではなくこれからのいろんなことへの始まりであるという点は強調しておきたい

そして昨日は恒例のラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン 暑い中大勢の方にご来場いただきました。

Violon01

セットリストは以下のとおり

続きを読む "コンサートイベント三連チャンが終わって"

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

「音楽は趣味」という感覚が抜けず音楽を仕事としている人間をバカにする、また目に見えない技術やノウハウには価値がないーそう思い込んでいる人間が多数の国は絶対に「一流国」にはなれない

一昨日ブログ記事を書いて少し記事を書く気になってきたけど、前々からこのことについて書こうと思っていたのでやはり書かせて頂く

こんなブログ記事をみつけた。
■ミュージシャンに言ってはいけないこと
http://k-yahata.hatenablog.com/entry/2014/06/15/%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%81%AB%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%A8

質問だけリストアップするとこうなる

1.プロ目指してるの?
2.音楽だけで食えてますか?
3.プロですか?
4. やっぱ上手いんすか?
5. 誰々って上手い?
6. 夢を追っかけてるんだ
7. 好きなことを仕事にできていいね
8. あーいう仕事しないの?
9. 楽器弾いて
10.教えるのなんて楽しくないでしょう?

まあ全部ではないが、私も上記の中のいくつかは実際本当にいわれたことがある。
まさしく「音楽=趣味」という感覚で、我々を「趣味を仕事としているろくでもない奴ら」と考えているとしか思えない発言ばかりである。実際私も仕事で企業だけでなく一般(つまり「音楽」や「芸能」の仕事に関わっていない人、という意味だー自分たちを「一般でない」という意味ではない、最近文章読解力が低い人間が増えているので困る)の人と音楽家の派遣やイベントの打ち合わせをしている時に「音楽なんて所詮娯楽だ」「空気と同じようなものだ」と受け取れるようなニュアンスの発言をよく聞く。言った本人は必ずしも悪気はないのかもしれないが、「音楽家」に対してある種の偏見を持っていると感じている人が多いのも事実である。

実際我々がステージに上がる、上がれるようになるためにどれだけの練習、検証、調査等を行っているかを理解している人がどれだけいるのだろうか? たぶん遊びながら、道楽にふけりながら面白おかしく暮らしている、などというステレオタイプの偏見で見ている人が多いのではないだろうか?

だからタダで演奏しろ、などと平気でいえるわけだし、音楽がネットで流れていてもそれがただであるのが当たり前だ、などという感覚が当たり前のように横行するわけだ、

要するに

形のないもの、技術、ノウハウー要するにモノでないものはただで当たり前だという感覚だ、

あえていう、それは日本という国がいかに文化の程度が低いか、ということの証明でもある

続きを読む "「音楽は趣味」という感覚が抜けず音楽を仕事としている人間をバカにする、また目に見えない技術やノウハウには価値がないーそう思い込んでいる人間が多数の国は絶対に「一流国」にはなれない"

| | コメント (1)

2016年8月 5日 (金)

新宿サンモールクレストでのゲームアニメ交流会ー音楽家ミュージシャンの出席増加の映像系交流会

しばらくとあることでブログ更新のエネルギーが削がれていたんですが、今日は楽しい交流会でもあったので少し書く気になりました。また別件で書きたいこともあるので、それは追々更新、書いておきます

二か月に一度行われる「ゲーム・アニメ交流会」
今回は夏ということもあって場所を変えなんとプールがあるサンクレストモールの9階ーシアターサンモールの上が会場です。

Anime080404_2

何でも旧市川昆監督邸だったそうです、こんな豪華な家に住んでいたんですね。なんでも後で聞いた話では元々はタレントの山田邦子がオーナーでビルにはテレビ業界人なら誰もがしっている「サンモール・ビデオスタジオ」があったそうです。そして最上階に市川昆監督が住んでいた、ということらしいです。かなり豪華な一室で、どれだけ豪華かは早めに会場にいったので始めは閑散としていた時の写真でわかると思います

Anime08040

これがしばらくするとこのとおり

Anime080402

Anime080401

我々フリーランスの人間にとって、こういう交流会は「営業活動」の機会でもあります。確かに飲んだりはしますが、やはり真剣勝負です。

特にこのアニメ交流会はかなりのレベルのアニメ、ゲームの業界人が参加されるアニメ交流会、アニメの分野で仕事したい方はおすすめの交流会です。

続きを読む "新宿サンモールクレストでのゲームアニメ交流会ー音楽家ミュージシャンの出席増加の映像系交流会"

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »