Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 大野恭史 お知らせページお | トップページ | インターネットはリアルに殆ど影響をもたらさない補完メデイア 音楽コンテンツビジネスとしての可能性もたいしたことなし »

2016年6月30日 (木)

話題性とハイクオリテイな音楽イベントで音楽の世界を活性化します

今日で6月も終わります。早くも一年の半分が終わります。
早いですね

6月の下旬はライブだ、イベントだ (レコーデイングもありました)等でかなり慌しかったのですが、まあライブやアーチストのサポートの方はそこそここなしましたが、問題は私が管理しているFacebookグループで交流会以外で初のミュージックイベントとなるMusic Session Vol 1です

結論からいってこの第一回のミュージックイベントは失敗に終わりました。勿論素晴らしいアーチストの方が何人か参加して下さったのでそこそこの日もありましたが、全体的には内容的にもそして何よりも観客動員の面でも失敗といわざるを得ません。

クオリティでは一部のアーチストはその辺のアマチュアバンドより酷いのもいたという報告(私は別ライブ出演で見ていませんが)もありましたし、何よりもミュージシャンとして、プロとして甚だマナーに問題があったアーチストがいました。
リハを行なわず本番でサウンドチェックという人間、ドタキャンあり、客を一人も呼ばなかった者あり、等プロにあるまじきアーティストもいたのも残念ながら事実でした。 

ここで感じたのはその辺の音楽イベントによくある自分もよく知らないインデイースバンド、アマチュアバンドのブッキングの仕方には甚だ問題があったといわざるを得ません。特に今回は実質ノルマなしでやりましたが、インデイーズ、アマチュアバンドがよくやる ノルマなし=客呼ばなくていいという悪い意識が働いたように思います。

取りあえずこのような形の音楽イベントはもう二度と行いません。出演アーティストのクオリティコントロールをしっかりできるアーチストのみを今後イベント企画において出演させます。やはり音楽、人間性を予めきちんと把握していない人間を出演させるのは怖い、というのが今回の音楽イベントでの結論

何でソーシャルネットの1グループがライブイベントを定期的にやるのか? などと思うかもしれません

というのも私はソーシャルネットというのは使い方によっては情報だけでなく、リアルな実益を結び付ける便利なツールである、と捉えています。

はっきりいって日本人の大多数がまだこのソーシャルネットを本当の意味で使いこなしていいないと思います。

元々音楽というのは空間、時空の芸術です。つまり音楽の基本はライブ演奏であって、それはネットツールがどんなに発展しようがこの事実は変わりません。You tubeu-streamでの演奏を見たからライブを見た気になっているとしたら、それはあまりにも本質を理解していないといわざるを得ません。

そのためには質の高いライブイベントにしなくてはならないのです。今回のMusic Session Vol 1に出演した一部のいい加減で中途半端なアーチストのライブ場所を提供しているようでは話になりません。

というわけで8月からは仕切り直し、もう正直いって6月の今回のイベントは実質「なかったこと」にしておこうとすら考えています

8月は今月同様、沢山のライブに出演します。

Music Session Vol 2第一日ー「Music Session Vol2-音楽異種コラボレーションセッション」

つのステージが行われます。うち2つは二胡奏者のShinさん(写真)をフィーチャーしたものです

Shin_2

1つは私が関わっているバンド「ジャンブル」に二胡奏者のShinさんとのセッション。
大野恭史(pf)  本村光正(GTR)  寺西弘毅(Voc)  増田幸恵(cho) Shin(二胡)

2つ目はギタリスト山切修二さんのユニットKAO=Sからお二人が同じく二胡奏者のShinさんにボイスパーカッションのWacchaによる「日中カオス」
ギター、二胡、ポイスパーカッション、そしてダンスパフォーマンスを行う女優の川渕かおりさんのコラボレーションステージをお送りします。
山切 修二(GTR)  川渕かおり(ダンスパフォーマンス) Shin(二胡)Waccha(ボイスパーカション)

3そして俳優、舞台演出家 でロックミュージシャンの水野哲さんによる、朗読+映像+バンド演奏によるウォーラス一座 朗読劇「(仮)月と星とマシンガン」 朗読と歌と映像によるマルチメデイアステージ
脚本・演出 水野哲 出演 深谷響華 秋星良 他3名

8月10日(水)
18:30 Open 19:00 Start
ComCafe 音倉 
チャージ 予約2500+ドリンク500円 当日3000+ドリンク500円

山切修二(gtr)Yamagir0i

 

Kawabuchi_kaori

川渕かおりさんのパフォーマンスは必見です

Mizuno

劇団ウォーラス一座 主宰、俳優、舞台演出、ロックミュージシャンの水野哲さん。朗読と歌と映像のマルチメデイアステージを見せてくれます

■Music Session Vol 2第一日ー「極上女性シンガーソングライターセッション

グループが誇る絶世の美女の女性シンガーソングライター4人の競演です。

Bijo_photo_2

この写真を見れば説明の必要はないでしょう、

左上がBlackRicoさん 右上が黒咲エルさん

左下がマキタマシロさん 右下が谷口瑞枝さん

尚、谷口さんは熊本出身でもあることから今回は熊本地震支援チャリテイーも行います
8月11日(祝) 18:30 Open 19:00 Start
ComCafe 音倉 
チャージ 予約2500+ドリンク500円 当日3000+ドリンク500円

とにかく話題性があり、なおかつハイクオリテイなライブイベントを企画して、停滞している音楽の世界の活性化につながればと考えています。

8月は私自身もライブを少なくとも2回やります

8月12日 ラグタイムコンサート @ 名曲喫茶ヴィオロン (阿佐ヶ谷で恒例のライブ)

8月20日 caravan La Barraca 没80年 FIESTA Federico Garcia Lorca

忙しいのはありがたいことです

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。